2018年11月02日 12:00 - 12:30

徹子の部屋 仙道敦子

画像だけでダイジェスト

~23年ぶりに女優復帰…義父・緒形拳さんへの感謝~仙道敦子さんが今日のゲストです。 23年ぶりに女優復帰した仙道敦子さんが登場。24歳の時に俳優・緒形直人さんと結婚し、3人の子どもに恵まれた仙道さん。長年、主婦業に専念していた彼女が女優復帰を決意したワケとは…? 義父は10年前に亡くなった俳優・緒形拳さん。12歳の頃に子役としてデビューした仙道さんは直人さんより先に拳さんと出会っていたという。当時の思い出や直人さんと結婚する事になった際の秘話を語る。22歳の長男がデビューし、親子三代で俳優の道に進んだ緒形家。仕事モードの拳さんは俳優オーラがすごかったが、家庭の中では意外な姿を見せてくれたと明かす。最後、思いがけない人からのメッセージに仙道さんの目には涙が… ☆『徹子の部屋』番組HP   http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

鮮度を保つ新しい技術です。
右側の1時間電波を当てたイチゴは
左側の何もしていないものに比べ
3週間たってもしっかりと鮮度が
保たれています。
政府は2019年までに農林水産物などの輸出額を
1兆円にする目標を立てていて
今回の新技術が輸出の促進につながると
期待されています。
なんと23年ぶりに女優復帰なさった仙道敦子さん今日のお客様です。
どうぞお入りください。(拍手)
ご主人は俳優の緒形直人さん。
義理のお父様は緒形拳さん。
去年息子さんが俳優デビューなすったって。
もうビックリしますね。
どうもしばらくでございました。ご無沙汰してます。
お元気そうで何より。よろしくお願いします。
徹子の部屋 仙道敦子
でもすごいと思うのはあなたあの…。
拍手
お子さん3人いらっしゃる…?そうなんですはい。
しかも長男何歳だって?
今22になりました。すごいわね。
なんか私にはあっという間に思えます。
そうですね本当そうですね。あっ本当に。
あっご長男?ハンサムね。
俳優やってらっしゃる方ですよねこの方。
そうなんです。去年ドラマの方でデビューさせていただきまして。
随分ねハンサム。
お父様…うんそうね。こう並ぶと不思議ですね。
お父様とちょっと似てるっちゃ似てるんだけどどうでしょうね?そうですかね。
似てるっていう風には言われますね。
そうね。はい。なんか…面白い。
24歳の時に緒形さんとご結婚なさった。
はい。それからずっと子育てして。
そうですねもう本当に自然な形ではい。
その時の結婚のご報告の時のね。
こんな感じでしたけどほとんどお変わりないと思いますけど。いえいえいえいえ…。
徹子の部屋 仙道敦子
でもあれから緒形さんもすごくご活躍になったりなんかしてね。
本当ようございました。ありがとうございます。
あなたが嫁いで25年…25年?そうなりました。
私もなんかあまりこう…指折り数えてたわけではないんですけど気が付くともう25年経ってたんだなと。
すごい…。はい。
どんな風でした?その25年。もうでもなんかもう毎日こう…子育てしながらすごく忙しかったんですけれども。
まあね。はい。でもあの…新しいお友達ができたりそんな中すごく楽しく。
『徹子の部屋』で結婚についてご主人が語ってらっしゃるのをちょっとご覧いただいていいですか?
