2018年11月02日 21:54 - 23:10

報道ステーション

画像だけでダイジェスト

わかりやすさに一生懸命…素朴な疑問に答える小木逸平とわかりやすく伝える竹内由恵が今日知っておくべきニュースをお届けします。「見たい知りたい」をより速く深く丁寧に わかりやすさに一生懸命!ニュースの大切なポイントや視聴者の「素朴な疑問」に、早く・深く・丁寧に応えます。緊迫感や速報性を重視した“ニュース"と元気で明るい“スポーツ"、硬軟取り混ぜた時代を映し出す“特集"に季節感あふれる“気象情報"と情報満載です。 【メインキャスター】小木逸平、竹内由恵(共に、テレビ朝日アナウンサー)  【スポーツ】松岡修造、澤登正朗、中山雅史、稲葉篤紀、前田智徳、寺川綾  【気象情報】喜田勝(気象予報士)、三谷紬(テレビ朝日アナウンサー) ☆番組HP   http://www.tv-asahi.co.jp/hst/  ☆Twitter   https://twitter.com/hst_tvasahi    ※放送内容が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。 小木逸平 / 竹内由恵 / SPORTS / 松岡修造 / 澤登正朗 / 中山雅史 / 稲葉篤紀 / 前田智徳 / 寺川綾 / 喜田勝 / 三谷紬

当番組は同時入力の為、誤字脱字が発生する場合があります。
こんばんは。「報道ステーション」です。
報道ステーション
まずはこちらのニュースからお伝えします。
NHK札幌放送局のディレクターが
取材した住民の音声データを
オウム真理教の後継団体のアレフに送っていたことが
わかりました。
NHKによりますと男性ディレクターが
先月、アレフの施設周辺の住民に
インタビュー取材を行いました。
きのう午後5時ごろ住民の音声を書き起こすため
データを委託業者にメールで送ったところ
同僚にも転送しようとして誤って東京のアレフの広報に
送ってしまったということです。
住民インタビューは6人分で
個人が特定される恐れもあるとしています。
NHKはこのうち2人に取材しましたが
4人は連絡先がわかっていません。
また、アレフ側と接触を図っているものの
報道ステーション
返答がないということです。
NHK札幌放送局は関係者の皆様に
深くおわびいたします
事実関係を詳しく調べたうえで
厳正に対処しますとしています。
さて、続いてこちらです。
自分の身に起きたことは自業自得だと語りました。
シリアで拘束されていたジャーナリストの安田純平さんが
帰国後初めて会見を行いました。
3年4か月にわたりシリアで武装勢力に
報道ステーション
拘束されることになったその経緯について語りました。
2015年6月22日の深夜
安田さんはトルコからシリアに入るため
国境地帯の山に入りました。
そしてガイドが様子を見に行っている間
報道ステーション
シリア側から来た2人組に声をかけられたといいます。
拘束された当初はスパイだと疑われて
尋問を受けたといいます。
しかし、翌7月下旬状況が変わります。
交渉が続いていたとみられる間は
報道ステーション
十分な食事が提供され
テレビを見ることもできたといいます。
その後、殴る蹴るの暴行や
身動きできない状態を強いられるなどの
虐待を受けるようになったといいます。
報道ステーション
とてもひどい環境にいます。
拘束場所は工場や民家巨大な収容施設など
転々と移動させられたといいます。
事態が動いたのは拘束されて
ちょうど40か月を迎えた先月22日です。
そして、翌日の23日目隠しをした状態で
車に乗せられトルコ国境を渡ったといいます。
解放後に噴出した自己責任論については
報道ステーション
どう考えているのでしょうか。
今後、再び紛争地の取材をするかについては
白紙だとしています。
ただ、こう述べました。
当初の予定時間をだいぶオーバーして
報道ステーション
語った安田さんでしたが色んな議論は
起こっていますが紛争地という
なかなか事実が見えにくいところに
