2018年11月18日 22:54 - 23:00

未来の起源

人の動きを真似する!生活支援ロボット ロボットにさせたい動きを人が行うことでロボットが同じ動きを出来るようになる。信州大学 ▼出演  最先端科学、最新技術などの研究に取り組む20代から30代の若き研究者    ▼ナレーター 隆 麻衣子 最先端科学。それは想像を遥かに超える形で社会と繋がってゆく。そこには「閃き」「イメージ」をもとに、10年、20年、30年先になるかもしれない「未来像」に挑戦し続けている若き研究者たちがいる。「いま、その研究分野では一体何が行われているのか?」  その情熱と思いを、時には温かなエピソードなどを織り交ぜながら紹介する。  日本を元気づけ、日本を再認識するための新たな問いかけが始まる。 テーマソング 「STEALTH」 押尾コータロー ◇番組HP http://www.tbs.co.jp/program/mirainokigen.html   プロデューサー 天野裕士  ディレクター 上田淳 中山正広 水谷友亮 TBS-V   番組の内容と放送時間は変更になる場合があります。

長濱見て学ぶのは人間だけではありません
ここで 私たちの生活を豊かにするため
ロボット開発に取り組んでいる
長濱虎太郎さん
人から作業を学ぶことができるような
生活支援ロボットというものを目指して進めています
これが開発中のロボットです
ぬいぐるみを箱にしまい
箱ごと片づける動作をロボットに見せます
そうすると ロボットも同じように
動くことができるようになるのです
自動的にプログラムが作成されるというところなんですけれど
長濱さんたちの開発したソフトウェアを組み込むことで
ロボットが人の動きを見て自動でプログラムを作成
使用者にロボットの知識がなくても
希望の動きを再現させることに成功したのです
少子高齢化によってロボットに注目が集まる中
手軽に動きを再現させることができると 期待されています
長濱さんにとって研究の原動力とは
長く続けている剣道や居合道を通して
人に感謝される人になるように
というふうに教わってきましたので
私がつくるロボットにも 人から笑顔でありがとうと言われるような
物になってほしいというふうに思っています
長濱虎太郎さん未来に向け 挑戦し続けます