2018年11月04日 17:30 - 18:00

BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS

画像だけでダイジェスト

ミツキはコクヨウたちと土の国に向かう。その途中セキエイの具合が悪くなり、コクヨウが仲間を呼びに行っている間に、ミツキとセキエイは人間についていろいろな話をする。 平和と共に近代化が進んだ木ノ葉隠れの里。里のリーダー、七代目火影・うずまきナルトの息子であるボルトは、アカデミーを卒業し下忍となった。サラダ、ミツキとともにスリーマンセルのチームとなって、数々の任務をこなしていく毎日が始まる!のだが…?  様々な任務をこなしていくなかでボルトは、忍者の仕事の意味やチームワークを学び成長していく。 【声の出演】   うずまきボルト:三瓶由布子   うちはサラダ:菊池こころ   ミツキ:木島隆一     うずまきナルト:竹内順子   うずまきヒナタ:水樹奈々   うずまきヒマワリ:早見沙織 【原作】  「BORUTO‐ボルト‐ ‐NARUTO NEXT GENERATIONS‐」   原作・監修:岸本斉史   漫画:池本幹雄 脚本:小太刀右京  (集英社「週刊少年ジャンプ」連載)    【シリーズ構成】  本田雅也 【総監督】  阿部記之    【監督】  藤井俊郎 http://ani.tv/boruto/ 三瓶由布子 / 菊池こころ / みつき / 木島隆一 / 竹内順子 / 水樹奈々 / 早見沙織 / 岸本斉史 / 本田雅也 / 阿部記之

