2018年11月20日 18:55 - 20:54

ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】

画像だけでダイジェスト

まもなく年末!今回は大掃除準備スペシャル!日本のアイデアお掃除グッズをドイツとイタリアへ!今まで見た事ない、必ず役に立つ“スゴ技グッズ”が続々登場します! 【ドイツ】お掃除先進国“ドイツ”  ・最先端のお掃除家電を販売するミーレやケルヒャーを生んだドイツ。そんなドイツが誇る、ブラシ専門店“レデッカー”の職人が認めた日本のアイデアお掃除グッズとは?  ・刃物の街“ゾーリンゲン”の職人のお悩みを日本のアイデアお掃除グッズでお助け! 【イタリア】超キレイ好き“イタリア”  ・週に20時間以上掃除するというイタリア人主婦!掃除にうるさいイタリア人にも認められたグッズとは!  ・ローマ帝国時代からの伝統があるステンドグラスの工房に潜入!最強掃除グッズで、ホコリがかぶったステンドグラスを蘇らせます! 【スタジオゲスト】  榊原郁恵、小島奈津子、関根麻里、松井珠理奈(SKE48)    【進行】  角谷暁子(テレビ東京アナウンサー) 日本が誇る“100円グッズ”を、まだそれを見たことのない世界の国々に持って行き、現地の人々がどんな反応をするのかを調査する番組。思わず手にしたモノや、使い方を知って驚いたモノを実際に家で使ってもらう様子に密着取材します。日本のアイデアグッズに感動したり、従来の用途とは違う驚きの使い方をしたり...安くて質の高い100円グッズが、世界の人々の役に立つ様子を取材します。 http://www.tv-tokyo.co.jp/100kin/ 榊原郁恵 / 小島奈津子 / 関根麻里 / 松井珠理奈 / SKE48 / 角谷暁子

もうすぐ12月… といえばやっかいなのが 年末の大掃除。
そこで…見たら 絶対 使ってみたくなる
メード イン ジャパンの最強お掃除グッズで世界の汚れをピカピカに。
2000年続く イタリアの温泉で長年の汚れを撃退。
ドイツの家事マイスターが荒れ果てた ゴミ屋敷を
魔法の洗剤でよみがえらせる。
更に イタリアの共働き夫婦が
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
子供の落書きだらけの壁をはじめ
家の中を全部 キレイにしちゃいます。
題して…。
ゲストには 今年 AKB総選挙で1位に輝いた 松井珠理奈さん。
すると AKBのお掃除事情が明らかに。
卒業したメンバーなんですけど小嶋陽菜さんとか…。
まず向かったのは…。
ドイツといえば日本でも 通販でおなじみの
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
高圧洗浄機 ケルヒャー。
どんな汚れも 一撃で落とすと
そんな すごい掃除グッズを生み出す国だけに
この国の奥様方は…。
世界各国の共働き夫婦に
家事の時間を調査したところ
1週間で 家事にかける時間は
ドイツが 最も少ないというデータも。
つまり ドイツ人は短い時間で効率よく掃除をする
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
合理的お掃除の達人なのです。
そんな 掃除上手なドイツの皆さんに
日本の最強 お掃除グッズを見てもらうと…。
こちらの主婦が気になったグッズは…。
確かに 一見大型の水鉄砲のようですが
キッチンなどの水回りの問題を解消できるグッズなんです。
さぁ いったい どう使うのか…わかりますか?
スタッフここを押してみてもらっていいですか?
キッチンの排水口からくる 嫌な臭い。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
できれば 今年のうちにキレイにしておきたいですよね。
そんなお悩みを解消できるのが…。
使い方は簡単。ポンプを 10回ほど押して
空気を溜めます。
引き金を引くと…。
この 空気の力で パイプの中の汚れを一気に押し出すんです。
付属のアタッチメントを付け替えれば小さな排水口にも使えますよ。
試してみたいですね。
こちらの主婦は…。
ボトルに お花のような模様があしらわれた こちらのグッズ。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
いったい 何に使うかわかりますか?
