2018年11月07日 21:54 - 23:15

報道ステーション

画像だけでダイジェスト

わかりやすさに一生懸命…現場を駆け回ってきた富川悠太と一生懸命伝える徳永有美がきょう知っておくべきニュースをお届けします。「見たい知りたい」をより早く深く丁寧に わかりやすさに一生懸命!ニュースの大切なポイントや視聴者の「素朴な疑問」に、早く・深く・丁寧に応えます。緊迫感や速報性を重視した“ニュース"と元気で明るい“スポーツ"、硬軟取り混ぜた時代を映し出す“特集"に季節感あふれる“気象情報"と情報満載です。 【メインキャスター】富川悠太(テレビ朝日アナウンサー)、徳永有美  【コメンテーター】後藤謙次(ジャーナリスト、共同通信社元編集局長)  【スポーツ】松岡修造、澤登正朗、中山雅史、稲葉篤紀、前田智徳、寺川綾、竹内由恵(テレビ朝日アナウンサー)  【気象情報】喜田勝(気象予報士) ☆番組HP   http://www.tv-asahi.co.jp/hst/  ☆Twitter   https://twitter.com/hst_tvasahi    ※放送内容が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。 富川悠太 / 徳永有美 / 後藤謙次 / SPORTS / 松岡修造 / 澤登正朗 / 中山雅史 / 稲葉篤紀 / 前田智徳 / 寺川綾 / 竹内由恵 / 喜田勝

恐らく犯人は完全犯罪を狙っていたのでしょう。
伊丹どうやって殺したっていうんです?
過去に起きたいくつかの殺人事件に非常に酷似していました。
星野亮《準備は万全だ》また誰かを殺すつもりじゃ?
あなたは計算違いばかりしている。
当番組は同時入力の為、誤字脱字が発生する場合があります。
こんばんは。
「報道ステーション」です。
アメリカの中間選挙の開票が進み
上院では与党の共和党が過半数を維持。
そして、下院では野党の民主党が
報道ステーション
過半数を獲得しました。
これで上院と下院でねじれが生じることとなります。
首都ワシントンに富川キャスターがいます。
富川さんトランプ大統領はこの結果を
どのように受け止めているんでしょうか。
選挙直後にトランプ大統領が
ツイッターを更新しまして今回の選挙は
大成功だったとコメントしているんですね。
更に、こちらの時間の今朝6時20分ごろに
ツイッターを更新しまして我々の大きな勝利を
海外の国、友人から祝福する声が
次々と届いているんだよ
さあ、仕事に戻るぞといったように
喜びと、そして意気込みをツイッターで
表現していたんですね。
ただ、私としては読んでいると
ちょっと強がっているかなという感じも見えました。
今朝の現地の各紙を見てみますと
こちらには2紙しか用意できなかったんですが
報道ステーション
1面の見出しには、民主党が下院を制したというような
見出しが躍っています。いろんな写真が載ってるんですが
こちらの写真はワシントンDCで
選挙速報を見守っていた民主党支持者たちの
写真なんですけれども下院で過半数を確保すると
分かった瞬間に、この笑顔。
そして歓声も上がっていたんですね。
このあと、私たちは民主党の支持者たちに
話を聞きました。そして、政治の取材を
長く続けるプロにも取材をしたんですが
どちらも、今分断された社会は戻るのか。
そして、政治は変わるのかという私の質問に対して
意外な答えが返ってきたんですね。
中間選挙の1日を追いました。
投票の日首都ワシントンDCに
虹がかかりました。
ちょっと意味深にも見えます。
報道ステーション
今回の選挙はトランプ政権への審判でもあります。
有権者数は2億5000万人とされ
全米各地の投票所で長蛇の列ができました。
ロサンゼルスでは陽気な音楽とともに投票所へ。
こちらは、授業を抜け出して投票に向かう学生です。