「仲良くしてらっしゃる方がいらっしゃるって伺ってますけど女優さんで」
「でその方とはとても仲いいお友達なんですって?」
「はいそうです」
「キレイな方ね。ウフフ…」
「まあお名前皆さんご存じですもんね」
徹子の部屋 仙道敦子
「仙道さんと」
「結婚するのか?ってこういう風にお聞きになるでしょ?そこんとこはどうなんです?」
「それはまあ自分の中でもある種不安があるんですよね」
「何が一番不安です?」
「やっぱりこう浮き沈みが激しいこの世界ですからええ…」
「なかなかこう沈んだ時にねどうしようかという」
「それは経済的な面とかいろんな事?うーん…」
「じゃあやっぱり本当にいわゆる精神的に俳優としても金銭的にも安定した時が結婚の時期だとそんな風に思ってらっしゃるの?」「そうですねはい」
「でもまあするんだったら結婚はあの方がいいって思ってらっしゃる?」
「ええそれは思ってますよ」「ああそう」
「じゃあなんていうのかしら?」
「いい状態ね今ね。そう思わない?」
「ええ今がだから一番いい状態ですね」
「ねえ」「はい」
なんでしょう?私は。なんだか失礼しちゃうわね。
ここにお出になった2カ月後に結婚発表なすったんですってね。
徹子の部屋 仙道敦子
だからあの時ちょっと困っちゃったんだと思う。
私はもうなさるんだと思ってたんで。
なんかおっしゃってました?ご主人。
いやあの…徹子さんにお会いしたっていう事であとほぼ覚えてないっていうか緊張してたっていう風に言っていましたけれども私も今改めて見て結構はっきりといろいろとお話ししていましたね。
はっきりあなたのお名前まで言っちゃって私は。
そうですね。ほとんど後押し状態。
いやいや…もうありがたいです。
でもあの時はもう結婚なさるおつもりだった?
そうですねもう…そのあと2カ月後に結婚式を挙げさせていただき…。だからお気持ちは決まってたって事ですもんね。そうですねはい。
でもそれからね3人のお子さんがいらっしゃってまあだんだん伺いますけどビックリします。
あなただって全然変わってないもの。
そんな事ないんですけどね。
もう相変わらず抜けてばっかりなんですけど。
ご主人は緒形直人さんなんですけども直人さんよりもお義父様の拳さんにお会いになった方が先だったんですって?
徹子の部屋 仙道敦子
そうですね。授賞式がありまして。
映画の新人賞をいただく事に。あなたが?
はい。その時の最優秀俳優賞というか男優賞がお義父さんだったんです。あっ主演男優賞?
そうなんです。だから同じ式に何度か立つ事がありまして。
あなたは12歳の時から子役としてデビューしてらしたんで子役でお出になった。はい。
あっ可愛いこれが…。すごい可愛い。
うわーなんかもう…。本当ね。
その時に緒形拳さんの方が最優秀主演男優賞。
そうですそうです。『山節考』だったかな。
それでおもらいになったんだと思います。
でもあなたがすごい緊張してたらば緒形拳さんがいろいろ慰めてくださったって…。
もう本当に今もそうなんですけどもうドキドキで。
その時何度かそういうお式でお会いする事があって。
「仙道お前は今何個目だ?」なんていう冗談で…はい。
徹子の部屋 仙道敦子
なんかこう…こちらが緊張してるのを本当にほぐしてくださるような。すごく…はい。
素敵な方でしたよね。そうですよ本当にはい…。
それであのご結婚なさる事になってあのお家にごあいさつにいらした時の事が忘れられない?
ああそうですね。もうあの…結婚のごあいさつというよりもまああの…遊びに初めて行かせていただいたっていう感じの時だったんですけども。
勝手口みたいな裏の…玄関の方じゃなくってそこから入って。もう義母はすぐ…天ぷらを揚げてたんですね。へえー。
私が行く事は知ってたみたいなんですけど義父は知らなくって。
で奥にお義父さんがいらっしゃるっていう事でふすまを開けて奥にお義父さんいるんだなって思いながらもふすまを開けて「あっご無沙汰してます」ってごあいさつした時の…。
その時ワッて驚かれてましたけどそのあとどんな会話したかは全く覚えて…。
徹子の部屋 仙道敦子
あなただとは思ってらっしゃらなかったのね。
その時はなんか義母には伝えてたみたいなんですけれども。
お義父様はあなたの事を子役からご存じなんだけどあなたが嫁になるって事はご存じないのであなたが…今日は嫁が来るぞって思ってたらあなただったんでそれで驚いた?
