2018年11月11日 07:00 - 07:30

ボクらの時代

画像だけでダイジェスト

武井壮×和田正人×原晋 『ボクらの時代』は、毎回さまざまなジャンルで活躍するゲストが集い、多彩な話題や事象を取り上げていくトーク番組です。ゲストたちの普段の顔が垣間見られるような、気負わないトークのみでの番組構成となっています。   今回の『ボクらの時代』は、俳優・和田正人、青山学院大学陸上競技部監督・原晋、そして「百獣の王」の異名を持つタレント・武井壮。実は和田は、箱根駅伝にも出場経験のある元陸上選手。 そして、昨年和田が出演したドラマでは、原が監修を務めていたと言います。そういった縁もあって、普段から親交のある3人によるスペシャルトークが実現しました! 和田正人 原晋(青山学院大学陸上部監督) 武井壮 【プロデューサー】  塩田千尋   松本彩夏(イースト・エンタテインメント   【演出】  高野裕樹(イースト・エンタテインメント)   【制作】  フジテレビ情報制作センター 和田正人 / 原晋 / 武井壮

今日の『ボクらの時代』はこちらの3人
武井あらためてこうやって集まると ちょっと…。
2人は 芸能人だから。私は 陸上人だから。
和田芸能人といってもおかしくないぐらいの活動されてますけど。武井ここは どういうつながり?
僕らは 『陸王』でしょ やっぱり。そうですね。
一番最初は 『陸王』ってドラマで原さんが監修で入って…。
陸上の監修みたいな。
27歳でデビュー
ボクらの時代
その『陸王』で陸上のシーンを監修していた…
そんなお二人が再び タッグを組んだ…
1964年の東京オリンピックで銅メダルを獲得した円谷 幸吉とボクらの時代そのライバルで親友君原 健二の物語
和田さんはコーチ役として出演
原さんは特別監修を務めています
そして 和田さんと飲み仲間
陸上選手という経歴を持ちながら監督 俳優 タレントというそれぞれの道に進んだ3人
どんなお話が飛び出すのでしょうか?
お互い陸上関係だからやっぱ 親近感持ちつつも小さいライバル心みたいなものがほんの少しある仲間みたいな感じ。
ボクらの時代
そもそも 正人は僕よりデビューが早いし。
箱根駅伝の選手が俳優になったってニュースが出てそういう道あったかと思って。
デビューのころ よく見てて悔しいな 先 行かれたわと思って。
陸上選手 初のタレント先 行かれてんなと思って。
えー! そんなふうに思って…。デビュー当時ね。
うれしいというか恥ずかしいというか。
最近 原さんが飛び込んできた。「あれ? もう一人きたわ」
1回目の食事。最初の食事のとき!?
すてきだなと思って。すぐ結婚しましたよ。
長距離選手ってそういうの早えんだな。
俺のが足速えのにさ手は早いんだ こっちの方が。
どんぐらい もらえるんすか?いやいや。
みんな気になってる。言えるの?
最高月収ぐらいだったら全然言える。
パワハラ問題だったりとか色々あったでしょ。
ボクらの時代
生きる道がその道しかないから。
協会とか 大人のせいにしてたら変わんねえって。
♪~
お二人が 陸上を選んだ理由って何なんですか?
そもそもの話。そもそも論。
学校の教育の中におけるスポーツとしてあった。
で 一番最初でいえば校内マラソン大会から始まって。
ボクらの時代
そこで ちょっと速かった。
じゃあ 中学入って部活動するってなったときにちょっと足が速いから陸上部。
そこで 勉強よりも走る方が 何か得意だ。
みんなが称賛してくれる。家族も。
最初のアイデンティティーみたいなもん。そうなんですよ!
そこから 高校行ってより本格的にみたいなことで。
ある種の受験勉強じゃないところで受験していくみたいなことが走るってことの僕のベースにあったことだから。
選手時代の原さんについてあんまり知らないんですけど…。
やんちゃだから。どんな選手だったんですか?