ジャーナリストが最前線に入っていくという
仕事の部分と
それから彼らはプロですからそのリスクが
わかっていてそのリスクを減らすために
どれだけ準備をして努力をしたかという部分と
これを分けて、しかも冷静に話したほうがいいんじゃないかと
私は思うんですが。
今、世の中には例えば、安田さんの行動によって
テロリストを利したんではないかということで
それをもってバッシングする声もあるわけですよね。
他方で、やはり戦場に行ってジャーナリストの仕事というのが
遂行されることで私たちが色んなことを
知り得るということで
彼を極端にヒーロー視してしまう
意見もあるわけですよね。
報道ステーション
これ、私にとっては両極端で
どちらも違うんじゃないかと思うんですね。
やっぱり一番大事なのは今、小木さんが言われたみたいに
冷静に分析していったときに彼は日本政府によって
救われた部分があるのでそれ自身については
きちっと謝罪すべきところは謝罪していますし
また、自分でも反省すべき点は反省しているということは
言えると思うんですね。
ただ、それ以上に、もう少ししなくてはいけないことは
じゃあ一体、どこに失敗があったのか
どこを注意すればよかったのかということを
もう一段、詳しく自分の中で
分析して、それをある意味では次に戦場に行かれる方
あるいは自分が戦場に行くときに教訓としていくということが
大事だと思うんですね。
そういった冷静な分析をしていくことによって
やはり、日本政府に迷惑をかけたことに対して
一種の謝罪の意味になるんじゃないかなというふうに
私は思いますけどね。
それがまた価値ある情報につながることがありますからね。
自衛隊の戦闘機2機が空中で接触するという
事故が発生しました。
今日午後4時ごろ、福岡県の航空自衛隊築城基地に所属する
報道ステーション
F2戦闘機2機が
基地から西におよそ200km離れた洋上で
接触しました。
1機は垂直尾翼の上部を損傷し
もう1機は左の主翼の下の
ミサイルランチャーの一部を損傷したほか
燃料タンクにも擦り傷があったということです。
それぞれの戦闘機には男性パイロットが
1人ずつ乗っていましたが
怪我はありませんでした。
事故が起きたのは戦闘機4機による訓練が
終わったあとのことでそのうちの2機が
互いの機体の状況を点検するために
近付いていたところ
接触したということです。
2機は接触してからおよそ30分後に
基地に戻りました。
航空自衛隊では当時の詳しい状況を
更に調べています。
野党からは大臣の辞任を迫るような
そういった声も出ました。
口利き疑惑を否定する片山さつき大臣に対して
報道ステーション
今日、野党が厳しく問いただしたのは
こちら、秘書が国会や議員会館を
自由に出入りできる通行証についてでした。
問われたのは、口利きに関わったとされる南村氏が
片山氏の私設秘書だったかどうか。
片山氏は、口利き疑惑を否定する根拠の1つとして
南村氏は私設秘書ではないと強調してきました。
更に、片山氏と口利きを依頼した人物との
報道ステーション
やり取りとされる音声についても問われました。
私はちょっと金額として
お高いんじゃないですかということだけは言いました。
中間選挙を目前にしてトランプ大統領が
報道ステーション
焦りを募らせています。
トランプ政権の行方を占う
報道ステーション
アメリカの中間選挙が来週火曜日に迫る中
聞こえてくるのは与党共和党の苦戦ですね。
その要因の1つと言われているのが
こちら、野党民主党の若い女性候補たちなんです。
政治経験がほとんどない彼女たちが
今、旋風を巻き起こしているんです。
ここに来て、厳しい姿勢を次々と見せています。
中南米からアメリカを目指す移民が
報道ステーション
石を投げてきたら、軍が発砲するとも取れる発言です。
改めて厳しい姿勢を見せたのは中間選挙で
挽回するためでしょうか。
最新の予測ではすべての議員が改選となる下院で
民主党が議席を伸ばし、共和党を逆転するとされています。
その勢いを象徴する民主党候補に会いに行きました。
