2018年11月03日 18:00 - 18:30

知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~

画像だけでダイジェスト

普段私たちが見たり触れたりするモノを彩る「メラミン化粧板」で国内トップシェアのアイカ工業。「生活を豊かにする空間作り」への新たな挑戦に迫る。 住宅や公共施設などの、普段私たちが見たり触れたりするモノを彩る「メラミン化粧板」。その国内シェアナンバーワンを誇るのがアイカ工業株式会社。ここ数年は海外にも事業を展開し、業績を伸ばしている。化粧板を単なる装飾としてではなく、防水効果や消臭機能などの付加価値を加え、その空間に合わせた機能を併せ持つ建材へ。アイカ工業が目指す未来とは。 【ナレーター】渡辺真理    【リポーター】内田雪絵 日本には、その名があまり知られていないにもかかわらず、世界に誇る優れた企業が数多くあります!この番組では毎回そんな企業にスポットを当て鋭く迫っていきます。 http://www.tv-tokyo.co.jp/gulliver/ 渡辺真理

私たちの日本には 世界に誇るガリバー企業が数多くあります。
そんな企業を より多くの方々に知っていただくことで
日本に 誇りと活力を与えたい。
この番組では 皆様に
知られざるガリバーをご紹介していきます。
渡辺真理です。
ナレーションは私が担当いたします。
重厚な雰囲気をかもし出すホテルの部屋。
こちらは多くの人たちが利用する トイレ。
これらの内装や 家具を彩るのが
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
色やデザインが豊富で
強度や耐久性など
用途に合わせた特徴を選べることから
身の回りの いろいろなところで使われています。
今回は その化粧板で
実に 100万種類以上あるといわれる メラミン化粧板。
いまや 国内トップシェアを誇るアイカ工業ですが
実は 化粧板のメーカーとしては後発企業。
なぜ国内ナンバー1企業となりえたのか。
そこには 挑戦と創造を掲げ
社員一丸となって歩んできた82年の歴史がありました。
東京 渋谷の新たなランドマークとしてオープンした
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
そこでも アイカ工業の化粧板が使用されていました。
店舗の外壁 ここに 化粧板が使われているということですが。
重厚な雰囲気。 サビのように見える部分がありますが
実はこれ こうしたデザインがプリントされた化粧板なんです。
店の外壁は 多くの人たちが利用する共用部分でもあるため
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
より 破損や汚れに強い特徴を持つ化粧板を選んだといいます。
更に 店内を見ると商品が置かれた
大理石風のテーブル こちらも化粧板。
清潔感があって汚れにくい特徴を持っています。
使うシーンに合わせてイメージを変えられる それが化粧板。
ガリバーの秘密を探るのは
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
これからの日本を担う現役大学生の目線でリポートします。
社長をやっております小野でございます。
今日は どうぞよろしくお願いいたします。
迎えてくれたのは長く技術畑を歩んできた
まずは 創業82年アイカ工業の強みを伺いました。
一方でですね
接着剤の製造から始まった会社は
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
その技術と知識を活かして化粧板を製造。
アイカ工業の強みだという
どのようなものなのでしょうか。
早速その秘密を探っていきましょう。
名古屋駅前にそびえたつ
その26階に 今年1月アイカ工業は 本社を移転しました。
ガリバー企業です。
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
8年前に 小野さんが社長に就任して以来
営業利益は うなぎ登り。
その理由を聞くと…。
そのデータを裏付けるかのように
生産流通拠点はいまや 14の国と地域
45社にまで広がっています。
そんなアイカ工業の躍進を支えているのが この
メラミンとは 食器などにも使われるプラスチック原料の樹脂のこと。
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
紙に その樹脂を塗って固めることで
薄さと強度を兼ね備えた化粧板が出来上がります。
これを 厚い板に貼り合わせれば
例えば テーブルの天板など幅広く活用できます。
実際に 化粧板はどのようにして作られるのか
その工程を見せてもらいました。
化粧板は4枚のコアと呼ばれる紙と
化粧紙など 2枚のメラミン樹脂を含んだ
紙を重ねて作られます。
こちらがですね…。
まずは 化粧板の表面となる化粧紙に
メラミン樹脂をつける工程から。
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
ちょうどですね ちょっと
紙に メラミン樹脂をつけて その後
およそ100℃の熱風で乾燥させます。
そして この6枚の紙を重ねる作業が行われるのですが
実は この作業 職人ならではの技が必要なんです。
その 驚きの熟練技とは?
メラミン化粧板で 国内シェア ナンバー1。
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
創業82年の アイカ工業。
メラミン化粧板の製造工程で熟練の職人技を発見しました。
メラミン化粧板を構成する6枚の紙を
順番に組み合わせていくのですが…。
目にもとまらぬ速さで 息もピッタリ。
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
まさに 職人技です。
ペアの相性とリズムが大切なんですって。
そして 次の工程で行われているのが…。
こちらがですね 先ほど
いわゆる 金型の役目をするステンレスの当て板。
これを使って何をするのでしょうか。
化粧板には表面が平らなものの他に
凹凸など 立体的なデザインが施されたものもあります。
どのように加工するのかというと…。
