2019年03月15日 21:54 - 23:10

報道ステーション

画像だけでダイジェスト

わかりやすさに一生懸命…素朴な疑問に答える小木逸平とわかりやすく伝える竹内由恵が今日知っておくべきニュースをお届けします。「見たい知りたい」をより速く深く丁寧に わかりやすさに一生懸命!ニュースの大切なポイントや視聴者の「素朴な疑問」に、早く・深く・丁寧に応えます。緊迫感や速報性を重視した“ニュース"と元気で明るい“スポーツ"、硬軟取り混ぜた時代を映し出す“特集"に季節感あふれる“気象情報"と情報満載です。 【メインキャスター】小木逸平、竹内由恵(共に、テレビ朝日アナウンサー)  【スポーツ】松岡修造、澤登正朗、中山雅史、稲葉篤紀、前田智徳、寺川綾  【気象情報】喜田勝(気象予報士)、三谷紬(テレビ朝日アナウンサー) ☆番組HP   http://www.tv-asahi.co.jp/hst/  ☆Twitter   https://twitter.com/hst_tvasahi    ※放送内容が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。 小木逸平 / 竹内由恵 / SPORTS / 松岡修造 / 澤登正朗 / 中山雅史 / 稲葉篤紀 / 前田智徳 / 寺川綾 / 喜田勝 / 三谷紬

当番組は同時入力の為、誤字脱字が発生する場合があります。
こんばんは。
報道ステーション
「報道ステーション」です。
今日、ニュージーランドの2か所のモスクで
銃の乱射事件がありまして
49人が死亡しました。
白人至上主義が動機のテロとみられまして
多くのイスラム教徒の移民が犠牲になりました。
男女4人が拘束されそのうち28歳の男は
銃を乱射する様子を17分間にわたって
SNSで生中継していました。
金曜礼拝で祈りを捧げるイスラム教徒が
犠牲になりました。
これは、容疑者の男が頭につけていた
報道ステーション
カメラの映像です。
助手席には3丁のライフル銃が確認できます。
白い文字が書かれていました。
車内には音楽が流れています。
ちゃんと撮れているのかを確認したのでしょうか。
一瞬、自らにカメラを向けます。
細い路地を走り車を止めると
報道ステーション
足元のライフル銃を手に降ります。
トランクには更に2丁の銃がありました。
そのうちの1丁を手に取ると
広い通りに向かって歩いていきます。
目の前に人がいますが
そのまま敷地内へ入っていきます。
入り口の前で銃を構えると建物の中へ。
このあと男は銃を乱射します。
時間は午後1時半過ぎ。
金曜礼拝中で、このモスクでは41人が亡くなりました。
報道ステーション
現場はクライストチャーチにある
2つのモスクです。
最初に銃撃があった街の西にあるモスクでは
41人が亡くなり、また5kmほど東にあるモスクでも
少なくとも7人が亡くなっています。
現場周辺では、涙を流す人の姿も見られました。
最新の警察発表では
合計49人が犠牲になり
子どもを含む48人が怪我をしたといいます。
治安のいいクライストチャーチには
報道ステーション
日本人留学生も多く滞在していました。
電気を消して4時間も息を潜めていたといいます。
事件直後、アーダーン首相は自ら会見を行い
報道ステーション
テロ事件と断定しました。
地元警察は、男女4人を拘束したと発表しました。
そのうちの1人が自らの頭につけたカメラで
動画を撮影していたオーストラリア出身の
28歳の男です。
男は事件前にネット上で74ページにわたる
犯行声明を出していました。
その中で自らをただの普通の白人男性
労働者階級、低所得家庭とし
事件は2年前から計画していたと説明していました。
また、その声明はイスラム教徒への憎悪に
報道ステーション
満ちていました。
クライストチャーチではここ数年
イスラム系移民が増加していたといいます。
事件後、アーダーン首相は移民や難民について
