2018年11月18日 06:30 - 07:00

遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山・熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」

画像だけでダイジェスト

最新ジューサーで絞る絶品みかんジュース▽熊野古道の休憩所…英語で対応!癒しのおばちゃん▽これも世界遺産!伝説の岩風呂▽炊き込みご飯&白子まで…アユづくし極上料理 【旅人】松尾諭(俳優) 松尾諭の南紀美食旅▽(1)最新ジューサーで絞る絶品みかんジュース▽(2)柑橘マニアおすすめ“ベルガモット酎ハイ”▽(3)外国人観光客に英語で対応!休憩所の癒しのおばちゃん▽(4)伝説の岩風呂!世界遺産つぼ湯▽(5)熊野の木々でアロマオイル…チョコレートの香りづけにも▽(6)まるでチーズのような芳醇な味わい…サンマのなれずし▽(7)松明でアユを追い込む伝統の火振り漁…炊き込みご飯や白子の落ちアユ料理 【テーマ曲】  「遠くへ行きたい」  作詞:永六輔  作曲:中村八大 ytv、テレビマンユニオン http://www.to-ku.com  ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中! 和歌山県田辺市~新宮市~古座川町 松尾諭

松尾諭紀州和歌山にやって来ました
今田辺で評判を呼んでいるのが…
ありましたね。
この店
紀州といえばみかんですが…
うわ~搾ってますね。
ピッチングマシンみたいですもんね。
人気の秘密はこの最新式ジューサー
2つに割って素早く果汁を搾ってくれるんです
7~8個。
うまそう!
愛須さんこれが生搾り100%。
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
うわうわうわすごいな。何も入ってないですもう無添加。
えっキレイ。
それをいただきます。どうぞ。
甘~!
あ~でもうわ全然しつこくないし。
めちゃくちゃうまいですねこれ。
ハハ!
めちゃくちゃおいしい。
いきなり紀州の味がガツンと来ました
和歌山はうまいものの宝庫です
温泉も最高
アユのうまさにびっくり
すいませんお代わり下さい。お代わり?
神秘の道熊野古道も初体験
身も心もリフレッシュ
あっ来ました来ました。そうなんです。
<チョコレートは森の香り>
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
ちょっとドキドキするな。
極上の珍味も
うまい。
うわ~すごいな~。
そして幻想的な火振り漁
暖かな日差しに包まれた紀州和歌山へ
さぁご一緒に!
みかん生産量日本一の和歌山
ここ田辺ですごいみかん農家を見つけました
あ~。
へぇ~。
あっライムなんですね。
だいぶ酸っぱいですか?
原さんえ~っとね…。
えっ?フフフ…売られてまして。
もう香りがすごいですねへぇ~。
こう切りまして。うわうわ。
これをこう押すと…。うわわわ…。
プチプチプチ…。わわわ…すげぇ。
じゃあいただきます。(原さん)はい酸っぱいです。
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
んっ!
何じゃこりゃ!アハハハ…。
ザクロみたいですね。面白いでしょ?
歯応えが一個一個プチプチしてて。プチプチしてるんですよ。
アハハハ…かんきつマニアが。マニアがはい。
この奇妙なみかんは形と香りを楽しむ…
こんな感じ実がなしなんですよ。え~?
何でやねんって…。ねぇ。
苦いですよでも。いや堅い。
ハハハ…。
珍しい品種を育てるかんきつマニア原さんのイチ押しとは?
皮に香りがあるので…。
えっどっかで匂った記憶あるけど何やろう?
あの~…。
あぁベルガモットってこんな大っきいんですね。
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
そうですこれです。
あららら…。お酒が…。
いきなりお酒の登場です
あぁ~。
そうですよね僕もそれ知ってます。
皮から搾る。さすがです。
合わせるのは雑味のないウオッカが最適だそうです
ソーダで満たせば特製…
…の出来上がり
あ~。
何か…。
かんきつの可能性はすごいな…。ホントに。
酸味もあって苦味もあってでなおかつ香りもそれぞれ特徴あって。
そうですよね。
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
さすがみかん王国和歌山
こんなにいろんな種類を楽しめるとは知りませんでした
さて次は世界遺産熊野古道へ
一度歩いてみたいと楽しみにしていました
この辺が山への入り口
こういうとこで笠とか杖売ってるんですね。
梅干しうわ~。
今から長い道歩くのに梅干しはいいですよね。
アミノ酸とクエン酸。
何か英語のあれがいっぱいありますけどやっぱり外国人さんもいっぱいぎょうさん来ますか?
8割!?日本人2割ですか?
へぇ~。
外国人はここ5年で10倍になったとか
あっこれここで干したやつ中で売ってはるんですね?