残念 お風呂グッズではありません。
洗い物をしている途中で洗剤を足したいとき
いちいち 手を止めてボトルから出すのって 面倒ですよね。
そんな面倒をなくしてくれるのがこちら。 その名も…。
使い方はとっても簡単。
およそ 1ccずつ出てくるので
洗剤を出しすぎて無駄にすることはありません。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
片手で 洗剤を出せてそのまま 洗い物ができるので
ふだんの食器洗いにはもちろん
年末大掃除の際 シンクを洗うのに重宝すること間違いなしの
アイデアグッズです。
日本のお掃除グッズが ドイツの奥様たちを感心させたところで
続いては意外にもお掃除大国 イタリア。
ローマの人気レストランを悩ますキッチンの油汚れを
最強洗剤でお掃除。
更に 2000年の伝統を守るステンドグラス職人の窓掃除をお助け。
セレブ御用達の靴職人が困っていた工房にたまった ホコリも
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
一気に解決。
年末の大掃除に使える日本の最強お掃除グッズが
続々登場します。
ということで年間 5,800万人以上の
外国人旅行者が訪れる イタリアへ。
スタッフあっ 見えてきました。
でかいですね。
イタリアといえば 世界遺産の保有数が54か所と世界一。
特に 首都のローマは街のいたるところに世界遺産が。
遺跡の中に街があるといっても過言ではありません。
ちょっと入ってみます。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
とあるスーパーの中も…。
なんと スーパーの
こちらは およそ2000年前ローマ皇帝の愛人が暮らした邸宅跡。
お客さんに見てもらうためガラス張りにしているんです。
そして こちらのホテルから発掘されたのは
古代ローマのパン屋さんの遺跡。
いたるところに遺跡が埋まっているため
土を掘ると出てきちゃうんです。
そんな ローマを歩くと…。
スタッフイエス イエス 日本人です。
中田… あっ 中田!?
えっ ホントに?
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
ASローマのファンが来るようなお店なんですね。
すごいですね。 中田はみんな 知ってるんですね。
かつて ASローマで大活躍した中田英寿選手。
チームをリーグ優勝に導いた選手として今でも ローマっ子たちに
神のようにあがめられています。
そんなイタリアの掃除事情を調べてみると
意外な事実が…。
とある調査によると…。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
イタリアの主婦は なんと20時間以上かけて 掃除する
超キレイ好きな国民性。
確かに スーパーを覗いてみると…。
なかには 日本じゃお目にかかれない洗剤も。
ソファー専用のものや…。
なんと大理石でできた彫刻用洗剤まで
多種多様。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
実は イタリアは世界有数のお掃除大国として
知られているんです。
そんなイタリアで日本の最強お掃除グッズを
試してもらいます。
お掃除するのは 今年のうちに
ぜひとも キレイにしておきたい
この場所。 まずは…。
こちらの女性に話を伺いました。
スタッフ日本で使っている超便利なお掃除グッズを
持ってきたんですけど…。
選んだのは…。
残念。 洗濯機で使うものですが入れるものが違います。
靴を洗うときって ブラシでゴシゴシ…腕も疲れるし 大変ですよね。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
そんなときは この掃除の神様シューズ丸洗いブラッシングネット。
靴をネットに入れて洗濯機で回すだけでピカピカに。
ネットの内側に付いている
髪の毛よりも細くてやわらかいブラシが
靴の汚れを落としてくれるんです。
そんなのあるんですか?
『ヒャッキン!』特別編。 大掃除スペシャル。
続いては あの嫌な汚れ。
イタリアといえば 街の至る所にレストランがあるグルメ大国。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
パスタにピザにお肉などなど
さまざまなグルメが迎えてくれます。
そんなレストランのお掃除事情はどうなっているのか。
調査開始。
あっ ここですね。 書いてますね。
実は日本でも人気のパスタカルボナーラはローマ生まれ。
この店が発祥ともいわれています。
今から100年以上前この店のオーナーの祖先が
炭焼き職人のためにパスタを作りました。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
炭焼き職人はイタリア語で カルボナーリ。
そう これがパスタのカルボナーラの語源ともいわれています。
果たして 本場のお味は?
スタッフちょっと想像してたのと違いますね。
おいしそうですね。
チーズが すごい濃厚。
こんな おいしいパスタを生み出す厨房を見せてもらうと…。
キレイですね。
厨房のどこもピカピカ。
汚れても すぐ お掃除。
さすがは お掃除大国。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
そして こちらは街で人気のピザ屋さん。
薄くてクリスピーな生地のローマ伝統のピザを出す
庶民的なこちらのお店の厨房も
やっぱりキレイ。
このように イタリアのほとんどの店はピカピカですが
汚れに困っている人気店もありました。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
こちらの店ですね。
やってきたのは大衆的なレストランのよう。
いったい どんな店なんでしょう?
そのお客さん絶賛の料理が…。
おっ すごいおいしそう。これは何ですか?