なんかそうだったみたいです。なんか結婚についてなんかおっしゃったみたいだった?
あの…まあでもすごく2人の結婚は喜んでくれたのですごくはい私もうれしかったです。
それは良かったわね。はい。
緒形拳さんがお義父さんになるってわかった時はどんな感じでした?うーん。
ちょっと結びつかなかったですね。なんかやっぱりもう偉大なる尊敬する俳優さんなので。
それは本当に子役の時から目の当たりにして見ていましたので。
でも普段は本当に普通の義父なので。
あっそう。はい。そういう風になるまでは時間がかかりましたけれども。
徹子の部屋 仙道敦子
最初はやっぱり緊張しました。直人さんの方は…。
直人さんとは割とすぐ打ち解けたの?
そうですね。ドラマで共演させてもらったんですけども割と普通の感覚を持ってる方で。すごくなんか…すごい似てる部分が多かったような気がします。
あなたと?ああそうなの。そういうのって大事ですよね。
そうですねはい。今でもそんな感じします?
そうですねはい。それがやっぱり何よりもね。
でもそれにしてもまあマスコミにこうやってお出になるのは23年ぶりっていうんですからすごいですよね。そうですよね。
なんかその年数を聞くとちょっと恐ろしいというかビックリしてしまいましたけれども。でしかも3人もの子どものお母さんだって思うと…。
仙道さんは28年前に『徹子の部屋』に徹子の部屋 仙道敦子出ていただいてからぶりぐらいなんですけど。
徹子の部屋 仙道敦子
全然お変わりがないように思いますけれどお子さんが3人いらしてご長男の敦さん?何歳で…。
今22歳に。ビックリ!
こんな大きな息子さんがいらっしゃるって本当にビックリ…。で俳優さんにおなりになったんですって?
はい。去年ドラマの方でデビューさせていただきました。
ご覧になってどんなでした?いやもう私の方が逆に緊張しちゃって。
もうVTR撮り終わってるのになんか「間違えないかしら?」なんて言って。
ものすごい緊張しました。ガチガチになって見てました。
息子ですものね。そうですね。
またちょっと違った感覚でしたね。そうでしょうね。
でも親子3代で俳優っていう事になるわけですよね。
緒形拳さんと直人さんとあなたのねお子さんで。
はい。その時ご主人はどんな風でした?
えー…もう最初に「役者になりたい」って言われた時は正直ビックリしました。
徹子の部屋 仙道敦子
やっぱりね。はい。でもやっぱりもう自分で決めてきた事に対してはあとはもう頑張って応援するしかないなっていう感じで。
『徹子の部屋』にいらした時にね直人さんが長男の話をしてらっしゃいましたのでちょっとご覧ください。はい。
「赤ちゃん生まれてね息子さんで」
「おめでとうございます」「ありがとうございます」
「可愛い?可愛い?」「もう…本当に可愛い」
「可愛い?どういうところが可愛いの?」
「どういうところがって言ってももう…全てですね」
「じゃあもう家に帰ったらとにかく会いたいっていう感じ?」
「そうですええ」
「もうただこう…ひたすら見てるだけで十分っていう感じですけどねええ」
「お名前があの…」「敦っていうんですけどもはい」
「奥様のお名前の中の1字なのね」「はいそうです」
「男の子らしいですよね」「そうですねなんかこう1文字にしたかったものですからええ」
「でも仙道さんって本当にお優しそうでお母さんになってもいいお母さんだろうなって感じありますものね」
徹子の部屋 仙道敦子
「うん明るいんでええ」
「やっぱ明るいっていうのはいいですよね」
「そうですよね子どもが…やっぱりそんな感じでしょうね」
「随分昔の写真じゃないですか」
「えっ昔の写真?ちょっともう1回見せて」
「前に出ていただいた時の。変わってます?今」
「若いなっていう感じですね」
「フフフフ…!」
「いいじゃありませんか。そうじゃないのよ表に行く時は」
「女優さんはああいう風になるのよ」
「今でもあなたお出になっていただいたらああよきっと」「いやそうだと思うんですけどね」
「お家の中にいるとほらもう子どももいるしそれどころじゃないんじゃない?」
そうですねフフフ…。ウフフフ…!
