2018年11月04日 06:30 - 07:00

遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城・話題スポットをめぐる旅」

画像だけでダイジェスト

秋の絶景スポット!真っ赤に燃えるコキアの丘▽しょうゆベースが絶品!甘辛スタミナラーメン▽小動物からダチョウまで!ふれあい動物園▽旬の「常陸秋そば」をけんちん汁で 【旅人】  眞島秀和(俳優) 大人気俳優・眞島秀和の魅力旅▽(1)落差日本一!絶叫バンジー▽(2)秋の絶景!真っ赤に燃えるコキアの丘▽(3)しょうゆベースの甘辛味!ご当地スタミナラーメン▽(4)まるで映画セット!?大正・昭和のレトロ感たっぷり「看板建築」とは?▽(5)ヤギ・アルパカ赤ちゃんからダチョウまで…ふれあい動物園▽(6)人気スポーツ「パンポン」とは?▽(7)収穫真っ盛り「常陸秋そば」が絶品…北関東の味「けんちん汁」で 【テーマ曲】  「遠くへ行きたい」  作詞:永六輔  作曲:中村八大 ytv  テレビマンユニオン http://www.to-ku.com  ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中! 茨城県常陸太田市~ひたちなか市~石岡市~日立市~水戸市 眞島秀和

眞島秀和お~すげぇ高ぇ!
人歩いてますよ上。
めちゃくちゃ高いなこれ。
眞島秀和です
茨城県の竜神大吊橋へやって来ました
この橋は歩行者専用で高低差100m
日本最大級の長さを誇ります
お~!飛んだ!
うお~!
すげぇなハッハ!
初めて見た。
この橋の呼び物がバンジージャンプ
落差は日本一だそうです
さっき下から見てたんですけど相当な高さがありました相当高いね。
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
やめようかな。この辺の…?
男性京都です。京都から?京都からわざわざ?
はい。アハハハ…!
心配…
バンジー大好きというスタッフも挑戦
頑張って!いってらっしゃ~い!
432…バンジー
スタッフあ~!うお~!飛んだ!
ハハハ…!
楽しい?(スタッフ)めっちゃ楽しかったです!
ハハハ…!
秋一色の茨城で話題のスポットを巡ります
すげぇ赤いっすねヘヘヘ。
真っ赤に燃える丘を発見
お~いハハっ…かわいいっすね。
ダチョウの卵で作る目玉焼きに舌鼓
<100年続く謎の球技パンポンとは?>
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
めちゃくちゃすげぇ。
いただきま~す。
収穫祭も楽しい!
うめぇハハハ…。
「うめぇ」出ました!
明らかに太いんですけどハハハ。
新そばの味は?
ホントにおいしいですね。
皆さんもご一緒にどうぞ!
JR勝田駅の近くに絶景の公園がありました
うお~すげぇ赤くなってるじゃないですかハハハ…。
ここは…
丘を真っ赤に彩っているのは遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」コキアという植物です
これ花が咲いてるんですか?
尾澤さんえ~っとですねこれこの…。
葉っぱが赤くなってるんですか?(尾澤さん)はい。
へぇ~。
尾澤さんこのコキアなんですけれども別名ホウキグサといいまして。
ホウキグサ?(尾澤さん)はい。
あ~。
へぇ~。
ちょっと触っていいですか?どうぞ。
あっなるほど。
これは…。
尾澤さんそうですはい。
へぇ~。
丘をうずめ尽くすコキアは3万2000株
かつてここには米軍の射爆撃場があり昭和48年に返還されてからは遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」平和の象徴として公園にしようという市民の強い願いで整備されたそうです
秋はコキア
春はネモフィラの花でうずめ尽くされ毎年200万人以上の観光客でにぎわうそうです
どちらからいらしたんですか?
静岡から?このコキア見に来たんですか?
これを見に来たんです。
もう夜遅くからサービスエリアに泊まって。
来たかいありました。来たかいありました?
