2018年11月03日 18:56 - 21:20

フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート

画像だけでダイジェスト

羽生結弦、注目のGPシリーズ初戦!平昌五輪から8カ月、新たな戦いが始まる! 女子は平昌五輪金メダリストのザギトワが登場!坂本花織はファイナル進出を懸けた大一番! 羽生結弦、注目のグランプリシリーズ初戦!オリンピック連覇を果たした平昌五輪での偉業から8カ月、羽生結弦の新たな戦いがいよいよ始まる!  女子は平昌五輪金メダリスト、ロシアのザギトワが登場!世界中を魅了する16歳の五輪女王は、果たしてどんな演技を見せるのか!?さらに、開幕戦のアメリカ大会で2位に入った坂本花織はファイナル進出を懸けた大一番に挑む!その他、日本から田中刑事、本郷理華、白岩優奈が出場! 【男子】羽生結弦(2014ソチ五輪・金メダル、2018平昌五輪・金メダル)、田中刑事(2018平昌五輪出場)、ミハイル・コリヤダ(2018世界選手権・銅メダル)、金博洋(2018平昌五輪・4位)ほか  【女子】アリーナ・ザギトワ(2018平昌五輪・金メダル)、坂本花織(2018平昌五輪・6位)、本郷理華(2014GPファイナル出場)、白岩優奈ほか 【メインキャスター】松岡修造  【解説】織田信成  【実況】角澤照治、三上大樹(共に、テレビ朝日アナウンサー) ~ヘルシンキ ☆フィギュアスケートグランプリシリーズ 第3戦 フィンランド大会  ≪男子フリー・女子フリー≫11月4日(日)よる9時~    ☆番組HP   http://www.tv-asahi.co.jp/figure/  ☆番組公式ツイッター   https://twitter.com/figureskate5ch ☆フィギュアスケートグランプリシリーズ  【第4戦】日本大会 11月9日(金)~11日(日)@広島  【第5戦】ロシア大会 11月16日(金)~18日(日)@モスクワ  【第6戦】フランス大会 11月23日(金・祝)~25日(日)@グルノーブル  【グランプリファイナル】12月7日(金)~10日(月)@カナダ・バンクーバー 松岡修造 / 織田信成 / 角澤照治 / 三上大樹

花岡さんどうもありがとうございました。
黒い手で…。(一同の笑い声)
ありがとうございました。
的場すごいでかい!
次回は横浜でとれる今が旬の太秋柿を使って和菓子の匠が秋を彩ります。
当番組は同時入力の為、誤字脱字が発生する場合があります。
フィギュアスケートグランプリシリーズ第3戦
フィンランド大会。オリンピックが終わって
また新たなシーズンのグランプリシリーズも
中盤戦に入ります。
2大会連続のオリンピック王者羽生結弦が
注目の自身グランプリシリーズ今シーズン初戦を迎えました。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
こちら、ヘルシンキでは
まだ日が上る前午前7時ごろから行われた
公式練習は大会前100点満点の調整が
できたという言葉どおり会場の一番の視線を集めながら
4回転を中心にジャンプはほぼミスなし。
気持ちの入った表情と抜群の安定感で
仕上がりのよさを感じることができました。
そして、なんといっても今大会は男女の
オリンピック金メダリストが
そろい踏みとなりました。
女子は平昌の女王ロシアのザギトワ、16歳。
バックステージでもさすがの存在感です。
ショートは白い衣装に身を包んで
「オペラ座の怪人」の曲に乗って滑ります。
日本勢ではアメリカ大会2位に入った坂本花織が
自身初のファイナル進出をかけての
大事な大会となります。
それぞれが思いを込めた今大会。
羽生は自分の中で一番にあるのはやはり
勝つこと、そう話しました。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
日本が誇るオリンピックチャンピオンが
最高の滑り出しとなるでしょうか。
怪我からの復帰後、羽生結弦が
ぶっつけ本番で臨むことになった平昌オリンピック。
3か月前に足を痛めてリンクを離れることを
余儀なくされた羽生がどのように復活を遂げるのか。
世界中が見つめています。
オリンピック2連覇に向かって最初のショートプログラム。
怪我の前に世界最高得点を出したプログラムです。
ショパンの「バラード第1番」。
練習では成功させました4回転サルコウ。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
4回転サルコウ。
きれいに決まりました。
フライングキャメルスピン。
足換えのシットスピン。
このあとは得意のトリプルアクセルです。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
トリプルアクセル。余裕がありましたね。
そして4回転、もう1つ。
4回転トウループトリプルトウループ。
決めました。完璧だ!
コンビネーションスピン。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
帰ってきました!
強い羽生が戻ってきました!
ショート首位発進。周囲の不安を吹き飛ばすと…。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
66年ぶりの連覇のために選んだ曲は「SEIMEI」。
魂が揺さぶられる4分半です。
最初に跳ぶのは4回転サルコウ。
4回転サルコウきれいに決まりました。
次は4回転トウループ。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
4回転トウループ余裕がありましたね。
トリプルフリップ。
フライングからのコンビネーションスピン。
ステップシークエンス。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
後半です。
羽生の体力は大丈夫か。
もう一度、4回転。
4回転サルコウトリプルトウループ。
決めました!
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
次が最後の4回転。
4回転トウループ。
トリプルアクセルシングルループ
トリプルサルコウ。
ここを3連続にしてきました。
トリプルループ。
ジャンプ、あと1つ。
トリプルルッツ。耐えた!
フライングからの足換えシットスピン。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
コンビネーションスピン。
これが王者です!
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
王者の滑りです!
圧巻の強さ。
オリンピック男子シングル66年ぶりとなる連覇を達成。
地元仙台での凱旋パレードには
10万人が詰め掛けその偉業を祝福した。
史上最年少で国民栄誉賞を受賞した23歳。
そして王者が迎える新たなシーズン。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
グランプリシリーズ初戦に世界の注目が集まる。
氷上サバイバル世界一決定戦。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
フィギュアスケートグランプリシリーズ。
今年第3戦はここフィンランドで行われます。
日本の皆さん、こんばんは。
平昌オリンピック金メダルから9か月。
羽生さんにとってのシリーズ初戦です。
オリンピック2連覇という偉業を成し遂げて
スケートに対する気持ちというのも
大きな変化があった
9か月だと思うんですがそれでもグランプリシリーズから
彼の演技が見られるのは
うれしいことですよね。
今シーズンテーマを、羽生さん「全力」ということ
もともと常に
これを一番大事に思っているということなんですが
僕、今ちょうど感じた。全力、金力とも見える。
全て出し切っている人は
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
金なんだなという気がしますね。
今シーズン、羽生選手は小さいころからの
憧れの存在であるジョニーウィアーさん
そしてエフゲニープルシェンコが
使っていた楽曲で滑るんです。
スケートが純粋に好きだ初心に帰ることができる
プログラムを
全力でシーズン序盤からどういうふうに仕上げているのか
楽しみですよね。
この場で出し切ってほしいんですが
この大会は平昌オリンピックで金メダルをとりました
ザギトワさんも出ます。
そしてグランプリファイナル頑張ってほしいと思うのは日本の
坂本花織選手です。調子、すごくいいです。
ジャンプもキレがありました。
僕らも全力で応援していきましょう。
平昌オリンピックの激闘を制した…。
圧倒的な演技でした!