オカシオコルテス氏の
資金集めのためのイベントです。
こうした地元のバーでも草の根の選挙活動が
行われています。
ニューヨーク州の選挙区から出た
報道ステーション
29歳のオカシオコルテス候補です。
2月まではバーで働いていて政治経験はありません。
その彼女が、予備選で民主党の重鎮を破る
番狂わせを起こし一躍、時の人に。
トランプ大統領によって分断が広がる
アメリカの今を描いた映画
「華氏119」でも取り上げられ
反トランプの目玉として描かれています。
そんな彼女が掲げる政策は…。
国民皆保険や公立大学の無償化など
アメリカでは過激な社会主義と見なされる
政策ばかり。
報道ステーション
実は彼女…。
2年前、ヒラリー氏と争ったサンダース氏の選挙を
手伝っていたのです。
そして、今回の選挙ではサンダース氏が訴えた
社会主義的な政策が更に若者の間で
支持を広げているのです。
その勢いは民主党のシンボルカラーになぞらえ
青い波、ブルーウェーブと呼ばれています。
彼女を支えるのはミレニアルと呼ばれる
若者世代です。
リーマンショックの影響をもろに受け
報道ステーション
2000万円もの学生ローンを抱えたまま
正社員になれない人も多くいます。
ニューヨークで暮らすムッチョーリさんです。
経済的な理由から大学進学は諦め
今は仕事を掛け持ちしながらコルテス候補の
選挙ボランティアをしています。
投票を呼びかけていると…。
一方でこちらの女性からは…。
押し寄せる青い波にこの人も…。
報道ステーション
ブルーウェーブと呼ばれる民主党左派の勢いは
報道ステーション
トランプ大統領も警戒しています。
注目の候補はまだたくさんいるからです。
ここアメリカ中西部ミネソタ州でも
全米で注目を集めている左派系の候補がいます。
報道ステーション
ソマリア生まれで12歳のときに難民として
アメリカに渡ったイルハンオマル候補です。
かつて、アメリカではソ連が掲げた社会主義を
悪として嫌悪してきました。
時代は変わり今や30歳未満は
社会主に好意的とする世論調査結果もあります。
オマル候補を支持する学生は…。
今VTRにも出てきました勢いがあるブルーウェーブという
報道ステーション
現象ですね。
こちらを非常に象徴的に切り取った
映画を制作したのが「華氏911」という
公開されました映画の監督マイケルムーアさんですが
このマイケルムーアさんに富川キャスターが
単独インタビューしたのを
後ほどご覧いただきます。私もその映画を
試写会で見てきたんですが非常に意外な展開といいますか
マイケルムーアさんなのでただただトランプ大統領を
批判かと思ったら、これが意外な方向だったということですが
まずアメリカで今何が起きているかということを
見ていきたいと思います。
オバマ前大統領やヒラリー氏らが所属する民主党と
そしてブッシュ元大統領らの共和党というのは
前々から対峙してきたわけですがこの構造の中に
登場してきたのがトランプ大統領ですね。
アメリカ第一主義を抱えて
右寄りの過激な言動を今、しているわけですが
報道ステーション
今回の選挙ではこの逆サイド、民主党の側にも
より左寄りな、よりリベラルな
そういった考え方を持つブルーウェーブが
勢いを増しているということなんですね。
マイケルムーア監督も希望を見いだしているのは
このブルーウェーブなんです。
だからその批判の矛先というのは
この一番反対にある
トランプ大統領に向かいそうなんですが
向かうんです批判はするんですが
一番激しいのは
矛先はここに向いているんです。
同じ民主党ですね。
民主党の主流派なんですね。
民主党の支持者の中にもこのオバマ前大統領ら
それからヒラリー氏といった人たちは
共和党の政策に妥協し過ぎて
ほとんど内容として共和党と一緒じゃないかと。
共和党に寄ってるんですね。
そういう批判が多くあるんだそうです。
報道ステーション
そういう批判の受け皿になってきたのが
このブルーウェーブだということなんですよね。
このブルーウェーブの中心にいる
候補者たちはどんな主張をしているんですか?