大学は どこでしたっけ?
名古屋の中京大学。中京大学なんだ。
高校は 世羅高校だからね。厳しい!
中国電力…。1期生 1番バッター。
実業団ね。
すぐに… 1年目の夏かな故障しちゃって5年でクビになって。
ボクらの時代
10年間普通のサラリーマンをして。
でも 10年間のサラリーマン生活が決して無駄ではなかったなって。
その社会人生活を経て青学じゃないっすか。
当時の青学ってぶっちゃけ長距離なんて全然有名じゃなかったし短距離の女子に カワイイ子がいるくらいのイメージ。
ハードルの子 城下さんとか。
ちょっと 何かユニホームもかわいくていいよね青学ぐらいの。
初めて見たときまず どう思ったのか。
そこから どうしようと思ったのかって どうなんですか?
青山学院の学生は素直な子は 多かったんですよね。
ちゃんと言い聞かしてあげればやる子はいたので。
ただ 一方で同好会的な色が濃過ぎちゃって。
箱根駅伝 出れたら出たいけども自ら勝ち取ってストイックなことをしてまで…。
ボクらの時代
名門のとこと また違う感じ。
だって 予選会でも ずーっとぎりぎり箱根に行けるかどうかですらなかった。
もう それは論外。何変えたんすか? 何をしてった?
基本的なとこですよ。要は 私生活 寮生活をきちっと。
3食 ご飯をちゃんと食べて睡眠をちゃんと取って門限をちゃんと守って朝練習もちゃんと出てきて。
当たり前のことなんですよ。その当たり前のことができない。
できてなかったんだ?できない できない。
朝練習 雨降ったらコンビニ入って立ち読み。
えー!でも これがトップを目指してない人たちではそれが当たり前。
大学の体育会ではそれが普通なんでしょう。
そんな感じだったところを私生活から直してきちんと練習に向き合える形をまず作ったってことなんですね。
私自身指導者としての反省もあって。
ボクらの時代
日本一の練習をしたら日本一になれると当時 錯覚したところがあって。
質の高い 量の多いトレーニングを課した。
結果的には みんな故障。
あー やっぱ最初そうだったんすか。
その子の能力に合わせたトレーニングを組んであげないと伸びないなって私自身も勉強させてもらった。
原さんの最初っていうのは質の高いとかプラスを伸ばすってことよりまず マイナスをなくしていくことだった。
まずは 陸上競技に学生たちを 一つの目標に向き合わせることからスタート。
正人は どんな感じの生徒?今 出てきた選手の中で。
俺 やっぱ真面目でした!
お前 真面目だよな。真面目。
自分で言うのも何ですけど。
高校時代の恩師がとても情熱的で。
すごく しっかり高校生とは何たるか。
勉強してちゃんと部活に精を出して。
ちゃんと教育者だったんですね。
ボクらの時代
なので そこから大学行って陸上やってるときも真面目に取り組まなければ強くならないってとこは根本にあったので。恋愛は?
同じ大学の同級生とお付き合いさせてもらったり。
そこも真面目なの? やっぱり。どういうことですか?
そこも真面目ってどういうこと?趣味趣向の話ですか?
駅伝みたいになるのかマラソンとしてしっかり道を進むのかどっちだったのかなと。いや えーっと…。
そういう意味で言えば駅伝だったかもしれない。
ボクらの時代
きっかけは何だったの?
さっきまでくそ真面目な話してたのに。
脱線のしかたが えぐい!
どういうきっかけで結婚までこぎ着けるんだろうって。
お前 すげえな。すごくはないですよ。 普通に…。
出会いは何だったの?