こう語りました。
今回、72ページに及ぶ声明文で
報道ステーション
さまざまな動機を述べていますけれども
野村さん、どこにも
このような犯罪を犯していい理由はないですよね。
ニュージーランドという国は移民とか難民を
受け入れるのに優しい国というイメージがあったんですが
こんな人がいるということは
残念でならないという感じがします。
なんとなくイスラム教徒の方々のせいにしているところも
ありますけども結局は自分に問題があるとしか
いいようがないと思うんですね。
特に、テロっていうのを考えてみますと
自分の考えが絶対で
異なるものは受け付けないとか
あるいは国の力を信じられなくなって
個人の暴力でなんでも解決できるんだというふうに
思い込んでしまうという要素が
報道ステーション
どうしても見受けられるんです。
ということは
今回はこういった思想の持ち主でしたけど
ほかの思想の持ち主であったとしても
そういった感情に
なってしまいますと
テロに結びつきやすい問題があるんです。
テロを防止するためには
そういった根本的な不満というもの
解消していく。どうやっていけばいいのかを
考えなくてはいけないという気がします。
特に日本はこれからオリンピックパラリンピックを
控えていますのでテロに対する警戒は
しっかりやっていかないといけませんので
テロの芽をみんなで摘んでいくことが
大事なんだなというふうに思いますけどね。
現場からは大量の銃が見つかっていまして
犯行に使われた車からも
2つの爆発物が見つかっているということです。
再び瀬戸際外交を仕掛けるようです。
こちら、北朝鮮のチェソンヒ外務次官です。
今日、ピョンヤンで会見を開きまして
報道ステーション
アメリカとの非核化協議を中止する意向を示しました。
更に、近く金正恩委員長が核実験や
ミサイルの実験の再開を決断するともしています。
米朝の緊張が一気に高まる恐れがあります。
北朝鮮はまたいつか通った道を
歩もうとしているのでしょうか。
今日、ピョンヤンで一部のメディアと
大使館関係者が呼ばれた会見で発表された内容は
世界を暗澹たる気持ちにさせるものでした。
アメリカと、非核化について協議中の北朝鮮は
核実験は2017年の9月
報道ステーション
ICBMの発射実験は同じく2017年の11月を最後に
行っていません。
1年以上もやめていたのにそれらの実験再開を
示唆したのです。
理由は、アメリカです。
2018年の初頭まで米朝関係は
最悪の状態でした。
北朝鮮は挑発を繰り返し
アメリカは軍事オプションの検討を始めていました。
その最悪だった関係は
報道ステーション
韓国の文在寅大統領の仲介などにより
大きく変化することになります。
北朝鮮は核開発関連の実験を中止し
アメリカもそれに応えるように
報道ステーション
直接対話へとかじを切りました。
その結果が、歴史的なシンガポールでの
米朝首脳会談でした。
北朝鮮が望んでいたのは少しずつ非核化を進め
その段階に応じて経済制裁の解除などを
していくというものです。
中国やロシアもこの方法を支持していました。
北朝鮮の非核化と経済制裁の解除は
報道ステーション
どういう形で行うのか。
その方法については合意に至らなくとも
会談後の両者の関係は悪くないものでした。
2度目の首脳会談についても意欲的でした。
このころの北朝鮮。アメリカには
報道ステーション
強気で交渉できると考えていました。
トランプ大統領は妥協するはずだ。
そうもくろんで北朝鮮は
2度目の米朝首脳会談に臨みます。
しかし、会談は、まさかの何も合意せずという結果に。
報道ステーション
北朝鮮のもくろみは外れました。
アメリカが北朝鮮に突きつけたのは
全ての核関連施設の閉鎖でした。
北朝鮮側は首脳会談が物別れに終わったあと
チェソンヒ外務次官は
アメリカ側が滞在するホテルを訪れます。
トランプ大統領の帰国直前まで調整に奔走しましたが
報道ステーション