2016年にヒラリー氏と大統領選挙の候補を
争いましたサンダース上院議員の
いわゆる社会主義的な考え方に
共鳴している人たちがほとんどということなので
訴えている内容としては非常にリベラルな
こういったものなんですよね。
国民皆保険であるとか銃規制の強化。
こういったものなのでトランプ大統領からすると
正反対。まさに反対ですね。
トランプ大統領が過激な発言をすればするほど
このブルーウェーブのほうにも脚光が当たっていくと
そういった効果をもたらしているということです。
このブルーウェーブはこれから来る中間選挙で
本当に大きな波を起こせるくらいの
勢いなんでしょうか?そこがどうかなんですが
テレビ朝日の元ワシントン支局長外報部の
報道ステーション
山下記者によりますと
民主党支持でも共和党支持でもない
無党派の人が投票してくるかどうかが
鍵を握るということです。
それからもう1つは2年前の大統領選挙では
ヒラリー候補の支持者というのは高齢の方が多かった。
ただ、ブルーウェーブは若者が多いので
非常に選挙活動が活発だと
熱心なのが強みだということですね。
戸別訪問もご覧のようにこうやって熱心に
1つ1つの家を回ってするし
それから若者ですから
インターネットSNSを使っても
支持を広げていて
もしかするとアメリカ政治に大きな変化を
もたらすかもしれないということですが。
どうなるのか。こうしたアメリカの現状を
どう見たらいいのかということですが
最新作「華氏119」を制作しました
このマイケルムーアさんに富川キャスターが迫りました。
アイスを食べていたからといって
報道ステーション
彼は遅れてやってきました。
ここはニューヨーク。とあるホテルの一室です。
報道ステーション
マイケルムーアはいつもアメリカの今を
描いてきました。
銃社会、アメリカを描いた
報道ステーション
「ボウリングフォーコロンバイン」。
イラク戦争の意味を問いかけた「華氏911」。
新作「華氏119」で訴えるのは
なぜ、トランプ大統領が生まれたのか。
背景の1つとして挙げられたのは
報道ステーション
政治への無関心です。
今回の中間選挙ではその大多数の声っていうのが
伝わると思いますか?
このトランプ政権が誕生して2年で
分断の亀裂がどんどん深まっているように
感じていたんですね。
ジャーナリストだからか
報道ステーション
何度も逆インタビューをしてきました。
組織票がやっぱり優位になってしまうので
天気が悪かったら今の与党が有利になるとか。
日本に興味があるのには理由があります。
報道ステーション
4年前には辺野古への新基地建設に
報道ステーション
反対する声明も出しています。
沖縄県知事選でも辺野古移設反対派が
勝っているわけですがそうやって県民が
思っている希望とそれを無視するかのように
政府が推し進めてしまう今の日本の状況というのは
どう思いますか?
トランプ政権が誕生して2年で
報道ステーション
トランプ政権が成功例のようになっていて
ブラジルで同じような大統領が誕生したり
世界で見てナショナリズムが台頭してきていると。
希望はあるんですかね?
