2018年11月10日 00:52 - 01:23

ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」

画像だけでダイジェスト

ナビゲーター蒼井優がお届けする、11人の役者が実写化したいマンガを選び、独自の役作りで、マンガのキャラクターと一体化するまでを追った挑戦の記録。 ナビゲーター蒼井優がお届けする、11人の役者が実写化したいマンガを選び、独自の役作りで、キャラクターと一体化するまでを追った挑戦の記録。第6回は、平岩紙。2000年より大人計画に参加し、舞台・映画・ドラマ・CMなど幅広く活躍する個性派俳優。実写化したいマンガは、サメマチオの『マチキネマ』。平岩がショートムービーのような素敵なマンガと語るように、12のテーマと12の物語からなる短編マンガ集。 その中の『最後の昼』で描かれている離婚を考えている女性役に平岩紙が挑む! 蒼井優   平岩紙 他 【監督】松江哲明 【構成】竹村武司    【マンガ協力】  サメマチオ『マチキネマ』/宙出版 【オープニング】  『タデ食う虫もLike it!』アンジュルム(アップフロントワークス/hachama)    【エンディング】  『恋』前野健太 http://www.tv-tokyo.co.jp/konomanga/ 蒼井優 / 平岩紙 / 松江哲明

役作りとかに マンガを生かすことってある?
でも…。あんまり関係ない?
全部 説明してくれてるから
マンガって。これ言ってるとき
こんな顔してるみたいな。
それが 全部わかりすぎるから
おもしろいとこもあって
小説は想像できるし 風景とかそっちも おもしろいけど
マンガ それが 作者が全部描いてくれてるのが おもしろい。
マンガ実写の芝居をやるときって
何か 気をつけてることってある?
系統によるかも そのマンガの。
本当に マンガとかアニメとして
成立して こういうものですっていうのが確立されてると
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
もう そのキャラクターに寄せてやったほうが
おもしろいと思ったらそうやると思うし
もっと 心情的に
しぜんに演じたほうがいいマンガだったら
読まずにいくかも。
見る お客さんのこととか気になったりはする?
あんま 気にしいひん。
なんか もう 何やったって言われるでしょう きっと。
こう… その原作ファンの人たちって。まぁ うん。
いいところも悪いところも。それぞれ持ってるね
印象が そのマンガとかその役に対してあるだろうから。
あんまり かわいくない役とか…きれいな女優さんが
ただの黒縁眼鏡かけるだけでブスです みたいなのも
あんま しっくりこない…。
うん ちょっと毛先パサつかせるくらい…。
結局 自分 かわいいと思ってやってるやろ? みたいな。
なんかそんな気がするときあるの。
なんか。そんなこと思う?
もっと 心から その
なんか ナイーブだったり…っていうのを表現するのが
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
その役の だいご味のような気が。
作り手側で その作品をもう別物でもいいってくらいに
この作品を おもしろくするっていうほうが好き。
年齢によってさキャラクター変わってこない? こう…。
変わってく。
20代のとき不思議ちゃんとかが多かったし
30代 落ち着いちゃったし。
じゃあさ 今回すごい興味があるのは
紙ちゃんが やりたいマンガって
どういうのなんだろうっていうのが すごい。
そうそれが…。
もう言っていいの?うん。
サメマチオさんっていう人が描いた
『マチキネマ』っていう。『マチキネマ』。
短編集のマンガで。
「最後の昼」っていうのがその中に1個あって
やるなら これがいいな。
あっ 終わった。うん。
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
よくない? なんか。うん。
なんか 思ってることとナレーションとが
なんか 全部ちょっと外れてて
でも 同じ時間に同じことを
この人から発信されてるっていうのが
すごい共感できるっていうか。おもしろい。
なんか すごい演じてみたいってそれで思ったの。
紙ちゃんって でも 結婚…。してないの。
だよね 離婚の話。そう 結婚してないのに。
ちゃんと客観的に
離婚っていうものって
何なのかっていうことを聞くことってないよね。ない。
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
結局 どっちかの友達っていうのが多くて 旦那さんか奥さんの。
みんな 自分が非があまりないように言うから
こっちのことも聞いてあげないと
結局 この2人のバランスわからなかったりするっていう。
両方の聞きたい。
よろしくお願いします寺井と申します。
よろしくお願いいたします。探しました。
離婚式というのは。
あるんだって。
新郎新婦に対して旧郎旧婦というふうに
お呼びしてるんですけれども。
これから 離婚されるご夫婦とかもう すでに
離婚をされた方を対象にしたサービスで
参列者の方集めていただいて
皆さんの前で 再出発の決意を誓い合うという
そういう前向きなセレモニーになりますね。
例えば どういうことをされるんですか?