お家ではどんなご主人?あの方は。
あの…本当に私はどちらかというといろいろ考えちゃって結構悩む性格なんですけども家の中というか家族の中では一番明るい…。
あっそうなの?明るいんですよね主人が。
徹子の部屋 仙道敦子
だからなんか1つこうなんかこう…悩み事があると大体解決してくれるのは主人のひと言だったり。
あら…。そんな事がまあ…。
我が家はそんな感じですね。ああそう。
であなたが23年ぶりに女優さんに戻ろうかなっていうのはどういうお気持ちからだったのかしら?
もう本当にご縁でしかないなという感じなんですけれども。
もう自然に…自然なっていう事ではないんですけど。
まあそろそろなんかこう…ごあいさつがてら少しずつ何かができたらいいなという形でお話しさせていただいたところドラマのお話をいただきましてはい。
あの…最初はちょっと無理なんじゃないかなっていう気持ちの方が強かったんですけども。
なんか今までそうやっていろんな出会いでいろんな人に助けられてきてる部分が強いなっていう自覚があったのでこれもひとつのご縁かなと思ってやらせていただきました。
でもあなた12年ごとになんか事が起こる…?
徹子の部屋 仙道敦子
そうなんです。12歳でデビューをさせていただいて。
12歳でデビュー?はい。
あら可愛い。ウフフフ…!
で24歳。12年後の24歳で結婚して。
24歳で結婚して。うん。その12年後の36歳の時にもしかしたらちょっとこう…そろそろっていうお話があったんですけどその時に娘を妊娠しましてその事を事務所にお話しして「じゃあまたちょっとしばらく無理ですね」なんてお話をなんかのんびりしてたんです。
そしてまたその12年後が今回なので。
なんか不思議だなと思って…。本当ね。随分不思議ね。
なんかすごい12年って私にとってはなんかあるのかなって。まあ1年…。
十二支で言えば1回転するっていう感じですよね。
そうですね。それも最近マネジャーとお話ししてて「そういえばそうだね」なんて気が付いたんですけども。
でもあなた随分いろんないい役をなさいましたもんね今思い出してみると。
徹子の部屋 仙道敦子
本当に恵まれていたと思いますはい。
私今でも思い出します。あなたがすごくいい役やってらした時の。そうですか。
なんかすごいキレイな着物を着てなんかあの…。
宮さまじゃないなんかすごい…。あっはい。
はい皇女和宮の役をやらせていただいた事もありました。
15歳の時に。あなた15歳だったの?
15歳の時にお嫁に行く和宮の役をやらせていただいて…。
そうでした。あの時にあら可哀想なんてね思ったりしてたんです。そうですね。
可哀想だったうん。ああそうだったの。
和宮だったのねそうですか。はいはい。
そういうのをなさった方なんですけどお戻りになって。
いらっしゃい…おかえりなさいませですね。
ありがとうございます。どうも。
緒形拳さんってあなたのお義父様になる方ですけど。
徹子の部屋 仙道敦子
ちょうど亡くなって10年ですか?今。
でも直前までお仕事してらしたってね。
本当に直前まで仕事をしていましたね。
でご自分がどこか悪いっていうのも全然おっしゃらなかったんでしょ?
