2018年11月18日 15:20 - 16:25

路線バスで寄り道の旅

画像だけでダイジェスト

日頃秒刻みスケジュールに疲れ気味の徳さん御一行。のんび~り旅を味わうために選んだのは“路線バス"。今回は、東京駅~有楽町~新橋~渋谷の歴史あるガード下を巡る旅! 徳さんと田中律子、田中美奈子の一行は気になったバス停で途中下車&寄り道しまくり…  今回は東京駅~有楽町~新橋~中目黒~渋谷でディープな街並みが残るガード下や駅前ビルを巡る旅!    東京駅よりスタートした一行…  早速、ガード下に行く前に、有楽町で立ち寄ったのは、世界的に有名なパティシエのお店。 和菓子党の徳さんが色鮮やかな洋菓子スイーツを堪能。さらに昭和の文化が息づくガード下でダンスの衣装屋さんへ…  新橋では、駅前ビルにあったリラクゼーションのお店で歩き疲れた体をリフレッシュ!  中目黒の若者に人気のガード下では、おしゃれなパン屋さんに寄り道…  旅の最後は渋谷の「のんべい横丁」で乾杯の予定の一行…。お疲れ気味の3人は果たして… 徳光和夫 田中律子 田中美奈子 ☆番組HP   http://www.tv-asahi.co.jp/rosenbus/ 徳光和夫 / 田中律子 / 田中美奈子

〈『路線バスで寄り道の旅』〉
〈今回の旅のスタートは…〉
〈これってはとバスですよね?徳さん〉
知ってました?東京駅の隣がはとバスっていうのは。
路線バスで寄り道の旅
全く知らなかったですねこれね。
〈ここ東京駅のガード下だったんですね〉
へえ~すごいな。
これ入ってみる?
〈えっ?ここはとバスですよ徳さん〉
〈路線バスじゃありませんよ〉
色んなあれですか?コースがあるんですか?
従業員そうですね。
あっ英語の…はい。ありますよね。
そうですね。ございます。
どうもありがとう。ごめんなさいね。
あっこんにちはどうも。
すごいねえ改めてはとバスは。
おはようございます徳さん。今日はとバスの旅ですか?
おはようございます。今日はお世話になります。
お久しぶりです。よろしくお願いします。
♪~「ギラギラ太陽が燃えるように」
〈今回のゲストは田中美奈子さん〉
路線バスで寄り道の旅
〈1989年デビューシングル『涙の太陽』で一世を風靡した元アイドル〉
♪~「なぜなぜなの」
やだ~。いいね~。
最終的には渋谷のガード下…。いや~すごい!
横丁でちょっと一杯と…。いいかい?
珍しいコースですねこれは。田中さんには申し訳ないかね?
いえいえいえいえ!雰囲気好きなので。
律ちゃん全然変わらないんでしょ?
任せてください。すぐ戻るだろ?
路線バスで寄り道の旅
全然全然!もう…。
〈のっけから飲む気満々!〉
田中のダブルのオンザロックですよ。
〈70歳を超えてもいまだ多忙な毎日を送る徳さんとその一行が路線バスを気ままに乗り継ぐ寄り道の旅〉
〈今回は有楽町新橋など昭和を感じるディープな街並みが残るガード下や駅前ビルを巡る旅〉
〈ゴールは渋谷ののんべい横丁で一杯という計画〉
〈その道中では…〉
〈好奇心旺盛な徳さん〉
〈ディープすぎるスポットに続々潜入〉
〈さらに…〉
〈徳さんちゃんとゴールにたどり着いてくださいよ!〉
路線バスで寄り道の旅
〈さらに
うわ~。もう朝からね…。
並んでますね。すごい大人気!いいにおい!
ちょっと…。徳さんもう…。
ちょっと失礼します。我が国を支えてらっしゃいますまさにホワイトカラーの皆さんでございます。
サラリーマンの皆さんです。ご苦労さまですどうも。
よろしくどうぞお願いします。失礼しますどうも。
〈徳さん一行はまずは有楽町のガード下を目指す事に〉
〈有楽町に行くには日比谷バス停で降りれば近いようです〉
ん?どれ?あっあれですね。
路線バスで寄り道の旅
ちょうど青に変わりましたから行きますか。
あの止まってるやつですね。あそこで?
