2018年11月03日 21:54 - 22:00

和心百景~すべてがオーダーメイド 『越後三条打刃物』~笛木優子/葉加瀬太郎

100年以上に渡り受け継がれてきた伝統工芸品 そこには歴史や技だけでなく、「心」が込められています 今回は、新潟『越後三条打刃物』 ナレーション 笛木優子 かつてこの地では、農家の副業として和釘が作られていました  江戸時代になると専門の鍛冶集団が形成されていきました  三条の商人は全国へと販路を広げるとともに、  各地の要望に応え、さまざまな種類の刃物を作りだしていきました ◆ナレーション 笛木優子  ◆テーマ曲「懐かしの里山へ」/葉加瀬太郎 演出 嘉納一貴  プロデューサー 中村和宏 岩崎正志 ◇番組HP http://www.tbs.co.jp/wagokoro-hyakkei/   TBS  MBS企画 SMBC日本シリーズ2018第6戦広島vsソフトバンクの試合状況により、放送時間が変更になる可能性がございます。 笛木優子 / 葉加瀬太郎 / 中村和宏

見たことがないですね。
ちょっと異次元な感じなんで、
本当に流れをすべて止められたみたいなところがありますね。
何といっても、秋山さん、盗塁阻止率が
100%ということですからね。
守備に関してはMVPあげていいんじゃないですか。
カープの方は、8回盗塁を試みましたが
いずれも失敗に終わりました。
そしてその中で、甲斐は6連続盗塁阻止という
シリーズ新記録をつくりました。
カープのナインたちが1塁線上、出てきました。
球団史上初のリーグ3連覇。
そして34年ぶりの日本一を狙いましたが、
その思いはかなわず。
カープ新井貴浩はこの試合をもって現役を引退。
届かなかった日本一への思いは
後輩たち、仲間たちに託すことになります。
その存在の大きさ、はかり知れないものがありますが、
ただ、残していく大きな財産もありますよね?
本当に一生懸命プレーすることだと思いますね。
新井さんほどプレーの中に一生懸命さが出る選手というのは
あまりいないと思うので、
そういったところというのは、若い選手は見習っていった方がいいと
思いますし
広島にとっては本当にいい影響を及ぼした選手だと思います。
まさに槙原さん、それがカープというものを
体現してくれている選手でしたからね。
ファンの喜びとか、声援を聞くと
どれだけ愛されている選手かわかるし、
選手たちも口々に新井選手とともにとしていましたので。
リーグ3連覇って絶対できないです、
なかなかできないですよ、これは。
その中で新井君がチームの真ん中で
引っ張っていったというのはすごいですよ。
プレーオフとかCSとか
ちっちゃな流れで勝敗が決まるんですけど、
143試合の中で勝ち抜くというのは
本当に底力があると思いますね。僕も監督してて、
そういうのがすごくきつかったですね。
その中でリーグ3連覇って、なかなかできないですよ。
本当にすばらしいチームだと僕は思います。
その中で両チーム戦った6戦、
雌雄を決したこのマツダスタジアム。
ホークスが2年連続9度目の日本一に輝きました。
そろそろMVPだとか発表になってくるわけですね。
王球団会長の姿も見えまして
笑顔が見えました。
長きにわたって戦った選手、コーチを労うように
工藤監督が握手をしていきます。
ゲームが決まった瞬間のカープのベンチ、新井です。
こう見ていますと、
自分を律しているといいましょうか、乱さないといいますか。
本当だったら最後、優勝を決めて
ここでまた胴上げみたいなのも、選手たちはみんなしたくて、
それを合い言葉に頑張ったんでしょうしね。
それでは優勝監督インタビュー、工藤監督です。
SMBC日本シリーズ2018、
激闘を制し、2年連続の日本一に輝きました
福岡ソフトバンクホークス工藤公康監督のインタビューです。
まずはおめでとうございました。
15回も宙に舞いました。まず、そのご感想から。
もう最高に幸せでしたし、
選手たちがシーズン終盤からほぼ休むことなく
ここまで満身創痍の中、突っ走ってくれて
本当に最後、こういう形で日本一になれたことを幸せに思いますし、
選手のみんな、本当にありがとう!
監督、リーグ2位から勝ち上がっての日本一、
球団史上初めての快挙をなし遂げました、
これについてはいかがですか?
僕は初めてなので、2位という悔しい思いをして、
みんなでとにかく日本一目指して頑張ろうと、
その強い思いがここまで来れたというふうに思いますし、
選手の誰一人、それを疑わずここまで来れたということが
日本一になれたと思っています。
それにしても、思えば12戦、
白星がないまま福岡に行きました。
しかし、本拠地で流れを変えましたね?

更新