2018年10月10日 07:35 - 08:00

朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ

画像だけでダイジェスト

今月は1か月連動企画「1日1区さんぽ」。東京23区を日替わりで歩き、その区の「古い貴重な写真」の撮影場所は?今どうなっているのか?を地元の人に聞き込み探します! 「1日1区さんぽ」今日は隅田川と荒川に挟まれた江東区。2020年東京オリンピックの競技会場でもあり、いよいよオープンする豊洲市場がある街で、59年前に撮影された写真の場所を求めて散歩。◆超人気寝具店の職人技とは?◆木材の街「木場」を散策…江戸時代から続く川並鳶とは?◆今や大都会江東区で受け継がれる…「下町情緒」溢れる川並の技に感動◆59年前に多くの人が訪れた場所の今は… 【旅人】中山エミリ 今話題になっている街を訪ね、様々な人にふれあいながらブラブラ街を散歩します。「あっ!」と驚いたり、「へ~!」と感心したり、思わず声に出したくなるような不思議なモノや人を探していきます。さらに、途中で出会った人に「あ~よかったな!」と思った“幸せエピソード”も聞いていきます。もちろんご当地ならではのグルメ情報も満載!騒がしい朝に飽きた人に、1日の始まりを楽しくする!ほんわか散歩番組です。 解説放送あり 【番組公式HP】   http://www.tv-tokyo.co.jp/sanpomichi/    【番組公式Facebook】   https://www.facebook.com/sanpomichi10/    【番組公式Twitter】   @sanpomichi10   https://twitter.com/sanpomichi10 中山エミリ

ニュースのあとは のんびりさんぽを楽しみませんか?
水辺に3,000人が集まる 一大イベント。
江戸から東京に名前が変わって
今年でちょうど150年ということで…。
今月は 東京の昔の写真に写る
風景を探して歩く1日1区さんぽ。
今日は 東京の東側
隅田川と荒川に挟まれ
東京湾に面する 江東区。
おはようございます中山エミリです。
私は今 江東区 豊洲に来ているんですが。
後ろには レインボーブリッジが見えますね。
あちらを見ると東京タワーが見えて
なんか ザ東京を感じる場所って感じですよね。
でっ あれが私も初めて見ましたが
今月からオープンしている豊洲市場なんですね~。
そう いよいよ明日オープンする豊洲市場や
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
2020年 東京オリンピックの競技会場の予定地となっている豊洲。
更には観光地 ビジネス街として栄える
お台場の一部もある 江東区。
そんな昔の江東区を象徴する写真が こちら。
中山なんか お正月とかに消防の方の出初め式みたいな…。
中山これはすごい体勢ですね。
でも 下 これ水ですか?
中山あっ 船もいるし…。
中山でもって その奥にはすっごい人がいたんですね。
中山下町っぽいこの雰囲気が手がかりになるんですかね?
でも 豊洲っていったら海ですもんね そこ。
なんか水辺は近くにあるのかもしれないですね。
今や 大都会の江東区に
下町の雰囲気。
そして大勢の人が見守るこの場所は
残っているのでしょうか?
豊洲市場は東京駅から電車で30分。
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
東京臨海高速鉄道りんかい線
ゆりかもめ が走っています。
あっ これが新しくできた…。
大きい。
えっ 右も左もそうなんですよね? これ。
すごい立派~。
中山まだ私もニュースの映像しか見たこと
なかったんですけどすごい きれいですね~。
マグロとかはどっちなんですかね?
スタッフへ~。
そう うん。
世界最大級の市場 豊洲市場。
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
マグロの競り場だけ 床が緑色に。
切った身の赤がよりわかりやすいように
そうなっています。
競り場の温度が 常に12度前後にキープできるよう
最新の設備をそろえています。
んっ正門って見えてきましたよ。
中山あんまり住んでる人歩いてないですね この辺は。
もうちょっと別の場所に行かないと
いないのかな~。
でも イメージはこのタワーマンションですよね。
この辺 ちょっと味のある建物が…。
増えてきたような気がするんですけど
どうですか?