報道ステーション
基本的には投票に行かない人が多いということを
報道ステーション
同じように憂いて
行こう行こうって言ってるんだけど
なかなか変わらないという
同じようなものを感じるといえば感じるんですが
日本もそうですね。
政治状況を見ると先ほど日本の政治状況を右左と
野村さん、やりましたけど二極化といっても
右寄り、左寄りで理解するのか結構、マイケルムーアさんの
報道ステーション
今回の最新作を見ていると既得権益を持っている人と
持たざる者というこういう二極化も
見えてくるんですね。
ただ、いずれにせよ1つの軸で見るのが
結構難しい理解するのは非常に難しい
時代に入っているのかなという感じがしますね。
非常にいいポイントだと思うんですけど
例えば社会主義とか左とかっていうのと
リベラルという言葉も実は必ずしも違うわけですよね。
これ、一体化して理解してしまってる
日本人というのも
世界の情勢を正確には分析できていない部分も
あるわけです。
リベラルというのは本来は寛容な自由主義なので
社会主義とは、またちょっと違った立場なんですね。
こういうものをちゃんと分析したうえで
見ていかないと
アメリカの様子もわからないことも
あるとおもうんです。
更にいえば、もう1つは世代の中で
ある意味では今までの社会のシステムに
守られていた世代の人たちともうそれが自分たちには
与えられないんだっていう若者たちとの間の
報道ステーション
分断かもしれないんですよね。
世代分断。
若者の声を代表する政治家って
やっぱり少ないなっていうのは思いますね。
ですから、若者もちょっと諦めていて
このままでいいかなってだからわざわざ投票に
行かなくてもいいかなっていう。
それもずっと堂々巡りで投票に来ないから
結局、政治家も若者を見ないということにも
つながりますしただ、若者が
あ、これなら未来が少しよくなるかもしれないなっていう
政治スタイルとか何か政策とかって
我々もアメリカも打ち出せていないところは
ありますよね。
そうなんですよね。
でも若者が結局この映画のメッセージは
だったら若者が声を上げないといけないということなんですね。
アメリカの、この映画の場合だと銃規制だったり
ある種、連帯しやすいわかりやすいテーマが
あったりするんですけど
日本に置き換えるとどうかなというのがありますね。
ただやっぱり日本でもこれまでの
例えば年金制度みたいなものによって
守られてきた世代の人たちと
報道ステーション
将来、自分たちって本当に年金もらえるの?って
不安に思ってる人たちとかあるいは社会の仕組みでも
企業の中で終身雇用でずっと生活していくという
モデルがどんどん変わっていく中で
自分たちってどういう社会の中の仕組みで
守られていくんだろうかということを
やっぱり知りたい、考えたいという若い人たちが
増えていることは確かなんですよね。
そこのところを単純に右だ左だと分けてしまうと
どうも若い人たちから見るとそういうことを議論している
世代の人たちとは私たちは違う
問題を抱えているんですよというような冷めた見方に
なってしまう可能性がありますよね。
恵まれたあなたたちが
そうやって議論してるけどっていう感じもあると。
だからまさにここで議論をして答えが出ていませんが
その若い人たちが持っている課題に
凛とした佇まいが強く印象に残っています。
報道ステーション
76歳、突然のお別れでした。
映画やテレビ、舞台などで幅広く活躍した
女優の江波杏子さんが肺気腫の急性増悪のため
亡くなっていたことがわかりました。76歳でした。
1966年、初主演を務めた映画「女の賭場」では
主人公の女賭博師昇り竜のお銀を演じ
その後、シリーズ化されるほど大ヒットとなりました。
報道ステーション
所属事務所によると江波さんは先月26日に
体調不良を訴え都内の病院に緊急入院し
翌日息を引き取ったということです。
10分ほどの裁判で副操縦士側は
容疑を認めたうえで罰金刑を求めましたが
裁判官は拒否した形となりました。
日本航空の副操縦士が基準を大幅に超える
アルコールが検出されたとして
イギリスの警察に逮捕された事件は
今月末に裁判で審理されることになりました。
副操縦士は保釈されずそのまま勾留されています。
石井国土交通大臣も
パイロットによる飲酒に関する問題が
相次いでいることを受けて今後、外国の飲酒に関する
基準などを踏まえて基準の強化を図る方針を
報道ステーション
示しました。
2020年の世界自然遺産の登録に向け
政府は鹿児島県の奄美大島や徳之島
沖縄県の本島北部及び西表島を候補地として
推薦する方針を決めました。
政府が挙げた候補地は希少な生物が生息する地域で
去年も推薦していましたがユネスコの諮問機関から
登録延期の勧告を受けていました。
再挑戦となる今回は来年2月1日までに
ユネスコに正式な推薦書を提出し
2020年夏の世界遺産委員会で
最終的な審査が行われる見通しです。
小木さんこの2枚のイチゴの写真
報道ステーション
見比べてください。
右がおいしそうなんですけど左は…。
端っこのほうの、ちょっと傷んでいるのがありますね。
傷んでますよね。
これ、同じ時期に収穫されているんですが
右は新しい技術で鮮度を長持ちさせているんです。
開発したのはエバートロン大阪大学、三重大学なんですね。
この中に入れるんですか?そうなんです。
新技術というのは水の分子構造を変える
電波振動を当てて分子レベルで食品の水分を
外に逃さないようにするというものなんですね。
じゃあこれもそうですか?