徹子の部屋 仙道敦子
そうですねはい。
でも家族はわかってた?はいあの…はい。
でも私とか孫にも本当に詳しくは…。
正直その時はお話なかったんですね。
あっそうなの。でもちろん体調が悪いのは…あれだったんですけども本当にギリギリまでお仕事してたので。
まさかっていう気持ちの方が私も…はい。
どこか悪くてもそのうち治るんだろうっていうね。
それぐらいでした。本当にはい。
緒形拳さんっていう方どういう方か皆さん覚えてらっしゃると思いますけどちょっと『徹子の部屋』にご出演になった時のVTRご覧ください。
「オーイという猫ですが…」
「家内には全然懐かないんですよ」
「そうなんです奥様になじまないんですってね」
「僕にはこういう風にこう擦り寄ってきてこうやってせりふでしゃべったりなんかしてるとニャーニャーってこう…受け答えするんですね」
「ある時期沈んだような時期があったんですね」
「で鬱々とした日々をこう…過ごしているような時期があったんですね」
徹子の部屋 仙道敦子
「で映画を見に行こうと思って川崎に映画を見に行こうと思ったら映画の時間がちょっと合わなかったもんですから」
「えっと…ゲーセンというのを初めて見まして」
「ゲーセン…ゲームセンターですね」
「で入り口にこう…ドラえもんがいてですね」
「2回で500円っていうんですね」
「でそれがタタタタタンタンタンっていうとこれがプップッと浮き上がって3回でこれが落ちる」
「でちょっと時間があるから行こうかなと思って入ってああいろんなもんがあるんだと思いつつこのドラえもんだけがいいと思ったんですね」
「でこうやったら…」
「1回でこれが取れたんですよ」
「トトトトトッてもう出てきたんですか?」
「で2回やれますから2回やったら2回で取れたんですよ2つ」
「ええ」「あー!って思ったらそれを見てた子ども連れのお母さんがですね“あのプロですか?”って言われて…」
徹子の部屋 仙道敦子
「プロではないんですけど…」
「“これで取っていただけませんか”って言うんでいや僕は人のは取れないから…」
「子ども用に取ってほしいって?」「ええそう子どもにね」
「“これ1つあげますから”って言って」
「で僕は新たにこうやって出して」
「で取れるんですよ僕いくらでも」
「また出たんですか?」「はい」
「このドラえもんが僕の瞬間をこう…なんて言うんですかね」
「ある時期を非常に力付けてくれたっていうんですかね」
「ああそう…」「ええ」
ドラえもんに可愛がられてたの?好かれてたの?お義父様は。
取ってほしかったですね。本当ね。
でも本当ね。ドラえもんありました?
ありました。はいはい。なんか懐かしくて…。
でも緒形拳さんみたいな男らしい方がドラえもんっていうのがいかにもね…。
徹子の部屋 仙道敦子
そうですねなんか色の配色とかもすごい可愛いとか言ってたような気がします。
あっそう。はい。
まあいろんなものをお描きになる方ですから。
どんな方でしたか?緒形拳さんって。
本当に大きな優しい愛でいつも言葉数…たくさん声をかけてくれたとかそういう事ではなくって。
私なんかやっぱり子育てでワーッとしてる時とかには「大丈夫敦子は頑張ってんだよ。大丈夫だよ」って。
もうそのひと言で「ああ…はい」って感じでもう。
ああそう…うん。
随分いい方でしたね。はい。
優しい義父でした。ねえ本当にね。
緒形拳さんが好きだっていう俳優さん…。
津川雅彦さんもちょっとこの間亡くなっちゃったけど随分仲良かったしね。そうですねはい。
本当なんか孫の…あなたのお子さんの絵を壁に貼ったりなんかしたり。はい。もうあの…孫が7人いるんですけれども。あっそうなの。
徹子の部屋 仙道敦子
そうなんです。みんながこう絵を…。
やっぱり絵を描くのとかみんななんか好きなんですよね。
そうするとやっぱり実家に持っていって…。
お義父様に緒形拳さんにあげる。そうするとやっぱりすぐ壁とかあちらこちらになんかこう画びょうでカカカカッと貼ってくれて。
もう孫の絵だらけという感じです。
ああそう。孫は喜ぶでしょ?
自分の絵をおじい様がね飾ってくださるんだったらね。
まあそうですか。
でもお家の中でもオーラがすごいんですって?