金メダリストがそろい踏み。
男子シングル66年ぶりの連覇を成し遂げた
羽生結弦。
今回の舞台ヘルシンキは去年、行われた世界選手権で
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
フリーの世界最高得点を記録した場所。
去年のシリーズは怪我で途中離脱。
2年ぶりのファイナルへ大切な初戦を迎える。
対するは、オリンピックでメダルにあと一歩と迫った
中国、キンハクヨウ。
世界選手権銅メダリスト
ロシアのコリヤダら海外の強豪と優勝を争う。
一方、女子はオリンピックを制した
ロシアの16歳ザギトワが登場。
開幕戦2位の坂本花織ら日本勢の挑戦を受ける。
平昌オリンピックから続く氷上の物語。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
2人の金メダリストが新たなページを開く。
羽生結弦選手いつもどおり
静かに気持ちを高めています。
重圧を跳ねのけてオリンピック連覇を達成した
羽生選手ですがまだまだ、伸びしろを感じながら
滑っている確実に成長していきたいと
前に進む姿勢は
変わっていません。9月のオータムクラシックでは
今年2月の平昌オリンピック。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
1人の少女が世界中の視線をくぎ付けにした。
トリプルルッツトリプルトウループ。
ここできました!
15歳、アリーナザギトワ。圧倒的な演技でした!
あれから9か月。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
金メダリストアリーナザギトワが
グランプリシリーズに登場。
新プログラムを披露する。
ご褒美としてもらった日本の秋田犬、マサルも話題。
日本からは、開幕戦で宮原とともに表彰台に上がった
坂本花織。
初のファイナル進出をかけ勝負に出る。
更にシニア2年目となる白岩優奈。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
グランプリシリーズ優勝経験のある本郷理華。
グランプリシリーズ第3戦フィンランド大会は
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
グランプリシリーズ史上初めて
オリンピック男女金メダリストがそろって出場する
特別な大会です。そして日本勢、本郷理華は
グランプリシリーズ5年目。
そしてグランプリシリーズ2年目白岩優奈。
更に坂本花織もエントリーです。
そしてその日本勢が挑んでいくのが
オリンピックチャンピオンのザギトワです。
解説、織田信成さんです。織田さん、ザギトワが
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
どんな演技を見せるか楽しみですね。
公式練習を見ていましても本当にジャンプを失敗しない。
大きな歓声で迎えられました。
そして、そのザギトワに挑んでいくのは開幕戦の
アメリカ大会2位の坂本花織。
この大会にファイナルの行方がかかります。
直前のウォーミングアップ公式練習が
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
始まりました。リンクサイドの松岡修造さん。
いよいよザギトワ日本勢の戦いが始まりますね。
うれしいですね。
正直、僕は世界体操カタールのドーハにいました。
35度の場所から。このフィギュアという場所は
昔から見ることが一番好きだった。
その場所が本当にフィンランドの人たちの
この熱さとともに、いい雰囲気を作っていると思います。
この中で一番、輝いているのは
ザギトワ選手ですね。彼女は7cm背が伸びた。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
今、ちょうど僕横で見ていたら成長痛もあるんでしょう。
テーピングみたいなのをひざにつけているんですよ。
ただ、普通だったらバランスを崩したり
体が女性として変わってくるときですから
その中でどうして保てるんでしょうね。
彼女もオリンピック金メダルリストになって
その責任感といいますか今シーズンも
頑張るぞという気持ちで厳しい練習ですとか
あとは、厳しく自分に節制をして
努力してきていると思うので
本当に、その努力のたまものじゃないかと思います。
今もジャンプを始めましたが
今回新しいルールになったことで
彼女、どのように見えます?
昨シーズンまではショートプログラムも
全てのジャンプを
後半に跳べば1.1倍の基礎点のボーナスを
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
もらうことができたんです。
そのことによって彼女も昨シーズン、すごい高得点を
得ていたんですけど完成度を重視する
今シーズンになってからも彼女のジャンプの質は
すばらしいですので
そういったところはきちんと高く評価されて
高い得点が出ていると思います。
今、見ていましても
僕のすぐそばにはエテリコーチもいるんですが
ジャンプを跳ぶたびに目線を合わせて
チェックしていく。
本当にまじめな方だと思うんですが
今回聞いたら
彼女は秋田犬のマサルものすごく彼女に大切な存在。
友達だというんです。なぜなら、彼女は
朝から晩まで練習尽くしで
友達を作る時間もなかなかないということで
マサルがどれだけ彼女の力になっているか。
うれしくなりました。
トップに立てば立つほど選手というのは
孤独になっていくものだと思うので
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
そういったところで癒やしてくれる存在が
いるというのは大きいですよね。
そして彼女とともにリンクに立っていることから
いろんな吸収を得ているのは坂本さんだと
思うんですが、彼女はグランプリファイナルにいく
大チャンスですよね。アメリカ大会では
すばらしい演技で
2位という好成績を勝ち取って
ここのグランプリシリーズでもすばらしい成績を得れば
ファイナル進出は見えてきますので
期待したいですよね。
思い出せば平昌オリンピック彼女は
最終グループでいてその中で、周りを見ていると
私は表現力が少ないんだと
大人の演技ということを言っています。
オリンピックでの経験が
やはり彼女を更に強くしている。そういったところで
勉強することもたくさんあったでしょうから
どんどんどんどん成長したいという気持ちが
本当に彼女の演技から伝わってきますね。
ちょうど会場では坂本さんが紹介されていますが
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ジャンプを見ていてどうでしょう。
彼女の本来の高さ、幅のあるジャンプを跳べているので
これが跳べれば、出来栄えでも大きく加点されます。
僕が本郷さんに期待したいところは
彼女は拠点を海外に変えていって
何か新しいものを見つけたいぞという
気迫を感じます、見ていて。
やはり、昨シーズン平昌オリンピックを目指して
惜しくも出れなかったという悔しい経験から
またそこから一段階
成長したいという気持ちで新天地に
行ったわけですから彼女も頑張ってほしいです。
今のジャンプを見ていても大きさと、すごく力があるなと
感じるんですよね。
ジャンプが決まるとダイナミックで
すばらしい選手です。
リンクの中で元気だなというのは白岩さん。
公式練習でもよく動いていましたね。
あとはジャンプの確実性ですね。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ジャンプがしっかり決まってくると
高い得点が出てくると思います。白岩さんならではの演技を
見せてほしいと思います。
でも織田さん、こうして見ていると
これだけ広いリンクで
1人で戦うというメンタルとともに
大変ですよね。でも、それぞれみんな
頑張ってほしいなと思います。しかし、ザギトワは本当に
変わったなというのは日本で見ている人も
どう感じてくれるかと思うんですが
大きくなったし
美しくなったし、またより表現が豊かになったというのは
練習見ていても感じます。
身長が伸びたことでジャンプが
不安定になってしまうことがあるんですけど
それを克服して逆にそれを強みにして
更に大きな表現大きなスケートというところが
更に加わった感じがします。三上さん、僕がここで見てる
思いというのを実況も含めてうまく表現してください
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
お願いします。
大注目の第3戦フィンランド大会となりました。
日本勢、女子でいうとアメリカ大会は優勝が宮原
そして2位が坂本。そしてカナダ大会は
デビューの山下真瑚と
2大会連続、いい流れがきていますからね。
日本勢に期待したいですね。
日本勢女子3大会連続表彰台へまずは本郷理華の登場です。
このあと日本勢2人が続けて登場。
あどけない笑顔が魅力。
坂本花織や本田真凜と同じシニア2年目の白岩優奈。
今シーズンのショートは
列車の乗務員を演じる「オールアボード」。
一方、シニア5年目を迎えた本郷理華は…。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
名振付師シェイリーンボーンが手がけた「キルビル」で挑む。
グランプリシリーズ5年目。
日本、本郷理華。
経験を積んだ自分にしかできない演技をと
臨んでいきます。
戦いが始まるそんな気持ちを込めた振り付けで