そうなんです。
これが3週間後そのまま冷蔵庫に…。
ちょっとタイの目が生き生きしている感じがします。
イチゴだと1時間振動を当てるとおよそ3週間
効果が続くということです。
これは効果が長続きするので船便を使った
海外への輸出が増えることが期待されるんですね。
報道ステーション
じゃあ長い間、新鮮に水分が保たれるということなんですか?
保たれるという。これが開発されれば。
ここのじゃないです。
お肌の水分欲しいなと思って。
さあ、このあとは気象情報です。
ここからは気象情報です。
報道ステーション
今日は毛利庭園からお伝えします。
現在、16台ですね。
ちょっと空気がひんやりしますけど
私、このくらいがちょうどいいですね。
そして私、きのうなんですが
紅葉を独り占めできるスポットに行ってまいりました。
山を抜けた先には
色付き始めた木々と鮮やかな青い湖が
広がっていました。
群馬県の山あいにある四万湖。
報道ステーション
水力発電のために作られたダムからできた湖なんです。
ここではカヌーから紅葉を楽しむことができました。
わっ、手に届きそう。
赤い。
カヌーに乗っての紅葉なんですね。
目の前で見られてうらやましいですね。
湖の奥のほうへは
カヌーでしか行くことができないので
独り占めしているような感覚になりました。
すごい、のんびりしてますね。
本当に気持ちいいです!
すごい、宙に浮いているような気持ちになります。
ここは水の色も特徴的なんです。
太陽の位置や季節によっても違って見えて
濃いエメラルドグリーンになったり
底が見えるほど透き通って見えたりするんです。
はっきりとした理由はわかっていないのですが
報道ステーション
いつからか、四万ブルーと呼ばれるようになったそうです。
訪れた人に話を聞くと…。
とっても奇麗だったんですがカヌーをこぐので
運動にもなるんですよね。力、いりますよね。
筋肉痛になりました。
こちらの紅葉ですが今週がピークだということです。
そして紅葉前線ですが西日本、山沿いですが
南下してきていますね。
それでは今週末の天気と
紅葉情報をともにお伝えします。
東日本です。
報道ステーション
北日本です。
今月は気温が高めの予想が
出ているんですね。
そのためこのあと紅葉が長い期間
楽しめるかもしれませんね。
ぜひ皆さん、今週末紅葉を楽しんでください。
報道ステーション
本当、美しかったですね。
さあ、ここからは金曜日寺川綾さんです。
よろしくお願いします。
さあ、今日のスポーツは快挙からお伝えします。
村上茉愛選手、ガッツポーズで
笑顔がはじけていますよね。
世界体操で日本女子個人総合
初めての銀メダルをつかみました。
去年の個人総合は4位に終わった村上茉愛。
悲願のメダルへ。
迎えた決勝。
すばらしいです。
最初の跳馬。
続く段違い平行棒。順調に演技していきます。
残り2種目。
次は平均台ですが、村上にとって苦い記憶があります。
報道ステーション
去年の世界体操。
まさかの落下。
3位にわずか0.1ポイント差で表彰台を逃しました。
しかも今大会の3か月前に
右足首のじん帯を部分断裂し
万全の状態といえません。
そんな村上を支えてきた母が見つめる中
運命の平均台。
後転跳びから後方の開脚伸身宙返り。
いいです。安定しています。
最後までしっかりと着地をしていきました。
無事、演技を終えホッとひと息。