うん。急げ急げ!急げ!
ああ間に合いそう間に合いそう。申し訳ないね。
いきなり美奈子さん走らせちゃって。
こんにちは。お願いします。
お願いします。皆さんすいませんどうも。
〈あいにくの雨ですが上がる事を信じて張り切って出発!〉
〈車内では美奈子さんのご家族についての話に…〉
いえ違います。結婚して10年経ちました。
ああそうなんだ。はい。
じゃあ年子…。年子なんです。
2人いらっしゃるんだ。そうなんです。
まだちびっ子なんでね。えっ男の子?女の子?
上がお姉ちゃん下が男の子で…。最高ですね。
路線バスで寄り道の旅
いいねえ。
ああそう。はい。
うわあ~!ええ~!
言いたくないけど…。
律ちゃんももうホントツヤツヤだから…。
2人の笑い
中身がいいんですよ中身が。
買っちゃおうかなって…?うん。
〈ええ。外見も中身も美しいお二人と話をしているうちにバスは日比谷に到着です〉
行きましょうか。さあじゃあ降りましょう。
〈さあ有楽町のガード下楽しみですね〉
うわ~なんかおいしそうな…。ねえホントホント。
なんてお店だろう?パティスリーアオキ…「サダハルアオキ」って書いてある。
ちょっと寄ってみる?行きたい!
〈徳さんガード下の前に寄り道ですか?〉
〈徳さんたちが立ち寄ったのは有楽町の駅前ビル新国際ビル1階に店を構える…〉
路線バスで寄り道の旅
〈実はここ世界的に有名なパティシエ青木定治さんのお店だったんです〉
これ…困った。
ポワールキャラメル?おいしそうですね。
じゃあ私このサンマルクにしてみます。
私これマロンにしてもいいですか?
もちろんもちろん。(店員)ありがとうございます。
ねえ。そうします。
〈マカロンが人気のお店ですからぜひ食べてみたいですよね〉
テイクアウト分でサヤと…。はい。
〈徳さん全部味違うんですよ〉
店員そうですね。ひと口サイズに…。
これもよかったね!
路線バスで寄り道の旅
これやっぱ食べ比べ出来るんだって。
おっとこれが絶対いいね。絶対これが…。
座られたんですけど…。
一番人気が色んなものを食べ比べられるという…。
ああ~なるほど。これがセットなんですって。
さっきのでいい?徳さん。
うんさっきのキャラメルとマロンの…。
あれを頂きます。皆さん替えたら?
私たちこっちにしようか。すいませんレディースはこっちにしていいでしょうか?
〈徳さんが注文したのは
〈ほろ苦くちょっと大人なキャラメルクリームとイタリア産の洋梨をたっぷり使ったひと品〉
〈女性陣は迷いに迷った末8種類のケーキをひと口ずつ楽しめるお得なセットを注文〉
路線バスで寄り道の旅
〈イチゴとピスタチオを使ったサヤやラズベリーなどの果実を合わせた大人の味のモンブランなど季節限定ものやお店オススメのケーキをワンプレートに集めた贅沢なひと品です〉
お待たせ致しました。お先にケーキをお持ち致しました。
そう徳さん。すいません。
そんな感じです。失礼な話だけど。
かわいい~!かわいい。
これ写メしていいですか?してください。
店員もちろんでございます。いくらでも…。
ちょっともう…かわいすぎてもう感動。
それは…それは出来たら外して頂いていいですか?
〈それはお店のシールですから食べられませんよ〉
かわいい~!ねえ!撮りがいがある。
店員説明だけ進めさせて頂きます。
はい。ごめんなさいね。むちゃくちゃおいしいよこれ。
路線バスで寄り道の旅
こんなおいしいキャラメルなんて食べた事ないね。
ホントに?いただきます。
いただきます。
うん~!
マンゴーとこのスポンジのこのバランスがいいね。
うん。おいしい~。
もちろん!
〈徳さんも色んな種類食べたかったんですね〉
〈えっひと口で?〉
うわっ!ねえきいてる?うん。
うん!若々しい?
