2018年11月05日 08:00 - 08:15

旅スルおつかれ様~ハーフタイムツアーズ<人生の後半戦の活力になる旅へ>

画像だけでダイジェスト

退職、引退、子育て後……人生に一区切りがついた「おつかれ様」な人たち。いわば“人生のハーフタイム”にいる彼らに向け、人生の後半戦への活力になる旅をご紹介! 退職、引退、子育て後……人生に一区切りがついた「おつかれ様」な人たち。  いわば“人生のハーフタイム”にいる彼らに向け、人生の後半戦への活力になる旅をご紹介!毎回、おつかれ様が番組選りすぐりのツアーへと出かけます。登山やお遍路、はじめての海外旅行に写真やスケッチ旅などテーマのあるツアーを体験。人生の後半戦に向け、想いを語る「おつかれ様」たち。どんな体験や出会いが待っているのか!? 番組で紹介したツアーは番組公式サイトから予約できます。 さらに番組のツアーカタログを無料配布中です。番組公式サイトからお申込みください。 http://www.tv-tokyo.co.jp/halftime/

ここにサイクリングの聖地があるってご存じでしたか?
風光明媚な景色の中を走り抜ける。
うぅ… それが しまなみ海道。
訪れるサイクリストは 5年連続で過去最多を更新中です 今ね。
外国人客も多く訪れるという人気の秘密に迫ります。
おいくつですか?私?
80過ぎたんです。すごいですよね。
えぇ ホントに?80歳の方でもチャレンジされる。
いったいどんなツアーなんでしょうか?
仕事や子育てに一段落。
人生の前半戦を終えてちょっと ひと休み。
そんな方々を我々は敬意を込めて
こうお呼びします。
時間と心に少し余裕ができたおつかれ様が
人生の後半戦をより豊かにするため
旅スルおつかれ様~ハーフタイムツアーズ<人生の後半戦の活力になる旅へ>
ハーフタイムツアーに出かけます。
さぁ 今日はどんな物語と出会えるのでしょうか?
おはようございます。
おはようございます。なんとか天気もちそうですね。
そうですよね。僕は雨男なんですけども。
よかったです。
今回の おつかれ様は…。
日本代表としてもピッチに立った名プレーヤー。
元アスリートとはおっしゃいますが今回 自転車には
たくさん乗りますよ。大丈夫ですか?
自転車 ここ2年くらい乗ってないです。
旅スルおつかれ様~ハーフタイムツアーズ<人生の後半戦の活力になる旅へ>
しかも その2年前に乗ったのが近くのコンビニに行くくらいなんで。
1時間も2時間も漕げるかなというのが すごく心配…。
今回 本並さんが参加するのは
2泊3日の
絶景 しまなみ海道サイクリングツアー。
ツアー参加者は 11人。
広島の尾道から愛媛の今治まで
瀬戸内海の6つの島々を
自転車で渡り
全長75キロのコースを2日間でめぐります。
最終日はしまなみ観光ツアー付き。
世界で最もすばらしい
サイクリングコースに選ばれた 絶景ツアー。
それにしても 皆さんどうして このツアーに参加を?
挑戦で。
なんでこのツアーに参加されようと?
だって 楽しそうじゃないですか。
旅スルおつかれ様~ハーフタイムツアーズ<人生の後半戦の活力になる旅へ>
チャレンジできる…70何キロだったら。
チャレンジ! いくつになっても挑戦心を忘れない。
すてきですよね。
ところで 皆さん 自転車はどうしてらっしゃるんですか?
実は しまなみ海道自転車がレンタルできて
手ぶらでサイクリングを楽しめるんですね。
それも人気の秘密なんですね。
大丈夫かな? 2年ぶりの自転車。
いいんじゃないっすか。
お尻痛なりそう すっげぇ。
あぁ クロスバイクのサドル 硬いからね。
長時間乗ってるとケツが痛くなるってのは
しようがないね。
そして サイクリングの必需品ヘルメットですね。
こちらも もちろんレンタル可能。
これ どうなってるのか…。
旅スルおつかれ様~ハーフタイムツアーズ<人生の後半戦の活力になる旅へ>
どうなってる? 全然わからへん。
苦しい。 被れてる?
ばっちり被れてますよ。
ヘルメット姿もいいんじゃないですか?
毛が ポッと出たりしてね。
サイクリングツアー初日のコースは尾道から向島。
そして 生口島まで 約30キロ。
いきなり30キロだね。
因島大橋の手前の上り坂は
本日の難所ですぞ。
さぁ 皆さんの準備が整ったところで
渡り船に乗ってですね…尾道の対岸にあるんだよね。
サイクリングコースのスタート地点 向島へです。
この船も尾道を代表する風景のひとつに
なっちゃってんだね これね。
本並さん 意気込みは?
楽しみましょう。楽しんでいきます。
ケガのないように。
それでは いよいよ全長75キロのサイクリングツアー 出発です。
旅スルおつかれ様~ハーフタイムツアーズ<人生の後半戦の活力になる旅へ>
まずは 向島の海沿いをのんびりと走ります。
すげぇ のんびりしてる。
のどかやな。
ちょうど気候的には いい気候ですね。