ワシントンにありますこちらの投票所には
仕事を終えた人たちなどが続々と集まってきて
行列を作っているんですね。
ここのスタッフによりますとこれだけの人が
投票所に来るのは中間選挙としては
極めて異例だということです。
初めて中間選挙で投票したという人もいました。
報道ステーション
今回の中間選挙は多くの有名人が
投票を呼びかけたことでも注目されました。
テネシー州の民主党上院議員候補を応援していた
報道ステーション
歌手のテイラースウィフトさんも
最後の最後まで投票を呼びかけましたが
民主党候補は落選。
共和党の候補が当選する結果となりました。
上院は選挙前の予想どおり
共和党が過半数を獲得しています。
ただ2年前トランプ氏が切り崩した
4つの州では民主党が議席を確保しました。
どこもラストベルトの代表的な州で
トランプ大統領の岩盤といわれています。
トランプ大統領が目指す2年後の再選に
影響するかもしれません。
報道ステーション
更に、下院でも…。
民主党が過半数を奪還しました。
CNNは若者のおよそ7割が
民主党に投票したと報じています。
一躍民主党の目玉候補となった
オカシオコルテス氏も当選しています。
今回は、社会主義的な政策を打ち出す候補が
次々と現れ民主党左派の勢いを表す
ブルーウェーブという言葉が生まれました。
元ソマリア難民のイルハンオマル氏も
報道ステーション
当選しました。
彼女もブルーウェーブの注目候補で
イスラム教徒初の女性下院議員となります。
ネイティブアメリカンの女性としては初となる下院議員も
2人誕生しました。
カンザス州のシャリスデイビッズ氏は
レズビアンでもあります。
今回、100人を超える女性議員が生まれました。
アメリカ議会史上最も多い人数です。
アメリカメディアは結果をどう見たのでしょうか。
報道ステーション
ホワイトハウスを取材してきたCNNの記者に聞きました。
今回の結果はなんでこのようになったと
分析しますか。
上院と下院がねじれたことで
大統領の態度は変わるのでしょうか。
報道ステーション
開票を見守っていた人は
この結果について…。
一夜明け、トランプ大統領がつぶやきました。
では、今回の中間選挙の結果が
報道ステーション
トランプ大統領の今後の政権運営に
どういった影響を与えるのか詳しく見ていきます。
まずは結果です。こういった結果になりました。
まず上院ですけれどもまだ決まっていない議席が
4つあるんですけどもご覧のように共和党が51
一方で民主党が45ということで
共和党が過半数を獲得した。
過半数を前回に続いて維持したことが確定しました。
上院は共和党の勝利です。
一方で下院ですけれどもこちらも14議席
まだ決まっていませんが222議席を
民主党がとった。共和党は199議席ということで
民主党が勝利をした。民主党が奪還したということが
確定しました。ということで今後、2年間は
上院は共和党、下院は民主党が
報道ステーション
多数派を占めるという議会のねじれが
生じる状態が続くということになります。
では、この結果によってどういった影響が出るのか
具体的に見ていきます。まずは上院ですけれども
上院にはこういった権限があるんですね。
多数派を占めた共和党ですが
閣僚、大使、最高裁判事などの
人事の承認権を持っているということなんですね。
外交面でいいますと条約などの承認ということで
外交政策につきましては今後もトランプ大統領
これまでの政策を大きく変更する必要に迫られることは
なさそうだということです。一方で共和党が
今回多数派を失いました下院ですけれども
こちらは下院の議長それから27ある委員会の
委員長。全て民主党が占めるということに
今後はなるんですね。
報道ステーション
このねじれによって具体的にどんな変化が
出てくるんですか?
