2018年11月07日 07:35 - 08:00

朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU

画像だけでダイジェスト

今週は新企画!思い出の地さんぽ!今回は、自由が丘・二子玉川・桜新町・みなとみらい・元町のおすすめスポットと共に素敵な出会いを求めて思い出の地をさんぽします! 今日は、IMALUさん思い出の地「桜新町」をさんぽします。  ◆壺にしか見えない?桜新町にある洋菓子とは!  ◆女性に大人気のおはぎ専門店を発見!  ◆ここでフクロウの姿を見たり、鳴き声を聞くと願いが叶うと言われる神社とは?  ◆思い出の公園で20年ぶりに童心に返る!? 【旅人】IMALU 今話題になっている街を訪ね、様々な人にふれあいながらブラブラ街を散歩します。「あっ!」と驚いたり、「へ~!」と感心したり、思わず声に出したくなるような不思議なモノや人を探していきます。さらに、途中で出会った人に「あ~よかったな!」と思った“幸せエピソード”も聞いていきます。もちろんご当地ならではのグルメ情報も満載!騒がしい朝に飽きた人に、1日の始まりを楽しくする!ほんわか散歩番組です。 解説放送あり 【番組公式HP】   http://www.tv-tokyo.co.jp/sanpomichi/    【番組公式Facebook】   https://www.facebook.com/sanpomichi10/    【番組公式Twitter】   @sanpomichi10   https://twitter.com/sanpomichi10 IMALU

ニュースのあとは のんびりさんぽを楽しみませんか?
壺みたいな バウムクーヘンも。
おはようございます。IMALUです。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
今日は世田谷区の桜新町に来ています。
桜新町といえば『サザエさん』ですよねぇ。
実は あの私 小さいときから
ずっと住んでいた街でもあって
あの 私の地元なんですよ。
なので 今週はですね私の思い出の地を
おさんぽしたいと思います。それでは 行ってきます。
今週は
田園都市線で 渋谷から10分ほど。
『サザエさん』の舞台となった街で有名な
桜新町を歩きます。
IMALUさんが18歳まで
家族と一緒に住んでいた思い出の詰まった街。
見てください これ。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
サザエさんファミリーが出迎えてくれるんですよ。
ねぇ。
かわいいでしょ?
こっちには サザエさんがね。
桜新町。
平和な街なんですけどね
これはね もう唯一の大事件でしたね。
6年前 波平さんの頭に一本 生えている毛が
2度にわたって抜き取られるという事件がありました。
その後 植毛式が行われ元どおりに。
もう 桜新町という名前に桜と書いてあるだけあって
桜並木なんですよね ずっと。
すっごく きれいで…。
まあ ここもそうなんですけどずっとね 続いてるんですよ。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
ホントに 春は
気持ちがよくて きれいでとてもオススメです。
あっ ここはね何度か私 通ってますけど…。
洋菓子屋さんですね。
バウムクーヘンがちょっと変わってる。
バウムクーヘンなんですよ これ。
一瞬わかんないですよね?パッと見。
これが バウムクーヘンなんですか?
ほら 100パーセントバウムクーヘンで できてますって
書いてありますから。
ただ 私ね
1回も入ったことがない。
笑い声
いただいたことないんですよ。
昭和40年創業の洋菓子店。
店先に並ぶ 壺に見えるものはすべて バウムクーヘン。
でも なんでこんな形なんでしょう?
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
行ってみましょうか。
あっ こんにちは。あっ おはようございます。
どうも どうも…。あっ IMALUです。
あっ そうなんです!すごいうれしい。
ありがとうございます。知ってていただいてるんですか?
大好きよ。 いつも見てる。えぇ~!さっき そこで
もしかしたらと思って見てたの。そうなんです。
何がオススメですか?やっぱり
バウムクーヘンだね ここだとね。やっぱねぇ。
うん あの そうそう壺みたいなのも
買ったことあるよ 前。へぇ あっ 外に出てるやつ?
いろいろ買って。へぇ~。
わあ うれしい。ありがとうございます。
うれしい。頑張ってね。はい ありがとうございます。
すみません 突然 お母さん。
なんでバウムクーヘン専門なんですか?