なんと言ったらいいのか…かなり濃厚ですね。
〈あんこ大好きな徳さんも大満足の洋菓子〉
〈素敵なお店に寄り道出来ましたね〉
〈絶品スイーツを楽しんだあとはいよいよガード下へ〉
〈ランチの時間ですが…〉
有楽町。どっか有楽町のガード下でいいところあったら食べようか?もう全然。もちろんです。
路線バスで寄り道の旅
〈明治43年新橋駅からの高架鉄道が開通した事により完成した有楽町駅〉
〈街の発展のためガード下に店舗が構えられるよう設計されたといわれたくさんの商店が立ち並びました〉
〈現在でも飲食店を中心に多くのお店が営業を続けています〉
ガード下ここですみたいな…。
うわっなんか面白い。ここすごいな。
働く人のお洋服かしら?
あっなんかダンスの…。ダンスだ。
社交ダンスとか。
いやいやいやこのシャツすごいですよ徳さん。
この紫とか着せたいこれ。いいかも。
〈創業80周年を迎えるという
〈実は昭和のスターになじみのある有名なお店だったんです〉
路線バスで寄り道の旅
日劇…日劇ウエスタンカーニバルっていうのが昭和33年に渡邊美佐さんが始めるわけだけどまさにその時のスターが平尾昌晃まーちゃんであり敬ちゃんでありミッキーだったんだよね。
なるほど。
シャツを作り…。そうだね。
ちょっとこの辺フリフリさせたりとかして。
そうそうそうそう。ねえ。
それまでなかったんだからそういう…そういうオシャレなものはね。なるほど。
〈昭和8年日劇がオープンし音楽エンターテインメントの街として栄えた有楽町〉
〈ロカビリーブーム絶頂期に爆発的な人気を誇っていた平尾昌晃さんやミッキーカーチスさんなど昭和のミュージックシーンを代表する人気スターたちのステージ衣装を手がけていたお店なんだそうです〉
〈現在は社交ダンスの衣装を中心に販売しています〉
路線バスで寄り道の旅
ありがとうございました。へえ~。
〈ガード下には今も昭和の文化が息づいているんですね〉
よーし!よーし!
〈有楽町のガード下を散策中の徳さん一行〉
路線バスで寄り道の旅
ここここここ。徳さんここですよ。
路線バスで寄り道の旅
ここ1回来てみたいと思ってたところだ。
ウソ?ホント。
ここもいいですよ。なんか楽しそうじゃない。
そうそうそう。夜はもうすごいんだからここ。
「まんぷく食堂前」だって。バス停があるから徳さんじゃあここで私たちバス降りたって事で。
アハハハハ!吸い込まれますか?
なるほど吸い込まれましょうかね。
ここにね大友柳太朗さんとかね長谷川一夫さんとか中村錦之助さんとかねそういった人たちのポスターなんだよね。
森繁久彌さん。すごいね~。
残ってるんだちゃんと。
まんぷく食堂です。うわ~。
まんぷく行きますか?
楽しい~。牡蠣がある!飲んじゃいます?
外国人の方は楽しいだろうね。喜ぶよね~この雰囲気ね。
こんにちは。どうも。
店員お父さん今…。今帰った?
〈徳さん知ってるお店?〉
そっかそっかそっか…。
路線バスで寄り道の旅
〈あれ?徳さん寄らないんですか?〉
〈それではここで…〉
〈徳さん一行は明るいうちに立ち寄っていましたが私はガード下が活気づく夜寄り道してみま~す〉
〈こんばんは1人なんですが…〉
はいどうぞ。お席空いてます。
〈いややっぱり夜はお客さんでいっぱいですね〉
〈では徳さんオススメの東京ラーメンお願いします〉
〈結構シンプルなラーメンなんですね〉
〈お味はどうですか?〉
路線バスで寄り道の旅
〈鶏ガラのダシにあっさりとしたしょうゆベースのスープ〉
〈飲んだり食べたりしたあとの締めにぴったりのラーメンなんですね〉
〈ちょっともう1件ハシゴしちゃいましょう!〉
〈こちらのガード下のお店にしてみましょうかね〉
〈こんばんは~〉
〈こちらどんなお店なんですか?〉
どうぞ。
〈いやにぎやかでホント楽しそうなお店ですね〉
店員いらっしゃいませー!
