2018年11月05日 16:54 - 17:20

ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】

画像だけでダイジェスト

習近平国家主席肝いりの国際輸入博が初開催。貿易戦争に対するアメリカへの中国からの融和のメッセージとの指摘も。中間選挙で日本経済に意外なメリット? 【メインキャスター】   塩田真弓   池谷亨  【サブキャスター】   戸室穂美 夕方ニュースの新機軸!あなたの生活と密接に関係するニュースを厳選して取材。他とは違う視点と切り口でいち早くお伝えします! http://www.tv-tokyo.co.jp/u-sat/ 塩田真弓 / 池谷亨 / 戸室穂美

生放送のため字幕に誤字が生じることがあります。ご了承下さい。
こんにちは。
170以上の国と地域から3600社の企業を集めて
中国が今日、大規模な輸入博覧会を初めて開きました。
習近平国家主席自ら
今後の輸入総額を4500兆円とかかげ
開かれた中国をアピールしました。
開幕式の冒頭、習主席は、中国市場の対外開放をアピール。
今後15年間のモノとサービスの輸入額が
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
40兆ドル、およそ4500兆円を超えるとの見通しを示し、
輸入の拡大に意欲をみせました。
新たに医療や教育分野で外資の比率を緩和する方針を
打ち出しました。
さらに貿易摩擦が激しさを増すアメリカに対しては、
保護主義的な姿勢を暗に批判しました。
博覧会では10日までの期間中、
170以上の国と地域から
およそ3600社が出展し
人口14億人の巨大市場に
先端技術やサービスなどを売り込みます。
その上海の国際輸入博覧会の会場には吉田記者がいます。
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
吉田さん、はじめての博覧会、滑り出しは順調ですか?
そうですね、夕方になってだいぶ人が増えてきて
にぎわってきました。
こちらは食品関連の展示エリアです。
今回、出展企業数が最も多いのが食品と農産物です。
世界中の企業が中国人の胃袋をつかもうと
展示エリアに収集しています。
午前中はこの会場も違った雰囲気でした。
というのも習近平国家主席が朝から会場を訪れていたため
厳しい入場制限がしかれていたからです。
会場周辺でも今朝早くから武装警察が多数配備されまして
厳戒態勢がしかれています。
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
また、先ほどまで駅も封鎖されていて、
まさに市民生活を巻き込んだ開催となりました。
この輸入博、企業の生産活動にも
さまざまな影響を及ぼしているようです。
開幕の1週間前。
輸入博会場前には
開催中は入場できない一般市民たちが
事前に記念写真を撮っておきたいと
大勢詰め掛けていました。
会場の目の前の道路はですね
こうした柵も全部塗りなおされて、
とても新しいペンキのにおいがします。
そして道路もすべて舗装されなおしてピカピカの状態に。
輸入博に向け市内のいたるところで舗装工事を実施。
コンクリートなどを製造販売する、ある日系企業では、
受注が急増し、
輸入博特需だと話していました。
一方、化学品などの危険物を扱う工場に対しては、
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
輸入博の期間中、操業を抑えるよう当局から規制が出されました。
東洋インキの上海工場は
期間中の操業停止を決定。
普段から環境安全対策には万全を期していますが、
今回は当局への協力を優先したといえます。
中国側のなみなみならぬ意気込みを感じますが
貿易摩擦の渦中にあるアメリカ企業は出展しているんですか?
そうですね、国同士はもめているんですが、
アメリカからも180社あまりの企業が参加しています。
そして国別でもっとも大規模に出展しているのが日本です。
こちらは日本の食品をあつめたジャパンパビリオンです。
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
こちらは長崎からのおさかながずらりと並んでいまして、
今が旬のブリ、そしてサンマなどが
おいしそうな状態で並んでいます。
最近は中国企業からの積極的な引き合いも多く、
販売の現場でも
日中関係の改善を強く感じるとのお話もありました。
習近平国家出席は今日の開幕式で
関税の引き下げや巨額の輸入目標額を掲げました。
また明日以降20万人近いバイヤーを会場に送り込んで
各バイヤーに買い付けノルマまで貸す、
いわば国主導の爆買い、
