2018年11月03日 14:30 - 16:35

ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」

画像だけでダイジェスト

進化を続ける日本代表が地球最強王者ニュージーランドと激突!ジャパンのリーチ主将を筆頭に新星・姫野やスピードスター福岡擁し、絶対王者へ挑む!※最大延長20分 【ラグビーワールドカップ スペシャルMC】上田晋也  【ラグビーワールドカップ 応援団長】舘ひろし  【ラグビーワールドカップ スペシャルサポーター】櫻井翔  【解説】大畑大介(元日本代表、代表トライ数世界記録)、箕内拓郎(元日本代表、07年ラグビーW杯主将)  【実況】中野謙吾(日本テレビアナウンサー)  【インタビュアー】山本紘之(日本テレビアナウンサー) 進化を続ける日本代表が地球最強王者と激突!日本代表vsニュージーランド代表。前回のラグビーW杯で日本代表が南アフリカ撃破から3年…更に力をつける日本代表。相変わらずのパワーとスタミナは健在・不動の日本代表主将リーチ選手。外国人も圧倒する新星のフィジカルモンスター・姫野選手。敵陣を切り裂くスピードに磨きがかかった福岡選手など見所満載のジャパンがW杯3連覇を目指す地球最強ニュージーランドに挑む! お宝視聴者プレゼント実施中!詳しくは放送中にデータ放送をチェック! 上田晋也 / 舘ひろし / 櫻井翔 / 大畑大介 / 箕内拓郎 / 中野謙吾 / 山本紘之

ワールドカップ日本大会まで
1年。
進化を続ける日本。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
先週、世界のオールスター軍団と対戦。
敗れはしたが、ワールドカップに向け手ごたえをつかんだ。
今日の相手は世界王者、
ニュージーランド。愛称はオールブラックス。
圧倒的なパワーと、
華麗なテクニックを武器に、
ワールドカップ2連覇中。まさに地球最強軍団。
絶対王者に立ち向かう日本。そのキーマンは?
上田キックオフが迫ってきま
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
した。東京、味の素スタジアムです。ワールドカップまで1年を切
りました。ラグビー熱が高まってきております。
櫻井君。日テレ系ラグビー中継のイメージソングができたというこ
とで。
櫻井今ちょうど流れてますけ
れど、嵐としては
珍しく荒々しい楽曲といいますか、こういう機会がないと、歌えない
曲だったので、非常にいい機会をいただいたと思います。
上田これで櫻井君の今日の仕
事の8割が終了しました。
応援団長の舘さん。日本代表、先週の世界選抜戦、いい試合でし
た。舘ここのところ強くなってま
すね。前半、ちょっと心配したんですが、後半ずいぶん追い上げま
したね。上田素晴らしい戦いぶりを期
待したいと思います。
今日の相手は、
地球最強と呼ばれるオールブラックスなんですが、カギを握る選手
を教えていただけますか。
大畑10番司令塔、田村選手
です。
中野田村選手の最大の武器は
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
何なのか、ご覧ください。田村に注目。
トライにつながるピンポイントのキックパス。
さらに…。
正確なゴールキック。
田村のゴールキックには蹴りラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
方に秘密があった。
硬いくるぶしを押し付けるよ
うに蹴ることで飛距離が出るという。
だから、およそ50mの距離でも…。
確実に決める。
田村のキックを武器に、ニュージーランド撃破なるか。
上田あらためて田村選手のキ
ックのすごさ、解説をお願いできますか。
大畑トライシーンでもあった
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
と思うんですが、
グラウンドを俯瞰で見るかのように広いスペースを見れるんですね。
そこに対してボールを手で扱うかのように、足で使ってトライシー
ンを作る。司令塔として彼の出来が重要なんですが、
これからニュージーランド、世界のトップと戦うためには、
キックで
得点するというのは重要になってきます。彼の出来が勝敗を左右し
ます。
櫻井オールブラックスですけ
れど、注目選手はどなたになりますか?
箕内速い、強い、うまい、タレントぞろいのオールブラック
スの中で、注目したいのは司令塔のリッチーモウンガ。スーパー
ラグビー、クルセイダーズの優勝の立役者です。注目したいと思っ
ています。
上田味の素スタジアムは
来年のワールドカップ、日本の開幕戦の会場でもあります。日本代
実況リポビタンDチャレンジ
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
カップ2018。日本対ニュージーランド。素晴らしい秋空の下、
日本ラグビー最大の挑戦がこれから始まります。世界ランク1位、
ワールドカップ連覇。ラガーマンの憧れ、オールブラックスとの対
戦です。
舞台は来年のワールドカップ開幕戦の舞台となります。
東京味の素スタジアムです。
場内、これから両国の国歌です。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
まずはニュージーランド国歌です。
実況来年のワールドカップ日
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
本大会で
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
前人未到の3連覇を狙うニュージーランド代表オールブラックス今
日5年ぶりの日本代表との一戦です。続いて日本代表『君が代』で
す。
実況日本は過去5度、オール
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
ブラックスに挑み、まだ勝利を掴んだことはありません。
今日、歴史を変えることができるでしょうか。
解説は元日本代表のお2人、大畑大介さん、箕内拓郎さんでお
送りしていきます。いよいよ始まりますね。
大畑緊張の一瞬ですね。
実況オールブラックスの戦い
の前の儀式、ハカが、この後行われます。
仲間には力を。
時には威圧を。オールブラックスの強さの一つでもあります。
実況戦う上で最高の空気が出
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
来上がりました。
日本代表対ニュージーランド代表オールブラックス。
両チームのスターティングメンバーをご紹介します。
日本代表、フォワードには稲垣、山下、
リーチマイケルなど、前回のワールドカップ経験者に若きスター、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
姫野が入っています。
指令等には、天才、田村優。ウイングには
日本が誇る韋駄天福岡堅樹。14番、ヘンリーは今日が代表デ
ビューです。ニュージーランド代表オールブラックスです。
フォワードには前回ワールドカップ優勝メンバー、レーンコール
ズ。ナンバー8にはルークホワイトロック。バックスには11番、
ニュージーランドの怪物、ナホロ。14番はワールドカップで6トラ
イ、ミルナースカッダー。15番、未来のスター、バレットと強力な
メンバーが日本に襲い掛かります。オールブラックス相手に
日本のラグビーがどこまで通用するのか。再び歴史を変えることが
できるのか。日本代表の挑戦がいよいよ始まります。
実況リポビタンDチャレンジ
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
カップ2018。日本代表対ニュージーランド代表
オールブラックスのキックオフが始まりました。
白と赤の桜のジャージー、日本代表。
まずはボールを展開して行きます。
しっかりボールを出して行きたい日本です。
いよいよオールブラックスとの5年ぶりの試合が始まりました。
まずボールをキープしてという立ち上がり。
ポイントはどのあたりになるでしょう。
箕内出足のところ、キックオ
フをキャッチしましたね。
その中ではやはりセットプレー、スクラム、ラインアウト、後やは
り速いアタックをするのに必要な球出しの速いブレークダウン。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
キックをどのように使うかというのを注目してみたいと思います。
実況今、オフサイドがありまして、ニュージーランドボールに
なります。この後、ファーストラインアウトになります。今日の東
京味の素スタジアムの気象ですが、
天候は晴れ、
気温が19.7度。湿度54%。風が2メートルです。最高のコン
ディションが整いました。
日本陣内、22mラインの近くへオールブラックスのファーストラ
インアウトです。ディフェンスを注意しなければいけませんん。
大畑ラインアウトからどういうオプションで来るかわかりませ
んが、
ボールを転回された時にディフェンスをどういったイメージを与え
るのかですよね。
実況モールでは、日本代表も
おしています。展開してきた。
後ろから飛び込んできました。
これは日本に反則がありました。
日本陣内、深いところで日本反則がありました。
箕内2人目の選手が絡むのが
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
遅すぎましたね。タイミング的に。
実況ここは狙いに行くようで
す。
ペナルティーゴールを狙います、オールブラックス。
大畑オールブラックスも日本
代表が早いディフェンスをしてくることは想定していましたので、
その中で、的を絞らせないような感じで
2列でボールを動かしてきたというところで、よく仕掛けましたよ
ね。実況ホールディングの反則が
ありまして、ニュージーランドオールブラックスのペナルティー
キックになります。
蹴るのはリッチーモウンガ。
この選手は、スーパーラグビーという世界最高峰のリーグで連覇を
したチームの司令塔。
大畑非常に勢いのある選手で
すから、こういった試合で経験値を積んで、さらに成長していくっ
ていうのは、
ニュージーランド、オールブラックスにとっては大きなプラスなっ
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
てきます。若い選手、才能ある選手に対して、いかにプレッシャー
を与えるのかが大事なりますね。実況まず先制したのは、
黒いジャージ、オールブラックスニュージーランド代表です。
ペナルティーゴールで3点が入りました。
ここから少し落ちついて、流れをつかみ直したいですね。
箕内できるだけニュージーラ
ンドのペースっていうか乱していきたいですね、ここから。