もつ煮込み。じゃあ いただきます。
ボーノ。グラッチェ。
日本には こんなお肉ないです。
イタリア語でトリッパという もつ。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
牛の胃袋の煮込みです。
今どき少なくなったローマ伝統料理で有名なこちら。
いったい厨房はどうなっているのか拝見。
ローマの伝統料理を出す こちらは油を使うことが多く
掃除をしても汚れが重なりなかなか取れないといいます。
イタリアのレストランの中でも汚いほうだとか。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
しかも この店 オーナー 兼 シェフのルチャーノさん含め
少人数でやりくりしています。
この日は たったの3人。
100席もあるので 店が忙しいと
掃除にまで手が回らないのが現状なんです。
中でも困っているのが毎日使うコンロ。
そこで ニッポンの最強お掃除グッズを試してもらいましょう。
これが ブラシなんですが…。
こちらは
これ1本で
汁受けの
更に ピンも収納されているので
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
ガス穴の詰まりや目地の汚れに便利。
今年の大掃除は これ1本で
油汚れを キレイさっぱり落としちゃいましょう。
更に 合わせて使ってほしい日本の最強洗剤が。
その驚異の洗浄力に…。
お~ すごい!
そして頑固な水アカ汚れを撃退するグッズに
2000年続くイタリアの温泉でお風呂掃除に便利なグッズ。
子どもの落書きに困り果てていたお宅でも
大掃除に絶対使いたくなる
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
日本の最強お掃除グッズが次々登場。
今回の 『ヒャッキン!』は
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
100円グッズではなく
日本が誇る メード イン ジャパンの
最強お掃除グッズを世界へ。
イタリアの人気レストランのお悩みキッチンの油汚れを
ニッポンの最強お掃除グッズで大掃除しましょう。
まず 1つ目は 4WAYブラシ。
一緒に試してもらいたいのが
日本の掃除のプロが開発した技 職人魂 油職人。
2種類のアルカリ成分を企業秘密のブレンドで配合することで
素早い油の分解を実現。
洗剤を吹きかけただけで…。
1分ほどで油が浮き上がり…。
とっても強力なので使用時はゴーグルと手袋をつけましょう。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
では 使ってみましょう。
洗剤を吹きかけてから1分ほど待ち
そして ブラッシング。
コンロにベットリ付いていた油汚れが
ものの見事になくなりました。
続いて フライヤーの頑固な油汚れは
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
ブラシをより硬いハードに変えて挑みます。
そして 調理台の目地に詰まった油汚れは…。
かけた時間は たったの30分ほど。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
掃除に時間をあまり取れないこちらのお店には
うってつけのグッズです。
日本の最強お掃除グッズで
長年の悩みをキレイさっぱりお掃除できたところで…。
続いては こちらの場所。
ボンジョルノ。ボンジョルノ。
あの 日本から掃除の便利グッズをちょっと持ってきたんですけど。
ちょっと違います。
手にした こちら
(スタッフ)すてきな おうちですね。グラッツェ!
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
スタッフすてき。
と いうことでご自宅におじゃますることに。
おじゃまします。ボンジョールノ。
ご家族は 銀行員のご主人と
16歳の娘さん 13歳の息子さん4人暮らしです。
まずは ピッチリロさんのお宅を拝見。
イタリアの平均的なお宅に住むピッチリロ家。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
イタリア人は掃除好きという情報どおり
どの部屋も汚れた様子がなく掃除が行き届いていて ピッカピカ!
スタッフなんて すてきな…。
果たして イタリアの掃除術とは?
ふだんの掃除を見せていただきました。
まずは モップで床掃除。
使っているバケツは 水に浸けたモップを簡単に絞れる優れ物。
そして 冷蔵庫など食べ物に接している場所は
洗剤を使いません。
洗浄能力があるお酢の成分酢酸の力を借りて 拭き掃除。
チーズ削り器具には殺菌効果がある レモンを使用。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
そんなピッチリロさんの
洗面所や台所にある 水アカ汚れ。
ふだんはスポンジで掃除していますが
こびりついた水アカが落ちないんだそう。
試してみると…。
今回の 『ヒャッキン!』は
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
100円グッズではなく
日本が誇る メード イン ジャパンの
最強お掃除グッズを世界へ。
イタリアの奥様を悩ませていたのは…。
そこでニッポンの最強お掃除グッズの登場。
先ほど 選んだものが こちら。
水アカ汚れにはカルシウムが含まれているので
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
でも 強力な研磨力を誇るダイヤモンドの粉末が
含まれているので こするだけで簡単に キレイにしてくれます。
今年の大掃除は このグッズで水周りの汚れをスッキリさせませんか。
洗面所で試してみると…。
蛇口にこびりついていた頑固な水アカが…。
もののみごとになくなりました。
『ヒャッキン!』特別編大掃除スペシャル イン イタリア。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
続いては…。
イタリアの皆さんがこよなく愛するものといえば…。
スタッフこれは いいかも!