〈皆さん何を召し上がってるんですか?〉
(女性)大人のポテトサラダと…。
路線バスで寄り道の旅
男性アラビアータ風唐揚げみたいな…。
〈へえ~おいしそう!〉
〈他にもオススメあります?〉
〈じゃあそれ頼んでみましょう!〉
〈えっ?これなんですか?〉
〈あっ入れ物じゃなくてチーズだったんですね!〉
店員ここで今から作らせてもらいます。
〈へえ~目の前で作ってくれるんだ!〉
〈えっ?石鍋?〉
リゾットの焼ける音
〈いい音〉
〈こちらのチーズリゾットはこのお店の人気ナンバーワンだそうですよ〉
路線バスで寄り道の旅
〈ホントにおいしそうですね〉
〈徳さんも来ればよかったのに〉
〈一方徳さん一行は…〉
カレーうどんもおいしそうだね。
いいね~。「600円」
あったまるよ。ここにしましょうか。
ねっ寒いからいいかもしれない。こんにちは。すいませんどうも。
ええ。徳光です。
〈有楽町のガード下で見つけたうどんとそばの店慶屋〉
〈2坪ほどの小さな敷地で15年も続いている人気のお店です〉
そうですね。
(一同笑い)
路線バスで寄り道の旅
〈そんな働く人々の活力となっているのがこちらのカレーうどん〉
〈ニンニクや蜂蜜などを隠し味に使った絶品です〉
頂きましょう。どうぞ。いただきま~す。
いいカレーですねえご主人。(店主)そうですか?
ありがとうございます。
つらいね。ホントに。
ホントですよね。
〈まあまあ美奈子さん気にせずどうぞ〉
おいしいですか?ん!
おいしい!とろみもあって…。
うん!うん!
この麺がまたいい麺使ってますね。
おうどんの細さとかもすごい絶妙。
麺に絡む。徳さんもう
もうご飯も入れました!
路線バスで寄り道の旅
〈残ったカレーにご飯を入れて楽しむのがこのお店流の締め〉
完食。
〈徳さん声にならないほどのおいしさ〉
〈あっという間に完食です〉
ありがとうございました。
ここあるの!?これトイレですか?
そこトイレなんだ…!
〈えっここがトイレ?〉
面白い!お父さんのコートかかってる。
物置かと思ったけどここトイレなの!?
お邪魔して…。(笑い)
一同キューン!
よーし行った!
路線バスで寄り道の旅
〈有楽町のガード下でランチを食べた徳さん一行〉
路線バスで寄り道の旅
ここあるの!?これトイレですか?
そこトイレなんだ…!
〈えっ?ここがトイレ?〉
面白い!お父さんのコートかかってる。
物置かと思ったけどここトイレなの!?
お邪魔して…。(笑い)
一応閉めてくださいね。
公開トイレかと思っちゃったね今ね。
〈ごゆっくりどうぞ〉
そうか。31日はここで年越しそばを…。
路線バスで寄り道の旅
大丈夫ですか?
開かない開かないっつって…。
〈ハハハハッ傘が引っかかってた〉
〈自分で倒したんですよ〉
はいどうぞ。
大丈夫です。傘が今倒れてね…。
いや~。いや~つって…。
ため息大丈夫ですか?
疲れた?疲れた。
〈ホントに面白いお店でしたね〉
〈歴史あるガード下と駅前ビルを巡る今回の旅〉
〈ゴールの渋谷に行く前にどこに寄り道しましょうか?〉
次なるガード下は…どこに行きましょう?
新橋!お~!
新橋はさ…。
いいですね。新橋のねすぐ前にある…。
SL広場のね。あの左側にあるやつね。
〈次は新橋の駅前ビルに行くようです〉
路線バスで寄り道の旅
今2時25分。2時25分。
23分行っちゃったばっかりだ!
23分まだ来てないかも…。まだ行ってないと思う。
目黒もガード…あっ
ないな~。目黒駅はない?
目黒ないね。
変わっちゃいましたもんねきれいにね。
反対側があるんだっけ?新しいのと…そうそうそうそう。
〈律子さんのひと言で新橋の駅前ビルを楽しんだあとに中目黒のガード下にも寄り道する事に〉
〈新橋に行くには虎ノ門一丁目というバス停で降りれば近いようです〉
〈それでは新橋の駅前ビルを目指して出発!〉
日比谷公園の中って歩いたっけ?