これまでのようには思いどおりいかない面も
出てきそうなんですね。
この議長それから委員長を全て占められることによって
こんなことが考えられるといいます。
例えば、これまでトランプ大統領ずっと拒否し続けてきました
納税申告改めて開示を求められる。
あるいは、ロシア疑惑ですね。
これで追及を受ける。再調査を求められるというような
可能性がある。あるいはメキシコ国境の壁の建設
予算が通らずに頓挫してしまう。
断念せざるを得なくなってしまうといった場面も
考えられる。あるいは下院だけなんですけども
大統領の弾劾手続きを始めることもできるという。
こういった権限を持つ下院の多数派。
これを今回、トランプ政権共和党は失ったことになります。
この、ねじれが政権にとって
どんな影響が出るのか気になるところなんですが
ここからはワシントンにいる富川キャスターと
報道ステーション
布施哲ワシントン支局長に
伝えてもらいます。お願いします。
早速、トランプ大統領は今議会のねじれの話がありましたが
こちらでいう午前7時7分にツイッターを更新しまして
私と一緒に今回の選挙を戦ってくれた候補者たち
非常によくやったと。ただ、それをしなかった人たち
さようならといったように
早くも分断をあおるかのような発言をしていまして
議会運営、厳しくなりそうだなという印象を受けましたね。
議会はねじれますから物事を前に進めるには
トランプ大統領は民主党と協力する
一致点を見出す努力をしなきゃいけないんですけど
トランプ大統領のキャラクターを考えると
難しいかもしれませんね。しかも、当の民主党のほうも
こういうふうに言っているんですね。
報道ステーション
一致できる妥協点を見出す努力をする。
でもできなかったら
我々の独自路線でいくと早速
対決路線を匂わせている状況ですね。
となると、政治は停滞するとみられると。
トランプ大統領、民主党どちらも協力する
モチベーションに
欠けているというのが構図だと思います。
政治が停滞しますと
次の大統領選トランプ大統領にとっては
逆風となりますし
更に前回の大統領選でトランプ大統領誕生の
原動力となりましたラストベルトの
主な州、4州で今回、落としているんですね。
そういったことも大統領選に向けると
トランプ大統領にとっては逆風になりますよね。
大統領選再選を考えると
ラストベルトを落としているのは非常に痛いですね。
加えて来年になりますと大道路線モードになります。
そうなると民主党のほうとしてはトランプ大統領の
ポイントになるような協力はしないということになります。
そうなると対決路線で法案は成立しない、物事は前に進まない
報道ステーション
ということになります。更に加えてロシア疑惑
この問題でトランプ大統領を
厳しく追及するのは目に見えていますので
トランプ大統領からすると大統領選に向けて
成果を積み上げるどころか防戦一方になりそうです。
大統領選に向けて支持者たちという面で見てみると
先ほどのラストベルトの人たちもそうですけれども
ほかにも民主党に流れた人たちがいたんですよね、今回。
鍵を握ったといわれているのは郊外に住む
女性票が民主党に流れているといわれていますが
いわゆるサッカーママといわれる人たちです。
子どもたちをサッカー教室に通わせているような
郊外に住む高学歴の女性。
こういう票が2016年のときはヒラリーさんを嫌って
投票にいかなかった。その結果、トランプ大統領の
勝利につながったといわれていますが
今回の女性票が民主党に流れたということは
大統領選に向けてトランプ大統領にとっては
不安材料だといえると思います。
一方で次回の大統領選と考えると
民主党に希望はあるのかと考えたときに
報道ステーション
今回の中間選挙では若い世代ですとか
女性の候補者たち新しい風が吹いていましたよね
民主党には。そちらは追い風に
なるんでしょうか。
コルテスさん、だいぶリベラル系の女性の候補で
注目を集めましたね。
こういった方を中心とした
いわゆるリベラルの路線でいくのか
あるいは真ん中の路線でいくのか
まだ民主党実は定まっていません。
もう1つ課題があって大統領選を考えたときに
党の顔がまだ見えてこないのが現状ですね。
今、名前を上がっている人を見ても
バイデン前副大統領あるいはサンダースさん
いずれも70代後半の方々ですね。
ですので今回大量当選した女性の新人あるいは
テキサスで負けてしまいましたが健闘したオルーク候補
こういった若い世代を中心に世代交代を
図っていけるかどうかが今後の課題だと思いますね。
若い世代というのは民主党の中でかなり左
極左ともいわれていますが民主党の中でどうやって
まとまっていくかも重要ですね。
報道ステーション
左のリベラルの路線はアメリカの中では
社会主義なんじゃないかという批判も結構あって
なかなか不人気なんですね。この辺を、どう有権者に
説得していくのかも見どころだと思います。
とにかく民主党にとっても共和党にとっても、もう
中間選挙は終わりましたから大統領選に向けて
どうアピールしていくかということですね。
中間選挙の翌日から大統領選は
始まっているといわれていますね。
トランプ大統領がこの中間選挙どう考えているのか。
結果をどう捉えているのかは日本時間の
日が明けまして午前1時半から
会見を行うということです。
こちらからお伝えしました。ありがとうございます。
後藤さんトランプ政権にとっては
この結果、もしかして
厳しいものかもしれないということなんですが
日本政府としてはこれからどのように
向き合っていく感じですか?