奥さんが 僕が出演してた朝ドラを見てたらしくて。
2人の共通の知人にお笑い芸人のTKOいて。
木本さんから「彼女 知ってる?」って言われて当然 見たことあるんで知ってますよ。
ボクらの時代
「朝ドラ 見てて正人がやってる役がすごくすてきって言ってたからいつか紹介するわ」って言われて。
いつか お食事でもって。
ご飯 行ったじゃないですか。行きました。
それで?いやいや!
そんな恋愛奥手じゃないでしょ?
俺 よく分かんない そういうの。聞きてえな サクセスストーリー。
悪い顔してるよ 今。 悪い顔!
だって どっちかから何かアタックしないと付き合いましょうってならないわけじゃん。 どうした?
そこは 男らしく自分が。何回目で?
1回目の食事。最初の食事のとき!?
すてきだなと思って。思ったら すぐ。
最後 1個だけ聞かせて。
どこが好きなの?ハハッ!
笑顔ですね 笑顔です。
誰に対しても 屈託のない気持ちのいい笑顔を振りまいてくれるところがとても 彼女の誠実さとか育ちの良さというか。
ボクらの時代
性格の良さね。
ホントにパカッと口開けて笑うもんね。
そういうところは僕も すごく力を頂いてる。
ありがとうございます。ここに もっとすごい…。
いやいや いやいや。
今の奥さまとは どういう形で?うち?
うちに振った?はい。
どういう形で出会って…。最初の出会いは?
最初は ホントはかみさんの友達を狙ってた。
え~! そうなんだ。
キューティーハニーのような…もうセクシーで。
で その友達だったんですよ。
どうやってなったんですか?一緒に。
ん?そこは興味あるんですね。
きっかけがないと だって一緒にならないんだから。
そこ飛ばして一緒にとか言われてもさ。
正人のもそうだけど。
最初のあれは何だった?
さっき言ったキューティーハニーの子に電話したらたまたま その部屋にいたのがうちの嫁さんだった。
ボクらの時代
それで?
キューティーハニーの子いる?「出てるよ」
君 誰?「友達」って言うから。
電話上で?電話上でね。
君は 今週暇?じゃ 会おうかってなって。
片っ端じゃねえか。
それで すぐ結婚しましたよ。
知り合ってね…1年しないうちに。
とんとん拍子で。
長距離選手ってそういうの早えんだな。
俺のが足速えのにさ手は早いんだ こっちの方が。
俺の方が 全然 足速えのに。違う 違う。
より堅実な人生を生きてるだけ。固めたがんだね。
引退した後に出会って陸上の原さんってこと一切 言わなかったの。
普通のサラリーマンの原さんと知り合って結婚して。
ちょうど陸上やめた後で失望感… 心の闇を抱えた状態で社会に放り出されてた。
ボクらの時代
それを救ってくれたという恩義が今でもある。
奥さま 兼助監督 兼寮母さんみたいなことでしょ。
監督には言えないことを学生は漏らしちゃうし頼っちゃうのかな。
何か あれだね。
お父さん お母さんってあんま話さないじゃん。
「お前 どうなの? 練習」とか言われてもさ別に普通だよみたいな感じじゃん。
それのない親子関係みたいな感じ。そうだね。
青山学院の今の躍進は原さんだけじゃないじゃん。
奥さんの力 結構でかいですよね。2人で つくってんですね。
奥さん いないと今の青山学院ないでしょうね。
いい話だな。いい話ですよね ホントに。
監督の裏にいるもう一人の監督みたいな。
監督の監督だからね。
武井さんはどう考えてるんですか?
何を?どういう人が好きなんですか?
最近 アスリート魅力的に見えるよね。
ボクらの時代
おお。アスリート?
ちょっとバカじゃん。(笑い声)
違う違う いい意味で。真っすぐでさ。
「足って どうやって上げてますか」とか聞いてくるとか。
その時点で キュンってしちゃう。
ボクらの時代
原さんの指導結構 自由じゃないですか。
私生活に関しても。寮の映像とか見たりしますけど。
昨今の指導者 選手問題みたいな色々あるじゃないですか。
ボクらの時代
パワハラ問題だったりとか色々あったでしょ。
ああいうものっていうのはお二人は どう考えてんのかな?