それが結実することはありませんでした。
2度目の米朝首脳会談後アメリカは
報道ステーション
段階的な非核化はあり得ないという立場を
鮮明にしていきます。
また、国連に対しては
報道ステーション
制裁の完全な履行を申し入れました。
一方の北朝鮮一度は解体し始めた
ミサイルの発射場を復旧させました。
また、控えていたアメリカ批判も再開の兆しを見せています。
そして今日の
チェソンヒ外務次官の会見です。
北朝鮮の電撃的な発表は
報道ステーション
何を意味するんでしょうか。ここからは北朝鮮政治がご専門の
礒崎敦仁准教授にお話をお伺いします。
よろしくお願いいたします。
更に、アメリカ、そして韓国中国にも
中継をつなぎましてそれぞれの国の受け止め方
反応についても聞いていきます。
まずは礒崎さんこの発表なんですけれども。
まず、率直にどういうふうに受け止めていらっしゃいますか。
ちょっと危険な感じがしてきたわけですね。
報道ステーション
もうすでにハノイの首脳会談から2週間、経過したんですが
その間、戦略の立て直しを北朝鮮は
迫られていた。しかし、金正恩委員長は
中国の首脳や韓国の首脳と相談することなく
協議することなく国内だけで
何か物事を決定しているように今の段階では
見えるわけです。チェソンヒ外務次官は
金正恩委員長の言葉をこれまでも代弁する役割を
果たしてきましたからアメリカに対して
率直な不満を述べたことになります。
心情まで言ってきたような。外務次官が
言ったわけですからかなり本音と。
位はそんなに高くないんですが率直な不満を
アメリカにぶつけてきたということになりますね。
どこが危険なのか、また後ほど詳しくお伺いしますが
アメリカの反応から聞いていきたいと思います。
報道ステーション
ワシントン支局長の布施哲記者に聞きます。
布施さん、アメリカはこの電撃的な発表について
どういうふうに受け止めているんでしょうか?
こちらワシントン朝を迎えて、公式な反応が
出てきました。たった今、ポンペオ国務長官が
会見の中で、我々は対話の継続を望んでいると
コメントしました。
そして、ボルトン大統領補佐官も
ホワイトハウスで記者団に対して
現在、北朝鮮の意図について分析している最中だと
コメントしています。そして、私は
出勤前のアメリカ政府高官から
少しだけ話を聞くことができたんですけども
金委員長の公式声明を聞いてみないと
分からないがと前置きをしながらも
今回の動きについて北朝鮮一流の
ある種の、はったりではないか。アメリカ政府に対して
牽制球を投げてきているんだろうとコメントしました。
はったりじゃないかという言葉が出てきたんですが
ワシントンは後ほどまた聞きます。
そしてアメリカと北朝鮮の橋渡し役を努めてきたともいえる
報道ステーション
韓国なんですが高橋記者に聞きます。
韓国は、どういうふうに受け止めているでしょうか?
韓国政府は表向き動揺しているわけではないですが
内心、不安を感じているのは間違いありません。
いかなる状況でも、韓国政府は
米朝の交渉再開に向け努力すると
コメントして、引き続き橋渡し役をする意向を
示しているんです。ただ、こうした中
文在寅大統領の支持率なんですが政権発足以降
最低に下落しているんです。
北朝鮮との関係改善で支持を得てきた文政権としては
ベトナムでの米朝首脳会談が物別れに終わり
肝煎りの南北交流もままならず
政権運営に影響が出る恐れがあるんです。
方針転換を迫られる可能性もあり
今後のアメリカの動向に注目しています。
ソウルから中継で伝えてもらいました。
礒崎さん、まず整理してみたいんですけれども
報道ステーション
チェソンヒ外務次官ですが今日の会見で
こういうふうに話をしたということです。
朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮は
アメリカとの非核化協議を中止する意向である。