あっここが都営の団地なんですね。
この ずっと奥には
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
タワーマンションがたくさん見えますけど…。
ふっと 両サイドを見ると
団地って懐かしい感じしますよね。
再開発されている地域の中に昭和24年建てられた
都営団地がまだ残っていました。
アハハ かわいいこんにちは。
あっ あ~ 寝ちゃった気持ちよさそうに。
すみません中山エミリと申しますが…。
はじめまして。実際に住まれてみて
いかがですか?この辺て。
あの 道も広いので 歩道…。(中山)確かに。
子供が歩くの 広いので…。(中山)心配じゃないですね。
そのとき。
中山あぁ あ~。アハハ すみません。
突然 男の子が猛ダッシュいったい どこへ?
中山パンダさんがいるの?あっ これが見たかったの?
59年前の江東区で撮影された写真の場所を探していると…。朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
中山あぁ あ~。アハハ すみません。
突然 男の子が猛ダッシュ。
中山あっこれが見たかったの?
アハハ どうしてもパンダが見たかったって。
そこは 団地の一角に展示されたおもちゃコーナー。
でも こうやってお子さんがバーって走っちゃっても…。
そうですね。広いといいですよね。
ここあんまり車も通らないですし…。
ちなみにちょっとお若い方は
ご存じないんじゃないかとは思うんですが…。
こんなお写真ってご覧になったこと
ありますか?いや ないですね。
これ 何してるとこかとかは なんとなく…。
なんだろう…。
そうですよね。すみません。
ありがとうございます。
残念ながら手がかりはつかめず。
中山お米屋さん。
中山どなたかいらっしゃるかしら?
あっ すみません。
急におじゃまをして申し訳ございません。
私 中山エミリという者なんですけれども
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
今 テレビ東京の番組でこの辺りを
おさんぽしておりまして。そうなんですか。
昭和29年創業。
豊洲にある唯一のお米屋さん。
あの 気になるのが…魔法のお米で
冷めてもピッカピカで硬くならない。
コシヒカリを超えるお米って書いてあるんですけど…。
これはどこのお米なんですか?
普通の白米は
粘りが強く モチモチっとした食感で
冷めても硬くなりにくいので
おにぎりに最適なんです。
そんなお店で 聞いてみました。
このお写真を…。あ~。
ちょっと探しているんですけど
何か見覚えとか心当たりなど
ございますか?自分ではないけど
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
よくわからないな あの…出初め式にもやるからね。
出初め式のイメージが私も強かったんですよね。
なんか すごい難しいとこでヨッてやってるみたいな
やつですよね。はい。
ありがとうございました。ありがとうございます。
残念ながら 手がかりなし。
もっと古いお店を探してみることに。
お肉屋さんだ。
上はお食事いただくところもあるのかな?
ちょっとだけお話うかがってもよろしいですか?
こちらは いつくらいからお店をされてるんですか?
もう 商店街ができたときから。そうなんです。
昭和23年 この商店街で
いちばん最初にできたお肉屋さん。
もともとは どういう方が多いところだったんですか?
今マンションになってるところがほとんど工場の跡なんですよね。
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
へ~ じゃあ 工場地帯があったんですね。そうですね。
豊洲は 1980年代後半まで
大型船の造船所がある工業地帯でした。
更に 火力発電所があり
石炭 ガス 鉄鋼の供給基地にもなっていました。
昔の写真を見ていただきましょう。
この写真をですね見たんですけど
これ 何の写真だかおわかりになりますか?
たぶん 木場とかのほうじゃないかな
と思うんですけど。そうなんですね。
ちょっと この辺からは離れた場所かも
しれないんですかね。
川のほうというキーワードは出ましたが
まだまだ 手がかりはわずか…。
また この辺りではこちらのお店が
いちばん古いくらいですか?そうですね うちは
いちばん最初 商店街スタートからやってますけど…。
あそこがですか?