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
世界に対して中国の買う力をみせつけ、
また中国の閉鎖性を指摘するアメリカに対して
開かれた中国を全力でアピールしているようにもみえます。
宣言したどおりに関税引き下げや
外資規制の緩和を実行できるかどうか
それが米中貿易摩擦の行方、
そして中国の国際市場での評価を左右することになりそうです。
以上、上海の輸入博会場からお伝えしました。
ここからは東京財団のカリュウさんにお話を伺います。
よろしくお願いします。
カリュウさん、なんで中国は
こんな博覧会をやるのか、
本当の目的ってなんですか?
狙いは2つあり、ひとつが米中貿易戦争が長引くなかで、
少しでもアメリカからの圧力をかわしたいというのが1点。
もう一つが、まもなくアルゼンチンで
G20があるので
トランプ大統領に習近平国家主席にあうはずですから
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
自主努力してると見せなきゃいけない。
相当前から準備していたという?
日本だと何年も前から準備しないと会場を押さえなきゃいけない。
でも中国はそうはいかないので、今回3ヶ月以内。
国家プロジェクトとしてやらせるわけですから。
貿易摩擦が本当に激しくなるなかで
計画したと。
激しくなってからでした。
それでこれだけの数集められるって、
3000社以上ですから、すばらしいところがここにあります。
いちばん大事なのはトランプ大統領は
これで満足しますかね。
ここまでやってくれているとみると、
すこしはわかるんですが、
ただ、貿易不均衡が均衡するかどうかとなりますと、
そうならないはずですから
これで貿易戦争が終焉するっていうのはならないでしょうね。
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
ちょっとは緩和するかも。
そのアメリカと中国の今後の対立構図に影響を与えるのが、
いよいよ日本時間の明日夜に迫ったアメリカの中間選挙です。
共和党と民主党の両陣営は最後のアピールに奔走しています。
この日も民主党を極左呼ばわりし、猛烈に批判。
一方の民主党は。
今も高い人気を誇るこの人が、声をからしてアピール。
両陣営ともに激しい舌戦を繰り広げるている。
最新情勢では上院は共和党が優勢。
下院は民主党がややリードしてるものの
ここにきて共和党が追い上げている。
という状況ですが、カリュウさん、
この米中関係の視点を
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
中国側としては今回の中間選挙、どう期待しているんでしょう。
民主党は極左、すなわち親中派の人が。
中国からすると民主党に勝ってくれれば、
トランプ大統領のそのかたくなな態度が
少しくらいは南下してくるだろうと。
この1番目の中国のシナリオは
下院は民主党がとりそうだ、
つまり今の最新の情報ですと下院は民主党がとりそうだ。
できれば、そうなったとしても
たぶん今回の貿易戦争、対中関係について
民主党も実はずいぶんトランプ大統領の貿易にかんして
賛成している議員もずいぶん現れている。
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
ということはそれは2番目の選挙後、
米中関係に影響してきますね。
選挙後の米朝関係、中国からすると
少し態度なんかしてほしい。
でも正直に言うと貿易戦争、長期化しそうなわけですから
中国政府が、今これから、
そのトランプ大統領のホワイトハウスとどうつきあっていくのか。
たぶん戦略の練り直しをしなきゃいけないと。
アメリカは今、その中国からの貿易でしたっけ、
半分くらい課税して関税かけてますよね。
あと半分もやりかねないと。
すでに半分やっているんですけど
のこりの半分が全部やられたら
中国の雇用がたぶんむずかしくなるわけです。
それは中国はいちばん恐れている部分があります。
中国内での生産活動が低下するってことですもんね。
そのあと日本へどう影響してくるのか。
プラスマイナス両面がありまして、
ひとつが貿易戦争が日本に飛び火してくる可能性があって、
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
日米の貿易も不均衡しているわけですから
それは日本は少し、警戒していると。
プラスの部分は何かというと。
プラスあるんですね。
というのは貿易戦争、長期化すれば
対中国が、アメリカ、すごく厳しくなってくるわけです。
そうすると中国に進出している日本企業の一部が
工場を日本に戻すと。
日本に帰ってくる可能性が高くなるわけです。