3種目を終え上位ときん差の5位で
報道ステーション
最後はゆか。
去年、種目別で金メダルを取った得意種目です。
H難度何度も決めてきたシリバス。
いいですね2回宙返り2回ひねり。
後方伸身2回宙返り。F難度。
着地、ピタリ。
2回回ってD難度。
最後、着地を決めてくれば…。
いいですね。
メダルをつかむにふさわしい演技を
村上茉愛が見せてくれました。
こん身の演技を見せた村上。
高得点をマークし見事逆転で銀メダルを獲得。
苦難を乗り越え日本女子初の快挙達成です。
報道ステーション
すばらしいですね。
苦い思い出を乗り切りましたね。
村上選手ですが2020年を前に
このタイミングで世界のトップ3に
入れたということがライバル選手に
村上茉愛は強いんだというのを
印象付けることができたのが
すごく大きいんですね。
これがメリット1。
そしてメリット2がライバルだけじゃなく
自分自身が世界で戦えるというメンタル部分で
アドバンテージがボンと上がったと思いますね。
自分は強いんだぞとわかったっていう。
今回は喜びの涙でしたよね。
そうですね。本当におめでとうございます。
そして、こちらの方も村上選手の快挙を喜んでいます。
報道ステーション
修造さんと中継を結びます。修造さん!
綾さん、茉愛さんおめでとう。
ありがとうって感じですよね。昨年も見ていて
4位、悔しさを力に変えた本当におめでとう。
あまり声出せないんですね。
実はちょうどこちらでフィギュアスケートのペアが
競技中ということです。
実際、僕は世界体操ドーハから
こちら、グランプリシリーズフィギュアスケートの
ヘルシンキ…。修造さーん。
あ、いた。
やっぱりフィギュアだ。
ウェルカムトゥフィンランド。
修三さん、今シーズンから
フィギュアスケートが大きく変わるんですよ。
変わる?ルールが変わるんです。
ただ、羽生結弦は変わらないです。
変わる?変わらないです。
シーズン初戦オータムクラシック。
羽生結弦の新しいプログラムに注目が集まりました。
報道ステーション
自身で選んだのは幼い頃から憧れた
偉大な選手たちの使った曲です。
ショートはジョニーウィアーの「秋によせて」。
フリーは髪形をまねるほど憧れた存在
エフゲニープルシェンコの伝説的なプログラム
「ニジンスキーに捧ぐ」からの選曲です。
そのプログラム名は「Origin」。
スケート人生の原点となる気持ちを込めているそうです。
振り付けにも例年以上のこだわりがありました。
報道ステーション
長年、コンビを組むボーンさんに意見を伝えます。
なんといっても注目は
フリーのジャンプの構成にありました。
4回転トウループとトリプルアクセルの
連続ジャンプ。
公認大会ではまだ誰も成功していない
報道ステーション
連続ジャンプです。
一般的に連続ジャンプの2つ目は
最も難度の低いトウループが多く使われます。
しかし、羽生が挑むこの連続ジャンプは
4回転トウループから前向きに体勢を変えて
トリプルアクセルにつなぐ極めて難しいものです。
アクセルが好きで得意とする羽生ならではの
ジャンプ構成。
しかも組み込んだのは疲れがたまってくる演技後半。
そこにもこだわりがありました。
くっそー。
そしてこちらが先ほど行われた
報道ステーション
公式練習の様子です。
羽生こだわりのジャンプの調子はどうだったのでしょうか。
今の?今のですか?