そして、ポンペオ国務長官とボルトン大統領補佐官を
名指しをして敵対と不信感の雰囲気を醸成して
両首脳の建設的な努力を
妨害したせいで朝米、米朝首脳会談は
なんの成果もなく終わってしまったと。
この2人に対して非常に激しく
批判をしているということなんですが。
この発表、会見自体
どういう狙いがあるとみられますか。
ポイントはいくつかあるんですが
まず、北朝鮮としては
最初から人工衛星の発射、打ち上げ
もしくは核ミサイル実験に移行することも
選択肢としてはあり得るわけですが
それはあまりにも危険ですから
報道ステーション
金正恩国務委員長の発言よりも前に
そして実際に行動に移すよりも前に
チェソンヒ外務次官を使ったってことになるわけです。
それが1点。もう1つ、今回の記者会見は
ロシアのタス通信ですとかアメリカ、AP通信
海外のメディアを呼んだ記者会見だったわけです。
つまり、これは我々の日本では報道されていますが
北朝鮮国内では一切知らされない。
北朝鮮の国民には知らせてないわけです。
つまり、アメリカに対して本音で不満をぶつけて
アメリカの反応を見たい。
実際に本音としては交渉を続けたいのではないか。
予断を許しませんけども
それはトランプ大統領への批判をしてないということです。
あくまでも部下であるポンペオ国務長官と
ボルトン補佐官への批判に終始しているわけで
トランプ大統領を批判しないことによって
交渉継続の余地は
まだ残されているということになります。
報道ステーション
そうすると非常に強気に出ているようで
観測気球を上げているような面があるということなんですが
それにしても、なぜこういった態度に出たのかということで
礒崎さんが注目したのは去年の6月。
1回目の米朝首脳会談の前の
去年の5月にあった出来事なんですが
ここのどこに注目していらっしゃるんでしょうか。
去年のシンガポール会談の前ですね。5月24日には
同じチェソンヒ外務次官が
我々はアメリカに対話を哀願しない。
しかもペンス副大統領に対して政治的に愚かだと
かなり強い口調で批判したんです。
これはアメリカに対して
ジャブを入れたつもりだったんでしょうけど
トランプ大統領はかなり本気で怒りまして
トランプ大統領はむき出しの敵意だということで
今の時点で
首脳会談をするのは不適切だということで
米朝首脳会談の中止を伝える書簡を
北朝鮮に当時、送ったんです。
報道ステーション
そうすると北は単に牽制をかけたつもりだったのに
首脳会談中止はまずいというので
次の日にキムゲグァン外務次官。
第1外務次官ですので
格上になります。第1外務次官によって
開かれた心で、アメリカに
時間と機会を与える用意があるという
対話継続の意向を示したんです。
その結果、特使を派遣して米朝首脳会談に
こぎつけたといういわば成功体験なんですよ。
チェソンヒ外務次官が不満を吐露したとしても
最終的に瀬戸際外交瀬戸際戦術ですから
最終的にはアメリカの譲歩を引き出せるのではないかとして
今回は少し高いボールを投げてアメリカの反応を
うかがっているということが読めるかと思います。
しかし、それは今回、同じように当てはめると
それは大変危険な外交ゲームのような気がしますが
報道ステーション
いかがですか。全くおっしゃるとおりですね。
北朝鮮がいかにアメリカのことを分析していたとしても
部下たちは都合のいい内容しか上司に
上げてこない可能性もあるわけですし
実際に、ハノイの首脳会談では
北朝鮮はトランプ大統領の出方を
完全に読み違えていた部分もあるわけです。
そういった意味では、危険度は
増してしまったということになります。
今回も読み間違えたりということも
あるかもしれないということですよね。
この北朝鮮の瀬戸際外交について
アメリカワシントンの布施さんにまた聞きますが
アメリカ側が例えば軍事オプションのような
そういった選択肢を考えるってことは
あるんでしょうか?