そう イタリアといえば
2000年も前から愛され続けている公衆浴場 テルマエの国としても有名。
各地にさまざまな温泉があります。
(スタッフ)ここですね。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
そう このマークは
ここは 天然温泉が湧いていることで有名な
イタリア屈指の
かのイタリア文学の父 ダンテもこの温泉地を愛していたそう。
なかでも 人気なのが
歴代のローマ教皇も入浴したといわれる
平日なら 1,500円ほど払えば1日 入り放題。
30年以上 通い詰めている常連も。
イタリアでも 日本同様温泉は宝のようなもの。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
そんななか 掃除に困っている温泉浴場がありました。
あっ! こちらですね。
うわっ!
24時間 入浴可能。
しかも お値段は激安。
ケイ素 硫黄などを豊富に含むお湯が源泉かけ流し。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
湯治のために 1か月以上滞在する方もいるそうです。
責任者 ドメニコさんにこの温泉について 聞きました。
温泉施設の脇にあるのが2000年前
このお湯が
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
はるかなる時を超え 湧き続ける由緒ある温泉です。
そんな老舗温泉の大問題がなかなか落ちない汚れ。
温泉成分が固まるとお湯が出なくなり 故障の原因に。
そして 手すりにも…。
固まった手すりの汚れがとがってきて
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
これからも地元の人たちに愛される場所にするため
汚れは ぜひ 取りたいといいます。
まずは 3日に1回 やるという
普段の掃除を見せていただきました。
最初に栓を抜きます。
そして コンクリートにたまった
しかし 金物をたたくと傷ついてしまうので
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
気をつけなければなりません。
そこでニッポンの最強お掃除グッズが登場。
アシスタントのマルコさんにも見てもらうと
それぞれ 興味を示したのが…。
その洗剤の名は
やっぱり!いいです いいです。
水アカ汚れ専用の洗剤。
日本で
水アカを溶かす成分 スルファミン酸を含んでいるため
市販の風呂用洗剤より強力に汚れを落とします。
また 目の細かい研磨剤も含まれているので
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
しつこい水アカを溶かしながら削ってくれるんです。
ご家庭の水アカだらけの鏡も…。
軽く こすれば…。
新品のように ピカピカに!
そんな茂木和哉の最強洗剤が…。
業務用で一般販売はしていませんが
今回はテルマエの汚れに対抗するため
特別に
一方 アシスタントのマルコさんが手に取ったのは
こちらは 乾電池式。
防水なので風呂場や シンクなど
さまざまな場所で使えます。
先端は3種類取り替え可能。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
スポンジで浴槽洗いも ラックラク。
ではテルマエに使ってもらいましょう。
まずは 特に汚れている温泉湧き出し口のフタから。
わ~。
すでに汚れが取れかかっています。
仕上げに削ると…。
オーケー オーケー。
頑固に こびりついていた温泉汚れが…。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
あらかた取れちゃいました。
続いては手すり。
そして削っていきます。
手すりを覆っていた危険な汚れも…。
キレイさっぱり。
『ヒャッキン!』特別編。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
大掃除スペシャル イン イタリア。
続いては…。
訪ねたのは とある工房。
あっ たぶんこちらですね。
ちょっと行ってみたいと思います。
こんにちは。
迎えてくれたのは
見てください。
いろんなのありますね。
こちらは
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
イタリアでは 2000年も前のローマ帝国時代から
ステンドグラスが作られていたそう。
なかでも有名なのは
世界最大級のゴシック建築ミラノ大聖堂の
55枚ものステンドグラス。
かつては字が読めない人が多かったため
聖書の内容を絵で伝えたといわれています。
その伝統を受け継ぐコルペッティさんは
この道 30年。
3つ星ホテルのフロントや
ミュージカル劇場の作品も手がけるスゴ腕の職人。
その作り方は…。
様々な色のガラスを切って組み合わせ…。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
陰影をつけて窯で焼くという工程を
3回繰り返します。
およそ1か月の緻密な作業を経て
美しいステンドグラスが仕上がります。
そんな工房にも掃除の悩みがありました。
いつもは
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
そんな悩みを抱えるスゴ腕職人に
ニッポンの最強お掃除グッズを試していただきましょう。
このあと 年末の大掃除に使える
メード イン ジャパンの窓掃除グッズが登場。
あんなに
更に イタリアの共働き夫婦に問題発生。
掃除を巡って
そして ドイツの
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