えっとね…。
まず バウムクーヘン作るのがなかなか難しかったんで
それで魅せられてバウムクーヘンを独自に
昭和40年に始めたんですね。
お店のご主人は 今年で80歳。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
創業から 50年以上
1人ですべてのバウムクーヘンを焼き続けています。
見たことない形じゃないですか?はい。
これはいつからできてるんですか?
これはですね…。
本物を。 それで…。
それが きっかけなんですよ。えぇっ!
陶芸の展示会を見て
これ バウムクーヘンで作ってみようと?
はい。すごいですね。
本物の壺に近づけるため試行錯誤を繰り返し
昭和52年に完成。
この技術が認められ
バウムクーヘンの本場 ドイツのコンテストで2年連続 金賞を受賞しました。
この… 花器?
へぇ。それで 作り方を
教えてくれないかって言われたんだけども…。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
うちの息子と嫁さんを通訳に連れて行った。
そしたら「お父さん それはダメだよ。
教えるのはダメだ」って…。うん!
止められて? ご家族に。はい。
こう オンリーワンでいこうと?ここの。はい。
作り方を知っているのはご主人のみ。
そんなご主人が焼くこちらのバウムクーヘン。
なんと 中には木苺のゼリーが入っていて
食べても口の中が パサパサしないんです。
いただきます。
うん!
イチゴがすごい濃厚で甘いですね。
バウムクーヘンは すごくまろやかで甘すぎないから
これ 一緒に食べるのが
おいしいですね。そうですね はい。
そして お店には大竹しのぶさんが
IMALUさんのために購入したという 誕生日ケーキも。
IMALUさんの地元
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
桜新町で見つけた 洋菓子店。実は…。
お母さんが…。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
来てますか?はい。
あっ やっぱり!
私の誕生日ですか? それとも…。そうです。
あっ ホントに?はい。あっ じゃあ
いただいてるんだ!はい。
そっか…。
私 知らないうちにお父さんの作ったケーキを
いただいてるんですね。はい。 ハハハッ。
何ケーキでした? ちなみに…。
あのね 生クリームので…。いつものやつで。
ショートケーキ?うん こういう丸いやつでね。
あっ これ? こういうの?もっと大きいんだけど
それで いろんな飾りつけて…。へぇ~。
大竹しのぶさんがIMALUさんの2歳の誕生日に
このお店でケーキを注文したことがあるそう。
そのとき注文したのはシンプルなイチゴのショートケーキ。
思い出の味覚えていますかね?
いただきます。
うん ちょうどいい生クリームの甘さが。
お母さんがね あの…。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
IMALUさんのお誕生日それと
なんか お友達のお子さんのお誕生日も
注文きていただいてね。じゃあ 私…。
おいしいです。そうですか?
今度は桜新町の商店街へ。
書いてあります。
これ… これですね。
サザエさん通り。 桜新町商店街。
ああいう感じでこう 各お店にね
サザエさんの家族のパネルがね置いてあるんですよ。
あそこは タラちゃんと…。
カツオくんもいますね。
ちょこちょこねパネルを探すっていうのもね
楽しい歩き方の1つですよ。
ここにも サザエさん。
ワカメちゃんもいますねあそこの…。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
えぇ… 化粧品屋さんには。
この商店街の先にあるのは
昭和60年にオープンした
『サザエさん』の作者長谷川町子さんと
お姉さんで作った美術館には…。
四コマ漫画の原画や
磯野家のミニチュアなどが展示されています。
ちなみに 家の間取りは5LDKで 全て和室の平屋。
サザエさんは マスオさんとタラちゃんの3人部屋です。
ここは 小学校の同窓会をやったりとか…。
焼き鳥屋さんですね。
有名な両親を持つ
IMALUさんならではの思い出話も…。
渡辺いっけいさんとか
えぇ… 堤真一さんとかがあの よく来られてて。
で そのときに遊んでもらってて…。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
で 私がスカートを当時 はいてて
幼稚園くらいだったんですけど。
なんかこうスカートが めくれちゃったか
めくられたか… で
パンツ丸見え~ みたいなことを
堤さんと いっけいさんに言われたんですよ。
大人が いっぱいいる中で
それをやられたことにすごくショックで
傷ついて…あの トラウマになり
スカートが もうそれ以降 はけなくなり
当時やってた バレエを…。
もうチュチュで スカートじゃないですか?