日比谷公園の中歩いてないですね。
歩いてない…。歩いてない。
ない?ないです。
路線バスで寄り道の旅
あの映画…映画見て。
結構アベックが多いんだよね。アベックじゃない…。
日比谷パンテオンで映画を見て…。そうだよね。
そう。あったね。
日比谷公園を当てもなく歩き…。スカラ座。
一同笑い
そうだよね。
〈青春時代の懐かしい思い出にひたっているうちに虎ノ門一丁目に到着〉
〈中目黒のガード下へ行くには大鳥神社前で乗り換えればいいそうです〉
〈ゴールの渋谷に行く事も考えて午後4時13分のバスに乗る予定〉
〈3人は徳さんの案内でまずは新橋のガード下へ〉
何をやってるの?あれここなくなっちゃったんだ。
ないですね。ここ何かあったんですか?
これ昔ね…。
へえ~。
路線バスで寄り道の旅
やだ…。
そんな…何を言い出すかと思ったら…。
大人のおもちゃの…。ダメですよ徳さん。
入った事ある?(スタッフの笑い)
でも昼間だからダメか。番組的に。
番組的にそうですね。そうだね。
我慢しとくじゃあ。ちょっと見てみたかったけど。
いいですか?うん我慢する。
〈美奈子さん日曜日のお昼の番組ですからね〉
〈でもガード下って色んな誘惑がありますよね〉
〈新橋駅のガード下は明治42年高架線の建設と共につくられました〉
〈現在も多くの飲み屋さんが密集する街として知られています〉
〈新橋駅のガード下を歩いたところで次はすぐ近くの駅前ビルに行く事に〉
ホント?へえ~ここの?
路線バスで寄り道の旅
そうそうそう。ちょっと行ってみようか。
新橋ビル?今度ね行ってみてください。
〈新橋駅の目の前にあるニュー新橋ビルは昭和46年駅前の再開発の際に建てられました〉
〈1階は金券ショップや衣料品などのお店〉
〈2階は仕事の疲れを癒やすリラクゼーションフロア〉
〈地下にはリーズナブルに飲める居酒屋さんが立ち並ぶなど毎日汗水を流して頑張る人たちのための憩いのビルなんです〉
うわ~。ほら飲んでるよビール。
いいね~。いいな生ビールもう飲んでる。
ねえ?背広着てたよね今ね。まだ3時。3時だよ。
こんにちはどうも。(店員)こんにちは。
どうぞ空いてますよ。いい感じだわ。
路線バスで寄り道の旅
こちら5時まで生とハイボール299円で出してるので…。
安~い!よかったら1杯でもどうぞ。
最高!最高ですね。ハッピーアワーがもう…。
こういうランチもいいね。
こんにちはどうも。元気かね?
元気にやっております。知り合いのように…。
友達か?徳光さんだよ。
お元気そうで何よりです。大将もお元気そうで。
一同笑い
すいませんなんか。今日ちょっと取材で来ましてね。
じゃあよろしく!
一同笑い
〈面白いお父さんですねえ〉
どこ?ここのおか田ってとこです。
あっここ?はい。
長蛇の列なんですよ。そうなんだ。
〈お昼時の11時から3時間ほどしか営業していない行列が出来る店おか田〉
〈人気の牛かつは200度から210度で30秒間カラッと揚げるのがこだわりの逸品〉
路線バスで寄り道の旅
〈でも残念売り切れでした。また来ましょうね〉
うわ~食べたい!
うちの主人は絶対衣にカールを使っているって言い切ってますけど。
…あれ?どうしたんですか?徳さん休憩?
ちょっと疲れた。ちょっと休憩されますか。
〈徳さん歩き疲れて電池切れですか?〉
そうしようか。腰が痛いって言ってるから…。
俺ねホントにねちょっとね腰っていうか腰から臀部にかけてがね…。ああ~。
〈という事で2階のリラクゼーションフロアへ〉
へえ~。あっ色々…。
前にね伺いましたね。ずーっとだよ。ずーっとほら。
あっホントだ。すごいすごい。
どこがいいのかが全くわからない。
ちょっとね…。どこがオススメなんだろうね?