今回の 『ヒャッキン!』は
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
100円グッズではなく
日本が誇る メード イン ジャパンの
最強お掃除グッズを世界へ。
2,000年の伝統を守るイタリアの
そんな悩みを抱えるスゴ腕職人に
ニッポンの最強お掃除グッズを試していただきましょう。
掃除に使うのは この2つ。
まずは
実は車の内窓ガラス用ですが
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
もちろん家の窓でも使えます。
灰色クロス面はガラスに付着した
手あか ホコリなどの汚れ取り。
先が尖っているので
そして もう1つが
粘土のようなモチモチ素材が
掃除しにくい部分に密着。
汚れをくっつけてくれます。
水を使わないのでパソコンや
電気のスイッチなどのホコリも取れる優れもの。
この2つを使えば
面倒な窓掃除がはかどること間違いなし。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
では 掃除開始。
細かい部分はすみっこ汚れとりで。
鈍い光を放っていた汚れたガラスが…。
光をよく通し
本来の美しい色がわかるように。
50年分の汚れを
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
たった30分の掃除で取り除きました。
すみっこの汚れも こんなにキャッチ。
いろんなとこに使ってみたいと思いました。
ヒャッキン特別編。
大掃除スペシャル イン イタリア。
続いては…。
こちらの男性が気になったのは…。
モーター音
実は こちら
そこで奥さんに許しをいただいて
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
ご自宅におじゃまさせてもらうことに。
部屋は マンションの3階です。
あっ こちらですか?
おじゃまします。レジーナ。
ボンジョルノ。
レジーナさん。
映画プロデューサーのジョバンニポンピリさんと
介護の仕事をしている奥さんのレジーナさん。
そして やんちゃ盛り。
小学生の息子2人の4人家族です。
確かに
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
でも なんだか ご不満のよう。
奥さんは転職したばかりで掃除ができず
ご主人も手伝う時間がないそう。
そして 肝心の汚れは…。
リビングの壁は 子どもたちが靴のまま蹴った汚れや落書きが。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
そして 布製の
更に キッチンでは
奥さんがピリピリしているのには訳が…。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
3日後に迫った ジョバンニさんのお義父の誕生パーティーまでに
汚れを落としたいからなんです。
実は お義父さん超キレイ好きなんだそう。
このままでは家庭も崩壊?
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
ということで…。
日本の最強お掃除グッズで問題解決してもらいましょう。
まずは 壁掃除。その道具が こちら。
先ほどジョバンニさんが興味を示したブラシ
左右にブラシが往復するため
そして 洗剤もご用意。その名も
こちら日本のハウスクリーニングの
洗浄成分の界面活性剤の浸透力をパワーアップ。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
染み込んだ壁汚れに効果を発揮します。
もちろんさまざまな壁紙の汚れも
傷つけずに きっちり洗浄。
1年間でたまった汚れをすべて お掃除できます。
夫婦仲よく 壁のガンコな汚れを落としちゃいましょう。
ガンガン落ちる汚れに 思わず…。
もともとは真っ白だったのに薄汚れていた壁が
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
見違えるように キレイに。
子どもたちの靴の跡も…。
キレイさっぱり。
天井の落書きも…。
お見事 完全に消えました。
続いて
スタッフ奥さん今度はシミなんですけど
これ いかがですか?
シミ抜き剤
これは日本の古語で
思いがけない事が起こってびっくり! という意味。
その名が示すとおり
こちら ただのシミ抜き剤ではありません。
日本のクリーニング店でも使用されている
驚きの洗浄力。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
3種類の界面活性剤と有機溶剤を絶妙に配合。
これ1本で水性の しょうゆシミだけでなく
油性のマジックペンのシミも除去。
もちろん
絶対汚さないでっていうのに
16人くらいいるんで。
シミ抜きを2~3滴垂らしたあと
ガンコなソファーのシミが
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
取れています。
子どもたちの落書きも
見事になくなりました。
そして 生ハムスライサーは…。
先ほど使った スーパーソニックスクラバーで…。
実は3種類の付け替えアタッチメントで
シンクやタイルの目地とあらゆる場所に対応。
生ハムスライサーはアタッチメントを
カスが たまっていたスライサーも
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
すっきりピカピカに。
あんなに汚れていた家が美しく生まれ変わりました。
そして
お義父さんはどんな反応をするのでしょう?