式の中でですねセレモニーの中身はですね
結婚指輪を ハンマーでたたき潰していただく と。
そういうことをやっておりますね はい。
大切なものを壊すから 次に進めるっていうのがあるので。
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
確かに どうしたらいいかわからないですもんね
その指輪を。そうですよね。
スライドショーの上映とかもありまして
お二人が出会ってから別れるまでの お写真を
スライドショーで流すっていうのもやってるんですけども
最初 ツーショットが多いんですけどもだんだん ピンで
お一人ソロになる写真が増えてきて
最後は やっぱりお二人の写真はなくなって
お子さんと2人で写ってたりとか。
動物と一緒に写ってたりとかっていう写真に変わってくる。
最後は ブーケトスで終わるんですけれども
ブーケトスの後…。受け取ってもらえるものですか?
ブーケトス やっぱり 受け取りたくない方が多いですね。
ポトッて落ちたり。落ちたりします。
でも それは 基本的には
離婚式においては。
嫌がらずに受け取ってあげるっていうのが
友人の務めというか…。
今までの 彼ないし彼女の悲しみを。キャッチする。
包み込む…。包み込むっていうのが。
離婚理由って 式の間参列してる方に
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
知られちゃうんですか?そうですね あの
離婚に至った経緯は司会者のほうから皆様に
ご説明を しっかりさせていただきますね。
旧郎様が浮気を…。
異性関係のもつれによりとか。
結果…結果わかりやすいですよね。
人間関係のいざこざによりとかですね
もう少し ぼかすと自然の摂理によりとかですね。
そういうかたちで…。ちょっと おもしろい。
ちょっと ぼかしたりっていうのは依頼されてはいますね
ケースとしては。
あぁ…これが 離婚のリアルですね。
なんか グッときますよね。
きっと こんな感じなんだろうなみたいな。
今の時代男女ともに働いてて
女性が男性に 助けてもらうとかいうのも
そこまでないじゃないですか
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
共働きだったり。そういうなかでの
結婚の価値とかそういうなかでも
一緒にいたいと思って結婚したり。
いろんな生活のなかで 皆さんしていくと思うんですけれども。
私 いちばん 自分で想像して嫌なのは
お互いに 感謝出来なくなるのが
いちばん怖いなと思っていて。
最初は とっても幸せだけどいろんなこと ありがとうとか
いてくれるだけで ありがとうなのに
どんどん どんどん忘れていって
当たり前になるのが怖いなと思って。
うちの両親も離婚してるんですけど
やっぱり無理やり一緒にいるよりは
お互いがすごく楽しそうでしたね。
離れてからもお互いパートナーを見つけたりして
理解するまでは結構 時間かかりましたけど
別れって ホント
負のイメージだけじゃないなって思いますね。
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
確かに 離婚って こう
周りの人が 腫れ物に触るような感じの部分も
あるじゃないですか 今でもそうだと思うんですけど
こうやって離婚式挙げることによって
周りの人も 変な気を遣わなくて済むっていう
メリットもあるんですよね。
あの2人 離婚式挙げてるし仲よし離婚だってわかれば
また ゴルフに誘ったりとか。
2人とも 一緒に誘って何かできるっていう
そういう認識にもなるんですよね。
離婚式を開催いたします。
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
早速でございますが本日の主役
旧郎旧婦のご入場です。
皆様 拍手でお迎えくださいませ。
2016年10月にご結婚をされた お二人は
周りの仲間たちからも祝福され
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
絵に描いたような幸せな日々を過ごしてきました。
ところが 旧郎のお仕事が忙しくなるにつれて
徐々に 生活パターンのすれ違いが生じ
いつしか 夫婦の関係に亀裂が生じるようになりました。
口を開けば 掃除や洗濯のしかた旅行の行き先など
ささいなことで言い争うようになり
しだいに 結婚の意味を見失ってしまったとのことです。
決して これは後ろ向きなことではなくて
前に進んでいくための一つの またスタートとして
今後も大切にしていきたいなと思っております。
たいへん 重苦しい感じになってますけれども
あの なんかですねそんな感じっていうよりかは
なんか こう 結婚したことをべつに 後悔してるとか
そういうことでもないですし
なんか こう 新たなスタートとしてそれぞれの人生を
前向きに進んでいったらと思ってるので。
それでは 続きまして
お二人に 離婚届に署名 捺印をいただきたいと思います。
これにて お二人の離婚は成立となります。
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
見守っていただければと思いますお願いします。
お二人で行っていただく
最後の共同作業ということなります。
思い出が詰まった結婚指輪を
お二人に 気持ちを込めてハンマーに込めて
振り下ろしていただきます。
せ~の!