コメントしづらいよね。いや 全然。
まあ 私も 母校が色々とお騒がせした部分もあるのでなかなか考えましたけどやっぱり。
パワハラが行われたりどうのこうのが行われる所ってどうしても 現場と運営側との理解が深まってない卓上の理論じゃないですけどそんなところが根本にあるのかなっていうのが すごく思いました。
生きる道が その道しかないから。それは大きいですね。
そこで外れたら もう自分は まったく違うチャンネルで生きられないからそこに執着する せざるを得ない。
ボクらの時代
追従せざるを得ないみたいな。
リーダーが間違った方向に行ってたらその部下たちは その道でしか生きていく道がないもんだから自分の思いとは真逆なことでもやっちゃうというのが長く続いたのかなというふうに思うんですよね。
アスリートやってるときって世の中のこと全然知らないから。
勉強してないし。特に アスリート勉強しねえし。
スポーツやってたら何か いいことしてる空気に自分がいるような気がするんすよ。なるほど。
ぶっちゃけ 指導者なんて…。
これも また批判浴びるかもしれないけどぶっちゃけ 大したことないですよ一人一人の力なんていうものは。
自分の上に指導っていう立場でいるだけで全部 従わなきゃいけない気になっちゃってる。
結局 その組織の中で…。
ボクらの時代
クラブ活動の中で先輩 後輩の序列があって変わらない序列で その序列から指導者に転身した場合そこから協会に入ってまた その中で序列が。
ずーっと 序列変わらない。
じゃ どの道を選んだらいいか。これ気に入らなかったらBというルートからでも入れるとかあるいは まったく異質な文化でも私は活躍できるよ。
ビジネスマンとしても私は活躍できる。
芸能界にいても活躍できる。自営業だって活躍できる。
選択肢が 本来はあるべきなのにその選択肢を得ようとしてない。
得ようとしてないのと僕が一番言いたいのは得るための知識がない。知識もないし 努力もしない。
ホントに それが一番…。
今のアスリートたち全員です全員に足りないことだと思うしトレーニングだけをしてる毎日にただ没頭してるっていうのが俺 今の日本のスポーツ界の一番よくないとこだと思う。
それは 選手が…本人自身の問題として?
ボクらの時代
環境として?だから それを協会とか 大人のせいにしてたら変わんねえって。
そこなんですよね。だったら われわれ現場の人間がそれを 一個ずつ作ってかないと。
私自身も異質な男でね。
10年間 陸上の現場を離れてサラリーマンをした。
営業してね。営業して。
それで戻ってきた。何ができるかと言われながらも。
最初 弱かったですもんね。弱かった。
でも 陸上界10年ぶりに戻ってきたときに何だ? この遅れた産業はって感じたもんね。
それは 違う社会を見たからこそ比較ができた。
やっぱりね見なきゃいけないんですよ。
そんな中から 色々あるじゃん。
いろんなお仕事あるじゃん陸上 終わってから。
正人が俳優を選んだそのチョイスの理由は何なの?
ボクらの時代
僕は 自分が陸上選手をやってたときにこのまま 陸上を続けて例えば 体力の限界といわれる30半ばぐらいまでにどこまで いけてるだろうって想像したときに日の丸はおろかこの陸上っていう世界に名を残すこともなく終わっていくって思ったとき将来に絶望したんです。
死ぬまで ずっと積み重ねられる仕事がしたいなと思ったときに俳優っていいなって思った。
それはそんな堅い言葉もありつつシンプルに 有名になりてえとか人気者になりてえがあるんでしょ?