うんねぇハハハ…。ハハハ…。
中にはコキアをバックに結婚式の前撮りをする人や…
園内のレストランではコキアの丘をかたどったマイルドなカレーも楽しめます
珍しい絶景スポット
一度訪れてみてはいかがですか?
<勝田の町で外せないのは…>
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
あ?「スタミナラーメン」。
ここは評判のご当地ラーメンの店
僕ラーメンが大好きなんです
どうも!入れますか?今大丈夫ですか?
スタミナラーメンがお薦めなんですか?
はいそうです。
じゃあスタミナラーメン下さい。
しょうゆベースのス-プににんじんかぼちゃ白菜を入れて…
牛レバーを合わせて煮込みます
これがスタミナのもと
片栗でとろみをつけて野菜のうま味たっぷりのあんを作ります
麺は極太の自家製麺
鶏と豚で取ったスープに甘辛のあんをたっぷりかければ出来上がり
スタミナラーメンです。お~すごい来た来た来た…。
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
早速いただきます!
来ました。
うん。
おいしいです。
麺結構太麺ですね。(川崎さん)ええ。
あ~。
うまっ!
川崎さんなおかつ…。
へぇ~。
スタミナラーメンが生まれたのは50年ほど前
学生のために作った安くておいしいラーメンが大ヒット
それが人気を呼びご当地ラーメンになったそうです
おいしかった。
川崎さんどうもありがとう。
いえいえごちそうさまですハハハハ。
<次に向かったのは茨城県の中央に位置する石岡市>
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
かつて物資の集散地として栄えた当時をしのぶ建物が残っているそうです
渋い建物が多いな。
この辺も面白い造りになってるな。
何だろう?これ。
絵を描かれてるんですか?(齊藤さん)そうなんです。
正面の建物を。そうですね。へぇ~。
この辺りってそうなんですか?そうなんですそれで…。
東京のほうから?そうなんです。
そうなんですかそうなんですねへぇ~。
店名を掲げたもの
関東大震災以降東京の下町や関東近郊で防火のために建てられたそうです
僕絵心が全然ないんでうらやましいですそういうの。
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
いやでも…。
すいませんお邪魔しましたありがとうございます。
何だ?これ。
すごい不思議な…何屋さんか分からない…。
向こう側が本業で
古い町並みと現在が交錯して町を歩いているだけで旅心を誘われます
駄菓子屋さん?
沈んで行くしかない…。いやいやいやいや。
まだまだこれからじゃない…。ホント盛り下がる話ばっかりしてごめんなさい。
石岡の周りは田園地帯
その中に話題のスポットがあるそうです
こんにちは。(矢口さん)こんにちは。
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
動物園こちらでいいんですかね?は~いどうぞ。
動物たちが食べる餌です。
よかったらあげてみてください。ありがとうございます。
こちらは私設動物園
気軽に動物と触れ合えるというので人気を集めています
うお~ハハハ。ワンちゃんと一緒に。
迎えてくれたのは生まれて1か月の子ヤギ
ピ~ンってしてもらって。
これぐらいですか?は~い。
たまに尻尾がプルプルってなるのがすげぇかわいいんだよな。
ハハハ。
アルパカちゃん。9月24日生まれ。
生まれて5か月アルパカの子供もいます
女性まだ一応ミルクも。
フワフワですね!(女性)アハハハ…。
フワッフワ!
うわ気持ちいい。はいフフフ…。
この施設の広さはおよそ6000坪
50種類以上の動物と触れ合えます
うわ来た来た…。
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
小鳥たちとも遊べます
いやねっこれ初めてです。
小鳥昔飼ってたんですけど。あっそうですか。
なかなかこうやってごはんあげることなかったんで。
ハハっすげぇハハハ!
大人気。うお~ハハっ!