拍手
どっちかっていうと僕のほうがモヤモヤしてたので
何か一つしっかりとした節目というか
きっかけを作りたいなと思っていたところに
なんか 出会ったんですよねこの 離婚式というものに。
あぁ もう別れちゃうんだ
こんな仲よさそうなのにって思っちゃいました。
ありがとう!
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
ありがとうって言ってパイ投げたのが
私は なんか すごくすてきだなって思いました。
改めて ああやってスライドムービーとかを見てみると
正直 いろいろと ジワッとくるものはありましたけれども
でも まぁ 迷いはないですねもう大丈夫です はい。
私は 結婚をしてないので離婚もしてないんですけど
なんか こういうのもあるのかなって思いました。
私自身も わりと前向きなほうではあったんですけど
そこまで たぶん 旦那さんが
いいね やろうよっていう程では
なかったっていうのがあったのでこの話を聞いたときは
すごい あぁ よかったねっていうふうに
心から思いました。
ある意味では なんてことないことなのかもしれないです。
人生のなかの この時間をご縁で知り合って
楽しい時間を一緒に過ごしてってことですからね。
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
ただ そこに一筆のサインがあったかどうかっていうだけの
ことかもしれないですしね。
逆に こう話してるなかで
いろいろ整理されますね またうん いい意味で。
お互いのことを理解をしてるんですけど
人間わがままですからね。
追いかけあって それが でもタイミングが違ったりして
欲しいものがもらえなくてお互いにとかっていう…。
そうですね 忙しくなれば
っていうことは やっぱりあったりはしましたよね。
また そういう自分が嫌になったりしますよね。
なんか 人に対して こう…できてない自分。
やっぱり まだ 世の中共働きだとしても
奥さんが 料理を作ってみたいなのがあって。
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
しかも 旦那がそれを言わなかったにしても
自分自身で やらなきゃって思っちゃうんですよね。
それで やれてないと すごい自分を責めちゃったりとか
妻なのに こんなこともできなくてとかなっちゃうんで
主婦なのにとか しゃべっちゃう苦しさとかは
すごい なんか描かれてる感じがする。
自分たちがやっちゃうからなくならないんでしょうね。
ねっ 結局。勝手に やらなきゃって
思っちゃう…。
でも なんか 料理も
1人分作るのと何人分作るの 一緒だし
1人で住んでても洗濯と家事 全部やってるのに
それが 1人分増えるだけなのに
相手がいると やっぱ人間だからか欲求が出てきて
やったんだから やってよみたいな こう… ね。
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
そういう単純なことなのになかなか気をつけられない。
男が勝手に期待してることと
女性が ある意味勝手に期待してることが
お互いに…お互いに勝手に期待していて
そこを やっぱり言葉にするって
すごく大事だなと思うんですよね。
そうですね お互い 違うカードを得意なカードを持っていて
それを出し合えばね。
ちょっと希望が持ててます 今。
いや ちょっと関係なくなってる。全然 関係ない
今 自分の相談みたいに…。
ぶっちゃけ 生活 2人でしていて何がきつかったですか?
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
離婚をよぎらせるような何かありましたか?
つきあってるのと結婚してるの
そんなに 感覚としては変わらなかったんですけど
でも 結婚ってことになると
やっぱり なんか無意識のなかで自分も… 何ていうんでしょう
なんか ちゃんと 何でしょう…ごはん作らなきゃいけないとか。
やっぱ 家事。そうですね。
あの 何でしょう… とか その親とかも
子どもどうするの?みたいな話とか なんか こう
休日は一緒に出かけないといけないじゃないけど
そういうのが いい夫婦みたいな
なんか こう いい夫婦像がたぶんあって
わりと 自分の無意識のなかで
本当は こうしなきゃいけないんじゃないかな
みたいな 理想というかそういうものに
苦しんでたような気が今は しますね。
思わなくていいってことだよね
やらなきゃとか… ですよね。
えっ? するのかな…。
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
なんか…。相手 現れると思う?
思う。
すごい。えっ?
役作りのためにと思って
いろんな お話聞かせてもらったけど。
確かに。このマンガも もう
そのなかの1人であって
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」
自分も また違うケースになるだろうし
その いろんな人の話が聞けたのが
今日は すごく貴重な時間をいただけたなと。
外 歩いてる人たちも一人ひとり いろいろあるって…。
当たり前だけど 思うと
なんか 頑張ろうって思えるっていうか。
大事にしようと思っていろんなことを 人もだし。
もっと思ったというか。
自分もね。自分もね。
ドラマ25 このマンガがすごい! 第6回「平岩紙の『マチキネマ』」