演技が始まります。本郷理華のショートプログラム
「キルビル」。
最初のジャンプはコンビネーション。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
トリプルトウループトリプルトウループの
コンビネーションジャンプ。
すばらしいですね。
高さがありました。
フライングキャメルスピン。
画面の左上には演技をしている選手のジャンプやステップなど
暫定の技術点が表示されています。
レベル4の構成です。
トリプルフリップ。
レイバックスピン。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
かなりテンポの速い曲。
最初から演技の終わりまで踊りっぱなしと
本郷は話します。
演技後半、基礎点が1.1倍になるジャンプ。
ダブルアクセル。
ここは着氷しました。
今のジャンプも入り方に工夫がありましたので
ジャンプの加点につながります。
コンビネーションスピン。
ラスト力強くステップです。
とてもいい動きですね。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
後半にきてもよく体が動いています。
細かい音までよく表現していますね。
すばらしいです。
最後までパワフルに演じ切っていきました。
日本、本郷理華の得点
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
51.11。ジャンプの回転不足
そしてミスが響きました。
それでも魅力はたっぷり伝えてくれた
そんな本郷理華の演技でした。
さあ、そして日本勢が続きます。次は白岩の出番です。
リンクを包む歓声とは
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
少し離れたところで羽生選手、しっかりと
集中しています。
原点にかえること。
それをテーマに掲げた今シーズン。
羽生選手は今までの道のりを思い返しながら
自分への恩返しのつもりで滑りたいと
話しました。かつて初めて国際大会に出場した
このフィンランドでまた新たなスタートを切りたい。
そう話した羽生選手。日本からも
多くのファンが詰め掛けました。
注目の演技が徐々に近づいてきました。
グランプリシリーズは2シーズン目になります。
16歳、白岩優奈。
今シーズンは結果を残したいと
強い目標を胸に刻んで臨みます。
16歳、白岩優奈。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ショートプログラム「オールアボード」ほか。
出発進行という意味が込められています。
とてもいいスピードです。
まず最初はルッツのコンビネーションジャンプ。
トリプルルッツトリプルトウループ。
勢いよくいきました。
フライングシットスピン。
コンビネーションスピン。
いいですねレベル4の構成です。
場内から拍手が起こってきました。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ちょっと大人っぽく
かわいい振り付けという本人もお気に入りの動き。
ダブルアクセル。
伸びやかなスケーティング
そして着氷でした。
ステップシークエンス。
グランプリシリーズは2年目ですが
デビューしたときのようにスケートが好きだという気持ちを
忘れずに滑りたいと話しました。
次はショートラストのジャンプ。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
トリプルループ。
ここも着氷させました。
キャメルスピン。
元気よく一気に走り抜けていきました。
白岩優奈。
笑顔で演技を終えました。
そして場内からも大きな大きな拍手が
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
この白岩の演技に送られます。
冒頭から緊張感もあったと思うのですが
それに負けず思い切りスピードを出していけましたね。
トリプルルッツは
やや踏み切りのエッジが甘いんですが
回転はしっかり回っていたんじゃないかなと思います。
ファーストジャンプセカンドジャンプともに
しっかりした回転だったと思います。
白岩自身も練習から調子はいいですと
話していたんですがそのとおりの演技でしたね。
表情もにこやかで
体も大きく使って滑っていましたので
そういった動きは加点につながりますね。
トリプルループも回転はしっかり回っていますね。
白岩優奈の得点
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
どこまで伸ばせるか。
グランプリシリーズ2年目白岩優奈のショートの得点は
63.77です。
ジャンプは回転が認定されました。
本郷理華選手です。お疲れさまでした。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ありがとうございました。
率直に自分の演技を振り返っていかがですか。
最初の3回転、3回転はいいものができたかなと
思うんですけど
2つ目のジャンプで失敗があったので
そこをまた直していきたいなと思いました。
明日のフリーですけれどもどんなところを大事に
滑っていきたいですか。
とにかくフリーでやってきたこを
一番に出し切るというのを一番の目標にして
今、自分ができることを出し切って次につながる
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
演技をしたいと思います。
ありがとうございました。
ベルギーの18歳ルナヘンドリックス。
ショートプログラム「It’sAll
ComingBackToMeNow」。
昨シーズンベルギー選手権を制して
平昌オリンピックも経験しました。
トリプルルッツトリプルトウループ。
フライングシットスピン。
コンビネーションスピン。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
開幕戦のアメリカ大会もエントリーしましたが
体調不良でフリーは棄権してしまいました。
これがグランプリシリーズ2戦目になります。
柔軟性のあるポジションもすばらしいですね。
ダブルアクセル。
次のジャンプは基礎点が1.1倍になる
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ショート最後のジャンプです。
トリプルフリップ。
着氷が乱れました。
ステップシークエンス。
体を大きく使ったすばらしいステップです。
レイバックスピン。
最後は美しいスピンで演技を締めくくった
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ルナヘンドリックスです。
そしてこのあとはオリンピック金メダリスト
ザギトワ登場です。
オリンピック2大会連続の金メダルから
およそ9か月。羽生選手が、グランプリシリーズ
自身の初戦に備えて準備を繰り返しています。
復帰戦となりました9月のオータムクラシックは
優勝という結果にも
悔しそうな表情を浮かべていましたが
白岩選手です。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
お疲れさまでした。ありがとうございました。
演技の直後はガッツポーズと笑顔が出ましたが
自分で演技振り返っていかがですか?
今まで課題だったショートプログラムの3、3が
やっと今季4試合目でしっかりと
決めることができて安心したんですが
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
スピンの取りこぼしというところが、やっぱり
前と変わらず課題かなと思うので
見直して、また明日に向けて
頑張りたいと思っています。
明日のフリーですけれどもどんなところを大切に
滑っていきたいですか。
自然と笑顔があふれるような
そんなプログラムにしていきたいと思います。
ありがとうございました。
笑顔で得点を待ちます。ルナヘンドリックスの得点
63.17。ショート、この時点で2位。
本人も納得の表情です。
平昌オリンピック金メダリストが、いよいよ登場。
アリーナザギトワ、16歳。
以前から欲しがっていた秋田犬を
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
今年5月に、ご褒美としてプレゼントされると…。
勝利を意味するマサルと命名。
当時、生後3か月
体重10kgほどの子犬だったマサルも…。
今では22kgを超えすくすくと成長している。
飼い主も同様に急成長。
平昌オリンピックから身長は7cmも伸び
少女からより女性らしい雰囲気に。
そんなザギトワが、今シーズンショートで演じるのは
「オペラ座の怪人」。
悲しくも美しいラブストーリーだ。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ザギトワに挑むのは
オリンピックで見事6位入賞、坂本花織。
明るく元気な高校3年生が掲げた目標は…。
くしくもザギトワと同じ大人の演技。
そこで、羽生結弦やキムヨナの振り付けを手がけた
デイビッドウィルソンを招へい。
指先まで神経を通わせる表現力の練習を繰り返してきた。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
その成果が見られたのは開幕戦、アメリカ大会。
得意のジャンプも決め幸先よく表彰台に。
ザギトワと坂本が大人の演技で勝負!