小鳥好きにはたまりませんね
うお~。
でもここの主役は…
ダチョウですか。そうですダチョウです。
いっぱいいますね。
200~300羽ぐらいは。200~300羽?へぇ~。
う~わハハハ…。
痛い痛い痛いハハハ…。
ちょっと洗濯挟みでパチンってやられた感じですかね。
実はこの動物園始まりはダチョウの牧場でした
20年ほど前ヨーロッパでヘルシーなダチョウ肉が評判を呼び遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」それに注目した矢口さんの父親が始めたそうです
その後珍しいダチョウを見に来る人が増えたため動物園やダチョウの肉が食べられるレストハウスも造ったそうです
中でも人気なのが…
1つ1.5kgもあります
あっ相当硬いですねこれ。そうですね。
お~。あっ安産です。
大丈夫ですね?ハハハ…はい。
行きます。
見てくださいこの大きさ
ハハハ…普通の卵とダチョウの卵。
目玉焼きにすればこんなに巨大です
でも味はどうなんだろう?
あっホント火が通ってますね。はいプルンプルンした感じですね。
しょうゆをちょっとかけて…
目玉焼きですね。ハハハ卵です。
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
卵ですね。はい。
白身は半透明なままですが味は濃厚です
こちらはダチョウ肉の串焼き
低脂肪で低カロリーヘルシーだと女性たちに大人気です
次は謎のスポーツに参戦!
<眞島秀和茨城県の話題のスポットを巡る旅>
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
次に向かうのは日立です
とてもキレイな駅ですね。
改札を出ると海が望めるカフェがあります
目の前に広がるのは太平洋の大パノラマ
おっすごいですね。
はいどうぞ。おわ~。
ここで人気なのが生クリームがたっぷりのった…
ちょっといただきます。
意外と甘いもの好きなんすよ。
うまい。
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
でもこの生クリームすごくないですか?
豪快な。
いやこんな海が見えてキレイな駅ですね。
日立といえば…
実はこの工場が発祥の珍しいスポーツがあるそうです
何だ?これ。
これは…。
テニスでもなくって…。
パンポン?パンポンっていう競技?
加藤さんそうです競技ですスポーツです。
ルールとしてはテニスっぽい感じ…?
そうですね。
中の四角は何なんですか?
これラケットっていうか。これラケットですね。
板ですよね?
ラケット…すいません失礼しましたラケットですね。
ちょっと待ってください大正?(加藤さん)大正10年です。
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
あ~これ箱の。
生みの親は当時の工場長…
敷地内のスペースを使って安く手軽にでき休み時間に体を動かすことで仕事の効率も上がると考案したそうです
4点ワンセット。ワンセット。
3セットマッチ。
ハハハ。
中には妊婦さんの姿も
武田さんあぁ!
結構激しくやってらっしゃいましたけど。
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
あっそうなんですか。
すごい好きなんですね。大好きです。
ハハハ…。もう大好きです。
一斉に後片付けが始まりました
これは…。そろそろ…。
昼休みは1時までですか?そうですね。
お仕事頑張ってください頑張ってください。
昼休みが終わるとみんなそれぞれの部署へ戻って行きます
誰もいなくなった。
何ですか?これハハハ…。
週末は市内の体育館で練習
速っ!めちゃくちゃすげぇ!
激しいですよハハっ。
加藤さんちょっとやってみましょう。
早速僕も挑戦
アッハハ早速アウト。
コートが小さいので枠の中に打ち返すだけでも精いっぱい
あ~そうですねそうですねあ~いいですね。
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
意外に頭も体も使う楽しい球技です
あ~クソ難しい。
もう1回もう1回。
パンと打ってポンと返す
大正時代から続いているとは驚きです
悔しい!ハハっ。
パンポンって響きからもっとのらりくらりやってるようなイメージだったんですけど。
すいませんでしたすげぇ激しいスポーツでした。
パンポン最高!(一同)最高!
ありがとうございました。
こうして日立市民に愛されるスポーツになったんですね
次は茨城の美味を食べ尽くします!