それは 走ってたときからベースに… 根底に。
やっぱ 欲よね。忠実にね。
ボクらの時代
芸能界だけでなしに様々なジャンルで活躍できるような基礎勉強は絶対しとかなきゃいけないしそういう欲も出していかなきゃいけないし。
アメリカのアスリートたちは自分の履歴書を持って今後どうなりたいかという計画書を企業に売り込みにいく。
そこで ようやく認められてお金を頂いて走らせてもらってるわけだから根本的に 日本の仕組みとは違う。
この業界で食べていきたい。
食べるだけじゃなく有名になりたいって心の端にでも思ってんだったらスポーツ お金のためじゃないなんて言ったら絶対 そこ たどり着かない。
そこは 選手も頑張らなきゃいけないけど組織のマネジメントをする人間が入らなきゃいけない。
マネジメントとリーダーシップでリーダーシップを発揮した人は数多く出たけれどもマネジメント能力を発揮したやつがいない。
お金を稼ぐって発想が悪だということをずーっと教えられてきてるから。
ボクらの時代
それをそろそろ変えないといけない。
陸上を引退した後のセカンドキャリアにさらなる夢が あるのかないのか。
セカンドキャリアなんてねえんだよ。
ずっとファーストキャリアだよ。
全部 積み重ねた…陸上をやったものを生かしてその後 ずっと やってくわけで。
このまんま お前のキャリア続くからなってことをもっと言ってあげなきゃいけないし。
今 幾らもらってんだ?「いや 給料ないですけど」
このままスポーツやってたらそのまんまだからな。
セカンドキャリアなんかねえぞって。
すごい厳しい言い方だけど。
マジで大好きなんだよアスリート。
それは よく伝わってますよよく伝わってます。
違うのよ!熱弁するときだけ 壮さん絶対 カメラの方に向いちゃうからこれは 世の中に訴えたいぐらい陸上熱が高いと…。
陸上だけじゃねえのよ。
マジで 金にもなんねえのにバカみたいに 毎日5時間 6時間トレーニングしてこんな体になってさ苦しいことに耐えられる精神性を持っててホントにいい子たちばっかりなのよ。
ボクらの時代
だからこそよ 厳しくお前ら そのままいったらいい人間性 持ってんのにちょっと勉強して ちょっとお金のこと知ってるやつに全部やられちゃうんだから。
でも おんなじ努力を…お前ら努力する天才なんだから楽しくもねえ苦しいことを こつこつ 毎日何時間もやる天才なんだからお前らが そこいったら圧勝だから!
それを 俺 伝えたくてしょうがないんですよ。
若者よ よく聞け武井君の言葉を。
全て 結論をまとめるとな準備とこだわりだから。
みんな準備するんだよ。熱くなってきた。
そこに いかにこだわるか。
これで 人生 大きく変わるから。準備とこだわり!
こうやって お茶飲みながら大好きな陸上の話をしこれ仕事なのか?って…。
ボクらの時代
大好きな陸上の話したり陸上のトレーニングするのも演技の練習するのも全部 お仕事になってるじゃないですか。
だから スポーツ選手のゴールってそこだと思うんですよ。
だから 箱根駅伝の指導者も今まではボランティアでやってたのが指導者という職業が確立されてそれなりのお給料を頂いて。
だから これは仕事なのか趣味なのか分からなくなってくる。
どんぐらい もらえるんすか?いやいや。
みんな気になってる。いやいや。
レギュラー番組 何本持ってんだ。恐ろしいぜ 今 この人。
武井さんですよ それは。
ここは ちょっと もう…。別格なとこに。
丸が テッテッテッテッテッと。
俺は隠さないって決めてるんでそういうことを。
えっ 言えるの?
最高月収ぐらいだったら全然言える。
ボクらの時代
月 幾らとか。お金の話をしたいんじゃなくて。
そんぐらいできるんだっていうのはさ。
月収 最高?
4~5,000万じゃないっすかね。
それは CMとかあるからね。そういうのが入ったとき。
まあまあ そうですけど。はあ~!
夢 与えてるよ!いやー すげえな。
それでは 今日も素晴らしい一日を!
ボクらの時代