だから そこからもうチュチュが はけなくなり
スカートが はけなくなりもう 自然と
バレエを辞めたっていう感じでしたね。
堤さんには でも大きくなって
お会いしたときに謝られました。
笑い声
覚えてたみたいです。
あれ以降 ホントスカートはけなくなりましたって
言っときました。
続いて大通り沿いを
歩いていると見つけたのは?
車で通ることがあるんですけど
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
ゆっくり こっちらへんは…。
あんまり歩いたことはないかもですね。
神社ですね。
入ったことないんですよ ここ。
ねっ こんな長いんだ…。
こんな先が長くて鳥居が何個もあるんですね。
行ってみましょうか。
こんな長いんだ。
めちゃくちゃ長いね。
こんな住宅街の中にあるのはすごいですよね。
およそ400年前に
五穀豊穣を祈願して創建された稲荷神社。
境内まで伸びる参道は250mもあります。
境内には フクロウのお社があり
昔は 神社で
いつからですか? あの赤い鳥居ができたのって…。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
昔は 表通り通られてもここ入ってきて歩いてても
神社がないから帰っちゃうっていう人もいたんですね。
今 歩いてきたときに鳥居が建ちましたよね?
あれがあってまだ奥に 何かあるのかな
っていう感じで歩いていただけるように…。
これ最後まで歩くと 270m。あっ そんなにあるんですね。
ほぼほぼ そこの鳥居までは250mあるので
うちの例大祭というお祭り…。
この中自体がホント 仲見世みたいな感じで
屋台… 露天商の方が出るんで…。おぉ そうなんですか。
だいたい70件くらいはいつも出るので…。おぉ!
まあ お子さんたちはそっちのほうがメインで
来られると思います。そうですね お祭りだぁ
って言ってね。そうなんです…。わかりますよ。
もう あっちより こっちより最後の250m歩くまでに
どんだけお金使うのかなと思うくらい…。
私 小さいときにずっと住んでたんですよ。
そうですよね。えっ ご存じですか?
えっ? えぇっ!?
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
なんとさんまさんとの目撃情報が!
私 小さいときにずっと住んでたんですよ。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
そうですよね。えっ ご存じですか?
えっ? えぇっ!?
おもちゃ屋さんって どこですか?
今は あの…。まったく記憶ないですね それ。
コーヒー屋さんに変わっちゃってます。
おもちゃを買って駒沢公園まで行って
お父様と遊ばれてたというお話は
聞いてます。へぇ~。
ここにきたことはありますか?は たぶん ないと思います。
たぶんおもちゃ屋さんに寄られて
そのまま素通りじゃないですけど そのまま
お車で行って遊ばれてたんじゃないかなって思います。
おうわさは 聞いてました。
桜新町の人たちは。
今度は
住宅街のほうを歩いてみましょう。
桜新町。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
大正の初めごろ 桜新町には
関東で初めての高級別荘地新町分譲地が造られました。
IMALUさん この辺りにもよく来ていたんですかね?
あっ! ここ ここ…。
ここだ! ここです ここです。
これ これ。
この公園です~!
「桜新町さくらっ子公園」。
閑静な住宅街で見つけたのは
桜新町の象徴「桜」をテーマにつくられた公園。
春にはサトザクラなどが咲き誇ります。
あのね…。
ナッシーって…。
スタッフナッシーは 『ポケモン』にいました。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
あれ? あの… あれです。あの… 伝説の動物。
スタッフネッシー?