ああそうですか。
路線バスで寄り道の旅
逆指名されてるよ。
ありがとうございます。
上手?(男性)男性が少ないから…。
こういうスタッフは男性少ないから。
店員20分でもいいよ。どうぞ。
はいこんにちは。こんにちは。
〈徳さんが吸い込まれるように入ったやすらぎは30分から180分のコースまで様々ありますが忙しい合間を縫ってやって来るお客さんのために短い時間にも対応してくれます〉
〈バスの時間もあるので20分でお願いしまーす!〉
〈え~っ!30分?〉
がっつり…。これ最後…。
これ…。(スタッフの笑い)
〈徳さん30分だけにしてくださいよ〉
〈歩き疲れて腰にきている徳さんは腰から臀部の辺りを中心に〉
路線バスで寄り道の旅
〈美奈子さんは腕回り〉
〈律子さんは肩回りから首の辺りが凝っているようです〉
ホントですね。
こんな角度で指が入ったの初めてだな…。
うなってるよ。ハハハ…うなってる。
〈気持ちいいのはわかりますがあと15分ですよ〉
満喫してます。
本格的ですね。
路線バスで寄り道の旅
最後までたどり着けなくなっちゃう。
徳さんこれから私たち中目向かわなきゃいけないし…。
やっぱり中目のあとはガード下って言ったらやっぱり渋谷?
スタッフの笑い
えっと美奈子様?はいなんでしょうか?
中目に行って…。
最後は渋谷まで行こうよせっかくだから…。
ホント?
〈もう!美奈子さんまで…〉
もうそろそろ時間ですが…。お時間大丈夫ですか?
一同笑い
美奈子さん延長言ってますけど…。
〈ありますよ!〉
今日予定ないです。先生?
えっ?ちょっと徳さん!
〈それではここで…〉
路線バスで寄り道の旅
〈徳さんたちがお休み中にこちらのビルを散策してみましょう〉
〈んっ?ここはすごい人ですね〉
〈皆さん何か飲んでるようですが…〉
〈すいませんこちらはなんのお店ですか?〉
〈はあ~野菜や果物のジューススタンドだったんですね〉
〈今のオススメは?〉
店員今は時季的なものだと梨ラフランスですよね。
〈確かに効きそう!〉
路線バスで寄り道の旅
〈こちらに通われてどれぐらいですか?〉
〈今日は何を?〉
〈出勤前や休憩中のサラリーマンに大人気だそうですよ〉
〈何飲んでるんですか?〉
〈ちなみにお仕事は?〉
〈へえ!すごいですね〉
〈これからも頑張ってください〉
はいありがとうございます。
路線バスで寄り道の旅
〈新橋で働く人の健康を支えるジューススタンド〉
〈徳さんも今度は寄ってみてくださいね〉
〈一方お休み中の徳さん一行は…〉
ありがとうございました。終わっちゃった…。
終わっちゃった…。
ああ~もう徳さん完全に寝てる。
スタッフの笑い
ダメだもう…。
やる気なくなっちゃったもう…。
もうちょっとなんか腑抜け状態になっちゃった…。
ああ~!えらいこっちゃ!
お父さん!お父さん!
全然起きる気ないもん。よいしょ…。
お父さん起きてください。ああ~…。
〈さあ張り切って中目黒のガード下に向かいましょう〉
〈3人は虎ノ門一丁目バス停から大鳥神社前で乗り換えて向かう事に〉
路線バスで寄り道の旅
〈徳さんゴールは渋谷ですからね!〉
〈最近新しく生まれ変わって評判の中目黒駅ガード下〉
〈どんなお店があるか楽しみですね徳さん〉
大鳥神社?大鳥神社…間違えた。
よいしょ…。
〈あれれ?まさか…〉
車内アナウンス「次は西新橋二丁目西新橋二丁目でございます」
〈座ってわずか30秒〉
〈体もほぐれて急に眠気がやってきたんでしょうね〉
〈走る事30分日も落ちてきました〉
〈さあもうすぐ乗り換えの大鳥神社前ですよ〉
路線バスで寄り道の旅
〈徳さん一行がやって来た中目黒駅のガード下〉
〈昭和2年に開業してから古くからの飲食店がガード下を埋め尽くしていましたが…〉
〈2016年に大幅にリニューアル〉
〈スターバックスが入った蔦屋書店を始めオシャレなお店がおよそ30軒立ち並ぶ若者に人気のスポットになりました〉
そうです。カフェとかね。
こんにちは。(女性たち)こんにちは。
あっパン屋さんがなんかおいしそうな…。
カボチャのプリンかな?へえ~すごいな。
こんにちはどうも。ちょっと見たい。
うん?パン見る?