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
そうですセブンイレブンになる前から
一緒にやってましたのであそこも古いですね。
中山セブンイレブンの前があるんですか?
酒屋さんだったんです。
ちょうど私が小学校の5年生のときに
開店しましたのでそのときに 見に行きました。
へ~。
そう セブンイレブンが豊洲にできたのは昭和49年。
朝7時から夜11時まで。
当時としては珍しい夜まで開いているお店。
ここが 日本初のコンビニなんです。
よく あの ここの前でキャッチボールしてたんですけど
お店ができたんで明るくてよかったです。
あぁ そうなんですね夕方になっても…。はい。
じゃあ 当時のお子さんたちにとってはここベスポジ?
みんなで 友達と集まって。
ナイター設備が整った。
じゃあ 皆さんにとっては思い出の…。
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
はい そうです。
2人ありがとうございます。
セブンイレブン ここだったんだ最初。
酒屋さんですって。
でも別に 大々的に書いてあるわけじゃないんですね。
更に 聞き込みを続けます。
お布団屋さんだ。
今も なさってますよね。
あっ誰もいらっしゃらないかな?
すみませ~ん。
59年前に撮影された江東区の風景を探してさんぽ。
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
やってきたのは豊洲にある布団屋さん。
ほら 手縫い 手造り。
1回 こういうところにちゃんと出すと
中 洗ってトントンして
ふわふわにして作り直してくれる… ですよね。
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
私 やってみたことないんですけど。
すみませ~ん。はい。
すみません 私中山エミリと申しますが
少しだけお話をうかがってもよろしいでしょうか?
ただの布団屋じゃないの。
ここの やってんの。うん?
宮内庁のやってんの私 お仕事。
スタッフ宮内庁?これみんな 天皇陛下の布団。
えっ?お作りになってるんですか?
お作りしたの。(スタッフ)あ~ え~。
中山すご~い。
大正12年創業。
布団はすべて78歳のご主人による手作り。
光沢と通気性に優れた
絹100%の生地を使用しています。
手作りならではの
ふっくらとした仕上がりが特徴で
一組 19,000円から。
それでも全国から注文が殺到しているんです。
こういう あちらから
あっ この生地でっていう生地が届くんですか。
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
絹ですかね やっぱりね。もちろん。
は~ 絹のお布団だ。
78歳 今も現役の職人さんに
聞いてみました。
このお写真って 何かわかることありますか?
木場?うん。
じゃないかなと思うんだよね。
これも伝統的です。
これが 川でしょ?
これやっぱり川ですか海じゃなくて川ですか。
昔 こういうのご覧になったことって。
私は見たことない。
あちらのほうの古い人に聞けば
知ってるよ これは。
じゃあ そちらに行って聞いてみます。
急におじゃまして申し訳ありませんでした。
貴重な物をたくさん拝見して…。
さっそく 江東区の北部
木場へ向かいます。
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
大きく移り変わった街。
下町ならではの こんな風景は
残っているのでしょうか?
川はあるんですけど…。
ちょっとあのお写真のイメージとは
違いますよね。
中山木場駅ですね。
あの 角のお店とか結構
歴史ありそうな感じするんですけど。
雰囲気すてきですよね。
ちょっと…。
いらっしゃるかな?
すみませ~ん。今 テレビ東京の番組で
この辺りをおさんぽしておりまして
少しだけお話よろしいですか?はい いいですよ~。
こちらは 昭和64年から営業している 純喫茶。
もともとはどういう ところなんですか?
みんな 奥のほうに材木さんとか製材所とか。
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
本当に木の場所だったんですね。
木場は江戸時代から続く材木の街。
昭和の最盛期には
川並と呼ばれる木の管理 運搬に携わる職人が
およそ300人も働いていました。
中山あっ すごい いい香り。
椎名さんそうですか?はい!