<眞島秀和の茨城話題のスポット巡り>
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
次は常陸太田市の収穫祭へ
県内のおいしいものが集まっているということで大にぎわいです
こんにちは。こんにちは
茨城県は北海道に次ぐ農業大国
名産品もたくさんあります
栗。
栗の生産量は日本一です
甘い。
甘いですよ。
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
ほくほくして最高です
常陸牛。
並んでる。
茨城の誇るブランド和牛常陸牛
ローストビーフをてんこ盛りにした丼が大人気です
いただきま~す。ありがとうございます。
ありがとうございました
うまっうんまっ。
これはそば粉と米粉を練って焼いた…
そばは今が収穫の盛りだそうです
この地域で採れるそばは香りや甘味が強くそば通をうならせる名品種なんだそうです
これ?これが…。
これがそばの実
黒いのが実になってるやつ?(深澤さん)そうです。
地元山形なんですけど。
深澤さん山形でもそば作ってますよね?
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
その花が咲いてるのは見たことあるんですけど近くでこう見るのは初めてです。
収穫は小型のコンバインで
そばの茎をローラーで巻き込んだら実だけを選別し茎を吐き出して行きます
収穫したそばの実がこちら
手作業だったんですもんね。
特にこの品種は常陸秋そばといわれて風味と甘味が強いそうです
こんにちは~。
そばの魅力のとりこになったそば打ち愛好家たちの集まりにお邪魔しました
そばをひくのは昔ながらの…
<摩擦熱が低い石臼でひくことでそば本来が持っている風味を損なわないそうです>
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
あ~しますね。(和田さん)ねっ。
へぇ~。
あ~なるほどハハハ。アハハハ。
じゃあ皆さん打てたんですか?そば。
へぇ~。
これ新そばだから色が全然違いますもんね。
いくらかこう緑がかってますね。はい。
お~。
太さにバラつきがあるとゆでむらができ遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」おいしさが半減してしまうそうです
あ~。
僕もそば切りに挑戦
これぐらいですかね?最初の幅は。
和田さん真っすぐそうそうそうはい。
切って倒す切って倒す切って倒す。
う~ん太さがバラバラ
明らかに太いんですけどハハハ。
山田さんそのぐらいでいいですか?はいハハハ…。
うどんみたいになっちゃいましたハハハ…。
そばを食べるのは手作りのあずまや
どうぞ。うわ~。
これ造っちゃったんですか?
山田さんまぁ造っちゃった…。すごい!
いろりまであって雰囲気は最高です
そうですねこれで…。
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
40秒?
山田さんこれ浮いてるでしょ。はい。
ゆで上がったら流水で締めます
このままですか?(山田さん)食べてみてください。
ゆがきたてが一番おいしいそうです
山田さんどうですか?うまい。
僕そば大好きなんで。そうですか。
お~。
次は新そばをおいしく食べる秘伝の技
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
はいこれぐらい。(和田さん)それつまんでひと口分ぐらいつまみ上げて…。
おいしいです。(和田さん)ハハハ…。
いや~おいしい。
わさびの辛味が新そばの風味と甘味をグンと引き立ててくれます
山田さんはい眞島さんが…。ものすごい太いハハハ。
これは僕が切ったそば
そこで出て来たのが…
けんちん汁。(山田さん)けんちん汁で…。
<けんちん汁にそばをつけて食べるのは茨城の郷土料理>
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」
つけけんちん。
太いそばはこうして食べるとおいしいそうです
細いそばにしたかったんです本当は。
でもけんちんそば合いますね。
何かこれから冬になって寒い中仲間とこうやっていろりを囲んでって最高ですね。
茨城の話題スポット巡り楽しいですよ
まぁ自分もいつか年を取った時にああいう何か楽しみを見つけられたらいいなっていうふうに感じました。
とても幸せですよねおいしいものを仲間と食べてって。
そう思いました。
遠くへ行きたい「眞島秀和が魅力たっぷり秋の茨城話題スポットをめぐる旅」

更新