路線バスで寄り道の旅
パン。行ってみましょうか。
あっいいですね。朝ご飯に。
すいません。
〈美奈子さんがお子さんの朝食を買おうと立ち寄った
〈ニューヨーク発祥のこちらのお店ではシェフが現地で学んだ技術で一からパンを作り上げています〉
〈味はもちろんデザインにもこだわったオシャレなパンを求め連日若い女性を中心に大勢のお客さんが詰めかけています〉
これもなんか律ちゃんおいしそうじゃない?これも。
それなんですか?
うわっブラウニーだって。ブラウニーなの。
ちょっとチンしたらめっちゃあったかくなる…。
ずっしり?重たい重たい。いいかもよ。
おいしそうパンも。ねえ。
サイズ感がちょうどほら子供にはいい感じの。
私これでいいや。わあ~最高。
〈美奈子さんが選んだのはこの5種類〉
〈定番の食パンからブラウニーまでお子さんが喜びそうなものを購入〉
路線バスで寄り道の旅
〈一方律子さんはこの3種類〉
〈中でもお店一番人気のプレッツェルクロワッサンは岩塩とゴマの甘じょっぱい味に病みつきになる人が続出〉
〈中身もぎっしりで食べ応え抜群です〉
すいません。お待たせしました。どうもすいません。どうも。
もういいね。明日のパンも買えたし完璧完璧。
さあさあじゃあ次はどこに行きましょう?
こっちに行ったところに私…
へえ~!どこに?
いいですね~肉バル。そうそうそう。
コロッセオ?2階って書いてある。
そうそう。おいしいですよ。
ワインちょっと飲んで帰るぐらいだったら…。
路線バスで寄り道の旅
やだもうこの2人。(美奈子と徳光の笑い)
じゃあやっぱりガード下まで…。
もう言ったから頑張りますよ。
〈残念ながら立ち寄れなかった美奈子さん行きつけのイタリア料理店…〉
〈自慢はシェフこだわりの肉料理〉
〈ワインとの相性も抜群です〉
〈そしてこちらは銚子港で水揚げされたメカジキをじっくり焼き上げ特製のホワイトソースで頂く絶品ソテー〉
〈このボリュームでこのお値段は驚きですね〉
〈それでは渋谷ののんべい横丁に向かいましょう〉
〈もうすぐバス来そうですよ〉
あっ来た。
路線バスで寄り道の旅
あれ?さっきなんであんなにいっぱいだったんだろう…。
〈それではゴールの渋谷に向けて出発!〉
〈車内では徳さんのお孫さんの話に…〉
笑いそうなんですか。
この間なんか…。
出た…!
なんてところで…。すごい…。
面白すぎる。ねっ。
〈そんな話をしているうちにバスは渋谷駅に到着です〉
〈ところで徳さんのんべい横丁の場所わかってますか?〉
徳さんお疲れさまです。どうもお疲れさまです。
のんべい横丁ね…。
路線バスで寄り道の旅
ガードを越えてすぐ左側だよね?そうだよね。
渡った方がいいかもしれないです。渡ってガードの…。
はいわかりました。どうもありがとうございました。
ご苦労さまです。ありがとう。
それじゃあねお気をつけて。
〈のんべい横丁は駅からスクランブル交差点を渡った先にあるようです〉
なるほど。
ここ?うん。これ。
これ入っていく。
あ~ホントだ!
美奈子律子あった~!
あったあったのんべい横丁。
ここがのんべい横丁なんだ~。うわ~すごいすごい。
ある?え~!のんべい横丁に?
うん。なんかどっかね…右側のどこか入った事あるわ。
入りました?えっここにも?あるの?