実況すぐプレッシャーをかけ
に行った、ナイスタックル。
チャージ。追いかける。トライ。
なんと日本代表が世界のオールブラックスからトライを奪いました。
箕内もしかしたらTMOが入
るかもしれないですね。
実況トライということになり
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
ますと日本ラグビー史上、前半で初めてのトライですか、やりまし
た。なんというビッグプレー。
前半の、一番立ち上がりの重要な時にやりましたね。
大畑自分たちがやろうとして
来た
ディフェンスのプレッシャーですよね。そこが出せたシーンですか
ら、偶然ということではなく、狙い通りのプレーですから、
勢いが出ますね。
実況アニセサムエラ。
トライを奪いました。
日本代表史上、これが
代表ジャージーを着て4人目のオールブラックスからのトライにな
ります。最高の出だし。先制されましたが、
その直後にトライで逆転。
そして日本のスーパーブーツ。田村のキックです。
コンバージョンゴールが決まれば、2点追加されます。
静まり返った、東京味の素スタジアム。来年のワールドカップの開
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
幕戦の舞台でもあります。その舞台でオールブラックスを迎えて、
田村のコンバージョン。
このキック見事に決めました。7対3。
日本が地球最強といわれるオールブラックスから7点を奪いました。
歴史をひもとくと日本代表は過去5度対戦してるんですが、最も点
を取った試合でも、
実は17点しか、オールブラックスから取ったことがない。
ここはまた日本ボールだ。
田村が1人飛ばす。
ヘンリーがステップを切る。
ファンデルヴァルト。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
大畑オールブラックスが、
ディフェンスの準備ができる前からボールを動かしていきますから、
いいですね。実況テンポのある攻撃を
見せられていますね。
箕内非常にいい展開にスピー
ドがありますね。実況フォワード陣も押し負け
ていません。
奪われた。ターンオーバーしてニュージーランドの怪物ナホロが行
くこのボールは日本、何とか抑えた。
オールブラックス11番、ナホロ。前回のワールドカップでトライを
決めている。ニュージーランドの怪物と言われている選手です。
大畑ここからしっかりプレッ
シャーをかけていきたいところです。
実況1対1で、しっかり止め
ました。
日本の出足の早いディフェンス。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
ナイスタックル、日本。
13番のトゥポウのタックルです。
日本のラインがしっかり整っています。
1人でダメなら、2人3人というディフェンスです。
大畑非常に足が動いています
ね。
箕内よくキープをしています
ね。
実況日本がどういう攻撃を仕
掛けてくるか。
大畑少しサポートが遅れまし
た。
遅れてしまうと、
オールブラックスのディフェンスの形になってしまいますね。
実況接点というはボールの奪
い合いの状態の時にサポートが
速くないと、反則を取られてしまう可能性があるんですよね。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
大畑ラグビーはボールより前でプレーをしてはいけないので。
実況これはキックミスです。
珍しい。オールブラックスにしては珍しいミスがありました。
今のインゴール付近ぎりぎりを狙って蹴ったボールがタッチインゴ
ールに出てしまいました。蹴った位置からの
スクラムイになります。箕内スクラムを選択しました
ね。
実況スクラムでいけるという
確信。
練習を含めてあるんでしょうか。
箕内自信を持ってると思いま
す。
実況ファーストスクラム。
世界のニュージーランドオールブラックスから押し勝つことがで
きるか。
ファーストスクラムというのは選手たちにどんな影響を与えるんで
しょう?
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
箕内同じチームを押すのを見
ると、押されると不安になる。
すごく大事なセットピースですね。
実況大畑さんも現役時代バッ
クスですから、スクラムを後ろから見て今日はいけるぞと。
大畑勇気をもらえる非常に大
事なスクラムですから、
ここ自分たちがスクラムを選択したということは
かなり自信を持ってるっていうことですね。
実況アーリーエンゲージ、
少し早く組んでしまいました。
日本、スクラムを選択しましたが反則を取られてしまいました。
そして、またスクラムです。
オールブラックスとしては
どういう意図があるんでしょう。
箕内日本のほうが入り込みす
ぎたのかなという反則だったんですね。逆に相手がスクラムを
選んだということは、オールブラックスのフッカー。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
経験のある選手ですからデーンコールズ駆け引きが見ものですね。
実況日本がスクラムを選択す
るなら俺たちもスクラムを選択するということですね。
ナホロを止めたい。よく止めました。
大畑スクラムから早かったの
かな?
実況スクラムを故意に壊して
しまったというコラプシングの反則がありました。ここはタッチに
蹴って…。箕内しっかり修正してきまし
たね。
実況ラインアウトで攻撃を組
み立てていこうというオールブラックスです。
大畑反則にはなりましたけれ
どニュージーランドとしては自分たちの思いの中でプレーをした中
で、ここは日本はしっかりディフェンスを
してほしいですね。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
実況先週、行われたオースト
ラリアとの試合でもニュージーランドはラインアウトからオプショ
ンを取りました。
何とか押し戻したい日本代表。
大畑姫野がボールに絡んでい
ますね。出せないでしょうね。
実況ボールを出せませんでし
た。
姫野が相手にボールを離させないというような、反則を誘発するよ
うな見事なプレー。大畑モールの中でレフェリー
に大きくアピールしましたからね。
実況日本のナイスプレーとい
うところでしょうね。
姫野和樹です。
昨シーズン、日本代表デビューしまして、一気にスターダム、
駆け上がってきました。
姫野が日本のフォワード陣の中心となれるかどうか。
箕内非常に強い絡みでしたね。
実況ここからのスクラム。日本ボールです。
まずしっかり出して、陣地を回復したいというところでしょうか。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
箕内スクラムが安定してない
ので、しっかり出したいですね。
実況ここで接点、いわゆるボ
ールの争奪戦です。
田村はキックで陣地を回復です。
箕内日本ボールですね。
実況今ナホロは、片足を入れ
た状態でしたが、日本ボールになるんですね、この場合は。
大畑ちょっとナホロ、気持ち
が高ぶってるんですかね。ファーストプレーで、
普段ならボールを持って、走っていくシーンでもボールを蹴って簡
単な選択をしたり、先ほども、スクラムから消極的なプレーだっ
たので、
ちょっとナーバスになってるかもしれないですね。
実況オールブラックスが慌て
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
ているのか、この前半。
間もなく13分というところ。
このキックを追いかけていく。ナイスタックル。
ファンデルヴァルト。
オールブラックスも、この位置からボールを展開していきます。
オールブラックスのボールの扱い方がいつもに比べますと、ちょっ
とバタついてますか。
大畑少し手についていない感
はありますね。
実況倒れ込みながらのオフロ
ードパスをつないで来た。ナイスタックル。
日本1対1のタックルで止めました。
大畑ディフェンスもしっかり
戻ってきています。ここは時間をかけさせたい。
実況5番のヘモポ強い。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
1人をはじき飛ばす。
ここはしっかりディフェンスを
したい。外に1枚、余っている。デーンコールズ。
オールブラックス、トライです。
世界最高の走れるデーンコールズがトライ。逆転です。今の攻撃、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
いかがでしたか?箕内外、をしっかりスペース
はあったところをついてきましたけれど、日本もしっかりディフェ
ンスできてたんですね。この後にゲインされるところでディフェン
スがガタガタになったのか、
飛び出す選手と、田中選手とその辺の差が出ていたのかなという感
じです。大畑ディフェンスがラインと
して、リズムが崩れたところですよね。こうなってしまうと、
外側にスペースを与えてしまいますよね。外側のスペースに
しっかり待っているデーンコールズのトライに対する嗅覚ってい
うところがすごいですよね。箕内トライ数の多いフッカー
ですよね。
ウイング並みのスピードを持ってますからね。
実況オールブラックスでの
11トライ目というデーンコールズです。少し角度のあるところ
から、モウンガのキックになります。
今日はここまでキック成功率は1分の1。決まれば2点追加。
ここはしっかりと決めてきました。
オールブラックス、ニュージーランドが
2点を追加しました。これで10対7です。
日本代表のリーチマイケルキャプテンは、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
今日もし、オールブラックスに勝つためには、点差を離されないよ
うに、
食らいついて後半まで行くことが大事なんだと話しています。
大畑日本代表としては、
食らいついて行く粘り強さというところは
しっかり準備をしてきてますので、
世界選抜戦でも見せた、後半の追い上げっていうところにつないで
いけるように、とにかく前半は点差を流れの中で踏ん張ってきたい
ところですね。
実況今日の日本代表は過去5
度対戦したオールブラックスとの戦いの歴史の中で初めて前半でト
ライを奪いました。
今までの日本代表とはひと味違うかもしれません。
日本の司令塔田村、ハイパント。
モウンガボウもキックを使う。
このボールは日本のヘンリー。そして田村がもう一度キックです。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
ラグビーは陣取り合戦。より相手陣内でプレーをするということが
大切になってきますね。
箕内今トライを取ったので、
落ち着きを持って攻めてくるのかなと思ったんですが、蹴ってきま
すよね。実況どういう意図があるんで
しょう?