日本政府は非常に今回の選挙結果を受けて
トランプ大統領は踏みとどまったという認識なんですね。
つまり上院では過半数を維持した。
下院は負けましたけど歩留まりがかなりよかったと。
報道ステーション
その意味ではトランプさんがツイッターしているように
大成功だったという認識なんじゃないかとみているんですね。
ただ、選挙戦全体を見ますと分断に始まって
出口も結局、分断だったと。
その分断の幅というのは更に広がったという印象は
非常にあるんですね。ただ、トランプ大統領は
ある面で自分はある程度の勝利を収めたという認識ですから
内政面の行き詰まりそのフラストレーションを
外交にぶつけてくるということは
ややしばらくは今までどおりの考えで
進んでくるんじゃないかと。そんなに先鋭化することは
ないかもしれないというふうに日本政府は見ていいと。
ただトランプ大統領のことですから
予測不能という点はありますね。それは政府高官も
会うたびに、取材するたびにトランプ大統領は
何考えているか
分からないからねということがありますから
そこはやはり未知数の問題として残っているんだと思いますが
報道ステーション
基本的には今までの路線を追求していく。
今回、徳永さんも言いましたが
オバマ大統領が出てきましたからね。
布施支局長が言っていましたけど
こういう中間選挙で次の大統領選挙に向けて
スターが出てくるというのは必須条件だったんですが
オバマさんしか目立たなかったというのが
やはり民主党の人材難。それは逆に日本外交も
次の大統領選挙をにらんで
民主党の人脈はどうなってくるのか
どういう顔になるのか。
こういう手探りを進めながらトランプ大統領とも
向き合っていくと。そういう非常に難しい舵取りを
迫られると思いますね。世界の流れもあり
日本とどう向き合っていくのかも
気になるところではありますね。ここからということですね。
中間選挙に続いては日本の国会のニュースを
お伝えしていきます。
今日、議論になったのはこちらの看板なんですね。
笑顔で写っているのは片山さつき大臣。
名前と顔がぱっと飛び込んでくる
看板なんですけどさいたま市内のある交差点に
報道ステーション
掲げられているんですが今日はこの看板をめぐりまして
野党は片山大臣を追及しました。
看板は2016年1月に設置されたということです。
この年の夏には参議院選挙があり
片山大臣は全国比例区で当選しています。
公職選挙法では選挙期間中に掲げることのできる
看板には制限があります。
片山大臣は先月大臣に就任して以降
報道ステーション
政治資金収支報告書を2回訂正しています。
焦点の外国人労働者の受け入れ拡大では
報道ステーション
家族の医療をめぐって議論になりました。
今日、議論になったのは
報道ステーション
外国人労働者の医療費についてです。
外国人労働者が医療保険に加入していれば
報道ステーション
扶養する家族が母国で医療を受けた場合でも
一定の条件を満たせば日本側が費用を負担します。
保険の対象に家族を含めるかどうかについては
報道ステーション
議論が煮詰まっていないようです。
また、不景気などで人手が余った場合については…。
更に、おとといちぐはぐな答弁をした桜田大臣は
報道ステーション
当初、野党から質問の事前通告がなかったとしていましたが
今日になって一転通告はあったとして
謝罪する意向を固めました。
後藤さん、外国人の方々の
受け入れをめぐる法案なんですけど
まだまだ生煮えだなという感じがするんですが。
おっしゃるとおりでこういう法案を
我々どんがら法案というんですね。
どんがらというのは器はあるんだけど
中身は全く決まっていない。家に例えれば屋根と壁は
あるんだけども
間取り、何人に住んでいるかが全く分からないまま
スタートしてしまっていると。
報道ステーション
非常に珍しい現象が起きているなと。安倍政権が
さまざまな政策によって各新聞社によって意見が
対立するんですけどこの法案については
大手紙のほとんどが拙速であるということと
ビジョンがないとこういう意味で非常に否定的なところで
一致してるんですね。
いかに生煮えのままスタートしてしまっているか。
決まっていることといえば
来年4月から始まりますよというのと
法務大臣の国会答弁の中で
初年度は4万人ぐらいです。対象業種は14業種です。
しかし、それの中身については法務省例で決めます。
つまり国民の前で議論するんじゃなくて
法務省の中で検討しますということですから
国の形に関わる問題なので
そこはきちっと詰める必要があると思いますね。