なんか
ドラマのセットだ!ホントですよ。
〈昭和25年に出来た…〉
路線バスで寄り道の旅
〈戦後闇市に店を出していた人たちが集まってつくった飲食店街が始まりです〉
〈現在も居酒屋ビストロバーなどお酒を楽しめるお店がおよそ40店舗立ち並んでいます〉
〈そのほとんどが小さいお店のため昔から通う常連客ですぐにいっぱいになる人気の飲み屋街なんです〉
〈アポなしで入れるお店ありますかね?〉
あらここも素敵!でもお客さん入ってらっしゃる。
ここもだからすごい人気なんでしょうね。
並んでるもん。
えーっ!「たぬ公」
徳さんどうする?どうする?これ。
よーし!よーし!
路線バスで寄り道の旅
〈旅の締めくくりに渋谷のんべい横丁にやって来た徳さん一行〉
路線バスで寄り道の旅
〈しかし…〉
〈どのお店もいっぱいで入れず雨の中立ち往生〉
〈どうしましょう?〉
すいませんごめんなさい。
どうもごめんなさいどうも。
〈別のお店の事聞いちゃうんですか?〉
ちょっと…。
おでん。じゃあちょっと行ってみます私。
申し訳ないどうも。(美奈子律子)すいません。
路線バスで寄り道の旅
助かる…。じゃあついていきましょうか。
〈ご親切に入れそうなお店まで案内してくれるようです〉
〈ホントすいません!〉
あっおでん。いいですか?徳光さんが行った方が…?
聞いて。いい?
〈という事で徳さん撮影交渉お願いします〉
傘持ってましょうか?大丈夫ですか?
こっちか。
〈もはや絶体絶命!〉
一同キューン!
よーし行った!
〈渋谷のんべい横丁に寄り道中の徳さん一行〉
路線バスで寄り道の旅
こんにちはどうも。
すいませんあの…。
女性嬉しい!いつも見てます。
入ってもよろしいですか?カメラも入るんですけれども。
我々はいいけど…。
〈オーケー頂きました!〉
〈創業66年のおでん屋さんなだ一〉
〈四代目の店主渡辺さんは先代から秘伝のダシを引き継ぎ伝統の味を守り続けています〉
路線バスで寄り道の旅
〈昔からの常連さんだけでなく最近は若い女性客も増えているそうです〉
ありがとうございました。どうぞよろしくどうぞ。
どうもお疲れさまでした。徳さんお疲れさまでした。
美奈子さんどうもありがとう…。ありがとうございました。
いただきます。いただきます。
あ~…。
お一人?それでもう…。はい私1人でいつも来てます。
それであれですか?
でもいいですね。そういう感じですよねこののんべい横丁はね。
〈のんべい横丁のお店って人情があふれてますね〉
〈さあ熱々おでんであったまりましょう〉
うん…。うーん!
路線バスで寄り道の旅
外が寒かったからとっても体があったまります。
うん。あれだな…。
でもおいしいです。いい味です。
お刺し身なんか頂きますか?ねえ。
俺ね中トロ食べたいな。この中トロの刺し身をね。
じゃあ中トロのお刺し身と…。
私あといぶりがっこ。
多分色が黒いからあんまり出ないんですよ。
〈ご主人お店空けてどちらへ?〉
よーし!よーし!
〈渋谷のんべい横丁でおでんを堪能する徳さん一行〉
路線バスで寄り道の旅
色が黒いからあんまり出ないんですよ。
〈ちょっとご主人いきなり店を出てどちらへ?〉
〈実はここでは店主の叔父のお店とメニューをシェアしているためお刺し身を取りに行ってたんです〉
〈1軒1軒は狭いですが色々工夫してお客さんを楽しませているんですね〉
うん!うーん!
おいしい。
路線バスで寄り道の旅
っていうかあれだね。締めがここでよかったね。
ねえ我慢したかいがありますね。
あったねホントだね我慢したかいあったね。
いかがでした?美奈子さん。いやなんかね…。
笑いごめんなさい…。
いやそれが一番褒め言葉でございます。
ホントですか?
そう思ってたんですねホントは…。
ツンツンした女…。
一同笑い
〈温かい人たちと温かいおでんで心も体もポッカポカ〉
〈いい旅ですね〉
〈今夜6時30分からは徳光和夫と高田純次のオヤジコンビが
急に目が開きました。
(一同)フレ!フレ!徳光!
路線バスで寄り道の旅
〈さらに…〉
〈有名人にも次々と遭遇!〉
〈そして…〉
〈今回も珍道中の予感!お楽しみに〉
路線バスで寄り道の旅