一時、緊張する場面は
もしかしたらあるかもしれませんが
アメリカ政府内で
軍事オプションが真剣に検討される可能性は
極めて低いといえると思います。
というのも軍事オプションとなれば
報道ステーション
当然、同盟国の韓国が巻き添えになる
リスクがありますしアメリカ本土を射程に収めた
核のICBMが配備されていれば
アメリカ本土ですら攻撃を受けるリスクは出てくるわけです。
ですので、いまや北朝鮮に対しては簡単には
手を出せないというのがアメリカの認識です。
先ほど、出勤した高官に話を聞いたら
はったりじゃないかという話が出てきたということですが
今後、アメリカとしては
どういうふうに対応していくでしょうか。
2つのシナリオが考えられると思います。
1つは、まずトランプ大統領を見てみますと
国内でロシア疑惑の追及にさらされています。
ムラーズ特別検察官の
捜査報告書もまもなく出るといわれていまして
ますます防戦一方の展開になるんじゃないかと。
北朝鮮問題に対する関心を失うという見方があります。
もう1つ、ロシア疑惑で足をとられていて
成果を上げられないからこそ
報道ステーション
外交、とりわけ北朝鮮問題で何か大きな成果を上げようと
出るんじゃないかという見方もあります。
いずれにしろ何をするか分からない
トランプ大統領の怖さは最後まで
付きまとってくるといえると思います。
トランプ大統領が、急に成果を求めたくなったときには
アメリカ側の出方が読めないというところがあるわけですが。
北朝鮮の後ろ盾として
中国があるわけですが中国はこの反応を
どう受け止めているか。北京の千々岩さんに聞きます。
中国はどうなんでしょうか。
中国も今回は寝耳に水だったようなんです。
というのは、今日という日は中国の政治にとって
一番大事な全人代の閉幕式が
行われました。
そして、このニュースが飛び込んできた
タイミングというのが1年に一度だけ
李克強首相がロングラン会見2時間以上に及ぶ会見を行う
その真っただ中だったんです。私もその場にいたんですが
飛び込んできたのは米朝の緊迫したニュース。
しかし、目の前の李克強首相は
今、北朝鮮とアメリカは雰囲気がいいから
報道ステーション
成果を出してほしいとニュースの真逆のことを
言っているんですね。
北朝鮮がこの大事な大事な全人代に合わせたか
ぶつけてきたかどうかは分かりませんが
少なくとも中国にとっては
メンツを潰されるような形になったのは
確かだと思います。
そうなると中国と北朝鮮の関係ですが
今後どうなっていくか。悪化していくという可能性は
十分にありそうですね。
実は、中国の習近平主席は
来月、就任後初めて北朝鮮を訪れて
金正恩委員長と会談を行う。
こんな検討も進んでいた矢先だったんですね。
米朝が緊迫してしまえば
そんなときにピョンヤンに行って蜜月ぶりをアピールすれば
トランプ大統領を逆なでするかもしれない。
報道ステーション
そうすると中国にとって貿易交渉で
トランプ大統領に対して悪影響を与えてしまうかも
しれないということで
中国にとって一番押されたくないボタンを
よりによってこのタイミングで北朝鮮に押されてしまったという
感覚だと思います。
中国も非常に嫌がるタイミングだったということで
関係の悪化となるとより、北朝鮮の出方が
不透明になってきますよね。
それにしても、一時は
非核化への道を歩み始めているのかと思ったら
後戻り。むしろ、更に危機的状況にあるようにも
思えるんですが
野村さんは北朝鮮の動き
どのようにご覧になっていますか。
私は、北朝鮮の行動をあまり合理的に
分析するのはどうかなと思うんですね。
と、いいますのはトップは合理的に
行動しようと思っていると思いますし
周りもそう思ってると思いますが国家体制が
その合理性を担保できているかどうかというのが
非常に危険だと思うんです。
独裁国家ですから、やはりちょっとした判断のミスでも
大きく間違った方向にいってしまう
報道ステーション
可能性がありますよね。
更には、独裁者を支える体制というのは
結局は先ほど礒崎先生もおっしゃいましたが
情報が上がりにくいとか場合によっては
粛清されてしまうというそういった特別な