笑い声
ネッシーっぽくないですか?ちょっと…。
あぁこれだよ これ。
これは いったい ホント…。
恐竜だよね? たぶん。(スタッフ)たぶん。
これでね 友達と座って…。
友達がたぶん あのいちばん…2人で来てたんで
端っこと端っこで
乗り合って こうやってずっと遊んでましたね。
スタッフ背中合わせなんですね。はい。
ネッシーっぽい こちらの遊具はロッキンパッピー。
宝くじの寄付で設置されたものです。
今度は大通りのほうへ。
ここもねすごい しゃれたお店で…。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
1回も入ったことはないんですけども…。
呑める惣菜屋さん。
私が小さいときにはなかったんだけど…。
ちょっと気になるお店ですね。
あっ!えっ ここは知らないなぁ。
タケノとおはぎ… おはぎ屋さん?
ちょっと気になりますね。
失礼します!えっ このお店は
何屋さんなんですか?
あっ おはぎ専門店?はい。
おはぎだけですか?はい。
えぇ すごい!
きれい! 何これ…。
姫りんご…。
えっアーモンド カシューナッツ ピスタチオ くるみ。
しかもすべて 有機ナッツなんですか?
はい。うれしい~。 おいしそう。
今日の新作です。えぇっ。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
美味しそう!
こちらは 3年前にオープンした新感覚のおはぎ専門店。
毎日7種類 素材にこだわった
色とりどりのおはぎが並びます。
こちらは姫りんごのコンポートを乗せたおはぎ。
なぜ おはぎの専門店を出されようと思ったんですか?
あの 「タケノとおはぎ」っていうお店の名前なんですけど
その 「タケノ」っていうのが僕の祖母の名前で…。
昔 あの あんこがあんまり好きじゃなくて
和菓子 好きじゃなかったんですけど そのおはぎ…。
こういうおはぎを
なんか作れたらいいなっていう感じで…。
えっ 何が違うんですか?他のおはぎと。
このあんこは前日の夜に炊いたものを
冷蔵しないでそのまま こう…。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
朝 炊いたもち米に
丸めるっていう形で作ってるんですけど
やっぱり豆の風味とかは全然 違いますし
なんか そういう当たり前のことを
ちゃんとやる っていうか…。でも それだけで
全然 やっぱり違くて。すごく じゃあ 丁寧に
作られてる感じなんですね。こだわりというよりも
そういう… こんな豆を使ってっていうよりも
そういうやり方というか
その気持ちっていうか…。うん うん…。
炊きたてのもち米と大納言小豆を使った
おばあちゃん直伝のおはぎをいただきましょう。
いただきます。
おいしい。
あんが すごくおいしい。
ごはんの柔らかさも絶妙ですね。
あんまり餅みたいにつきすぎないで…。
半殺しっていってその 軽くつくっていう…。
その食感をちょっと やっぱり残して…。
砕いた数種類のナッツをコーティングしたおはぎも。
う~ん!
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
おいしい!
香りがいいし かむと…。すごく香ばしい。
このまた 細かく刻まれてるのがいいなぁ。
そうですね。 最初はやっぱりどれくらいかって…。
大きすぎちゃうとやっぱり ちょっと
逆にあたりすぎちゃったりするし。
そうですね。ホント 手切りなんで
どんどん自分たちで調整して…。
これだと すごくかんで 口に
フワッと広がる感じですよね。そうですね。
通気性のいい杉の木箱を使うことで
乾燥を防ぎ香りも豊かになるそう。
そしてさらなる家族との目撃情報が!
祖母と一緒に桜新町に住んでたんですよ。
あっ!見たりとかして…?
見たって…。はい。 あの…。えっ?
えぇっ!? じゃあ私が お腹の中にいるとき?
そうですね あのお腹大きいときに
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU
さんまさんと2人で
さんぽされてたんですけども…。
じゃあ 結婚してるときだ。
そうですね。 お腹大きくて…。
もうすぐ生まれるっていうくらいのとき…。
あの…。
お話しました?お話は… お声はかけないです。
あっ でも…。
へぇ~。
感慨深い… お会いできて。すごい。
ホントですよね。
お腹にいるときから見てるわけですもんね。
笑い声
もう 今日ずっと桜新町でロケしてて
すごい いろんな人に見られてるんですよ 私。
意外と 結構なんか目撃情報があって…。
やっぱり地元にいるとなんか こう
見かけてくださるんですねやっぱりね。
朝の!さんぽ道【桜新町】旅人:IMALU

更新