後藤さん、器といいますけど器の大きさすら
最終的に、どのくらいの外国人を
受け入れるのか。それすら分からないと
どんな大きなものができるのか
中身の以前にという感じもしますが。
一応、政府は数十万人といわれているんですが
その一方で技能実習生という
制度があって、数千人が毎年
失踪してしまう。そういう制度を残しながら
報道ステーション
新たな制度で受け入れる。
この国をどういうふうに持ってくるのか
原理原則がないわけです。
かつて大店法という法律があったんですが
これはアメリカ側の強い要求で改正し、更に廃止したんですね。
その結果、何が起きたかというと
大店法というのは大型店舗のことですが
これによって全国の商店街が消えてしまったんですね。
つまり蟻の一穴という言葉がありますが
1つの小さな穴が大きな堤を崩してしまう。
そういう懸念のある法律ですから
ぜひじっくり検討して審議してもらいたい。
向き合わなくてはいけない問題ですから
ちゃんと議論して私たちにも
教えていただきたいというところがありますね。
続いて、再稼働の行方どうなるのでしょうか。
こちらの写真はおよそ40年前です。
報道ステーション
茨城県の東海第二原発です。
ここが原発でその奥、田畑が広がっていて
建物もあまりない状態なんですけども
あれから40年。
現在は、こちらです。
ご覧のように奥にはぎっしり住宅が立ち並んでいます。
今では、世界でも類を見ない
住宅密集地に立つ原発に対しまして
原子力規制委員会は今日20年の運転延長を
認めました。
周辺の自治体はこの再稼働に
反対の声を上げているんですけど原発運営会社の幹部から
今日、驚きの発言が飛び出しました。
新しい協定に拒否権という言葉はない。
報道ステーション
東海第二原発を運営する日本原子力発電の
副社長の発言です。
どういう意味なのでしょうか。
今日、東海第二原発について最長で20年の
運転延長が認められました。
東海第二原発は今月28日に
原則40年の運転期限が迫っていて
廃炉になるところでしたが規制委員会が
優先的に審査し期日に間に合わせた形です。
東日本大震災で被災した原発が
報道ステーション
運転を延長するのは初めてとなります。
今後の焦点は、地元から再稼働の
事前了解が得られるかどうかです。
原発を再稼働するには立地する自治体の
事前了解が必要です。
更に東海第二原発の場合は今年3月
周辺の自治体と新たな協定を結び
6つの自治体の事前了解が必要となりました。
このうち5つの自治体が再稼働について
判断を保留していて那珂市は先月になって
反対を表明しました。
今日、那珂市の海野市長は反対の理由について…。
報道ステーション
市民へのアンケートでも
再稼働に反対という回答が
およそ65%に上ったそうです。
地元自治体から再稼働反対の声が上がる中
飛び出したのが、冒頭で紹介した
日本原電副社長の言葉です。
報道ステーション
協定書には実質的に事前了解を得る仕組みとすると
書かれていますが確かに、周辺の自治体に
拒否権があるかは明示されていません。
改めて日本原電に聞きました。
那珂市長は周辺の自治体にも
報道ステーション
拒否権があるという認識で困惑を隠せません。
この東海第二原発ですけども
30km圏内には全国最多の
96万人が暮らすということですから
だからこそ住民への丁寧な説明が必要になってきますよね。
今日、なぜ認可したか。2つ背景があると思うんですが
報道ステーション
1つは28日に40年の期限が迫っている。
それからもう1つは福島第一原発事故の
原発と同じ沸騰水型の
原発の初めての再稼働だった。この2つだと思います。
しかし規制委員会というのは40年ルール
これは例外中の例外にしないといけないといっていたんですが
ここからは今夜知っておいていただきたい
報道ステーション
こちらのニュースをお伝えしていきます。
まずは、周囲の住民の方も大きな揺れを感じたそうです。
自衛隊の車両が住宅に突っ込みました。
午前8時半前青森県おいらせ町の国道で
報道ステーション
航空自衛隊三沢基地の車両が道路脇にある住宅に
突っ込みました。
住人は外出中でした。
車両に乗っていた30代の男性隊員2人が
怪我をしましたが命に別条はないということです。
防衛省によりますと事故を起こしたのは
弾道ミサイルなどを迎撃するPAC3の
一部となる車両で北海道で訓練を終えたあと
三沢基地に戻る途中でした。
今、読んだ記事で誤りがありました。
正しくは、おいらせ町でした。
続いてのニュースにまいります。
今日、ズワイガニの初競りで過去最高額が出ました。