箕内しっかりゲームを作って
行こうとしてると思います。
実況チャレンジしつつも、
日本は勝ちに行っている。
箕内それだけ日本がプレッシ
ャーをかけに行っている証拠だと思います。
実況日本の持ち味の速いディ
フェンス。
この2年間、作り上げてきたディフェンスです。
今の状況でいうと、どういうことをいうんでしょう。
大畑日本代表のラインがあり
ますよね。1列のラインを早く前に押し上げるってことですよね。
それによってオールブラックスの選手たちにスペース、そして時間
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
を奪うということですね。そうすることによって個人の能力の高い
オールブラックスの選手たちに自由に判断をさせない。
スペースを与えると一気に局面を打開するだけの能力があるので、
ミスを誘発させて、そのボールを奪い、
一気に得点まで持って行く。そのシナリオを作っていきたいで
すよね。
実況今、日本はノットロール
アウェイの
反則がありましたが、こういうのを少なくしていきたい。
大畑自分たちで反則、ミスと
いうところからチャンスを
失っていたシーンがありましたので、
レフェリングのくせも含めて、しっかり対応していきたいですね。
実況ひとりひとりが世界最高
のアスリートでもありますオールブラックス。
ホワイトロックが来た。
兄弟そろってオールブラックス。
どの選手を取ってみても、世界最高のプレーヤーがそろっています。
日本もディフェンスに絡んで行く。
ステップを切って、モウンガ。これが世界最高の司令塔。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
大畑2人で包み込んだように
見えたんですが、
今まで戦った相手と違うのが…。自分のタックルのゾーンに入った
瞬間から消えるんですよね。
一瞬の加速ですよね。
ここで裏を切り抜けられるんですよね。
一瞬、田村選手が目を離した隙ですよね。
実況流も完全に自分の射程圏
内に入っていましたが、箕内先ほどのファーストトラ
イが一番、外に出したんですが持った瞬間、ディフェンスが全体的
に外を向いてますよね。それを見逃さなかったですね。
大畑その前に内側にボールを
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
回して意識をさせてそれぞれの選手たちのボールをもらう幅を広げ
ていますよね。
実況日本代表は、これまで初
めて対戦した時は0対74。
ここから4対106。17対145。7対83。6対54。
最も近づいたという時ですら、48点差をつけられた日本代表、
この5年間で日本代表は大きな成長を遂げています。
ここから追撃したい、桜のジャージー、日本代表です。
モウンガのコンバージョンゴール、決まりまして、17対7。その差
は10点差です。
また1トライ、1ゴール、プラスペナルティーゴール1つで同点に
追いつきます。前半どのあたりまでに、とどめておきたいっていう
のが日本としてはあるんでしょうか?
大畑1トライ、もしくは10
点差圏内にいたいなっていうのはありますね。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
実況先週の世界選抜オールブ
ラックスを選手も含まれていました。その試合後半、
20点差以上、追い上げたという日本です。
大畑追い上げたってところで言うとその試合に出ていたオール
ブラックスの選手もいますので、印象は残ってると思うんですよね。
実況このミルナースカッダー
も世界選抜の選手です。大畑一瞬で左右に切れるステ
ップ。
しっかり今ディフェンスが対応していましたね。
実況ここはモウンガがヘモポ
を使う。
ボールを持った選手に、すぐ襲いかかります。そして相手にボール
を蹴らせる。
福岡もよく耐えています。
流からファンデルヴァルト。
南アフリカ出身。
そこからサムエラ。
田村が2人飛ばした。ここは危なかった。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
狙っていた12番のラウマペでした。
日本で行われてる試合ですので日本代表応援したい気持ちもあるん
ですが、オールブラックスのプレーというのもワクワクしますね。
箕内非常に高いレベルでパス、
キックをもらっていますし、何より状況判断が素晴らしいです
ね。試合の序盤、日本にトライを
取られてからおかしいなってのあったんですが、だいぶ修正してき
てますよね。
実況今のはインテンショナル
ノックオンでしょうか?故意に
ボールを前に落としたという反則をニュージーランドが取られてい
ます。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
日本はタッチに蹴り出して、相手陣内深くからのラインアウト
を選択するようです。
思い返せばワールドカップで南アフリカに勝った時も相手に何とか
食らいついて、
そしてラインアウトからもドライビングモール。一つの塊になって
相手陣内に入っていく。
そういうのがありましたね。
大畑日本は個というよりも組
織で戦うのが強みですから、
そういうところはしっかり準備してますから。
実況福岡、日本の韋駄天。
大畑少しでも前に出る姿勢が
いいですよね。
実況ほぼ満員の、味の素スタ
ジアムがわきました。
ボールをこぼして、奪われた。
ファンデルヴァルト、手からボールがこぼれ落ちました。
今の攻撃、福岡のスピード、ファンデルヴァルトのパワー。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
思わずボールを前に落としてしまった。ノックオンの反則を取られ
たようです。
オールブラックスと過去の対戦を見ますと、前半でここまで間もな
く25分ですが、僅差というのは歴史上なかったですね。
大畑記憶にはないですよね。
実況去年、日本代表はフラン
スと、史上初めて引き分けました。その前の年はウェールズにあと一
歩まで迫りました。
確実に力をつけている、ジェイミージョセフヘッドコーチ率いる
日本代表です。日本のスクラムは、全員で押していくスクラム。
日本、よく押し返しましたね。
このボールはまず冷静に日本、返していきたいところです。
山中です。
神戸製鋼では今シーズン、ダイレクトタッチ。
大畑こういったプレーですよね。
実況22mラインの外側から
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
蹴ったボールが直接出てしまったということで蹴った位置まで戻さ
れます。日本、ピンチです。
大畑ここは引きずらないよう
にしてほしいですね。
実況ラグビーでは反則を犯さ
ないことを規律といいますが、
少しここまで反則が多いかなという印象がありますね。
大畑修正しなきゃいけないポ
イントとして掲げてましたので。実況ナホロがボールを持った。
よく止めた。ナイスタックル。
すぐサポートに来る。ボールを奪ったか。
日本ここはバタつきたくない。
何とか抑えています。
日本陣内、深い所。
大畑ここは焦らずに自分たち
のリズムでボールを運んでいきたいところです。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
実況田村はキックパスを
使ってリーチマイケルへ。しかし、つながりませんでした。
田村は今のようなプレーも。クイックで来た。
再びオールブラックスです。
箕内すごいところからオフロ
ードをだしました。
実況オフロードというのはタ
ックルされた後からまたパスをつなぐことをいいます。
オールブラックス、ニュージーランド代表とっても一番の武器です
よね。箕内特にミルナースカッダー
選手はそれが得意な選手です。
大畑今ちょっと痛めましたね。
福岡のタックルのあと見てほしいんです。すぐに起き上がって、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
一気にボールへ。ボールを持った時に非常に評価の高さは注目され
ているんですけれど、こういったところですね。
実況この状態でボールを奪え
れば一番いいんですが、ボールを奪えなかったとしても、相手が離
せませんので、
大畑ノットリリースザボール
になりますからね。相手の攻撃の時間も奪えますからね。
ディフェンスが戻ってこれますので、
このプレーば非常に大きいですね。
実況徐々にアジャスト、
相手に合わすことができてるんじゃないでしょうか。
箕内対応できてますね。
実況今大きく蹴り込みました
が、今の意図は?