やっぱりさすがに仕事場から…。
たまたま実家に遊びに行ってる時に仕事場から義父が帰ってきたりするとやっぱりすごいオーラで帰ってくるんですね。
もうこれはなんか…なんなんですかね?
ウワッと…。いつも風がきちゃうような。
そうなんです。でもいったんお部屋に戻って部屋着に替わってごはん食べたりとかするともう普通の義父に戻るんですけどそんな時もなんかこう空気をポーンと明るくしてくれたのは義母の明るさかなって。ああお義母様が?
徹子の部屋 仙道敦子
はい。すごいとにかく明るいので。
ああそう。お義母様は…お義母様っていうか旦那様のお母様も明るい方なんですってね。
明るいですはい。あっそう。それじゃあね。
そのお義母様の明るさが拳さんを支えてたって事もあるとお思いになる?すごく思います。
そのように感じる事はたくさんあります。
そうじゃあラッキーでしたね拳さんね。
ただちょっと早かったのね。
もうちょっとね長生きしていただきたかったって思いますけど。そうですねはい。
ちょっとコマーシャル挟んでとっても素敵なすごい方からメッセージをいただきましたので。えっ!そうなんですか?
ちょっとあなたに読んでお聞かせいたします。
はい。ちょっとコマーシャルです。
じゃあすごい方からのメッセージです。あなたに。
徹子の部屋 仙道敦子
今日お出になるっていう事で。
仲代達矢さんから。えー!
「仙道さんの印象は?」
「映画『鬼龍院花子の生涯』で共演した時仙道さんはとてもいい子で芝居もうまくこの子は将来素晴らしい女優さんになると思っていましたのでとても可愛がってあちこち一緒に行きましたね」
「いわゆる子役芝居ではなく他の大女優の中でも際立っていました」
「殴り合いのシーンでも仙道さんの頬っぺたがうっすら赤くなるほど本気で殴り合いしましたね」
「23年ぶりの女優復帰について」
「良かったね。ますます名女優になるように頑張ってね」
「また一緒にやりたいけど僕も85歳だからね」
そういう事です。えーなんかすごい…。
ありがとうございます。ありがとうございました。
徹子の部屋 仙道敦子
わっすごい…!ねえ。
私本当に仲代さんにこの映画…そのあとスペシャルのドラマにも呼んでいただいて一緒にやらせていただいたんですけども。
本当にそれこそまた緊張している中素晴らしい世界観のお仕事を…。
なんか今何言ってるか…。すごいなんか…はあー!
ありがとうございます。素敵な方だった。
わあすごくうれしいです。良かったわね。
でも本当になかなかこういうの書いていただける方じゃないので。本当ですよね。
あなただったらという事で書いてくださったんです。
なんか手が震えてきちゃう…。
あなた『鬼龍院花子』で仙道さんは夏目雅子さんのなさった役の子どもの時をなさったんですって?そうですはい。
その時は義理の父親役だったの?仲代さん。
はいはいそうです。もうお世話になりましたはい。
でもお優しいわね。こういう風にあなたの事を思っててくださってね。うわー。
徹子の部屋 仙道敦子
なんかちょっとビックリですはい。
本当おめでとうございます。ありがとうございます。
本当。だってなんかどこか…どこ?
京都観光かなんか?そうなんです。
撮影のお休みの時に連れてってくださって。
あなた何歳だったんですって?12歳とかです。
13歳とかそんな感じなんですけども。
本当にマネジャーさんとかがいない状態で仲代さんと私で京都のお寺だとかを…。
今でも覚えてるんですけども観光して。
いろんな事を説明してくださったりして?
そうなんですはい。
喫茶店に入ってお茶を飲んだりだとか。
あの…「いつも頑張ってるね」っていう風に。
ああそう。なんかすごく恵まれてますね。
仲代さんもあなたの事可愛かったんでしょきっとね。
そうだと思います。うれしいです。
徹子の部屋 仙道敦子

更新