ウオウ五影会談も終わったし見張りも今日で終わりかな?
サオウそう願うね。
セキエイねっ 彼きっと来るって言ったろ?
好奇心には逆らえないもん。
コクヨウセキエイ 油断は禁物だ。
キララ近くに ソイツの仲間が
潜んでいるかもって考えないわけ?
2人とも 心配性だな。
ふ~ん。
こんばんは でいいんだっけこういうとき?
ミツキ手紙 読んだよ。
だったら一緒に来てくれるよね ミツキくん?
そやつの意志など関係ない。
コクヨウ計画どおり拘束して連れ帰る。
芥のうめき声
手紙に書いてあった
土の国の兵器というのはそれのこと?
そうだ こやつらは恐怖を感じぬ生きた兵器。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
国では すでに数千もの兵が誕生し今も増え続けている。
戦争でも起こす気?
目指すのは 平和だ。
我々が主導する形でのな。
ふ~ん。
フフッ おいでよ。
僕たちをつくった人に会わせてあげる。
その人に会えば本当にわかるのかな。
僕の知りたい答えが?
やっぱり興味あるんだ。
意志の秘密ってやつに。
芥の鳴き声
気づかれたか。ほら グズグズしてるから。
ウオウ音がしたな?サオウ気をつけろ 何かが妙だ。
あ~あ 余計なことに首を突っ込まなきゃ
殺されずに済むのにね。
フフフッ。
あんま 派手にやんないのよ。
うわっ!(爆発音)
クッ 貴様ら。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
バカだな 人間は。
木ノ葉にケンカを売るつもりか?
お前たち 何者だ!?
おぬしが知る必要はない。
一緒に来るかい 土の国に?
君の求める答えがあるよ。
決めたよ 君たちと行く。
待て。
ミツキさっさと行こうよ。
ミツ キ…。
だから言ったんだ ミツキくんは仲間になるってさ。
無駄口は慎め セキエイ。
土の国の名を出すなどうかつだぞ。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
えっ?僕 そんなこと言ったっけ?
コクヨウ行くぞ。
《お行き…》
ふあ~あ。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
少し違う手を こんなふうに添えてみて。
ふあ~あ こんな感じ?
うん それで だんだん頭がぼんやりしてきて
気づいたときには 寝てるんだ。
寝てるときのことは何も覚えてないの?
夢を見ることはあるけどね。
おもしろいね。
もっと教えてよ 人間のこと。
興味あるな。
セキエイ そやつとあまり関わるな。
まだ信用したわけではない。
コクヨウ 君ますます疑い深くなってない?
戻ったら 検査してもらったほうがいいかもよ。
どうかな…。
そやつは まだ何か 拙者らに隠しているように思えるが。
僕が?きれいだよね ミツキくんの肌。
僕らと同じ ツクラレとは思えない。
ツクラレ?
僕らみたいにつくられた人間のことさ。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
さあ 急ぐぞ。遅れを取り戻さねば。
は~い はい。ねぇ キララは無事に帰れたか な…。
うっ うぅ…。
セキエイ どうした?
しっかりしろ。
体が 変 なんだ…。
ハハッ ヤバいね よりによってこんなときにさ…。
おとなしくしていろ。
おぬし 拙者が戻るまでこやつを見ていろ。
コクヨウ妙な気を起こすなよ。
コクヨウ…。
心配無用だ。
すぐに助けを連れてまいる。
(赤ツチ)四代目忙しいのにすまないだに。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
黒ツチどうだ? 容態は。
赤ツチ今は 安定してるだに。
じじいも年には勝てないか。
そんなことないだに。
きっと 疲れが溜まっただけだに。
赤ツチお前がついててくれて助かるよ。
意識が戻ったら知らせてくれ。
紺ツチいかがでしたか?オオノキ様のご様子は。
いくつか確かめたいことがあったんだが
あれでは聞けそうにないな。
紺ツチ火影が語っていた話気になります。
早急に調査したほうがよろしいかと。
信頼できる人間はいないか?
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
できるだけ内密に進めたい。
暗部に 私の甥がおります。
まだ若いですが 腕は確かっ…。
黒ツチ お前には土影の座を降りてもらう。
カコウ歯応えのねえヤツらだな。
何者だ!?
《コイツ…》
はぁっ!
フッ…。
貴様は いったい クッ…。
その顔…。
セキエイの咳き込む声
大丈夫?
ミツキくん 突然で驚いた?
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
もう目を覚まさないかと思った。
話したでしょ 僕らの体はあの 芥と同じで 未完成だって。
アイツらと違って
僕らは しゃべったり考えたりできるけど
この体は 結局 アイツらと一緒さ。
手入れしないとすぐに だめになっちゃう。
咳き込む声
コクヨウが仲間を呼びに行ってるんでしょ?
諦めないほうがいい。
アイツら 薄情だからな…。
咳き込む声
あれ? ミツキくん どこ行くの?
ハハハッ 行っちゃった ひょっとして逃げられたかな まいったな…。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
咳き込む声
なんだ逃げたのかと思っちゃったよ。
セキエイそれ 何?
花だよ。
人間は病気の人のお見舞いに花をあげるんだ。
これを見て 元気を出してって。
だから はい。
ヘヘヘッ…。
落ち着いた?ああ。
でも あまり長くはもたない気がする。
ねぇ 何か もっと教えてよ人間たちのこと。
そうだな…。
人間は 食事をするよ。
ああ 食べ物のこと?
信じられないくらい食べる子がいるんだ。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
チョウチョウって名前なんだけどね。
セキエイうん うん。
ミツキそれから 人間は食べたら歯を磨く。
歯を? どうして?
さあね そこまでは わからない。
けど 歯を磨かないと親に怒られるってボルトは言ってた。
親か…。
人間は 親ってのから生まれるんだっけ?