大畑まずは深く運んで、
ボールを運んでいくっていうことですね。
実況バウンドはオールブラッ
クス側へ転がった。
これが楕円のボールのマジック。12番のラウマペ、トライ。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
オールブラックス追加点。跳ねてくる方向が分かってるような…。
大畑今のシーンでも
わかるように、スペースと時間をあれだけ深い位置に下げた状態で
もボールを
渡してしまえばトライまで持って来られるということになるので、
エリアを挽回するという手段の中で次はどういったプレーを選択し
ていくかですよね。こういったものを繰り返してくとズルズルいき
ますので、
次、エリアを取る時にはボールを渡すことなく、
キックを蹴るにも、
コンテスト、ボールを取られない形を選択する。この後ろに対して
もう少し耐えていく。
その前にスクラムでプレッシャーを
かけていくっていうこともあるので一つ一つのプレーの精度が
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
実況上がって行きますね。日本がやりたいような形で得点を
奪ったオールブラックス。キックからスペースを見つけて、
という形でした。正面からのキックは
文句なし、間違いなく決めました。
24対7点差が17点差。広がりました。
日本、粘りたい。
間もなく前半の30分です。
ラグビーは40分ハーフ80分で争われます。
このキックも上手い所、これ蹴って来ましたね。
箕内ただチェイスラインが薄くなる。スクラムからのキックで
すよね。
フォワードが8人かたまっている状況で蹴ってしまうと、バックス
ラインしかチェイスに行けないので、どうしてその選択をしたのか。
もしくはミスキックなのかっていうところを修正しないと同じこと
を繰り返してしまうので、実況スクラムからのディフェ
ンスの形。少し日本がうまくいかなかった。
その形で得点を取られたという形でしょうか。
実況相手陣内22mラインの
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
内側に入っています。このボールはどちらがおさえるか。奪われた。
ノックオンがありました。日本ボールです。14番のミルナースカ
ッダー。この選手は前回のワールドカップ
でブレークしたニュージーランドのスター選手。
箕内15年大会の寸前といい
ますか、
一気にブレークして、そのままニュージーランドの連覇に貢献した
選手ですから。
実況6試合6トライですから
ね、ワールドカップで。
大畑オールブラックスは層が
厚いですね。
実況日本ボールのスクラム。
ボールをうまく出してきました。
奪われた。
ジョーディーバレット。
このボールの接点で日本がボールをしっかり出せるか。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
出しました、ファンデルヴァルト。奪われた。
今のはジャッカル。
大畑ジャッカルというより奪
い取った、もぎ取ったという形です。
実況モウンガは蹴らずに、
つないできます。
少しパスが乱れた。オールブラックス。
これは奪えるか。まだ持っている。
オールブラックスは各ポジションに
世界を代表する選手が今日も名を連ねているという
布陣になっています。
箕内試合の中で強度が上がっ
てきた感じがします。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
実況取った。山下か。
日本チャンス。姫野が行く。あと5m。
日本、オールブラックスから
二つ目のトライを奪えるか。押して行く。残り5m。
日本が地球最強オールブラックスを迎えた戦い。
姫野が行く。
去年のオーストラリア戦でもトライを奪っている。大舞台に強い姫
野。押し込んだか!?グラウンディングできているか。
トライだ。
日本2トライ目ちょっと熱くなっている。
オールブラックスのその心に火をつける。
そんなトライを日本が奪いました。
日本の最後、ツイですか?
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
大畑相手にボールを奪われて
も、しつこくディフェンスして。とにかく執念ですよね。
実況8番、ナンバー8のツイ
が押し込んで…。
ナンバー8といいますと、
箕内さんですが、
今のプレー、いかがでしょう?
箕内人を抜く力を持っている
ので、
力強さ持っているので彼らしいトライですよね。
実況前回のワールドカップメンバーでもあります。
ツイ、帝京大学でも
その名を鳴らしました。
再び日本代表に戻ってきました。ツイ。なんと日本が前半にオール
ブラックスから2つのトライ。これまでの歴史の中では前半にト
ライを
奪ったこともありませんでしたが、5年間の成長を大いに見せつけて
います。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
競った展開になってくると、
キックでの2点3点、非常に重要ですね。
大畑ここは田村からしてみれ
ば、それほど難しいポジションではないので、
確実に2点、追加してほしいですよね。
実況決まれば再び10点差ま
で詰めます。
実況決まった。
ポストに当たって内側に。
日本これで10点差。
オールブラックス相手に10点差です。
今日テレビでラグビーを初めて見るという方もいるかもしれません。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
オールブラックス相手に前半10点差という意味。
どう捉えたらいいでしょう?箕内先ほどオールブラックス
が行けるんじゃないかなという感じで軽いプレーでパスを回し始め
たところでのトライだったので、非常に彼らにとっても痛い失点に
なりましたよね。
まだ、このゲーム、分からないということを象徴するようなプレー
でした。
実況オールブラックスにプレ
ッシャーを
かけている状況と言っていいでしょうか。
箕内オーストラリア、南アフリカでもオールブラックス相手に
こういう試合をするのは難しいですが、日本、頑張ってますよね。
実況10番のモウンガ。
ホワイトロックからバレット。ナホロを止めたい。
このボールが転がった。
タフリオランギのところに行ってしまった。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
大畑ちょっとアンラッキーになってしまいましたね。
実況オールブラックス、追加点。
大畑やはり強いところにはボ
ールを運ばないというか、少しでもスペースを見つければ一気に広
げるといううまさですよね。
実況今レフェリー。マシュー
カーリーがテレビジョンマッチオフィシャル。いわゆるビデオ判
定をしています。もしノックオンがあったとすれば、
トライは認められません。
オールブラックス率いるハンセンヘッドコーチが指揮をし始めてか
ら、
勝率、団体スポーツの中で90%という驚異の数字。
大畑ちょっと考えられない勝率ですよね。
実況ワールドカップ全勝優勝
で連覇。
世界ランキングも10年近くキープしています。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
そんなチームがどの競技を見渡しても、ないですよね。
大畑考えられないですよね。
ナショナルチーム同士の戦いですからね。
大畑スローフォワードかどう
かの確認だと思うんですが。
実況もし前にボールを投げて
いたとすれば反則を取られます。
イングランドのレフェリー、マシューカーリー。ここは、
トライを認めました。オールブラックス、追加点です。
大畑トライを取られる前まで
は、ボールを動かしながらオールブラックスとしても軽いプレーが
目立っていたんですが、
トライを取られたことによってリスクの少ないボールの動かし方を
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
してますよね。
そういったところの引き出しの多さといいますか、差を感じますよ
ね。
実況31対14。17点差で
す。
箕内広いにスペースがあった
りすると、ディフェンスのディフェンスが早いので、ショートスペ
ース、ディフェンスの人数の少ないところを攻めてきた。
日本代表、あそこでスピードを出せないですよね。
実況日本、ディフェンスは破
られたときは一気にピンチ。
世界に勝つためにはハイリスクハイリターンのディフェンスも
していかなきゃいけない、という選択ですかね。
大畑自分たちがやろうとしている意識は
しっかり働いてますので、
1段2段、レベルの高い相手に対してゲームの中でいかに修正して
いくかが大事ですね。非常に重要な時間です。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
実況日本も一番の武器として
後半に強さ、運動量が残っているというのが日本の強さです。
大畑前半終了間際、
しっかり得点して終わりたいですね。
実況しかし反則があったようです。
タックルした後にボールを離すことができませんでした。
ノットリリースザボールの反則。
箕内前半から2人目のサポー
トが遅い感じがしますよね。
確実に取られているイメージがあります。
大畑1人目がボールを持った
選手が
かぶす前に、出れてるシーンがあるんですけどね。ここで抱えられ
て、
前に出れない時というのは、
ディフェンスされますので。実況このラインアウトからの
オールブラックスの攻撃は注意しなければいけません。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
前半残すところ3分少々。
展開して来た。モウンガから後ろ抜けてきた。ラウマペから。
トライです。
オールブラックスの流れるような攻撃。
ラウマペ、再びトライ、追加点。
大畑ラウマペもないんですけ
れど、体全体がエネルギーの塊のようですから、少しでも前を向い
てしまうと、取られますね。
実況ボールを回させたら止め
られないオールブラックス。
大畑ラインを押し上げるとこ
ろで
ですよね。後ろからミルナースカッダーが走ってきてるので的を絞
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
りにくいんですよね。ディフェンスのエネルギーが横にそれてしま
いましたからね。実況コンバージョンも決めま
して、ニュージーランド追加点です。38対14。ニュージーラン
ド、
24点差です。
こらえどころです、日本。
日本のディフェンスは確実にオールブラックスにジャブのように相
手の体力を奪う。
そんなディフェンスを続けています。
宮崎での長期合宿でも、選手たちは追い込むに追い込んで、
オブストラクション。
ここは日本ボールです。箕内何とか点に結びつけたい
ですね。
実況ペナルティーゴールで3
点を狙いに行くのではなく、トライを狙うために、外に蹴り出
しますね。
リーチマイケルは、外に蹴り出して、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
この後、ラインアウトから勝負をしようと。
大畑オールブラックスからト
ライを取りにいってほしいですよね。
実況前半間もなく40分とい
うところ。
最後のワンプレー。日本代表は
ラインアウトからの攻撃、すなわちトライを取りに行こうという選
択をしました。
大畑南アフリカ代表からもこ
のモールからトライを取ったシーンがありましたからね。
実況1つの塊になって押して
いく。まだ日本がボールをキープしている。
ボールを出せるか。
まだ動いています。
まだ動いている。
おしていく。
力と力、筋肉と筋肉のぶつかり合い。
日本、ここでボールを出しました。ラファエレどうだ。
グラウンディングできているかどうか…。
グラウンディング、地面にボールをついていることができればトラ
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
イが認められます。大畑その前にアドバンテージ
が出ていました。
実況テレビジョンマッチオフ
ィシャル。ビデオ判定が行われます。これで
トライが認められなかったとすればアドバンテージが出ていたので、
戻されて、日本ボール。まだチャンスが続くわけですね。
オフサイドの反則が
あったということで…。
映像ではグラウンディング。いわゆるボールをついてるように
見えます。線を越えてるかどうか。微妙なところだ。
実況線上に触れればトライで
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
すが、大畑置いてるように見えるん
ですけどね。
トライと認めほしいな。
実況このトライが認められれ
ば、
日本はその点差を19点差。