いよいよ平昌オリンピック金メダルリスト
16歳、アリーナザギトワの登場です。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
期待感にあふれる声援が送られます。
グランプリシリーズは2年目。
昨シーズンシニアデビューでグランプリファイナル
そして、平昌オリンピック金メダル。
一気に世界のトップに駆け上がりました。
16歳のオリンピックチャンピオン
アリーナザギトワ。
ショートは「オペラ座の怪人」。
グランプリファイナル連覇へ向け初戦スタートです。
最初のジャンプ女子では最も得点の高い
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
コンビネーション。
トリプルルッツシングルループ。
練習からほとんどミスはなかったんですが。
フライングキャメルスピン。
とてもいいポジションですね。
大きく加点されます。
ステップシークエンス。
オリンピックで金メダルをとっても
フィギュアスケートにおいて
成長の限界はないと言い切ります。
ターンの数が複雑で多いですね。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
確実にレベル4を取りにきています。
次は難しい入りから。
カウンターからダブルアクセル。
レイバックスピン。
次が最後のジャンプ。
トリプルフリップ。
ここも鮮やかに決めました。
コンビネーションスピン。
ザギトワにまさかのミスが出ました。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
それでも、優雅に壮大に演じていきました。
16歳アリーナザギトワです。
織田さん本当に、こちらに来てからも
調子は絶好調といっていいぐらいの練習でしたよね。
ですので、正直シングルループになったときは
驚いたんですけど
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ダブル以上じゃないといけないので
シングルループがゼロ点というところから
出来栄えのほうでも減点として引かれてしまいます。
演技が終わってザギトワの表情に
笑顔がありません。
そして坂本花織が入れ替わるように
リンクの中に飛び出していきました。
ただ、スピン、ステップは完璧だったと思います。
本当にザギトワはミスをすることは
本当に少ないので。
昨シーズンもグランプリシリーズは
少し、ショートで
苦戦していたところがありましたので
少し昨年の気持ちがよぎったのかなという
感じはありましたね。
どういったミスだったんですか?
少し、着氷したときアウトエッジに
乗りすぎたかなという感じはしましたね。もう少し
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
フラットに乗ってからテイクオフするんですけど
少し乗りすぎたかなという感じがしました。
こういったステップは
確実にレベル4と出来栄えを取りにくる
すばらしい動きでしたね。
足を上げてそこからカウンターをして
ダブルアクセルを跳んでいますので
出来栄えのほうでも
大きく加点もつきますし演技構成点の技と技のつなぎでも
高く評価されます。
トリプルフリップも非常にジャンプの質がいいですし
終わったあともすぐにターンをしたり
動いています。そういったところは
ジャッジが演技構成点を評価するときに
いい動きだなと点数をつけようという動きです。
少し不安そうな表情にも見えます。
オリンピック金メダルをとって世界選手権は5位。
オリンピックチャンピオンとして臨む
そしてファイナル連覇がかかるグランプリシリーズ。
坂本花織も緊張の様子。出番を待ちます。
ザギトワの得点それでも70点に迫る得点です。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
68.90。この時点でトップに立ちます。
そしていつものように背中を押されて
笑顔で飛び出していきました。
開幕戦、アメリカ大会は2位。
更なる、自信と手応えをつかんで臨む
グランプリシリーズの2戦目。
グランプリファイナルの切符がかかります。
初のファイナルへ近づけるか…。
日本、18歳坂本花織。
「FromMyFirstMoment」。
今シーズンは大人の演技をテーマに掲げています。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
まずは坂本の大きな武器。
高さのあるジャンプ。おっと、転倒。
トリプルフリップ。
コンビネーションにできませんでした。
ブラケットからダブルアクセル。
しっかり立て直します。
コンビネーションスピン。
ステップシークエンス。
指先まで意識してやわらかさを出していきます。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
表情、表現はやわらかく。
トリプルループトリプルトウループ。
ここも転倒。コンビネーションにしましたが。
フライングキャメルスピン。
レイバックスピン。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
期待とプレッシャーかかる中で
顔をおおった坂本花織。
今日は笑顔で演技を終えることはできず。
朝の練習ではショートプログラムを
全て通して演技していたんですけれども
ノーミスで完璧な演技だったんですよね。
ですので、やはり本番の独特の緊張感に
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
少し、のまれてしまったかなという感じが。
ファイナルというものもかかっていますし
そういったところからいつも以上に精神的に
硬くなってしまったのかなという感じがしました。
トリプルフリップは
回転をしっかり回っていましたので
基礎点はトリプルフリップの点数で
しっかり入ってきます。
やはり、転倒してしまうと最大でマイナス2.6近くの
減点になってきますので。トリプルループ…。
頑張りましたよね。
コンビネーションにしましたが。
ダブルでもいけたと思うんですが
ここでトリプルを跳ばないとと思って
しめにいったというのは
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
根性があると思います。
坂本の得点ショート、57.26。
この時点で6位。
二度の転倒がありました。
それでも、フリーで巻き返してくれるはずです。
出番が近づいてきた羽生結弦選手です。
原点にかえってスケートを楽しむことをテーマに
掲げた今シーズン。ショートは幼いころ憧れた
元全米チャンピオンジョニーウィアーが
かつて使っていた曲で滑ります。
20年にわたるスケート人生はこれまで決して
平坦な道のりではありませんでした。
数々の困難を乗り越え2度オリンピックの頂点に立った
羽生選手。
幼いころからの夢と憧れの詰まったプログラムを
まもなく披露します。
ロシア、18歳
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
スタニスラワコンスタンティノワ。
昨シーズンの世界ジュニア4位の選手です。
グランプリシリーズデビュー戦はショート最終滑走。
トリプルルッツトリプルトウループ。
レイバックスピン。
フライングキャメルスピン。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
とてもいいキャメルポジションですね。
加点されます。
167cmの身長を生かした
長い手足での大きな動き。
ブラケットからダブルアクセル。
次がショート最後のジャンプ。
転倒。トリプルフリップ。
コンビネーションスピン。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ステップシークエンス。
グランプリシリーズはデビュー戦ですが
昨シーズンシニアの国内ロシア大会では
ロシア選手権、4位。
トゥクタミシェワラジオノワらを
上回ってきました。
坂本選手です。お疲れさまでした。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ありがとうございました。
演技後涙があふれてしまいましたが
率直に演技を振り返っていかがですか。
ファイナルもかかっているこの試合で
集中できていなかったのが一番の原因かなと思います。
フリーでは
うまく切り替えなくちゃいけないと思いますが
どんな演技をしなくちゃいけないと
思っていますか。
明日はパフォーマンスな演技をしないといけないので
しっかり切り替えて明日に備えたいと思います。
頑張ってください。ありがとうございました。
ショート最終滑走コンスタンティノワの得点は
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
62.56。転倒で1点減点があります。
コンスタンティノワはショートプログラム、4位。
フィンランド大会、女子のショートプログラム
トップはザギトワ、68.90。
そして日本の白岩優奈が63.77で2位。
そして坂本が7位
本郷理華が11位です。
さあ、そしていよいよ羽生結弦が登場する
男子のショートです。
4回転サルコウトリプルトウループ。
ここからは平昌オリンピック金メダリスト
羽生結弦が登場する男子ショート。
日本男子もう1人は田中刑事、23歳。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
同い年の羽生とともに平昌オリンピックに出場。
貴重な経験を積んだ。
海外勢も実力者がそろう。
4回転ルッツ。
最高難度の大技4回転ルッツを武器に持つ
平昌オリンピック4位中国のキンハクヨウ。
そして、今年3月の世界選手権で
銅メダルを獲得したロシアのコリヤダ。
更に、先週のカナダ大会で3位に入った
韓国のチャジュナンにも注目。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
激戦必至の男子ショート。
いつものように誰よりも入念に
試合へ向けてウォーミングアップを
進めていきます。
その姿はオリンピック連覇を果たし
再び金メダルを手にしてもあくなき向上心と
勝利への強い思いを表しています。
昨シーズンは怪我の影響で途絶えてしまった
グランプリファイナルの連覇。
また新たな歴史を築くべく
グランプリファイナルへ最初の戦いが始まります。
フィンランド大会男子のショート。
韓国のチャジュナンが登場しました。
ショートの曲はバレエ音楽「シンデレラ」より。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
解説は織田信成さんです。
韓国期待の17歳。
冒頭にカナダ大会見事に決めた
4回転サルコウを予定。
4回転サルコウ。
決めてきました。
画面の左上には
演技をしている選手のジャンプやステップなど
暫定の技術点が表示されます。
トリプルルッツトリプルループ。
フライングキャメルスピン。
2つ目のジャンプの要素で少しバランスを崩しました。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
トリプルアクセル。
歓声が起こります。
足換えのシットスピン。
とてもいい回転速度ですね。
加点につながります。ステップシークエンス。
現在、羽生結弦とともにカナダトロントで
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
練習を積んでいます。
音の取り方も非常にいいですね。
エッジも正確でとてもいいです。
コンビネーションスピン。
羽生のチームメートチャジュナン。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
82.82という得点は
現時点でトップに立っています。
オリンピック連覇を成し遂げ
新たなシーズンを迎えた羽生結弦。
今シーズンショートに選んだのは
「秋によせて」。
この曲を、少年時代から胸に温め続けてきた。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
最も憧れた選手の1人ジョニーウィアーが
トリノオリンピックで演じた曲。
羽生はアイスショーで共演した際
この曲を使わせてほしいとウィアーに直談判。
幼き日の憧れが生んだ新プログラムに注目!