我々とは全く異なった国家体制なわけですよね。
そういうところだということを前提に
我々は分析しなきゃいけないと思うんですよ。特に、北朝鮮は
核、これから作りませんとは言ってますけど
もう作ってしまったものは持っているはずなんですよね。
更には、ミサイルも
日本には届くミサイルを持っているわけですから
やはり我々としては偶発的な出来事
つまり、合理的にはもちろん我々のところに
飛ばすことはないと思うんですが
何かの間違いで偶発的なことが起こるかもしれないという
そういう危機感を持って見ていかなければ
やっぱり、危ないんじゃないかなという気もしますね。
今のところ国民には話をしているわけではないですが
北朝鮮は。これが金正恩委員長が
例えば正式に協議の中断を国民に向けて
世界に向けて話すようなことがあったら
報道ステーション
後戻りは…。
しづらいですよね。重いですから。
金正恩委員長声明ですとか政府声明、お言葉という形で
金正恩委員長自ら話してしまうと
変更するのに手間がかかりますから
今の間に各国がきちんと北朝鮮に対しても
そしてトランプ大統領に対しても
対話を続けることの意義ですね。対話を続けて
小さな合意でも積み重ねる意義を
訴え続ける必要があるように思います。
完全な非核化というのは
譲らないでほしいという気がしますけどね。
おっしゃるとおりです。
礒崎さんにお話をお伺いしました。
ありがとうございました。
フィリピンで起きた殺人事件で報道ステーション
報道ステーション
今朝逮捕された小林健一郎容疑者です。
警察署で私たちのインタビューに応じ
殺し屋を雇うアドバイスをしたなどと
事件の内幕を話し始めました。
今日早朝フィリピンのマニラ郊外で
撮影された映像です。
男は、小学校に娘を送り届けに来ていました。
すると、その直後…。
男は数人の警察官に取り囲まれていました。
偽名を語ったのは日本人の小林健一郎容疑者です。
報道ステーション
殺人の疑いで逮捕されました。
警察署に連行された小林容疑者を直撃すると…。
2014年マニラ郊外の路上で
タクシーに乗っていた鳥羽信介さんが
報道ステーション
男に銃で撃たれて殺され
その翌年には、鳥羽さんの知人も射殺されました。
2人には多額の保険金がかけられていたといいます。
事件に関与したとされるのは
日本人4人とフィリピン人2人です。
このうち、菊池正幸受刑者が事件前
小林容疑者にある相談を持ちかけたといいます。
フィリピン人のカービータン被告は
報道ステーション
殺人の実行役で
この男を小林容疑者が手配したとされています。
80歳の女性がアポ電を受けたあと
報道ステーション
殺害された事件です。
逮捕された3人のうちこちらの須江拓貴容疑者が
少なくとも半年以上前から知人との間で
複数の事件への関与をほのめかすやり取りを
していたことが分かりました。
須江拓貴容疑者は知人に自らの仕事を
こう語っていたこともあったそうです。
去年9月には直接、仕事を持ちかけられたといいます。
と、すぐに断ったそうです。
報道ステーション
そして、9月13日。
須江容疑者に近況をLINEで聞くと…。
このやり取りの2日後には…。
9月28日には…。
ところがこの書き込みをした日
報道ステーション
仲間が失敗したことで暴力団から
呼び出されたことも告白していました。
そして去年11月22日になると
羽振りのよさはなくなってしまいました。
ここからは気象情報です。
報道ステーション
今日は毛利庭園からお伝えします。
現在11.3度。
ちょっとひんやりしますね。
まだ3月ですから夜になると
報道ステーション
ひんやりしてきますよね。
ただ、春の便りはもうきているんですよね。
私たちの後ろにある、この木。
早咲きの、陽光という桜の種類なんですが
もうまさに咲きますよっていうくらい。
花びらが見えていますからね。この状況だと
あと1日か2日で咲きそうですね。
咲くと、かなり濃い色のお花になるそうですね。
そして、桜といえばソメイヨシノですよね。
そのソメイヨシノ毛利庭園にもありまして
それが後ろの木なんですがよく見てください。
皆さん、分かりますか?