コンバージョン次第では17点差に縮められる可能性があります。
箕内しかしすごいキープ力ですね。
大畑僕はトライだと認めてほ
しい。よし、トライ。
実況トライです。やりました。
日本、前半3トライ目。日本代表がオールブラックスから3トライ
を奪いました。
これまでの歴史上、日本は過去5度の対戦で、オールブラックスか
ら4トライしか奪ったことがありません。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
今日一試合で、しかも前半で3トライを奪っています。オールブラ
ックスもこの表情です。後半に向けて、日本の勝利への
チャンスを残すトライと言ってもいいかもしれません。
箕内非常に大きいメッセージ
がありましたね。
オールブラックスどう対応してくるのか。
日本は後半に向けて、いい状態で迎えられると思うので後半楽しみ
ですね。
実況現在、点差は19点差、
田村のキックが決まれば2点追加して17点差になります。
大事な田村のキック。
ここまでキック、すべて決めています。
ただ難しい角度だ。
これは惜しくも決まりませんでした。
日本前半終了間際、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
ラファエレの気持ちのこもった見事なトライ。19対38オールブ
ラックス相手に3つのトライを奪う、日本代表の戦いです。
実況ラグビー日本代表、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
オフィシャルパートナーの大正製薬は
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
この試合を記念して、リポビタンDチャレンジカップボトルを発売
しました。またラグビー日本代表応援キャンペーンを実施中です。
ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕戦や決勝戦のペア
チケットが当たるチャンス。詳しくはキャンペーンサイトをご
覧ください。
さらに味の素スタジアムではさまざまなラグビーワールドカップの
盛り上げ企画が開催中です。
笹崎副音声では応援団長の舘
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
さん、
スペシャルサポーターの櫻井さん。
元日本代表の永友さんとかなり盛り上がっています。
櫻井前半最後のトライに意地を見た気がします。
副音声では舘さん、ずっと興奮して、立って舘ひろしなんて言いま
した。いい試合ですよね。舘最高ですね。このまま、
ひょっとしたら勝つかもしれない。
安村大興奮の前半なんですが、
注目シーンを永友さんにビデオで御解説いただきます。
永友日本代表が目指してる、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
前へ出て行く攻撃。ディフェンスからのシーンのトライというとこ
ろですね。
まず1人目、2人目、3人、4人、5人、6人という形で、
この選手たちが常にボールを持ってる選手たちにプレッシャーをか
けていくというシーンが顕著に見られたシーンでした。
ここから前に1人だけではなく、2人目、3人目、4人目というよ
うな形で
つねにプレッシャーをかけています。オールブラックスも、ここで
オフロードというような形で
タックルされながら、つないでいくプレーが多いので、
それでも次の選手たちが、
常にプレッシャーを前にかけていくことによって、相手がエラーを
していったというシーンになります。
前に前に、日本代表、攻撃的なディフェンスっていうところは、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
こういうところにあって、相手のエラーから、この後トライに行く
んですけれど、
オールブラックスは、アンストラクチャーからのトライが
得意なんですけども、アンストラクチャーが少しウイークポイント
かというところがあるので、
スペースがうまれてしまう。
ここでトライができたというシーンです。
安村プレッシャーから
チャンスをつかんで空いたスペースをついていったトライですね。
永友日本代表が目指していた
トライだと思います。
櫻井後半もまた大きく期待が
できる戦いになると。
永友ボールを持ってターンオ
ーバーからアタックをし続ければ、必ずトライは生まれるので期待し
たいと思います。
舘絶対に勝ってほしいですね。
櫻井勝負の後半は間もなくです。
実況今、オールブラックスは
すでにグラウンド上にいます。
日本代表が
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
姿を現しました。日本代表は
前半だけで19点を
奪いました。これは過去のオールブラックスと
の対戦を見ても、最も得点を取っているという、しかも前半だけで
す。
ただちょっと、危険なのはオールブラックス、選手を1人代えてき
ましたね。大畑決定力のある選手を
入れてきましたので、特に後半のスタートのところで
オールブラックスとしては
前半の終わり方の印象が
良くなかったので、
ゲームをこっちに持って来たいと。後半の入りは、特に気をつけて欲
しいなとおもいます。実況23番のジョージブリ
ッジがミルナースカッダーに
代わって入りました、ジョージブリッジは今シーズン、世界最高
スーパーラグビーでトライランキング2位の選手です。
ジョージブリッジがオールブラックス、デビューの試合となりま
す。
それに対する日本代表です。日本代表は選手を交代はないよう
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
です。
歴史を変えることができるか点差は19点差。今、後半が始まりま
す。
来年のワールドカップの開幕戦の舞台、
東京味の素スタジアム。
桜のジャージー。日本代表ブレイブブロッサムズがオールブラッ
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
クスに襲い掛かります。オールブラックス、力でボールをつないで
行きます。リポビタンDチャレンジカップ2018です。まず後半
の入りですが、日本代表はどういったところを気を付けなければい
けませんか?
大畑どこからでもオールブラ
ックスは仕掛けてきますので、組織高く、ディフェンスラインを
保持しながら、常にプレッシャーをかけ続けてほしいですよね。
実況兄ボーデンバレットは
世界最優秀選手を2度獲得。ここでプレッシャーをかけてくる。
山中が倒される。
日本の今日の15番、フルバック山中です。神戸製鋼。リーチもパ
ワーがある。
この流れでパスを奪われた。オールブラックスボールになりま
した。
後半の立ち上がり講師の入れ替わりが早くなっています。
モウンガ、超攻撃的な司令塔でもあります。ターンオーバー。
日本がボールを持った。
大外にはヘンリーがいる。
15番のジョーディーバレット。
少しバタバタした序盤、後半の立ち上がりです。こういったところ
注意しなければいけないのは、どんなところでしょう?
箕内できれば敵陣奥深くに蹴
り込んでもいいのかなと思ったんです。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
日本代表はほとんど相手の22m深く入って、トライに結びつけら
れているので、
できるだけ敵陣でプレーしたいですね。
実況自分たちが保持していた
ボールを離したとしても、相手陣内で
プレーするほうがより有利に戦えるということですか?
箕内それだけオールブラック
スにも
プレッシャーをかけられてるので、我慢強くやっていきたいですね。
実況日本ボールのスクラムに
なります。ノックオンが
ありました。
スクラムは長谷川慎スクラムコーチが日本人ならではの低さと、
8人が一つになるという、その形を2年間模索して、作り上げてき
ました。
針の先端で相手の隙も付いていく、そんなスクラムを目指していると
いうことです。
スクラムからいいボールが出た。福岡が追いつくか。
取れない。
大畑プレッシャーをしっかり
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
かけていきたい。実況ナイスタックル。
相手陣内深いところ。22mの内側。
こういうところでプレーしたいわけですね。
プレッシャーのかかったオールブラックスはキックで逃げます。
田村から山中。
14番のヘンリー。
キャプテンのリーチ。
ニュージーランド出身のリーチ。
オールブラックスになるよりもオールブラックスと戦えることが光
栄だと話しています。ボールをつなぐ。福岡、行く。ジョーディー
バレットのタックルです。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
福岡は前回対戦した5年前に試合終了間際にトライかと思われたと
ころ、リッチーマコウ、当時のキャプテンに。
大畑壁の厚さを
痛感したプレーでしたね。
実況本人は絶対にトライを取
りたいと、ラグビー人生の中で自分がトライを取りたいと試合前に
言ったのは
初めてです。
という話をしていました。
大畑5年前できなかったこと
が今日できれば、自分の成長という
ことを確かめられますからね。
実況福岡にボールが渡るか。
福岡へのキックパスは、ナホロに当たりました。
互角のボールの奪い合いをしています。
1対1のディフェンス。頑張りたい日本。
ボールを回される前にタックル。
これが日本が
誇るタックル。そして反則。日本ボール。
箕内敵陣でしっかりディフェ
ンスができていますよね。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
実況相手がパスを出す前にタ
ックルをして、プレッシャーをかけ続ける。
タックルした選手はジョーディーバレット。15番の未来のオー
ルブラックスのスター候補です。
大畑内側から外側、どこに運
ばれてもいいようにプレッシャーをかけていましたね。
実況そしてここも外に蹴り出
して、ラインアウトからトライを
狙いにいくという選択です。
現在19点差ですから、
3トライ3ゴールで…。
逆転できます、日本です。
箕内前半最後もそうなんです
けれど、
バックスの選手、何人かラインアウトに入ってますね。
実況日本としてはどういう攻
撃を
したいから入れてるんでしょうか?箕内モールをしっかり組みた
い。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
大畑ここ気をつけたいところ
ですよ。
ボールを奪われた瞬間にスペースを埋めに行きました。
実況日本、今、ノックオンの
アドバンテージが出ていました。
ラインアウトで、もしボールをキープすることが
できれば、一気にトライチャンス。前半の最後のような形が生まれる。
箕内ちょっとリフトがうまく
上がってなかったですね。
実況日本ボールのライアウト
これも奪われた。続けて奪われました。
後ろから走ってきたジョーディーバレット。オールブラックスに
パスをつながせてはいけません。ラインを突破された。
ここは止められるかどうか。
オールブラックスデビューのジョージブリッジ、デビュー戦でト
ライです。
23歳、これからのオールブラックスで輝くであろう、ジョージ
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
ブリッジ。
オールブラックス、ニュージーランド代表での初トライ。日本から
奪いました。
ラインアウトから2本続けてミスがありました。
箕内一つのミスを点に結びつ
けられる力を
持っているので、
逆を言うと、ミスとペナルティーさえなければ非常にいい試合展開
に持ち込めると思うんです。
実況失点の後、
注意すべきことは、切り替えれるかどうかがあると思うんですが。
大畑自分たちの形を
出すことができれば、オールブラックス相手でも
戦えてますから、
引きずらずに、とにかくキックオフ、リスタートで、
まずは簡単にエリアを挽回させないというところに
意識を働かせたいと思いますね。
実況リッチーモウンガ。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
ここまでを5分の5。この選手にそうそうキックのミスはありませ
ん。
世界最高峰スーパーラグビー司令塔。モウンガのキック決まりまし
て45対19。
点差、26点差なりました。日本代表、選手交代です。ここで
世界を知る男、田中史朗。出て来ました。
中島イシレリ。ファンデルヴァルトに代えまして、
中島イシレリ。
流に代えまして、田中史朗、投入です。
この時間帯での田中投入、
ジェイミージョセフヘッドコーチ、どんな意図があるでしょうか?