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
フィギュアスケートグランプリシリーズ第3戦
フィンランド大会。
男子のショートプログラム後半グループの選手たちが
直前の公式練習に向かって
リンクサイドに出てくるところです。
強い表情が見えました日本の羽生結弦。
自身のグランプリシリーズ今シーズンの初戦を
迎えました。その近いところでは
松岡修造さんにリンクサイド見ていただいています。
松岡さんいかがですか。
僕も想像していなかったです。
こんなに緊張するものなんだと。正直、オリンピックで
金をとられて僕は1つの選択として
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
羽生さんやめるんじゃないかというのがあったんですよ。
その中でこれだけのモチベーション。
なんで僕はこれだけプレッシャーというか
緊張するのか。勝負勘なんですよ。
織田さん
こんな選手いないですよ。
やはりオリンピック2連覇という
偉業を成し遂げて本当ならモチベーションを
維持するのが、とても大変な時期だと思うんですけど
それでも自分の中にまた新たなものを見いだして
モチベーションを高くして
このグランプリシリーズから戦いを見せてくるというのは
うれしいですよね。
今見ていてもコーチとともに話をしている。
僕は彼と16歳のころから話していて余裕というのを
大事にしているんですね。
集中していきながら本気を出していきながら
どこかゆとりを持っている。それがチャンピオンなんだと。
金を2つ、2大会連続オリンピックで取って
より、彼は力にしていると感じます。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
本当にすばらしい選手ですのでまずは、この
フィンランド大会頑張ってほしいなと思いますね。
これは角澤さんも実況する中で
ただ単の1つの大会ということじゃなくて
この雰囲気も
オリンピックのように全て全力をかけるというのが
すごい伝わってきます。
おっしゃるとおり羽生結弦選手の
今シーズンのテーマは原点にかえって
スケートを楽しむことという
言葉ありました。その言葉の一方で
織田さん、本当にこの前のオータムクラシックが
終わったときは
負けたくないという気持ち。
オリンピックが終わって眠っていた気持ちが
また出てきたということがありました。
オータムクラシック初戦では
やはり、新しいプログラムを
滑るということもあってなかなかフリーでは
ジャンプが決まらない
場面もあったりしたんですよね。そういった経験を経て
羽生選手のやっぱり、勝ちたい。
やっぱり、いい演技をして高い得点を出して
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
みんなに喜んでもらいたいという気持ちが
一層強くなったんだなと思いますし
こちらに来て練習を見ていてもそれはすごく感じますね。
そして場内では後半グループの選手たち。
チェコのミハルブレジナが
紹介されました。
そして、中国のエースキンハクヨウ、21歳。
平昌オリンピックでは4位。
日本勢、田中刑事、23歳。オリンピックを経験して臨む
新しいシーズンです。
ひときわ大きな歓声強い表情です。
羽生結弦。
イスラエルの30歳
世界選手権では4位に入ったアレクセイビチェンコ。
そして、最終滑走です。
ロシア、今年の世界選手権銅メダリスト
ミハイルコリヤダ23歳です。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
選手たちの選手紹介表情を見ていましても
本当に修造さん気持ちが伝わってきますね。
伝わってくるというか表現すると
鳥肌というか、きた!って。
フィギュアシーズンとともに羽生結弦がまた本気になったと
伝わってくるんですがこれは日本の皆さんにも
伝えたいんですけどこの会場内に
大きな羽生さんの写真が飾ってあるんです。
日本からこられた方が一緒に写真とっているという風景は
分かるんです。
ただ、アジアから来られた人とかヨーロッパの人とか
本当に興奮して写真を撮っているのを見て
スーパースターだなと思いますよ。
本当に五輪2連覇ですからね。
66年ぶりですから。普通だとあり得ない選手が
この日本という国から出てきているということが
すごいことだなと僕は思います。
でも、織田さんそれだけ期待というものも
かかっていると思うんです。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
その期待というのが今回新しくルールが変わった中で
彼が、どんな演技をショートから
見せていくかって、みんながそこに注目していると思います。
ルールが変わりまして大きく変わった点でいうと
出来栄え点が7段階から
11段階に変わったところなんですが
羽生選手もそれを意識して昨シーズンは
ショートに4回転ループですとか難しい技を
入れてはいたんですけども今回は、4回転サルコウ
4回転トウループの4回転ジャンプ2つを
完成度を高めてすばらしい出来でやることで
更に高得点を目指していく。
そういう今シーズンは戦い方かなと思います。
この6分間練習を見ていても
ジャンプのGOE出来栄え点を見ていて…。
ターンをして4回転トウループトリプルトウループ。
これは、織田さんが審判だったら
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
どれくらいつけますか?
僕はプラス4からプラス5はボタンを押しちゃうと思います。
満点近いジャンプですね。もともと羽生選手は
跳べば、本当に美しいジャンプを跳ぶ選手で
完成度で右に出る者はいないと僕は思っているので
そういう意味でも彼の普段どおりの美しいジャンプ
ランディングも詰まらずに流れるような美しい
ランディング姿勢を
保ったりそういったジャンプが見れると
ジャッジも最高の評価プラス5というボタンを
押しやすいと思います。
僕の目の前で上着…
戦闘服という言い方がどうか分かりませんが
着替えて、脱いだ中ですごく感じるのは
彼がこのショートで完璧にやりたいんだと。
絶対にミスしないでやるという気持ちを
ものすごい感じるんです。
ショートプログラムはジャンプが3つしかないですので
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
まずは完璧に滑るというのが。
4回転サルコウです。きれいですね。
今のもイーグルポジションからターンを挟んで
技と技のつなぎから
ジャンプを跳んでいるので
加点の評価につながってきて今のでも
プラス5は出ると思います。
オリンピック終わったシーズンですし
そこまで失敗…4回転サルコウって
どれだけ難しいか
分かるだけに、なんでこれだけしっかり調整できてるんですか。
やはり、やる気というかモチベーションというか
特にショートプログラムは
ジョニーウィアーさんの「秋によせて」という
彼も小さいころから憧れているプログラムを
滑るということで
尊敬の念とプラス、プレッシャーというのも
そういう意味でもしっかり調整しているのかなと
思います。
織田さんが見ていてこの流れというか
この6分間を全てうまく使って。
4回転トウループ。いいですね。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
織田さん、採点どうでしょう?