このつぼみ、頭のほうが
ぽっと赤くなってきているんですよね。
こちら、花の開花の目安なんですが
これを見ると、喜田さん。先端が赤くなってきてますから
あと6日ほどで咲くんじゃないでしょうか。
そのとおりなんです。
本当にちょうど6日後の21日、木曜日が
東京、開花予想になっています。
来週になると、ばばばっと花が咲き始めますね。
報道ステーション
来週の半ばは東京は20度くらいまで上がりますから
再来週にはお花見楽しめるんじゃないでしょうかね。
それでは週末、土日の天気です。
まず北日本ですが、北海道。明日のお昼ごろまで
湿った雪が降りそうです。
東北は北部などで晴れ間が期待できるんですが
福島は土日とも急な雨が降りそうです。
東日本です。明日お昼ごろまで冷たい雨が
降ったりやんだりしそうです。
そして日曜日は新潟、金沢は
1日傘が手放せません。そのほかの各地
朝は晴れていたとしても
昼間傘のマークがありますよね。
ただ、降ったとしても
時間は短いでしょう。
西日本は明日の朝は大阪、高松でにわか雨がありそうです。
報道ステーション
日曜日も昼間は折りたたみの傘が
あったほうがよさそうですね。というのも
不安定でにわか雨、雷雨の心配があるんです。
こちら、今日の
雨雲の様子なんですがバツ印は
雷が落ちたところなんです。非常に不安定だったんですが
今、ちょっと落ち着いてきましたが
明日あさっては、やはり非常に不安定な状況になりそうです。
こちらは明日あさっての雷の注意警戒エリアになります。
明日の朝、関東も注意警戒エリアに
入っていますね。朝だけではなくて
その後も注意していただきたいと思います。
日曜日は西日本が中心にはなってくるんですが
関東も、日曜日まだ雷雨の恐れがあります。
お出かけの際は十分に警戒してください。
ここからはスポーツ。
報道ステーション
寺川綾さん、お願いします。
報道ステーション
まずはスキージャンプで今シーズン
ワールドカップ総合チャンピオンになった
小林陵侑選手。
シーズン最多勝記録へ向けて
また勝ちました!
この男、一体どこまで強くなるのか。
ジャンプキング小林陵侑の1回目。
これ以上飛ぶと危険とされるヒルサイズを越える
大ジャンプで首位に立ちます。
続く2回目は…。
最長不倒の大ジャンプ!
もはや当たり前となった優勝で
アホネンに並ぶ歴代3位のシーズン12勝目。
報道ステーション
最多記録の15勝まで残るは3戦です。
カーリングミックスダブルス日本選手権。
藤澤五月と山口剛史のフジヤマペアが
帯広畜産大学との全勝対決に臨みました。
序盤、藤澤のショットが冴えを見せ
第1エンドに2点を奪うなど
第2エンドを終え3対0とリードします。
しかし第3エンド帯広畜産大学が反撃に出ます。
この2人も藤森と山本のフジヤマペアです。
こちらのフジヤマペア
実は、山本が心肺に病を抱えているため
走ることができません。
そのため、スイープするのは藤森です。
報道ステーション
病を抱えても戦えることを証明したいと
大会に臨んだ2人。
第5エンドにはダブルテイクアウトを決めるなど
前回チャンピオンに追いすがります。
それでも藤澤、山口ペアが終盤に得点を重ね勝利。
続くチーム熊本戦も勝利し5連勝を飾っています。
この大会は日曜日まで行われます。
続いては、メジャーリーグです。
オープン戦4度目の先発となった
ドジャース、前田健太。
総額330億円を超える契約で
パドレスに移籍した元チームメート
報道ステーション
マチャドと対戦します。
ストレートで勝負したかったという前田。
マチャドとの対決を制し4回を無失点に抑えます。
更に、バットでも。
もう少しでホームランというツーベースヒット。
投打で存在感を示しました。
そしてカブスのダルビッシュ有も
オープン戦に先発。
古巣レンジャーズから5回途中5奪三振と
順調な仕上がりです。
一方、マリナーズのイチローは今日
日本に帰ってきました。
20日に東京ドームで行われる開幕戦に備えます。
春のセンバツ高校野球の組み合わせが決まりました。
報道ステーション
初日から優勝候補の石川星稜が登場。
エースの奥川恭伸は
大会ナンバーワンとも呼ばれる剛腕で