玄関ベル
チャオ。チャオ。
この方がジョバンニさんのお義父さん
元お医者さんのステファノさん。
キレイ好きのお義父さんの感想は…。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
大満足の仕上がりのようです。
お友達もやってきて お義父さんの68歳の誕生パーティーのスタート。
キレイになった生ハムスライサーでみんなをおもてなし。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
おいしさも アップしそうです。
そんな誕生パーティーがもっと楽しくなる
日本の便利グッズを試してもらいましょう。
手に取ったのはいつもの一杯をプレミアムにするグッズ。
こちら
クリスマスパーティーや年末年始で人が集まる機会が増えるこの季節。
ビールを更においしく楽しみませんか?
こちらのグッズに缶ビールをセットして注ぐだけで
お店で飲むような クリーミーな泡のビールが味わえちゃいます。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
缶をここにセットして…。
日本の最強お掃除グッズは
イタリアの皆さんに大好評でした。
『ヒャッキン!』特別編 大掃除スペシャル
イン イタリア。 続いては…。
こちらの男性に声をかけてみました。
掃除に使える便利グッズを持ってきたんですけど。
いえ これはただのホコリ取りじゃありません。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
ある特殊な場所のホコリが取れるんです。
それは気になります。
彼のお店についていってみると。
こちら?
老舗のフルオーダー高級靴ブランドです。
靴作りの全工程を
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
マリーニさん1人が行っています。
オーダーから完成までおよそ半年かかるので
1か月に4~5足しか作れません。
お値段は 男性用が なんと
女性用が 40万円からと超高級。
それだけに
そんな三浦選手の靴型を
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
特別に見せていただきました。
スタッフ書いてありますね。
そして 工房も特別に拝見。
わぁ すごい。
人気があり どんどん足型が増えるため…。
実は ここが悩みどころ。
では どのくらいホコリがあるのか見てみると確かに板の上は
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
パイプにも積もっています。
そこで先ほど手に取った
大掃除では 1年でたまった
高い所のホコリも取りたいもの。
でも このグッズがあれば大丈夫。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
しかも
実際に掃除してもらいました。
オ~。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
板に積もったホコリが消え
木目が見えるように。
色が変わっていたパイプもキレイになりました。
スタッフ今後 使ってください。
再び お掃除先進国 ドイツへ。
このあと お掃除のプロ…。
ドイツの主婦の間で大ブームの
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
万能洗剤の作り方を大公開。
そんな家事マイスターも驚がくした…。
まずは こちら。
やってきたのはお掃除大国 ドイツでも
およそ 80年の歴史を持つブラシだけの専門店。
1000種類のブラシを作る メーカーの職人さんたちが気になったのは。
ああ はいはい。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
ブラシ職人だけに やっぱりブラシが気になるようですが。
実はこれ ある
その名も
ケースに驚きの機能が。
洋服のホコリを取ったあと
収納ケースに入れて取り出すと。
あら不思議!
ここに ブラシを抜き差しすることで
ホコリを絡め取ってくれ
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
更にすごいのが
取れたホコリは
ケース奥のダストボックスにたまっていくので
衣類はもちろん ペットの毛 カーペット
ソファー 車の中など…。
ドイツ人が驚がくした…。
続いては…。
続いてやってきたのはドイツ西部にある ゾーリンゲン。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
およそ130社の刃物業者が集中する…。
どうも こんにちは。
そんな街の老舗刃物メーカー ギューデで
日本の最強お掃除グッズを見てもらいました。
知ってるわよ。
これは ただの粘着ローラーじゃありません。
その名も…。
魔法のように
粘着ローラーといえば 一度使うと
シートを破いて捨てるのが普通ですよね。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
でも この マジックゲルローラーは
破いて捨てなくてもいいんです。
秘密は 強力な粘着ゲル。
その粘着力は
表面が汚れたらさっと洗って
汚れを流して
水分を乾燥させれば
なんと
ドイツ人が驚がくした…。
続いては…。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
こちらの男性が気になったのは。
先端に 3つのドリルのようなものがついた グッズ。
いいえ!