僕は満点しかないですね。とってもいいです。
でも、この雰囲気。いってみれば
このリンクをいい意味で
注目を集めている中で
やはり、ロシアのコリヤダ選手キンハクヨウ選手
また、日本から田中刑事さんもどうにかして
羽生さんに追いつきたいという思いも感じるんです。
全選手、レベルが高い選手が
そろっていますのでキンハクヨウ選手も
4回転ルッツを跳んだりしましたが
彼らもものすごい手ごわい選手ですので
みんな頑張ってほしいなと思います。
角澤さん、オリンピックって今年あったわけですよ。
金を見た瞬間のあの感動。
それから9か月ですけどもう一度。
4回転サルコウは抜けてしまいましたね。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
感動を、そのままもう一度ここで感じれるような
そんな前向きな気持ちで
今日は見れそうな気がしますね角澤さん。
見ている我々の気持ちも高ぶってきました。
フィギュアスケートシーズンの最後を飾る
団体戦の
世界フィギュアスケート国別対抗戦2019の
開催が日本の福岡に決定いたしました。
ただいま、観戦チケットの
番組特別抽選選考をインターネットにて
受け付けています。
詳しくはテレビ朝日国別対抗戦ホームページを
ご覧ください。織田さんとは、羽生選手の今朝の
公式練習も見ましたがそのときは100点満点に近い
内容でした。
ほとんどミスがなかったですから。
直前の公式練習も
変わらぬ姿がありますね。非常にいい状態で
このフィンランドに入っている感じがしますね。
氷の状態も日に日にとてもよくなっているようなので
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
そういった滑りやすさもあると思います。
サルコウの軌道を確認しました。
今シーズンはショート、フリーともに
羽生自身が影響を受けた偉大なスケーターにゆかりのある
曲で滑ることになります。
本人も質の高い演技をしたい。その思いで
オータムクラシック9月に終わって、6週間
練習に取り組んできました。
いつものようにリンクに一例して2大会連続の
オリンピックチャンピオンの羽生がリンクをあとにしました。
このあとこの羽生が自身のグランプリシリーズ
今シーズンの初戦で
どんな演技を見せるんでしょうか。
羽生が静かに気持ちを高めています。
後半グループの演技がこれから始まっていきます。
チェコのベテラン、28歳ミハルブレジナが
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
登場しました。
チェコのブレジナのショートプログラム。
曲は「リヴフォーエヴァー」。
2位に入ったアメリカ大会では高い評価を受けました。
4回転サルコウからのコンビネーションジャンプ。
4回転サルコウトリプルトウループ。
決めてきました。
トリプルフリップ。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
非常にジャンプ全体に余裕がありましたので
加点につながります。
キャメルの足換えのスピン。
フライングシットスピン。
非常に今のフライングに入る空中姿勢に高さがありましたので
こういったところもスピンの加点につながります。
2011年にはグランプリファイナルにも
出場した実力者。
基礎点が1.1倍になる後半の最後のジャンプ。
トリプルアクセル。
ステップシークエンス。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ああいった動きもステップの出来栄え、レベルに
影響してきますね。
コンビネーションスピン。
チェコのミハルブレジナ、28歳。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ベテランが安定感のある演技を見せました。
会場は大きな拍手に包まれています。
男子のショートプログラム後半グループ。
後半グループの第1滑走
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
チェコのミハルブレジナ、28歳。
すばらしい演技でしたね。冒頭の4回転サルコウ
少し練習では苦戦していたんですけど
アメリカ大会同様非常に高さのある
すばらしいジャンプでしたね。
大きく加点のつくとてもいいジャンプでした。
そのあと跳んだトリプルフリップも
左足が内側に倒して跳ばないといけないんですが
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
しっかり内側に倒れて跳んでいます。
ジャンプの質も非常によかったので加点ですね。
トリプルアクセルもしっかり回転も回っていますので
ジャンプの加点につながりますね。
一番、彼の中でいいショートプログラムが
できたんじゃないかなと思いますね、ブレジナ選手。
こちら羽生です。
会場には多くのファンが詰め掛けています。
グランプリシリーズの
自身の第一歩を記すフィンランド大会。
その会場の歓声から少し離れたところで
羽生が準備をしています。
チェコのミハルブレジナの得点は90点台。
男子のショートプログラム後半グループの
始まりを告げるミハルブレジナの
すばらしい演技。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
93.31は現時点でトップに立っています。
本人もこの表情。
ベテランが健在ぶりを見せました。
今年の3月で28歳。
平昌オリンピックにも出場しました。
そしてこちらも平昌オリンピック出場しています。
場内は中国のキンハクヨウがコールされました。
2016年、そして2017年の
世界選手権の銅メダリスト。
オリンピックを経験して臨む新しいシーズンです。
中国のキンハクヨウのショートプログラム。
ビートルズの「WhileMyGuitar
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
GentlyWeeps」。
なんといっても冒頭に4回転ルッツからの
コンビネーションジャンプを
予定しています。
4回転ルッツトリプルトウループ。
なんとかコンビネーションにトライしました。
もう1つ4回転です。
4回転トウループ。
こちらはすばらしかったです。
フライングキャメルスピン。
場内、手拍子です。
最後のジャンプ。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
トリプルアクセル。
滑らかに降りました。
足換えのシットスピン。
コンビネーションスピン。
レベル4の構成です。
ステップシークエンス。
悔し涙の平昌オリンピックは
個人では4位。メダルには手が届きませんでした。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
強い思いで臨んでいるシーズンです。
こういった表現の部分は昨シーズンから
更に進化を見せていますね。
中国のエースキンハクヨウ。
その演技に大きな歓声です。
ショートの演技を終えました。
オリンピックチャンピオンです。羽生結弦の
実力者がずらりとそろっています。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
男子のショートプログラムの後半グループ。
中国のエースキンハクヨウの演技でした。
ジャンプは織田さんどんな印象だったでしょうか。
4回転ルッツ。非常にファーストジャンプは
高さがありました。
彼らしいとてもすばらしいジャンプでした。
ただ、手をついてからトリプル、頑張りましたよね。
ダブルでもいけたんですけどトリプルにしたんですけど
トリプルが回転不足の判定で
基礎点と出来栄えのほうから減点となります。
そのあとに跳んだ4回転トウループは
非常によかったです。こちらは出来栄えのほうでも
加点されますね。
ただ、こういった全体のプログラムですね。
トリプルアクセルも非常によかったですね。
プログラム全体がオリンピックを終えて
1つ、何かイメージチェンジをしようというところで
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
表現の部分でかなり曲も攻めた
選曲で表現も振り付けもとても凝った
非常にいいプログラムだと思いました。
そういったところは演技構成点の振り付けや
パフォーマンスというところで評価してもらえると思います。
そういった意味では羽生結弦もそうですが