ミツキくんは どうなの?
僕かい?
僕の親は…。
大蛇丸… 僕をつくった人。
僕たちにとっての空様みたいなものだね。
空様? その人が僕を連れてこいと命じたの?
ねぇ あれ夕焼けって言うんだっけ?
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
きれいだよね。
こういうのを見たとき涙を流す人間もいるんだ。
ミツキくん 泣いたことある?
ないよ。
このまま僕が死んだら君は泣くかい?
どうかな わからない。
ボルトくんだっけ?
彼が死んだらどう?
君は 泣くと思う?
友達だったんだろ。
ボルトは…。
ボルト:おい ミツキ。
何やってんだよ ミツキ。
ミツキも一緒に来いってばさ
ボルトは 僕の太陽みたいな存在…だったんだ。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
ふ~ん…。
そういえば チョウチョウがおもしろいこと言ってたな…。
信じられないくらい食べる子だね。
そう そのチョウチョウがね
仲のいい友達には 2人だけの秘密がるものなんだって。
へぇ 2人だけの秘密か。
だったら 僕にも教えてほしいなミツキくんの秘密。
秘密? 僕の?
別にないと思うけど。
ウソだね。
少しでもおかしなまねをすれば首から上が吹き飛ぶよ。
(セキエイ)動くなよ。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
君は木ノ葉の忍を倒したフリをして
こっそり蛇を残した… だろ?
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
気づかれてたとは思わなかった。
蛇を残したのは何のため?
最初から僕らを裏切るつもりだったのかな?
最後に ボルトへの伝言を残したんだ。
僕は 土の国に行く。
自分の意志で。
だから 捜す必要はない。
ただ それだけ。
そんなことして疑われるとは思わなかった?
現に僕は疑っちゃってるんだけどね
君のこと。じゃあ どうして
僕を拘束しなかったの?
興味かな 君に対する。
でも それと計画を危機にさらすのとは別さ。
命がかかっている場合は 特にね。
ここで僕を殺せば 困るのは君たちなんじゃないの?
だって その体は…。
セキエイだとしても余計な危険は冒せないだろ?
あのとき
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
ボルトくんは まだ君のことを友達だと思ってた。
ひょっとしたら 君もまだ同じように思ってるんじゃない?
僕が?
フフッ ねぇ もっと教えてよ。
君が そんなに大切に思ってるボルトくんのことを。
すごく 興味があるんだ。
言えよ。
ボルトはね いつも笑ってて
いつも まっすぐで
でも なぜだか よく怒られて
負けず嫌いなせいで
ときどきトラブルを起こすこともあるけど
仲間のためなら絶対に諦めたりしない。
だから ボルトの周りにはいつだって友達が大勢いるんだ。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
そう 彼の周りにはいつだって仲間が…。
ボルトは大きくて明るくて まぶしい
遠くにある 僕の太陽。
でも この気持ちももしかしたら
つくられたものだったりするのかな…。
ミツキくん 君は… グッ…。
セキエイのうめき声
セキエイ 動いちゃだめだ。
君が 裏切ったなんて知ったら
コクヨウは君を八つ裂きにするだろうな。
咳き込む声
なのに まったく君は 悪運が強いね。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
僕が死ねば 伝言を残したこともバレないしさ…。
まいったな…だんだん頭が ぼんやりしてきた。
アハハハッ 眠るってこんな感じなのかな。
うっ…。セキエイ。
見てよ あの夕焼け。
だめだ やっぱり 何も感じないや。
行けよ どうせ君は木ノ葉の忍なんだろ?
コクヨウ あと どのくらい?
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
もう まもなくだ。
カコウおい。
セキエイ。
セキエイ 無事か!?
おい セキエイ 聞こえてんのか?
そんなことしたら壊れちゃう。
ほら どいて。
打てないでしょ。
助かりそうか?
たぶんね。ドクターは そう言ってた。
とにかく 一刻も早く空様んとこに連れて行こうぜ。
ああ だが その前に。
コイツが ミツキとかってヤツか?
なぜ拘束してねえんだ?
自主的についてくると言い始めたのでな。
うん 僕は 自分の意志でここまで来た。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
そう見せかけて信用させるつもりかもな。
コイツの目 きれいだけど信用できない目。
ひょっとして コイツがセキエイに細工したのかもしれねえだろ。
そうね 急にセキエイがこんなになるなんておかしいわ。
どうなんだ?
とにかく このまま空様に会わせるわけにはいかないわ。
気絶させるだけにとどめておけ。
こやつの体は…。
そうだったわね。
手加減って 難しいんだよな。
僕は 君たちの仲間になるとは言ったけど
君たちに捕まる気はない。
ヘヘヘヘッ…。
待て… 待ってくれ。
セキエイ。効いたか。
ミツキくんは 信用していい。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
僕が保証する。
セキエイ。
セキエイ彼は 僕らと同じさ。
木ノ葉の里で仲間に囲まれながら
本当はずっと孤独を抱えていたんだ。
太陽は近づいたら焼かれちゃうから
遠くから見てるしかない。
そうだろ ミツキくん?
行こう 一緒に 空様が待ってる。
さあ 肩を貸して。
信じてもらえたのかな?
さっきのことは2人だけの秘密だよ。
これで 僕らも友達だね。
みんな 急いでよ。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
こんなところで死ぬなんて嫌だよ。
どうすんの コクヨウ?
決めるのは 空様だ。
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS

更新