果たして
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
やってきたのは…。
スタッフわぁ すごい!
案内されたのは 公園? すると…。
さあ どうぞ。
4年も待ってようやく借りられたそう。
しかし 大人気だからこそのルールもあるそうで…。
実は 管理人さんが
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
キレイにしているかそれぞれの区画をチェック。
今回 来年も借りられるように大掃除をしにきたということで。
ならば 日本の最強お掃除グッズ
3連発で お助けしましょう。
最初のお悩みは?
そう
腰痛持ちになる前に
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
日本のアイデアグッズを使っていただきましょう。
わかりますか?
こちら 一見ただの輪っかのように見えますが
何が便利か わかりますか?
玄関前やベランダなど
いつの間にか溜まってしまう落ち葉などのゴミ。
寒い冬ですがご近所の目もあるし
さっと掃除したい。
そんなお悩みを解決してくれるのが この
大きくて掃き掃除しやすいだけでなく
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
落ち葉を そのまま袋の中に入れられるので
掃除が終わったらすぐに ゴミを捨てられて
時短にもなります。
早速 使ってもらうと…。
しかしキレイな庭を維持するためには
まだ やることが。
それに使える日本のアイデア商品が
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
街で手に取った あのグッズ。
雑草を超簡単に取り除けるその名も
雑草の上から差し込んで回転させるだけで
根と先端が絡み合い
根っこごと草をむしることができるんです。
花壇の雑草を楽々お掃除することができました。
しかし もっと大変なお悩みが。
これも 日本の最強お掃除グッズでお助けしましょう。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
このあと 最強のサビ取りグッズで
バーベキュー台が輝きを取り戻す。
更に 掃除のプロ 家事マイスターが
ドイツのゴミ屋敷に挑む。
ドイツの主婦の間でブームのマル秘万能洗剤が…。
今回の 『ヒャッキン!』は
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
100円グッズではなく
日本が誇る メード イン ジャパンの
最強お掃除グッズを世界へ。
ドイツの
こんなサビも驚くほど落とせる日本の最強お掃除グッズが。
これ サビ取り職人っていうやつなんですけど。
キッチンに空き缶 洗面所にヘアピンなどを置いていたら…。
落とそうとしてもなかなか落ちず
憎たらしいことこのうえありません。
そんな うっかりサビを簡単に落とせるのが この
使い方は簡単。
特殊な成分が
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
あとは
うっかりサビを撃退できるんです。
日本の最強お掃除グッズで
まずは 屋根にサビ取り職人を吹きかけます。
すると…。
みるみる変色。
拭き取ってみると…。
屋根のサビが キレイに取れて
もともと銅色だった表面が見えました。
更に バーベキュー網にもスプレー。
そして 軽くこすると
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
雑巾にこびりついていたサビがベットリ。
くすんでいたバーベキュー台が
キレイによみがえりました。
クラインガルテンの大掃除のお役に立てたところで…。
ドイツ人が驚がくした
日本の最強お掃除グッズ8連発!
続いては…。
その家事マイスターが この方イヴォンヌさん。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
ドイツの人気番組で
家事をチェックするコーナーに出演している カリスマ主婦。
家事テクニックをまとめた著書を出しベストセラーに。
彼女が ここまで
パン屋さんやケーキ屋さんから家具職人まで
さまざまなマイスター資格が存在しますが
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
ドイツには なんと
家事を極めたマイスターまで存在するんです。
そんな家事マイスターのなかでもカリスマと呼ばれるイヴォンヌさんと
今回 アポを取ることに成功。
家事マイスターがゴミ屋敷をキレイにする様子に
密着します。 すると…。
イヴォンヌさん 早くも
今回 おじゃましたのは
自他ともに認めるドイツのダメ主婦
ナディアさんのお宅。
そこは 家事マイスターも思わずドン引きするほどの修羅場。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
リビングの床は足の踏み場に困るくらいに
ゴミが散乱。
かなり手ごわそうな汚れ。
そこで家事マイスターと日本のアイデアグッズで
お掃除大作戦 スタート。
まずは キッチンから。
すると
どうしようもないの。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
この非常事態に
油汚れ 水アカ 消臭どんな汚れにも効くという
家事マイスター直伝魔法の洗剤の作り方を大公開。
用意するものは こちら。
ドラッグストアで売っている炭酸ソーダと
市販の食器用洗剤に お酢。
まず
火を止め 少し冷ましたら
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
食器用洗剤を60g投入。
更に お酢を60ml入れ泡立たせます。
最後に水で薄めれば…。
シンク 洗濯機 換気扇 コンロ。
何にでも使える 万能洗剤の完成。
簡単なので年末の大掃除で試してみては?