新たな4年間新たなシーズンに向かうという
選手たちの気持ちが
伝わってきます。
中国のキンハクヨウの得点。
85.97。
現時点でキンハクヨウはミハルブレジナに次いで
2位ということになりました。
平昌オリンピックでは悔しい思いをした
キンハクヨウ。
その平昌オリンピックを経験した
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
日本の1人、田中刑事が登場します。
いつものように林祐輔コーチとフェンスを挟んで
気持ちを高めます。
強い絆で結ばれている林コーチにひと声かけられて
手を広げて、日本の田中刑事が入ってきました。
このあと、羽生結弦がいよいよ登場してきます。
その羽生とは同い年の23歳。
シニアに上がるころから
切磋琢磨してきたこの田中刑事。
田中刑事、ショートの曲は「Memories」。
ショートは昨シーズンと同じ
マッシモスカリさん振り付けのプログラム。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
冒頭の4回転サルコウに向かいます。
4回転サルコウ。
トリプルルッツトリプルトウループ。
こちらはよかったですね。
フライングキャメルスピン。
足換えのシットスピン。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
最後のジャンプ。
トリプルアクセル。
ステップシークエンス。
オリンピックを経験したからこそ
より結果を残したいという
気持ちが強くなったという今シーズンです。
とてもエネルギッシュでいいステップですね。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
コンビネーションスピン。
より完成度を求めて
昨シーズンに続いての「Memories」。
日本の田中刑事のショートの演技が終わりました。
冒頭の4回転サルコウでの転倒があったんですが
それ以外は非常に落ち着いて丁寧に滑っていたと思います。
コンビネーションジャンプトリプルアクセルも、非常に
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
きれいに決まっていましたのでこのジャンプ2つは
加点されます。青と白を基調とした
ショートの衣装でリンクサイドは羽生結弦。
この羽生とは同い年23歳の
田中刑事が演技を終えたところです。
羽生も一段と力強い表情に変わってきましたね。
そうですね。
今、リンクに入っていきました。
このあと、羽生結弦そしてビチェンコ
コリヤダと続いていきます。
冒頭の4回転サルコウですね。
スピードがあって入り方もよかったんですが
やや回転が足りずに転倒してしまいましたので
基礎点のほうから減点となります。
トリプルルッツトリプルトウループですね。
ファーストジャンプで軸が外側に傾いたんですけど
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
しっかり力強くセカンドにつなげました。
トリプルアクセルです。
回転もばっちりですね。
とてもよかったです。ステップは
体全体でのステップでしたね。
とてもよかったと思います。
ここに更に難しいターンというのを
加えていくことでレベル4というところも
狙えると思いますね。
結果を出すことその強い思いで
臨んでいます、田中刑事。
100%の調整ができましたと
大会前話していたのは羽生です。
いよいよこのあと自らの演技を迎えます。
非常に先ほどから強い表情が印象的です。
場内は田中刑事の得点を待つところ。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
田中刑事の得点は80点台には乗せてきました。
ショートの得点は80.60という得点でした。
いよいよです。
非常に落ち着いたそして、集中した
表情に見えます。
フェンスを挟んでブライアンオーサーコーチと
手を交わしました。
オリンピック連覇達成から9か月。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
羽生のグランプリシリーズ初戦がいよいよ始まります。
羽生が次に選んだ道は初心に帰って
スケートを楽しむこと。
大きな歓声がやんでそのリンクの中央に羽生です。
羽生結弦のショートプログラム。
曲は「秋によせて」。
まずは冒頭の4回転サルコウ。
インサイドイーグルから4回転サルコウ。
軽やかに決めていきました!
ツイズルターンからトリプルアクセル。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
そして最後のコンビネーション。
4回転トウループ3回転トウループ。
なんとかこらえたか。
フライングキャメルスピン。
レベル4の構成です。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
足換えのシットスピン。
ステップシークエンス。一層の歓声です。
かつて羽生が憧れたジョニーウィアーが
2004年から2006年にかけて
使っていた同じ曲に乗っての演技です。
この曲を聴きながらまねしたり
楽しんでいた幼いころの自分を思い返して
滑りたいと話していました。コンビネーションスピン。
とてもいい回転速度ですね。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
加点につながります。
今日一番の歓声が起きました。
これがオリンピックチャンピオン羽生の
新たな挑戦。
ショートの演技が終わりました。
冒頭の4回転サルコウは完璧でしたね。
プラス4、プラス5が出てもおかしくない
本当に完成度の高いジャンプでした。
インサイドイーグルからの難しい入り方から
跳んでいますので加点対象となります。
9月のオータムクラシックが終わったときは、ショートで
ジャンプも少し乱れがあって
そして、スピンも取りこぼしがあったりして
本人も悔しそうな表情を浮かべていましたが
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ジャンプはまとめてきましたね。
ジャンプも非常にすばらしかったですし
実は4回転トウループ3回転トウループのあと
少しオーバーターンをしかけたんですが
そこも軽やかに振り付けのようにターンをして
見せるというのも羽生選手らしい感じがしました。
ただ、ジャンプ自体も非常に質のいいジャンプでしたので
加点につながるとてもいいジャンプでした。
ヘルシンキのアイスホール。
日本の羽生ファンだけではなくて欧米の羽生ファンも
多数詰め掛けています。
すばらしかったのがジャンプ以外の部分も
非常によかったと思います。スピンも回転速度が
十分に速かったですし
ステップも体を大きく使って滑っていましたので
そういったところでもプラス3からプラス4の評価は
もらえると思います。
まずはジャンプを見ていきましょう。
インサイドイーグルから4回転サルコウ。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
いい高さですね。
すばらしいです。
ツイズルからのトリプルアクセルは
難しい入り方から跳んでいるので加点につながりますが
少し回転軸が傾いてヒヤッとしたんですけれども
きれいですね。とてもよかったと思います。
加点ですね。
連続のターンから4回転トウループ。
少し、オーバーターンをしかけたんですけど
4回転トウループトリプルトウループ。
回転はしっかり回っていますね。
振り付けのようにするのが羽生選手らしいと思いました。
かつて憧れたジョニーウィアーさんが
使っていた曲。
楽しんで滑りたいという言葉がありましたが
最後のステップなどはどんな印象がありましたか。
ステップ中に大きくジャンプする
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
シーンがあるんですが
とても音楽表現としても効果的ですし
そういったところでもステップの加点にも
つながるとてもいい動きでした。
最後は場内総立ちという
ヘルシンキのアイスホールです。
笑顔が見られました羽生です。
現時点でトップはブレジナ。
93.31という得点です。
羽生は9月のオータムクラシックで
ショート97.74という得点を出していますが
どんな得点が出てくるでしょうか。
ショートの得点に大きな歓声!
本人もビックリ!
きわめて高い得点。106.69!