当て板となるステンレスを紙に塗られた樹脂に押し当て
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
凹凸をつけることで
このような 立体的なデザインにできるのです。 そして…。
こちらのプレス機の中に化粧紙やコア
そして 当て板となるステンレスをセット。
2時間 しっかりプレスをすれば
強度を持った化粧板が完成します。
化粧板は木の板に貼り合わせたり
壁や床材として使用するなど
さまざまなシーンで活用されています。
今では 会社の屋台骨を支える化粧板ですが
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
後発企業のアイカ工業はどのようにして
トップシェアに上り詰めたのでしょうか。
アイカ工業の製品は戦闘機にも使われました。
その製品とは 接着剤。
太平洋戦争のときには木製のプロペラに使われたそうです。
しかし ライバル会社は すでにメラミン化粧板を販売していて
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
後発となるアイカ工業は苦戦をしいられます。
そうしたなかである建築家との出会いが
会社の運命を変えることに。その人とは…。
かつて 化粧板の標準的な色は
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
しかも その並びは バラバラでした。
そこで アイカ工業が開発したのが
明るさや 色合いを統一した105色のカラーシステム。
カラーをシステム化することでデザイナーにとって 選択肢が増加。
このシステムが国内標準となり
これをきっかけに アイカ工業は
国内シェア ナンバー1の地位をつかんだのです。
そして いまやアイカ工業の化粧板は
家庭用のインテリアはもとより
ホテルや公共施設など さまざまなシーンで活用されています。
(拍手)
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
10月1日 アイカ工業の研究施設がオープンしました。
地元メディアも注目するアイカ工業の中核となる
研究開発拠点です。
どんな研究が行われているのか案内してもらいました。
それをまたご覧いただけます。
化粧板は 使われるシーンに合わせたさまざまな機能を備えています。
例えば…。
特殊な樹脂が入っている化粧板と通常の化粧板。
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
2つの板に 油を塗ってみると…。
特殊な樹脂が入っている化粧板は油が残らず ふき取れます。
こちらは消臭機能を持った化粧板。
トイレなどに使われ その効果は10年ほど続くそうです。
また 擦り傷がつきにくい樹脂を使った化粧板もあります。
全然違いますね。
全然
こちらは 住宅をイメージしたスペース。
そこで とっても便利な化粧板が開発されていました。
メラミン化粧板やキッチンパネルなどで国内シェア ナンバー1を誇る アイカ工業。
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
先月 出来たばかりの研究施設に
初めて作られた実験室があるといいます。
目の前に現れたのは…。
えっとですね こちらがどうしても…。
そこで見せてもらったのが
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
女性一人でも簡単に貼ることができる化粧板。
エレベーターの内装の張り替えなどに使われるそうですが
本当に 女性一人でできるのか内田リポーターが挑戦。
そうですね やはり…。
また 研究センターにはこんな特徴もあります。
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
28人いる研究者のうち7人が女性。
ここにも 狙いがありました。
その結果 女性ならではの気配りを活かした
ものづくりを進めて新たな分野を切り開いています。
名古屋市 緑区にある自動車販売店。
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
ここに アイカ工業の見つめる未来があります。
こちらが 授乳室
どうぞ。
お子さま 上手に この絵のとおり洗ってくれます。
こちらは アイカ工業が去年 発売した
メンテナンスが簡単で長期間使える化粧板を使った
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
トイレの空間をまるごとシステムとして提案。
コンセプトは子どもが行きたくなるトイレです。
こちらの販売店ではまなブースを導入したことで
こんな変化があったといいます。
子ども向けだけではありません。
高齢者向けに開発したシステムも。
こちらは
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
杖を置く棚や
体を支えやすい形状の手すりなど
アイカ工業の化粧板などを活用したバリアフリーなシステムを開発しました。
また 介護用トイレにはこんな工夫が。
こういう形で
介護の現場から聞こえた声を形に。
アイカ工業が目指す 未来の姿がここにありました。
私たちの暮らしを支える 化粧板。
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
その性能や将来性を取材した内田リポーターは
何を感じたのでしょうか。
っていうところがとてもいいなと思いました。
私たちの生活を彩るメラミン化粧板で
国内シェア ナンバー1を誇る アイカ工業。
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~
小野社長をはじめ社員の皆さんが
胸に刻んでいる言葉があるといいます。
こういうことを申し上げてますね。
苦難の時代を乗り越え
国内シェア ナンバー1の地位に上り詰めた アイカ工業。
その歩みを止めることなく
足元を固めながら今 世界に目を向けています。
これからも 私たちの生活環境を
より豊かなものにするために。
知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~

更新