大畑想定通りだと思いますね、イメージできてると思うので。
とにかく劣勢になった状況の中で経験値がある選手がいる。引き締
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
めにつながって行きますので、
壮の厚さを感じますね。
実況ワールドカップの経験も
そうですし、スーパーラグビーでは
日本人初のプレーヤーとしてハイランダーズで
優勝も経験している田中史朗。
オールブラックスの選手に一番慣れているといってもいいかもしれ
ません。オールブラックスの事前の会見ではこの田中と福岡、
この2人が要注意だと話していました。
リーチは2人がかりでは止められないという見事な突進。反則があ
りまして、アドバンテージが日本に出ていました。ノットロールア
ウェイ。
日本ボールでこの後、再開です。
敵陣に入ってきて、ペナルティーゴールを狙える位置でもあります
が、日本どうするか。
これもひょっとすると、またラインアウトでの勝負を狙いに行く…。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
クイックで仕掛けますか。
日本、クイックで仕掛けてきました。
なぜこの選択をしたんでしょう?
大畑ラインアウトで少しミス
が続いたということもあると思うんですが、
ボールをキープし続けて、テンポよく攻撃すればチャンスがあると
いうような判断があると思うんです。
実況ここは奪われた。しかし、反則です。
ホールディングの反則。ここはすぐに仕掛けて行く日本。
大畑田中が入ってきた時点で、
ペナルティーの時は攻撃的にいこうという
ベンチからの指示があったんじゃないですか。
実況トライできるか!?
跳ね返すオールブラックス。
これが世界最強の壁。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
アドバンテージが日本に出ています。
思い切った攻撃ができるおしていく。
大畑スペースがありますから
外側に運んでも面白い。
実況オフロードからキックパ
ス。大外があいている、トライ!
ヘンリー。日本代表での初トライ。
オールブラックスから奪いました。
流れるような攻撃でした。
大畑ディフェンスで少し止め
られたシーンも
あったんですけど、田村が非常に冷静に、外側のスペースに対して
ボールを運びましたよね。
パスではオールブラックスを選手たちが間に入っていたので、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
空いた背中のスペースですよね。そこに対してヘンリーが、
しっかりお互いの関係が構築されてますよね。
実況オールブラックスから4
トライ目の日本。
このトライに行くまでには、フォワード陣の粘りが重要でした
ね。
箕内田中が入って攻撃のリズ
ムが上がったので、
オールブラックスが
反則をしないと止められないような状況になってますよね。
実況なんとオールブラックスから4トライ目。
過去日本、5度の対戦でオールブラックスから5試合で4つのトラ
イを奪ったのが今の歴史でした。
今日は、ひと試合で4トライを奪っています。右足の田村にとって
はちょっと難しい角度ですね。
大畑こういった1点を争って
いくゲームが続いていきますから、こういったところ、相手にプレッ
シャーをかけるという意味でも、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
しっかりと蹴り込んでほしいなと思います。
実況決まれば19点差。
少し左にそれてしまったか。
このキックは難しい角度から決まりませんでした。
ただ、
日本、ヘンリーのトライで、
ここから反撃なるでしょうか。
見事なキックパスから最後はヘンリーでした。
日本の目指している形が1つ出ましたね。
来年のワールドカップで史上初のベスト8進出を目指します、
日本代表。
そのためにも今日のオールブラックス相手に今の日本がワールドカ
ップ、1年前の日本がどこまでやれるのか。来年へ向けての大きな
ポイントになってきます。
ここで世界に何が通用して何が通用しないのか。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
日本は見ていかなければいけませんね。
箕内特にこれから続くヨーロ
ッパ遠征前に
強い相手とやれるっていうのは、いいことだと思います。
実況ここは押し出しましたか?
大畑押し出されてしまいましたね。
実況この点差はオールブラッ
クスにとっては
納得いくものではないでしょうから、ここからひとつギアを上げて
くるかもしれないですね。
大畑自分たちのこれからのキ
ャリアも含めて、
このユニホームを着ることの意味ですよね。
実況ジョージブリッジ。
この選手は速い。
大外にはナホロがいる。
日本、ここのディフェンスは集中です。
ラインを高く設定してリーチがナイスタックル。
外を使われると、オールブラックスの1対1の個の能力。外を使わ
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
れた。
ただ、前に投げました。スローフォワードの反則。危なかった。
大畑速いディフェンスもすご
かったですけれど、あそこにボールを運ぶスピードもすごかったで
すね。
箕内ディフェンスをしていな
ければスローフォワードになっていないですね。
大畑ピンチを防ぎましたね。
実況田村が相手がボールを投
げるぎりぎりでタックルをしたことによって、ボールを前に投げて
しまったということですね。後半の15分です。
点差は21点差。
3トライ3ゴールで追いつきます、日本。
どちらが取るか。
ニュージーランドの怪物、ナホロ。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
そしてホワイトロック。
1対1で勝てることができない時は組織力、粘り強さ。
抜かれた。ナホロが行く。これがナホロの力。
そしてオールブラックスを力です。
トライです。1人かわされると、一気にトライまで持っていきます。
大畑粘り強くディフェンスし
ていくしかないですからね。こういった相手には。
一つ一つの経験が、
来年のワールドカップにつながって行きますからね。
いろんなことにチャレンジしてほしいと思います。
実況オールブラックスという
のは、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
勝率8割近く。2012年以降で言うと9割以上。今年に入ってか
らは10戦を戦って9勝1敗。その1敗も南アフリカに2点差で
敗れた。
世界のどの国を見渡しても、オールブラックスに勝てるチーム
いないという中で、日本歴史上、最も今近づいている瞬間です。
世界のラガーマンの憧れ、オールブラックスに入ることもそうです
が、
オールブラックスと対戦することが夢っというラガーマンも世界中
に大勢います。
そのチャンスを
ワールドカップの1年前に出ている日本代表。
ただ、日本代表が目指すのもちろん、歴史的な1勝です。
正確なキックが武器のリッチーモウンガ。
ここは左に外れました。
今日初めてキックを失敗しました。
日本はここから残りの時間、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
どんなプレー、ジェイミージョセフが用意したプレーも含めて期
待しますか?
箕内もう少しテンポを上げて
ニュージーランドのディフェンスでプレッシャーをかけたいですね。
自陣でプレーしないような、プレーの精度が必要になってきま
すね。
キックオフを出されてしまったっていうところからトライに結びつ
けられているので。
実況ボールの奪い合いで、
ボールを奪って、そこから早く出したい。
オールブラックス選手が代わっています。
23番のジョージブリッジも入りました20番のエヴァンス。
16番のコルトマン。
ティムペリーも入っています。21番のドラモンドも、ここで入
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
りました。ここはオールブラックスが抑えます。山中から田村。
高いボールを蹴って、そのボールを追いかけていく。モウンガが冷
静に処理します。相手陣内でプレーすることが大事。日本をまず相
手陣内にボールを運びました。相手のミスを誘えるか。
大畑プレッシャーをしっかりかけて、相手にボールを蹴らせた
いところですね。
実況相手の反則を誘発するこ
ともできます。キックパスが
取った。
ジョージブリッジ、裏に走る。1対1のスピード。速い。あっと
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
いう間に日本陣内インゴール。なんという攻撃か。13番のプロ
クター。トライです。
大畑2つ前のプレーから修正
してきましたね。
実況あっという間に抜き去り
ました。
ここからパスで、大畑さんもスピードが武器ですが、
ジョージブリッジのスピード、いかがですか?