この得点はロンバルディア杯で
宇野昌磨が出しました104.15を上回って
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
今シーズン世界最高得点。
さすがの王者の姿を見せました。
本人も1つ2つうなずいて。
オリンピック王者羽生結弦が
今シーズンの自身グランプリシリーズの初戦
まずは、自らの演技高い得点を出して
現時点でトップに立ってきました。
いい表情をしています。
織田さん高い得点が出ましたね。
これぐらい出てもおかしくないぐらい
本当にいい演技でしたすばらしかったです。
更にこのショートのプログラムが
これからシーズンを追うにあたって
どれだけ得点を伸ばしていくのか
注目していきたいんですがまずは羽生が
この時点でトップに立ってきました。
リンクにはイスラエルの
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
アレクセイビチェンコ30歳が登場しました。
今年の世界選手権では4位に入った選手です。
イスラエルのアレクセイビチェンコ。
ショートの曲は
映画「レクイエムフォードリーム」より。
トリプルフリップ。
ビチェンコは4回転は
ショートの構成に入っていません。
トリプルアクセル。
コンビネーションスピン。
最後のジャンプはコンビネーションです。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
トリプルルッツトリプルトウループ。
フライングキャメルスピン。
ステップシークエンス。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
もともとはウクライナ代表として
競技を行っていましたが
7年前からイスラエル代表として出場しています。
足換えのシットスピン。
イスラエルのエース、30歳のアレクセイビチェンコ。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ショートの演技を終えました。
笑顔を見られましたビチェンコです。
アメリカ大会から続いて
万全の状態ではないと思うんですよね。
昨シーズンもショートプログラムから4回転を
組み込んでいる選手ですからやはり、怪我なり
難しいジャンプを跳べない状況だと思うんですが
精いっぱい、頑張ったんじゃないかなと思いますね。
ビチェンコが演技を終えて
残るは男子のショートプログラム
ロシアのミハイルコリヤダを残すのみとなりました。
現時点でトップは日本の羽生。
106.69という得点を出しました。
今、ビチェンコが引き上げていきました。
今年の世界選手権30歳で出場して
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
自己最高の4位に入っている選手です。
冒頭のトリプルフリップジャンプは
高さ、流れもありました。とてもよかったです。
ジャンプの加点につながりますね。
少し手をついてしまったトリプルアクセルでしたが
テイクオフ、跳び上がる瞬間に右腕で
回転をかけすぎたかなという感じがしましたね。
ですので、しっかり跳び上がる前に回転が
回りすぎてしまう状態で降りてしまいました。
そしてトリプルルッツ。
最後のコンビネーション。非常に回転もクリアで
とてもよかったです。加点です。4回転をショートから
組み込んでこれる状態になるとこのプログラムも更に
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
ビチェンコ選手に合ったすばらしいものに
なっていくと思いますね。
今は少し滑りながら不安が垣間見えるというか
少しなかなか練習できない期間もあったのかなという
感じがします。
そして、今演技を終えて現時点でトップに立っています
羽生が
ブライアンオーサーコーチとともに
これは今日のショートの要素の評価を見ているんでしょうか。
終わったらすぐ出るんですよねバックステージに。
非常に高い得点
106点台後半を出してきました。
長いシーズン、このショートのプログラムもどれだけ
羽生の中で磨かれていくのでしょうか。
そして、ビチェンコの得点は73.44。
なかなか得点を伸ばすことはできず
本人もこの表情。
男子のショートプログラムこれで残すは
ただ1人ということになりました。
ロシアのミハイルコリヤダが映りました。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
5歳のころから
チェボタリョーアコーチに指導を受けてきました。
世界選手権の銅メダリスト
ミハイルコリヤダがコールされました。
ロシア期待の23歳です。
自身のグランプリシリーズ初戦の演技が
いよいよ始まります。
最終滑走、ミハイルコリヤダ。
ショートの曲は「IBelongtoYou」。
冒頭4回転、3回転のコンビネーション。
4回転トウループ。
単独のジャンプになりました。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
シングルルッツ。
本来コンビネーションにしていきたい
ジャンプだったんですが。
足換えのキャメルスピン。
ブラケットからトリプルアクセル。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
すばらしいですね。大きな加点につながります。
最後のジャンプは鮮やか。
ステップシークエンス。
平昌オリンピック個人ではメダルを逃しましたが
3月の世界選手権では初めて表彰台に立ちました。
ターンが正確で滑らかでいいですね。
ステップの加点につながります。
フライングシットスピン。
コンビネーションスピン。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
すばらしい回転速度です。
大きく加点されます。
最後は力強いスピンで締めくくりました。
しかし、コリヤダの笑顔を見ることはできませんでした。
ショートプログラムの演技を終えました。
珍しいミスが続きましたね。
4回転トウループも非常に高さがあって
とてもよかったんですけどやや回転軸が
外側にぶれてしまってステップアウト。
足をつく形になってしまいました。
そこでコンビネーションをつける予定だったんですが
つけられなかったので次のトリプルルッツに
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
コンビネーションジャンプをつける予定だったんですけど
そのトリプルルッツも
スピードがかなり出ていた印象があるので
そういったところで
若干トウのつくタイミングが変わってきたのかという
感じがしましたね。
織田さん2つ目のルッツの要素のところが
1回転になってしまいました。
0点という評価
ジャンプがないという評価になるんですけど
ただコンビネーションジャンプが1つ入っていませんので。
それはショートは特にそういった得点の積み重ねが
できないというのは
大きいですね。しっかりと決められた
ショートプログラムの要素を満たすことが
できないということになってしまいます。
現時点でトップは羽生
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
そしてブレジナキンハクヨウと続いています。
ただ、やはり演技中の姿勢のよさだったり動きのキレや
スケーティングの伸びやかさですよね。
そういったものはすばらしいものがあるので
演技構成点で高く評価されると思います。
4回転トウループは回転軸が
外に流れてしまいました。もう少し跳び上がってから
コンパクトに回転につなげれれば
よかったんですが。
どこが悪いというよりもタイミングが
やや合わなかったかなという感じがします。
ブラケットからトリプルアクセルは
非常によかったですね。
回転軸も真っすぐで着氷もすばらしいです。
イーグルをしていますので
技と技のつなぎにも工夫があります。
これはプラス4、プラス5の評価になる
トリプルアクセルです。
昨シーズンのグランプリファイナル
名古屋で行われました。
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
見事に銅メダルを獲得したあのときのジャンプを見ていても
ジャンプが戻ってくれば怖い選手ではありますよね。
スピン、ステップ演技構成点というところでも
非常に高い得点をたたき出せる選手ですので
今日のミスはもったいなかったですね。
今、男子のショートプログラム全ての選手の演技が終わって
現時点で羽生が106.69でトップに立っています。
コリヤダの得点が出ます。
コリヤダの得点は80点台にはかろうじて乗せてきました。
81.76はショート6位で
フリーを迎えることになりました。
そして演技を終えた羽生です。
2位にブレジナ
3位に中国のキンハクヨウということで
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
日本の田中刑事は7位です。
そして、羽生結弦の声が聞けるようです。
お願いいたします。
今、こちらインタビューなんですが
羽生さん、今、生放送で日本中の皆さんに
お伝えしていますがまずはおめでとうっていう
捉え方をしたいんですけどどうでした?
完璧ではないので自分の中でも反省点がある
ショートだったなとは思っていますけれど
まずはとりあえず100点という自分の中での
壁みたいなものは今回、ある意味越えられたので
ちょっとはホッとしています。
点を見たときちょっとびっくりしたと思う。
で、終わってから
ずっとスコアを…。
新しくルールが変わりましたから。
あそこら辺はどういうことを見ていたんですか?
ほかの選手がどういう感じで点数を取ってるかなっていうのと
今回、大会によっての点数のばらつきというのが
まだ感じられるところがあるので
自分たちもそのルールにしっかり適応しながら
その色んなルールの中でいい演技、勝てる演技が
できるようにということは考えていました。
明日のフリーもジャンプ色々出てくると思いますが
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート
今日のジャンプのサルコウなんか
すごい出来栄え点だなって
感じもしましたが、その点数はどう捉えていましたか?
サルコウに関しては自分の中でも納得できる
ジャンプだったと思いますし
フリーに向けては
まだまだ違うジャンプがあると思うので
しっかり、また調整していい演技をしたいです。
日本の皆さんも一番嬉しいだろうなと思うのは
本当に幼い頃を思い出しながら
ジョニーウィアーさんの音楽とともに
すごく本当に楽しんでる今回のテーマだったと思います。
そこら辺、どうでしたか?
この曲自体自分がやりたいと思って
やったプログラムでもあったので
すごく自分自身も表現したいことは
できたかなと。また、今日は
実はプルシェンコさんの誕生日なので
そういう意味でもまた明日しっかり気を引き締めて
頑張りたいと思っています。
明日、そのプルシェンコさんの曲になりますけど
明日に向けて今日の演技も含めて
これが大事だなこういう演技したいなってところ
羽生さん、どうでしょう?
とにかく今回いい調整の仕方をしてきたと思いますし
フィギュアグランプリシリーズ2018 フィンランド大会 男女ショート

再読み込み