強豪履正社と注目の一戦です。
2日目の第2試合横浜の及川雅貴は
最速153キロ。1年生から甲子園の土を踏んだ
サウスポーです。
第3試合、去年明治神宮大会を制した札幌大谷は
春夏通じて初めての甲子園に臨みます。
21世紀枠の茨城、石岡一は3日目
徳島、富岡西は4日目の登場。
広島広陵の秋山キャプテンが選手宣誓に選ばれました。
6日目、21世紀枠、熊本西は
智弁和歌山と対戦。大会は23日に開幕です。
ここからは特集です。
報道ステーション
2020年の日本を明るく照らし出してくれそうな人を
紹介するテラせ!ニッポン。
今回は、私がどうしても
会って話を聞きたかった選手です。
東京パラリンピックを目指すあるスイマーを追いかけました。
2020年この景色を君は
どんなふうに見ているのでしょうか。
久保大樹さん。
アジアパラ大会水泳で金メダルに輝き
東京パラリンピックの有力選手になりました。
この直後、一通のメッセージが久保さんのもとに届きました。
送り主は、寺川綾さん。
報道ステーション
ともに水泳を始めたスイミングスクールで
久保さんは4つ下の後輩でした。
15年間音沙汰のなかった旧友は
パラ水泳の世界で輝いていました。
久保さんの人生に一体何があったのでしょうか。
お久しぶりです。
その後、久保さんは大学まで水泳を続け
報道ステーション
引退後は教師の道へ。
ところが、24歳のとき
ギランバレー症候群という
神経疾患の病気に襲われ寝たきりに。
退院後も、手足が麻痺する障害が残りました。
報道ステーション
障害の重さによって
報道ステーション
10段階にクラス分けされているパラ水泳。
久保さんは2番目に軽度の障害のクラスで
100mバタフライに取り組んでいます。
手足に残った麻痺のため
うまく水をつかむことができません。
また、病気の後遺症から乳酸がたまりやすく
体力にも課題を抱えています。
パラ水泳を始めて5年で
アジアの頂点をつかんだ久保さん。
このとき東京パラリンピックへ向けた
報道ステーション
重要な試合が控えていました。
世界選手権の派遣の標準記録が
1分3秒4なんですよ。
僕のベストが1分5秒4なんです。
あと2秒?
すごく厳しいじゃないですか。やっぱり、2秒って。
世界選手権をかけた次の大会で
派遣タイムを突破することが東京へとつながる
布石となります。
2秒の壁に挑んでいました。
先月、その大半を久保さんは
オーストラリアでの合宿に充てました。
コーチ、家族を連れて生活の全てを
報道ステーション
水泳に費やします。
練習では、本番さながらの泳ぎで
体力向上を目指しました。
病気と向き合いながら一度は離れていた水泳に
全てを捧げ
東京パラリンピックを目指す久保さんには
忘れることのできない記憶がありました。
すごく鮮明に覚えてて。
北京の選考会で挫折を味わいながらも
報道ステーション
4年後のロンドンでは見事、メダルをつかみました。
そんな綾さんを見てきたからこそ…。
今月3日。
報道ステーション
いよいよ世界選手権をかけた選考レースが始まりました。
ラスト25m…。
1着でゴール。タイムは…。
1分3秒74。
わずか0.3秒届きませんでした。
報道ステーション
それでも綾さんとの再会から1か月半。
ベストタイムを1.7秒も縮めました。
本当に、頑張って。
頑張ります。ありがとうございます。
報道ステーション
久保選手なんですが
限られた短期間ですごい自己ベストを
縮めたんですよ。
ほぼ2秒縮めてますよね。競泳の世界で2秒って
本当に大変なことなんですけど
彼は、ほとんど有言実行と同じくらいのペースで
記録を上げてくれたんですね。
こちらが、久保選手が描いてくださった
テラスケッチですが
魂揺さぶるレースで日本を熱く!というふうに
書いてくれたんですがこれ、久保選手的には
将来なんですけど私はかなり今回で
熱く心を揺さぶられました。
先ほどの久保選手ですけど
報道ステーション
タイムはちょっと届かなかったですけど
今後どういうふうにチャレンジするんですか。
また1年後に東京パラリンピックの
代表選考会があるのでそこで標準記録を切ると
選ばれますね。
ぜひいってほしいですね!
報道ステーション

更新