2018年11月05日 13:35 - 15:40

午後ロード「パニッシャー」家族を悪党に殺された男のリベンジ・アクション!

画像だけでダイジェスト

裁かれぬ悪を自らの手で処罰する制裁人! それは正義か悪か?最愛の家族を殺され、復讐する男トム・ジェーンVS最悪の悪党トラボルタ!2人の男の壮絶な闘いの行方は…!? トム・ジェーン(フランク・キャッスル)[声]:小山力也、  ジョン・トラボルタ(ハワード・セイント)[声]:山路和弘、  レベッカ・ローミン(ジョアン)[声]:斎藤恵理、  ベン・フォスター(デイブ)[声]:楠大典、  ジョン・ピネット(バンポ)[声]:遠藤純一 【監督】ジョナサン・ヘンズリー 【製作年/国】2004年/アメリカ FBI捜査官のフランク・キャッスル(トム・ジェーン)は、潜入捜査がうまくいき、武器密輸の現場を押さえることに成功する。  しかし、そこで銃撃戦が始まり、裏社会のボスである資産家のハワード(ジョン・トラボルタ)が溺愛する息子・ボビーが射殺されてしまう。愛する息子を失い怒り狂うハワードは、ボビーを死に至らしめたフランクに復讐を誓い、部下のクエンティン(ウィル・パットン)にフランクと、 その家族を皆殺しにするよう命じる。  一方、フランクは今回の事件を最後に現場から退いた。彼は家族と共にロンドンに転勤が決まっていたので、異動前の休暇をプエルトリコで親族たちと幸せなひとときを過ごしていた。しかし、そこをクエンティンらが急襲。フランクの両親をはじめ、愛する妻マリアや息子ウィルまでもが無残に殺され、フランク自身も銃で撃たれてしまう…。  新聞ではフランクの死が大きく報じられ、 ハワード夫妻は息子の復讐が遂げられたと満足する。だが、死んだと思われていたが奇跡的に一命をとりとめたフランクは、ハワードへの復讐の炎を燃やしていた。ボロアパートに部屋を借りたフランクは、ハワードへの制裁の機会を狙う。  一方、ニュースでフランクが生きていることを知ったハワードは、フランク殺害の刺客を送るが…。 【午後のロードショー オープニング曲】  「Escaping The Smokers(Waterworld/Soundtrack Version)」James Newton Howard http://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_afr_load/ 小山力也 / ジョン・トラボルタ / 山路和弘 / レベッカ・ローミン / ジョアン / 斎藤恵理 / ベン・フォスター / 楠大典 / ジョン・ピネット / 遠藤純一

この番組の文字起こしは存在しません。誰でも自由にこの番組の感想を書き残すことができます(不適切とみなされる場合、運営により予告なく改変されることがあります)。

更新