はい。
<初夏に塩漬けにした梅を今干しているところだそうです>
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
いただきます。
しょっぱいです。
アハハハ…。
木田さんそうそう。
塩だけで漬けた本物です
梅干し食べた時の顔のイメージってこうですよね。
梅のパワーをもらって熊野古道へ入ります
うわ…。
熊野の山々は古くから自然崇拝の対象であり仏教や神道が交ざり合う信仰の場としてあがめられて来ました
それが2004年日本独特の霊場として世界文化遺産に登録されたのです
Hello.
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
US.Yes.
Youtoo?(男性)Yes.
Ohyeah.
Thankyou.
Goodluck.Bye.
いや~有名なんですねやっぱり。
熊野古道は熊野三山を目指す参詣の道
熊野の地は浄土と見なされそこに詣でることで人は生まれ変わると信じられて来ました
ハァ…開けて来た。
休憩所が見えて来ました
Ohyeahドーナツ。
こんにちは。
ちょっと…。
日本人です。
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
ハハハ…。
外国人に見えました?
これお母さん…。
松本さんこれね外国の方とか日本人が来たら…。
確かに甘いの欲しなりますもんね。(松本さん)そうやろそうやろ。
これこれこれ…。
これ地元のハチミツ。ハチミツ?
これよう売れるんや。
そうそう…天然ハチミツ。
キレイなハチミツやな。
キレイやろ?
アハハハ…!
パンにつけて食べたらおいしいで。
松本さんHello,mayIhelpyou?
アリガトウ…。
Hotcoffee.(松本さん)Hot?
Hotcoffee.(松本さん)Hotone?
One.
<外国の人が多いのでお母さんも英語で接客>
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
女性:男性アリガトウ。
僕来た瞬間お客さんいっぱい来てるやん。
サンキューサンキュー。いや日本人や…。
ありがとう!ありがとう!
熊野古道はホントにインターナショナルですね
森に戻れば一転して静寂の世界
じっとしてたら…。
ねぇ。
何か神聖な気配を感じながら熊野本宮大社を目指します
うわ~すごい。
あっ…。
うわ~。
この距離であんだけ大っきいってことはだいぶ大っきいなあれ。
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
熊野本宮大社のシンボルです
はぁ~。
いや荘厳うん。
熊野三山の一つ熊野本宮大社はなんと創建2050年
参拝客は年間130万人に上り太古の昔から人々の心のよりどころであり続けています
歩いた成果がここに出るのか何か分かんないですけど気持ちがいいですねいい気持ちです。
熊野本宮大社の近くには旅人の疲れを癒やして来た湯の峰温泉が控えています
あっ何かしてるな。
そうですね
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
はい
こんこんと湧く源泉の温度は90度以上
いいんですか?はい
じゃあ遠慮なく。
はいどうぞ。ありがとうございます。
あっまだちょっとぬくい…。(女性)ぬくいですよ。
うん。
うんあっ…。
おいしい。
あ~割った!はい割った
女性そう温泉で…。
女性私は皮ごと…。
あっおいしい。
女性おいしいでしょ?うん。
皮の苦味も全然ないし。
ないです。おいしい。
温泉をうまく利用して来たんですね
このまま入れて。このまますんませんそんな…。
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
いや~温かいおもてなしです
うわ~大収穫やわこれ。
ありがとうございます。ありがとうございます。
こんにちは~。
ここにはなんと世界遺産に登録された温泉があるんです
うわわ「つぼ湯」って書いてあるわもう。
あ~。
この温泉も熊野古道の一部とされています
なんと平安の昔から使われて来た伝説の岩風呂
入ります!
<松尾諭紀州熊野の旅>
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
世界遺産のつぼ湯をいただきます
あっ熱い!
これ入れるかな?
アカンアツアツ!熱っちぃ。
あ~!
あっあっほぉ…。
あっあっ!あ~!
あ~あ~。
あ~なじんで来たあ~。
気持ちいい!あ~。
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
いやちょっと…。
世界遺産が770円で30分貸し切りです
うわ~ええなぁ。
ええ川やな。
ルアーでも投げたくなる感じの。
こんにちは。
こんにちは。(市川さん)はい。
もしかして山伏…?
あっ。
今もう山で修行されてるんですか?
そうですね今…。
ずっと…。
ここです。
この奥に?そう。
へぇ~。
入って…。
あ~。
普段は何されてるんですか?
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
経営!経営コンサル…。
お寺とか神社とかやってるわけじゃなく?
今そこをのぞいてらっしゃいましたけど何…?
何だろうなって言ったら…。
羽織ですか?ええ言ってました。
着る羽織ですか?そうそう。
こんにちは何か今こちらの修験者の方が…。
香り?(竹原さん)香り。
羽織じゃなくて香り?香りですって。
いや羽織作ってるって言うから。(竹原さん)ハハハ…違う。
香りね。香りです。
香り作ってます。
熊野の山で取った木や葉でアロマオイルを作っているそうです
竹原さん蒸気で葉っぱを蒸してでこの蒸気がこう上がってこのクルクルの所で冷却されて落ちて来るとこんな感じで層になって…。
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
この上がアロマオイルです。
これがヒノキの葉っぱなんですよ。
あっ。葉っぱは木と全然違うでしょ?違いますね。
ちょっとレモンっぽい感じが。そうなんです爽やかで。
これが珍しいんですけどクロモジといって…。
うわっ。つまようじのようじの…。
すごい香りしますねバラみたいな。
すごいいい香りなんですよ。
これが…。
え~。
へぇ~チョコレートにっていう発想が…。
せっかくなんで食べてみませんか?いいですか?