大畑スピードもあるんですけれど、スピードをコントロールす
るところが素晴らしいですね。
実況最後は、プロクターがト
ライです。
大畑キックの精度が良かった
っていうことじゃないんです。
ただ、べらぼうに足が速いっていうことです。それが自分の武器だ
っていう感じですね。
実況コンバージョンゴールが
決まりまして、2点追加。
オールブラックスは、
代表初キャップの2人が得点に絡むプレーを見せました。来年のワ
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
ールドカップに向けて、
オールブラックスも生き残りをかけているってことがありますね。
大畑来年行われるワールドカ
ップのメンバーに入れるのかどうか、
非常に重要になってきますので。
実況3連覇に向けてオールブ
ラックスは
来年、初戦を
横浜で南アフリカと戦います。
そこに向けての、オールブラックスにとっても大切な1年を迎えて
います。
南アフリカやナミビア、イタリアと対戦します、オールブラックス
です。日本代表はヘンリーに代わりまして中村亮土が入っています。
反則があって、日本、早いリスタート。
先ほどトライを奪ったような、同じ形で始めました。
間もなく相手陣内、22mライン。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
稲垣が粘る。
この時間から日本の時間といえる。前に落としてしまった。アドバン
テージが出ています。
また、ジョージブリッジが追いかける。
ここは余裕をもって日本、パスはつながずに、山中、ここでポイン
トを作ります。ここは反則です。
今度はニュージーランドがすばやく始めていきました。そして裏に
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
出してラウマペがトライ。これが世界の壁。相手が少し弱みを見せ
た時に一気に畳みかけるような攻撃を見せます。
これが世界ランキング1位を10年近く守ってきているというオー
ルブラックスの強さなのかもしれません。
箕内人は変われど、オールブラックスとジャージーを
着た以上、容赦ないですよね、このへんは。
実況ラウマペ自ら蹴って、
自ら走りこんで、自らグラウンディングしました。
個の力でいうと、間違いなく世界ナンバーワン。ここに勝っていく
ためには、南アフリカやオーストラリアそして日本もそうですが、
世界各国ともに対ニュージーランドということを
経験していかなければ見えてこないわけですからね。
大畑どのチームも全てニュー
ジーランドを
ターゲットにして、研究をして、チャレンジするんですけれど、
それをすべて、はね返してきましたから。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
そこのオールブラックスのユニホームを着ることの重みというのが
ワンプレーに出てますよね。実況キッカーはジョーディー
バレットに代わっています。
長いキックが得意。
距離があり、角度あり、ただ決めました。
このバレットは
お兄さんがボーデンバレット、世界最優秀選手を2年連続で獲得
しています。
8人兄弟のうち、3人がオールブラックスに入っている。
大畑男5人のうち3人ですよね。
実況ジョーディーバレット
22歳での
オールブラックス入り。
大畑試合によっては15分の
3バレット家ということになりますね。
実況日本でいうならば大学3
年生、4年生でオールブラックスに入ってレギュラーとしてプレー
をしているというジョーディーバレットです。
恐るべし21歳です。3兄弟で来年ワールドカップを目指します。
兄、ボーデンバレット。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
先日行われたオーストラリアとの一戦では出場していました。
今日は弟が出ています。
日本代表も選手を代えて来ました。
1列目を三上、庭井、ヴァルアサエリ愛と代えてきました。
箕内少しずつオールブラック
スのプレッシャーがありまして、足が止まりだしていたんですね。
非常にいい交代だと思います。実況ヘルウヴェも入ってい
ます。フレッシュな選手を投入してきた日本です。
どこまで食らいついていけるか現在点差は40点差。何が何でもト
ライが欲しいと言っていた福岡。
強烈なタックルです。
実況反則がありまして、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
すぐにスタートしたかった日本ですが
一旦レフェリーが止めて。大畑ここもキープしていきま
すね。実況この戦い方を日本は貫く。
福岡が抜ける。
大畑スピードある選手がいな
いですからね。
実況外にも1枚、空いている。
ぎりぎりまで引き付けて、ナホロ。キックを使って自ら走る。ここは
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
何とか追いつきたい。ここはドロップアウト。
箕内庭井が良いディフェンスをしましたね。
実況隙をあるとオールブラッ
クスがどこからでもトライを狙いにいきます。福岡のランです。
大畑この選手はオールブラックス相手でも通用してますよね。
実況福岡はワールドカップの
後には
医者を目指すということで、医学部を
受験すると、昨日言っていたのは
これから戦う国はすべて最後の対戦なるかもしれない。
その中の一つにオールブラックスがあるというのは、
ラガーマンとして光栄なんだと、なんとしてもオールブラックスか
らトライを奪いたいと
話していた福岡です。
山中に代わって、松田が入りました、日本代表です。
ボールを奪われたターンオーバー。また裏にジョージブリッジがい
るのか。追いかけていって、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
ジョージブリッジのトライ!なんという個人技。
大畑速いと思ったんですけど、
相当、速いですね。実況とんでもないスピードを
見せつけています、
ジョージブリッジ、
去年クルセイダーズでデビューすると、トライを量産今シーズン、
スーパーラグビー、トライランキング2位。今日、オールブラック
スデビューのジョージブリッジ。この選手は来年に向けて、非常に
いいアピールをしてますね。大畑オールブラックス、
後ろ3人。相当レベル高いですけど、また1人、すごい才能の選手
が出てきましたよね。
実況オールブラックスは今日
この試合10個目のトライ。ジョージブリッジは今日デビュ
ーして、途中出場で2トライ目です。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
次から次へと新しい才能が出てくるのがオールブラックスです。
ニュージーランドの街といいますと、週末になると公園やグラウン
ドで
3歳くらいからお年寄りまでラグビーをしていて、
お父さんだったり、学校の先生だったりがコーチをして、
新しいオールブラックスを国全体で作り上げていこうという
ラグビーが国技のニュージーランドです。
このジャージーを身にまとったとしても、それがずっと続くわけで
はない。そういう世界ですよね。
大畑一瞬のチャンスにかける
思いですよね。
そしてこのユニホームを着たことに対するプライドですね。
一瞬の隙をも見せない。これぞオールブラックス。
見せ付けられている感じがしますね。
実況今、コンバージョンは決まりませんでした。69対24。
ジョージブリッジ。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
新しいニュージーランドの才能です。
押して行く日本。
日本ボールを奪って、
田中からリーチ。
ニュージーランド出身。
ただサムライの心を持っています、リーチマイケル。
来年に向けて、日本代表、
この開幕戦の舞台となる東京味の素スタジアム。
行けるか!?
福岡がいけるか。つないでトライを奪った!
12番のラファエレ。
福岡が起点となって日本トライを奪いました。
箕内よくライン際、粘りまし
たね。
実況これが日本、5トライ目
です。
日本の歴史を塗り替える、オールブラックスからひと試合、5トラ
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
イ目。
大畑よく踏ん張りましたよね。
実況福岡の粘りが生んだトラ
イとみていいですか?
大畑その前のプレー、ブレー
クダウンでプレッシャーをかけてボールを奪ったところですよね。
実況福岡、松田とつないで、
最後ラファエレです。
来年に控えるワールドカップに向けて、
日本代表としても、トライは取れるというのを、今、証明してるか
もしれません。箕内来年のワールドカップも
そうですけれど、
次から始まるヨーロッパ遠征への自信になるトライですね。
実況日本代表はニュージーランドとの対戦の後は、
前ヘッドコーチのエディージョーンズ率いるイングランド代表と
も対戦します。コンバージョンも決めました。
日本追加点オールブラックスから30点以上を奪っています。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
過去、最も点を取った時でも17点でした、日本代表。
箕内田村選手のパスが非常に
うまかったですよね。
実況オールブラックスから史
上初めて5トライ。さらに30点以上取っているという日本代表で
す。
大畑どんどんいろんな形を作
って、オールブラックスから勝つところを見たいです。
実況まずは敵陣に入って行き
たいところ。
じりじりとボールを出したラインを超えて行きたいです。
前回のワールドカップを経験しています。しかしここは、反則があ
りました。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
オールブラックスは11番のナホロに代わりまして、22番のキャ
メロンが入っています。
これでオールブラックスもリザーブの選手全員が
入っています。
日本代表もリザーブの選手全員を投入しています。
ノットリリースザボール。タックルをされた選手がボールを離さな
かった反則。
いわゆるボールの接点でオールブラックスが絡んだが故に離さなか
ったと。
箕内ちょっとサポートが遅れ
てるっていうのもあるんですけれど…。
実況オールブラックスはこの
反則、タッチにボールを蹴り出しまして、ラインアウトを選択しま
した。
ドライビングモール、1つになって奪いに来るかここは、つないで
奪った日本。
その前にノックオンがありました。
日本ボールのスクラムになるようです。
箕内ラインアウトはいい対応
ができてますね。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
実況フォワードの戦いにおい
ては、オールブラックス相手に日本はどういったところを見せられ
ていると感じていますか?