今の状態で跳べばもうプラス4とかプラス5とか
完成度がやはり高い。
すごく奇麗なので高さもあって
流れもあって。
着地してから表向いてポンと跳ぶ
見たことないです、あんなの。
報道ステーション
右足で着氷してすぐ次の1歩目の左足で
トリプルアクセルを跳ばないといけないんですけど
ということはほとんど助走のない状態で
跳ばないといけないので
それができるのが羽生選手かなと。
勝ちにこだわったプログラムになってるんじゃないかと
思います。
進化し続ける羽生。
プログラムに入れる予定のすべての4回転ジャンプも
しっかり確認しました。初戦に向け状態は万全です。
今シーズンフィギュアスケートの
ルールが変わっていく中羽生選手のルールは
変わっていないような気がする。
だから僕はこう感じてるんですね。
ゆづルールというものを
僕はいつも感じるんです。
じゃあゆづルールってなんなのか織田さん、お願いします。
こちらですね。1つめなんですが
ネバーエンディングやる気というのが
報道ステーション
あると思うんですね。
なぜならば、オリンピックで金を取ったばかりです。
しかも2回連続ですから普通はモチベーションが
続かない。
みんな休むところを彼はやる気を力にする。
なぜなら、新しいルールもやる気にしています。
それこそ今やる気っていうのが4回転トウループ
トリプルアクセルのシークエンス。
それが今、一番のやる気だと思いますね。
すべてをやる気に変えていく。すごいですね。
やる気出して。こちらです。
次ですが操られるなという。
実際に今大会、ルール変わって
みんな、選手が守っているように見えるんです。
完成度重視のルールに変わってきたので
4回転トウループ難しいのよりも
今、自分のできることを奇麗にやりましょうという
流れになっていますよね。
ですからルールに操られていくことが
多い中羽生さんがルールを操っている
これが力かなと思うんですね。
最後、出していきましょう。
こちらです。
これがすべてだと思いますね。ゆづるを超えろということ。
羽生結弦が羽生結弦を超えました。
まさにどんな状況でもフィギュアに関しても
報道ステーション
私生活、なんでも彼はゆづるを超える。
これがゆづルールの鉄則じゃないですか。
やはり自分自身を越えてきて今まで驚きとか感動を
与えてくれたので新しいシーズンも
本当に期待したいですね。皆さんも参考にして
ゆづルールというのを作っていってください。
松岡さん、織田さん本当に羽生選手の
演技が楽しみなんですが羽生選手、完璧に見えるんですが
なんか弱点ってあったりしないんですか?
完成度は本当にすばらしいものがあるので
あとは難易度挑戦がどこまで成功するかが
ポイントかなと思っています。
挑戦にミスはなし、弱点なし。頑張ってほしいですね。
お二人ありがとうございました。
続いても冬のスポーツをお伝えします。
こちら、スキージャンプ高梨沙羅選手。
今シーズンも強そうです。
本格的なシーズン開幕を控え地元北海道の大会に出場した
高梨沙羅。
1回目を終え、首位。続く2回目。
報道ステーション
報道陣も驚く144mの大ジャンプ。
この日の最長不倒で圧勝した高梨。
どこまで強くなっちゃうの?
ツアーファイナルズ出場を目指す錦織圭が
パリマスターズの3回戦に登場。
今日の相手は日曜の決勝で敗れたばかり
ケビンアンダーソンです。
サイドラインギリギリに決めると…。
これもラインギリギリ。
サービスエースで錦織が第1セットを奪います。
報道ステーション
錦織、ライン際を積極的に攻めます。
更に…。
リターンエースでブレークすると
迎えたマッチポイント。
錦織はストレート勝ちでツアーファイナルズ出場にも
大きく前進。
次の相手は世界ランク3位のフェデラーです。
あさって行われる全日本大学駅伝。
注目は学生3大駅伝で史上初となる
2度目の3冠を目指す青山学院大学です。
気象のコーナーでお伝えしました
報道ステーション
四万湖の紅葉ですが
本当にどうしてこんなに青いんだろうっていう
あの湖の色と紅葉と奇麗でしたけど
いつが見頃なんでしたっけ?
申し訳ございません。
来週にかけて見頃ということなので
1週間くらいは楽しめるということですね。
報道ステーション

更新