これが今蒸留してるシバハラスギで。
あっ48シバ。はいシバ。
えっ?
最後に…。そうなんですす~っと。
あ~。
ミントとはまた違う何て言うんですかね?
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
そうなんです。
でこれ結構ね…。
うん。
アロマは熊野古道を訪れる外国人にも人気だそうです
旅の思い出がよみがえる香りのお土産
う~んいいですね
さぁ山を下りて新宮の街へ向かいます
うわ~すごいな。
神様が降り立った場所ですね。
新宮の街で評判を呼んでいるのがこの店
かき氷!
食べてみてください。はい。
極上のリフレッシュ
おいしい。
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
おいしい!
名物はサンマのなれ寿司
ここか東宝茶屋。
ごめんくださいあっこんにちは。
なれ寿司ってこの辺の名物やいうて聞いて来たんですけど。
さて新宮名物サンマのなれ寿司とは?
まずサンマを塩漬けにして1年間じっくり熟成させます
少量の塩を加え軟らかく炊いたご飯とサンマを合わせます
たるに漬け込む時に欠かせないのが熊野の森のウラジロ
重しを載せて3週間ほどで食べ頃
地元では正月によく食べるそうです
はいじゃあいただきます。
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
あぁ。
今のところにおいはそんなにしないですね。
いただきますうわ~ちょっとドキドキするな。
松原さんまだ一番こう…。
うん。
何とも表現しにくいですね。
あっなるほど。
確かにそういうふうにイメージするとどんどんおいしく感じて来ますねこれ。
松原さん寿司のイメージで食べるとちょっとギャップあるんで。
これ何でなれ寿司新鮮な魚が海から取れるのにこう発酵させようと思ったんですかね?
そうですねこの辺のサンマは卵が入ってるんですわお腹に。
だからもうすごく痩せて枯れた状態でいますんで…。
あ~なるほどそれで…。
それでいろいろサンマ寿司とかなれ寿司に加工して…。
この店にはなんと30年もののサンマのなれ寿司もあります
<もうほとんど液体…>
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
一体どんなお味?
<松尾諭紀州熊野の旅>
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
ガバっと…。
30年もののサンマのなれ寿司に挑戦
うんあっ…。
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
ヨーグルトとチーズの間みたいな。
すごいな30年前に漬けてるもん食べてるんですもんね。
ここで出されたのが赤ワイン
実は和歌山は寿司発祥の地の一つともいわれているそうです
奥が深いですねぇ
さてこの時期にしか見られない珍しいアユ漁があると聞いて清流古座川へ向かいます
漁が始まるのはなぜか夜
今から…。
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
うわ声めっちゃ響くな。
はぁ~あっ夜は見えないから。(松下さん)見えない。
真っ暗闇の中網を仕掛けます
すごい静かに。
多分静かに行かないとアユがきっと逃げて行くんでしょうね。
仕掛け終えたらたいまつに火を付けます
一体何が始まるんでしょう?
うわ~。
たいまつを船の進行方向に振り回し始めました
うわ~すごいなぁカッコいいな。
<火の明かりでアユを脅かし網へ追い込むんです>
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
明かりに驚くアユの習性を利用した伝統漁法
狙うのは産卵のために川を下る落ちアユです
さぁ取れているんでしょうか?
松下さんよいしょこらしょ。お~。
うわ立派やないですか。うんまぁまぁ。
大漁です
落ちアユの楽しみは卵や白子を持っていること
おいしい。
早速地元の料理屋へ持ち込みます
お~白子入ってます
<紀州自慢のアユ料理の数々>
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
楽しみ~!
<落ちアユ料理をいただきます>
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
雑煮ですか?これ。
東さんはい。ちょっといただきます。
んっあぁ~。
うま…。
やさしい味やけどアユの味もちゃんと残ってるからおいしいわこれ。
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」
ホンマに。
続いては…
めちゃくちゃおいしいですよこれ。
めちゃくちゃおいしいこれ。
すいませんお代わり下さい。お代わり?
はい。あぁそうハハハ…。
和歌山をナメてましたね。
松尾の声山だったり空だったりゆっくりこう包み込んでくれてはぁ~っていう感じがしましたね。
食べて歩いて身も心もよみがえる旅
皆さんもいかがですか?
遠くへ行きたい「松尾諭が和歌山熊野古道へ…美食&温泉&絶景の神秘旅」