さぁ いったいどれほどの威力があるのか。
ベッタリ汚れがこびりついた電子レンジで試してみると…。
そして10分後 軽く拭くだけで…。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
いろんな汚れが飛び散っていた電子レンジが
なんということでしょう。
まるで新品のような驚きの白さを取り戻しました。
しかし
この強敵に…。
イヴォンヌさん 水を張りました。
そして 火にかけ
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
入れたのは
これで汚れが浮いてくるそう。
日本だと入れ歯用洗剤でも代用できます。
ならば
早速 使ってもらうと…。
このあと
ドイツの
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
その強敵にイヴォンヌさん 水を張りました。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
そして 火にかけ
入れたのは
これで汚れが浮いてくるそうなんですが…。
ならば
そんな憎たらしい焦げを簡単に撃退できる便利グッズが
こちらは 桜島の火山灰シラスを固めてできた天然クレンザー。
水に濡らし 消しゴムのように軽くこするだけで
細かい粒子が汚れの中に入り込み
鍋の焦げつきやシンクの水アカなどの
カリスマ主婦も ビックリ。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
頑固にこびりついていた焦げがみるみるうちに落ちていきます。
焦げだけじゃありません。
キッチンの水回りについた憎たらしい水アカにも…。
そして もう二度と取ることができないと思っていた
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
頑固な焦げが…。
見違えるほどキレイになりました。
続いては 面倒な…。
最後に拭き掃除したのはいつか思い出せないという
それにしても
そう ドイツでは
そんな窓に ぜひ使ってほしい
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
ニッポンの便利グッズがあるんです。
スタッフこれ 日本から持ってきたんですけど…。
こちらは あるアイデアで
窓掃除の時短ができる便利グッズ。
年末大掃除
主婦の方が面倒と感じる
お掃除ランキングで上位に食い込む
窓掃除。
特に おっくうなのが
室内だけでなく外側も掃除しないといけないこと。
冬は寒いから 余計にイヤですよね。
そんな お悩みを一気に解決してくれるのが
この
強力な磁石が入っているため
室内側のクリーナーを動かせば
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
外に出ることなく
窓拭きが半分の手間で済んじゃう優れもの。
落下防止用の安全ベルトもついているので
落ちてしまう心配もありません。
長年 ほったらかしにしていた窓の汚れが
スッキリ キレイに。
この美しさ。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
これならばご近所さんに注意もされません。
ここでもう何年も火がつかなかった
お掃除のやる気にスイッチが入った ナディアさん。
この洋服ダンス。
洋服ダンスをスッキリ。
超便利なマル秘収納グッズ。
洗濯したら畳まず そのまま入れて
ゴチャゴチャになっていた洋服ダンス。
更に タンスに入りきらない洋服は
すると イヴォンヌさんは…。
洋服ダンスは 平置きでなく
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
縦置きで収納することによって
取り出しやすく 見た目もキレイに。
ならば ここで
タンスの中を簡単に整理整頓できる収納グッズとは…。
キッチンは キレイになった ドイツのゴミ屋敷。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
ですが まだタンスの中は畳んでいない洋服で ゴチャゴチャ。
更に タンスに入りきらない洋服は
ならば ここで
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
年末大掃除だからこそやっておきたいのが
見て見ぬふりをしている
この機会に片づけたいですよね。
そこで大活躍するアイデアグッズがこの
使い方は簡単。
TATEMUの上に
すると…。
ご覧のとおり 本棚にオシャレに立てて収納できるんです。
一石二鳥のアイデア収納グッズ。
ナディアさんも TATEMUにチャレンジ。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
これまで床に転がっていた洋服が
ご覧のとおりキレイに整理整頓されました。
ドイツの家事マイスターと
日本のアイデアグッズが手を組み
大掃除のお役に立つことができました。
なかなか男の人って上手にTシャツが畳めなくて
結局 洋服ダンスの中見ると
丸めて コショコショって入ってあるの。
もう それだけで…それを見ただけで
その景色が もうワーッてなるんだけど
上手に あれで整理ができるかも。
そうすると こっちの手間も省けるなと思って。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】
徹さんも どうですか?そうなのよ まず道具から入る。
ヒャッキン!【絶対欲しくなる日本のアイデアお掃除グッズを世界へ!】

再読み込み