箕内スクラム、ラインアウト、
点数はちょっと捕られてますけれど、じゅうぶん互角に戦えている
と思います。
実況一列目が変わった日本の
スクラム。注目ですね。ボールをなんとか出しました。松田から田
村。
そしてステップを内に切っていくラファエレ。
もう一度トゥポウ。素晴らしいパスが通った。
17番、代わった入った三上。間もなく相手陣内に入る日本。
攻撃を持続させています。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
トライを奪うためにも継続した攻撃が大事ですね。
大畑オールブラックスといえ
ども、このテンポには簡単についていけませんから。どんどんボー
ルを動かしながら人も動かして行きたいですね。
実況攻撃を継続して相手が隙
を見せた瞬間、そこを逃さずつきたい日本です。
大畑それだけの体力を残して
いるトレーニングをしてきてますから。
実況ツイ、日本で戦うこと決めた選手たち。
これもノットリリースザボール、ボールを離せませんでした。
なんと東京味の素スタジアム、4万3751人が観戦に訪れてい
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
ます。
日本代表の試合として記録は残ってる中で最多の人数です。
来年の開幕戦の舞台で、日本代表、オールブラックスから30点以上
ここまで奪っています。
間もなく35分。残りが5分少々。
田村がキックパスを使って大外を使ってきたが、ちょっと長い。
この形も、先週の世界選抜戦から見せている日本がやりたい形です
ね。
大畑ボールを奪った後に
外側にスペースがあれば早く動かして、キックパスをすることによ
って、ディフェンスラインが開いて行きますから。
その時に中央の空いたスペースにボールを運べる。
うまくボールをコントロールしてますね。
実況ただ、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
田村のラグビーセンス、キック力、パス展開能力というのは日本にと
って来年に向けても大きな武器となりそうですね。
大畑本当に才能のある選手で
すからね。
自由にプレーさせれば、ひらめきを見せてくれますからね。
実況スクラムです。
日本代表の長谷川慎コーチは
誰が出ても同じように組めるのが今の日本代表のスクラムなんだと
いう話をしていました。
特徴としては
世界と比べて、どいったことが言えるんでしょうか?
箕内1番3番が少し開いた形で、
お尻が開かないように押さえているのが特徴的ですね。できるだけ
フッカーに全体の力を集めるような形で相手を押すという形ですね。
実況より中心に力を集めていく。
田中がボールを出す。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
ヘルウヴェ、パワーがあります。まだキープしている日本です。
田村から松田。田村はキックで裏を使う。
今のパスは何だ?
オールブラックスが素晴らしいパスをつなぎました。ただ日本、
奪った。日本ボール。
再び松田。倒れ込みながらのオフロードパス。
アドバンテージが出ています。オールブラックスボールです。
ジョーディーバレット。
裏に蹴りますが、ここはタッチを出ています。
ニュージーランドにアドバンテージが出ていましたので、ニュージ
ーランドはよりアグレッシブな攻撃を見せてきました。
こういったプレー、一つ一つをとっても、
ちょっと、オールブラックスがオールブラックスらしさを出してき
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
ましたね、この時間帯。
大畑やはり少しでもスペース
があれば、一気にトライまで持っていくという
差を見せつけられていますね。
実況これはラインアウトを奪
われた。乱れた。
日本代表はハードワークが武器だというように、もちろん世界ラン
キング1位のオールブラックスもハードワークが武器ですね。
大畑最後の最後まで足がまったく止まらないですよね。
実況福岡が話していたのは、
5年前に対戦してオールブラックスの強さで
一番驚いたのは、圧倒的な点差をつけているのに、
ラストワンプレーまで、まったく抜かない。
一つのトライも許さない、その集中力。
それが世界の壁なんだと痛感したと話しました、福岡堅樹。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
まさにそれが、黒いジャージーを身にまとうというオールブラック
スの責任なのかもしれません。
そのオールブラックスと5年ぶりに対戦しています、日本代表。
史上初めて30点をオールブラックスから奪っています。
松田が抜けた。
ステップを切る。
この位置でまだキープしている。
姫野がサポートに行く。田中はどうするか!?
田村から、フォワード相手に田村がステップを切って…。ノックオ
ン。
箕内もう少し早く入ってきて
ほしかったのかな。大畑丁寧に行ってもよかった
かもしれないですね。
一瞬の少ないチャンスに対して、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
パスを出さなきゃならないくらいオールブラックスのプレッシャー
ですよね。実況これが福岡のいう、
最後の最後まで相手に隙を与えないという、世界のオールブラック
スの強さなのかもしれません。
大畑最後まで攻める姿勢を失
わず戦ってますよね。
実況今、40分。終了のホー
ンが吹かれました。
オールブラックスのことですから、このラストワンプレーでも、
トライ、狙ってくるかもしれませんね。
大畑トライを奪いに来るオー
ルブラックスから
奪って、トライを取ってほしいですよね。
実況会場が一つになって、ジャパンに声援を送ります。
ここでボールを出す。早いディフェンス。
しかし反則があって、ノーサイドの笛が吹かれました。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
69対31。
オールブラックスが、オールブラックスとしての強さを見せました。
日本もこの5年での成長。31点という得点をオールブラックスか
ら奪いました。
今日の試合、いかがでしたか?
大畑自分たちのやろうとして
ることが
出せたと思います。
世界ナンバーワンの力を見せつけられたと思います。
現状、自分たちがどこにいるのか、どこを強化しなくてはいけないの
か。課題も見えたと思います。
試合が終わった後のファンの人たちの拍手ですよね。これが物語っ
てますよね。
実況この試合の勝利チームへ、
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
大正製薬株式会社、上原健代表取締役副社長からリポビタンD賞が
授与されます。今日の試合、どんな感想を持ちですか。
箕内来週から始まるヨーロッパ遠征に向けてポジティブな結果
だったかなと思います。
セットプレーも多少崩れた部分もありましたけれど、修正可能な範
囲ですし、
ディフェンスがやはりすごい機能してたかなと。オールブラックス
が慌てる瞬間もありましたし、
全体的にポジティブだったかなと思います。
実況この先日本はヨーロッパ
遠征に出ていきます。
11月17日には、イングランド代表、エディージョーンズ前ヘ
ッドコーチのイングランドと対戦します。
この後、日本代表のインタビューが行われます。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
69対31という結果、
いかがですか?
田村機能してる部分もあるんですけれど、僕もミスがありまし
たし、
ブレークダウンの一週、言ってきたんですけれど、世界のトップレ
ベルのチームに通用しないところもあったので、いい勉強になりま
した。世界最強のオールブラックス
相手に5トライを奪いました。
田村アタックできれば、テンポが出れば、僕らのペースに
なるんですけれど、ブレークダウンのところと、ディフェンスのと
ころ、
そこが良くなれば、もっとトライも取れるし、
もっと相手の得も抑えられるかなと思うので、次のイングランドに
向けて、しっかり修正したいなと思います。
ヨーロッパ遠征、そして来年
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
ワールドカップもこの会場です。その手応えはいかがでしょう。
田村お客さんもたくさん来てもらって、
ホームで戦える利点もあると思うので、しっかり今日は休んで、
次のイングランド、
しっかり勝てるように、勝ちに行きました。
福岡堅樹選手です。壮絶な一
戦でした。
振り返っていかがですか?
福岡アタックにおいて、自分達のいいアタックができて、
今まで以上にトライが
とれたという収穫もありましたけれど、ディフェンスの部分で課題
が多かったり、ブレークダウンで圧倒されてしまったり、修正が必
要な部分があると思います。
トライを取りたいと意気込ん
でいましたが、いかがですか?
福岡あと少しというところが、あったんですが、取りきれなかっ
たので、自分の実力が足りないということで、
このクラスの中で、個の力で取れるようにしたいと思います。
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」
収穫はいかがですか?
福岡内側からのサポートも来てくれましたので、自分も強さを
使って、粘ることができたのは収穫だと思います。
来週のヨーロッパ遠征も含め
てこれから成長していきたい部分を教えてください。福岡ウイ
ングとしてディフェンスをしっかりリードして、自分にとって一番
の課題かなと思います。
多くの観客が駆けつけました。
ひと言お願いします。
福岡たくさん期待していただいて、うれしく思っています。
自分たちがもっと見応えのある試合ができれば、さらに
ラグビーは盛り上がったと思うので、
ワールドカップまで1年、時間があるので、
一戦一戦よりいい試合ができるように、より最高の試合をしてきた
いと思います。
田中選手にお越しいただきま
ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018「日本×ニュージーランド」

更新