は~ おいしい。
一息ついたところで…。
こういう写真を
ちょっと探しておりまして。
豊洲の方に見ていただいたら
皆さん 木場じゃないかって
おっしゃったんですけど何か… こう
ご存じなこととか心当たりは…。
実際この場所は…。
今 やってる場所って そこではやってないんです 角乗りは。
えっ やってない!?
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
やっぱり角乗りっていうやつですか?
今も続けてらっしゃる方はいるんですか?
そこでやってます。
角乗りとはいったいどういうものなのか?
もともと川並だった方がやっている
保存会へ向かいます。
あっ 電車がある ビックリした。
あれは なんでしょう?
ちょっと気になりますね。
あの あそこになんで電車あるかご存じですか?
フランス料理屋さんなんですか。
じゃあ ちょっと見せていただいてきます。
今日は定休日でした。
残念。
ヨーロッパの長距離夜行列車
オリエント急行で働いていたシェフがはじめた
フランス料理のお店。
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
奥にあるお店で列車を眺めながら
豪華なフレンチがいただけます。
ほら 木場橋って書いてありますよ。
角乗保存会を目指しましょう。
あっ あった。
これじゃないですかね? ほら。
すみませ~ん。はい。
申し訳ございません私 中山エミリと申しますが。
これは今何をしているところの…。
これはね 角乗りの中の
角乗りで十何種目あるんですけど
その中の
中山角乗りっていうのは種目なんですか?
川並が材木に乗って筏を組む作業から生まれた
職人たちの遊び 角乗り。
それがいつしか技を競うようになり
人気のお祭りにまでなったんです。
例えば こういう素足で乗ってたのが…。
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
これも そのときに…。これも道具。
使う道具なんですか下駄で
乗るのは大変そうですね。
梯子は下駄は乗んないけどね。
下駄は下駄であるんだけど 種目がね。
下駄を使った種目が…。そう そう。
1本の木に2人で乗る相乗りや
子どもをカゴに乗せて担ぐ戻り駕籠など
種目は15種類以上。
水上で技ができるようになるまで
5~6年はかかるそうです。
このお写真が
昭和34年に撮られた物らしいんですけど
何か 見覚えとか心当たりは…。
34年…。
加藤さん通称きんちゃん。中山きんちゃんですか?
中山これ この人?加藤さんそう。
中山わかりますか?お顔写ってないですけど。
どんなところがきんちゃんぽい…。
個性豊かな角乗りの技を一目見ようと
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
祭りには 毎年3,000人もの人が集まりました。
しかし 昭和44年
再開発により 川並の仕事はなくなってしまったのです。
ここに 行ってみたいと思うのですが…。
場所教えていただいてよろしいですか?
ありがとうございます。
多くの人たちが夢中になった
角乗りを披露していた場所。
今はどうなっているのでしょうか。
中山黒船橋って書いてありますね。
加藤さん書いてあるでしょ。中山あっ なんかお船の
形をしたものがあったり…。
加藤さん昔はここでやってたんです。
中山ここですか~。
59年前に撮影された写真。
その場所の今が こちら。
加藤さん梯子っていうのは正面に向いて演技をするんで
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ
見てるほうがそちらになるんですね。
あっち側が このお客様の側で…。
じゃあ この後ろにある家とか
お店みたいなのが
今 向こうのビルになってるところですか。
こう比べると…。今はこういう
遊歩道ができちゃってますから。
その当時はただの一枚の岸壁だから。
中山そっか 今 遊歩道分…。加藤さんそうそう。
更に川は広かったんですか。
もう生バンドですね じゃあ。
加藤さんだからね やるほうもやりがいっていうかね。
加藤さんもう張り切っちゃうでしょ。
それくらい緊張して 皆さん。
人々に愛された角乗り。
現在は およそ30人の有志の方々により受け継がれ
毎年10月に 木場公園で行われる
区民祭で披露されています。
朝の!さんぽ道【江東区】旅人:中山エミリ