中国からアメリカへ貿易するのが難しいから、
日本からダイレクトに。工場を日本に回帰させると。
もう1つ、中国に残っている部分もあるわけでから、
その部分が中国は
彼らを今まで以上に優遇する可能性が出てきます。
たとえば、どんな形で優遇というのは?
日本企業、中国に進出してて、いちばん困ったのが、
知的財産権、特許を侵害される。相手にされない。
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
今度はちゃんと対処してくれる可能性が出てきます。
今の話は、つまり米中の貿易戦争が長期化した場合、
さらに長期化するリスクは何かありますか。
リスクというか、我々、長期化するのを期待してはならない。
ただ長期化していきそうなので、
日本企業は、今中国においてる、これを考えたときに、
アジア、中国、日本、どうでしょうか。
そのアジア全体の経営環境は大きく変わろうとしているわけです。
中国にあった工場を
ほかの東南アジアに移す動きもでてるらしいですね。
東南アジアのベトナム、ミャンマー、カンボジアなど、
すごく景気がいい。
なぜと聞いたらですね、
中国からきてる日本企業や韓国企業が、工場建ててるので
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
すごく景気がよい。
そういうものが日本にかえってくる。
一部そういう動きもあるんですね。
ハイテクの高付加価値の工場が日本に戻ってくる。
中付加価値が東南アジアなんですね。
それは日本にとってはプラスということなんですか。
ものすごく効率化していくわけで。
さあ、その中間選挙、こういうシナリオで、
日本にプラスの影響もでるかもしれないということですね。
わかりました。
続いては、ニュースピックアップです。
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
片山大臣を徹底的に追及しました。
片山地方創生担当大臣の国税局への口利き疑惑に関し
野党は今日、口利きを仲介したとされる男性を
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
片山大臣が雇用していたことを示す資料が
残っていると問いただしました。
しかし片山大臣は資料は確認中としたうえで、
この男性は私設秘書ではなかったと
改めて疑惑を否定しました。
パナソニックは今日、ミュージシャンなどとコラボし、
家事がはかどる音楽を発表しました。
パナソニックによりますと、
家事の悩みで多いのが気分がのらないこと。
今回、音楽家と気持ちをポジティブにする音楽を研究し
楽曲にしました。
実際、人で検証したところ
音楽を聴いた人から、やる気が出るなど、
ポジティブな回答が得られたということです。
積水ハウスが都心の一等地の売買をめぐって
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
55億円をだましたとられた事件で、
警視庁は仮登記をした疑いで
地面師グループ8人を再逮捕しました。
逃亡している、カミンスカス操容疑者と
別の詐欺事件で服役中の60代の男ら5人の逮捕状を取って
日経平均334円安。
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
アメリカの中間選挙をひかえて
早くも様子見強まりました。
選挙後にトランプ大統領の強硬姿勢が強まるとの
警戒感もあるようです。
米中貿易問題の早期解決に対して
アメリカ政府高官から否定的な見方がでてきたことも
投資家しんりを冷やしました。
為替確認しましょう。113円の前半で取引されています。
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
マーケットをお伝えしました。
その値段は?
愛媛県、西宇和地区産の西宇和みかんの初競りが今朝行われ、
最高品質のみかんは、
12個いり1箱30万円で落札されました。
西宇和地区で生産されたみかんは、
今年から西宇和みかんとしてブランドを統一し、
品質を保証するマークも一新しました。
西日本豪雨の影響もありましたが
品質はよく、甘みの強いみかんができたということです。
卓球のワールドツアー、
スウェーデンオープン女子シングルス決勝で、
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】
世界ランク7位の伊藤美誠は、
世界ランク1位の朱雨玲と対戦。
相手を翻弄します。
第一ゲームを11対3で奪うと
その後もあいてに反撃の隙をあたえることなく
ゆうがたサテライト【中国で超巨大見本市…日本企業が集まるのは何故?】

更新