これからが。
夏は ちょっと難しい。
この日の最高気温は 26℃。
時速5キロで心地よい潮風を受けながら
うわぁ気持ちよさそうだよね これね。
いい感じですね。この潮の香りと この景色は。
う~ん 走り出してすぐに絶景に出会えちゃう。
これも 人気の秘密のひとつかな。
あれ? 道路の脇に 青い線が。
これ いったい何でしょうかね?あんま見ないね。
今 走られてるのが ブルーライン。
しまなみ海道のサイクリングロードになります。
旅スルおつかれ様~ハーフタイムツアーズ<人生の後半戦の活力になる旅へ>
このブルーラインをたどっていくとほとんど迷うことなく
愛媛県の今治までサイクリングを楽しむことができます。
へぇ… あっ そうなんだ。今治まで ずっと続いてんの?
地図がなくても迷わず行けるんだね。
これ 便利だよね。
走り始めて30分。
ようやく1つ目の橋因島大橋が見えてきましたね。
すんごい橋。
あの上って どう行くの? あれ。
エレベーター? エレベーターですかね?
何をおっしゃいますか。自分の足で行くんだよ。
マジで!?
これ… 坂道 あの上まで上がる?
これから渡る因島大橋は全長が 1,270メートル。
う~ん すごいよね。
しまなみ海道の橋では 唯一の二層構造となってるんだね これ。
下の部分は 徒歩で歩けるし自転車で通行することができる。
だからね 自転車で行くわけよ。
旅スルおつかれ様~ハーフタイムツアーズ<人生の後半戦の活力になる旅へ>
海面からの高さは およそ50メートル。
これ ちょっと うぅ… 高いかな?
そうなるとね 必然的に…。
高さがある分 上り坂が辛いです。
辛いです。
嫌です。
ヘヘヘヘッ…まぁ そうおっしゃらずにね。
頑張りましょうね。
いざ 最初の難所へ。
因島大橋へと続く上り坂に突入です。
これは きつい。
僕より みんな 年齢上ですからね。
すごいっすよね。
ママチャリっすよ。
俺 こんなん乗ってしんどいのに すでに。
頑張りましょう。
乳酸が… 乳酸 溜まる。
旅スルおつかれ様~ハーフタイムツアーズ<人生の後半戦の活力になる旅へ>
久々や 乳酸 溜まんの。
こんにちは。
ケツ痛い。
坂道を上ること15分。ようやく頂上に到着。
すごい坂ですね。
これは やばいっす。
お尻が痛い もう。
ハハッ 早速ね 痛いよね きっとね。
そんな本並さんツアー客のお母さんに
話しかけてらっしゃいますよ。
おいくつですか?私?
80過ぎたんです。すごいですよね。
日頃 自転車乗ってるんですか?
買い物はね。
こういう長い距離自転車でっていうのは…。
初めて。 それでね参加しようかって言ったけど
ちょっと無理なんじゃないって言われて…。
だけど 参加するあれがすごいですよね。 気持ちが。
挑戦で。
80歳… いやぁ すごいですね。
旅スルおつかれ様~ハーフタイムツアーズ<人生の後半戦の活力になる旅へ>
このあとは いよいよ因島大橋へ向かいます。
どんな絶景に出会えるんでしょうか?
番組の無料ツアーカタログをお届けします。
お申し込みは
ホームページからもお申し込みいただけます。
絶景 しまなみ海道サイクリングツアー。
旅スルおつかれ様~ハーフタイムツアーズ<人生の後半戦の活力になる旅へ>
一行は いよいよ1つ目の橋因島大橋へ入ります。
すごいな これ。
この上が 車が走って 下が海で…。
大きいタンカーが ちょうどここを渡ってるときに通ると
目の前にあるような…。
それくらいに感じるくらい近いところを タンカーが通って…。
無事に2つ目の島 因島へと上陸。
海沿いの道をゆっくり走りながら
見た目も スタイリッシュで美しい生口橋を渡りですね
旅スルおつかれ様~ハーフタイムツアーズ<人生の後半戦の活力になる旅へ>
3つ目の島生口島へと向かいます。
絶景ですよ これ。
こちらの生口橋は塔から斜めに ケーブルを張った構造。
斜張橋とよばれてるんですよね。
いや すごい迫力だよね これ。
生口島に入れば本日のゴールまで あと少しです。
初日のゴール地点 瀬戸田港へ到着。
走行距離30キロを走破しました。
楽しかったですよ。 走ってて景色も いろいろ見られたし。
ただ お尻が痛いだけで。
あなたもツアーに参加してみませんか?
番組で紹介したしまなみ海道サイクリングは
旅スルおつかれ様~ハーフタイムツアーズ<人生の後半戦の活力になる旅へ>
12月から来年3月に実施します。
自転車は現地でレンタルでき
ガイドも同行しますので安心。
また 紅葉を眺めながら河口湖を走る
日帰りのサイクリングツアーもございます。
「ハーフタイムツアーズ」で検索して
番組ホームページからお申し込みください。
更に…。
番組の無料ツアーカタログをお届けします。
お申し込みは
ホームページからもお申し込みいただけます。
旅スルおつかれ様~ハーフタイムツアーズ<人生の後半戦の活力になる旅へ>

更新