競り場は驚きの声に包まれました。
過去最高額で競り落とされたのは
報道ステーション
鳥取港に水揚げされたこちらのズワイガニです。
甲羅の大きさや重さなどから最高品質を示す
五輝星に認定され、落札額は
なんと1匹200万円です。
ズワイガニの漁は昨日解禁されましたが
漁獲量は今年をピークに減少を続け
3年後には半分になってしまうという
調査結果も出ています。
200万円で落札したのは
鳥取県で鮮魚店を営むこちらの社長です。
気になる落札したカニはまずは2~3日、店内に飾って
その間に今後どうするのか考えていくそうです。
続いて、本物の展示会と偽物の展示会。
中国で今日同時に開催されています。
上海にある、こちらの会場では
報道ステーション
今日から本物の草間彌生作品の展示会が
始まっています。
建物の中も水玉だらけですね。
草間彌生さんの作品によく似た展示物もあります。
芸術家草間彌生さんの偽の展示会は
中国で後を絶ちません。
今日から上海で本物の展示会を開く一方で
草間さん側は、広州では偽物が展示されていると
抗議しています。
偽の展示会の主催者は…。
これは自爆テロの一部始終を捉えた
報道ステーション
防犯カメラの映像です。
ニット帽の男が人通りの多い場所へ向かっていきます。
次の瞬間。
別のカメラで見ると自爆した男は
その場で横たわったまま動きません。
警察官が近づきますが男の体に
爆弾が巻きついていることに気がつき…。
このように慌てて離れていきます。
しかし、爆発はせず男は意識を取り戻し
警察に拘束されました。
報道ステーション
この爆発で近くにいた3人が軽い怪我。
男は重いやけどを負いました。
この映像は男の裁判で証拠として出されたもので
今日、メディアなどに公開されました。
続いてまいりましょう。
年末恒例の流行語大賞にノミネートされた
30の言葉が今日発表されました。
「報道ステーション」でも数多くの言葉を
紹介しています。
金足農業旋風!初の決勝進出!
今年はスポーツにまつわる言葉が
数多くノミネートされました。
夏の甲子園からは金足農旋風です。
カーリング女子の「そだねー」もぐもぐタイムなど
報道ステーション
世界の舞台で活躍する選手たちの一方で…。
指導者による不祥事が相次ぎました。
ボクシングの奈良判定や日大アメフト部の悪質タックルが
選ばれています。
また夏の災害級の暑さや
北海道地震による大規模停電ブラックアウトといった
多くの災害に見舞われた1年を
象徴する言葉も目立ちました。
芸能では男性同士の恋愛を描いた
ドラマ「おっさんずラブ」や
再ブレークを果たしたDAPUMPの
報道ステーション
「U.S.A.」も
ランクインしています。
スーパーボランティアの尾畠春夫さんも
選ばれました。
ノミネートされたことをご本人に伝えますと
そんなの、すぐ落選しますと話していました。
もうそんな季節なんですね。
早いですよね。森川さん、どの言葉が
選ばれると思いましたか?私はひょっこりはんというのが
選ばれると思います。そこはやっぱり
「おっさんずラブ」でいかないと。
模範的会社員ということで。私は尾畠さん
取材させていただいたので
ぜひ選ばれればいいなと思います。
気象情報はテレビ朝日の屋上から
報道ステーション
お伝えしていきます。
喜田さん、昼間は暖かかったんですけども
夜は、やはり冷えますね。
報道ステーション
今、気温16度くらいで
風が北風なんですよね。
11月だなという感じがしますね。
今日は立冬だったんですけども
立冬ということで今日から暦の上では
冬ということになりますが沖縄以外でも
夏日になるような暖かさだったんですよね。
この日差しは夏のようですね。
鹿児島25度以上になりましたが
こちらがその鹿児島の今日の様子です。
水遊びしていますね。
半袖半ズボンですから11月とは思えませんよね。
これも夏の風景に見えます。
空も夏の空みたいですね。
そして、朝も冷え込みが弱まっているんですよね。
こちらは今月に入ってからの札幌と東京の
最低気温なんですね。緑色は平年なんですけど
ここ数日、平年よりも5度ぐらい高い日が続いています。
グラフに収まりきらないぐらい
報道ステーション
暖かい。冷え込みが弱いということは
今、見ごろを迎えている
紅葉なんですが、しばらく長く楽しめることになりそうです。
見事ですね。美しい。岐阜県高山市の
城山公園の高揚なんですが今年は色づきに
ばらつきがあるようなんですね。
夏が非常に暑かったということと
雨の降り方が極端だったということが
原因のようです。では明日の全国の気温です。
明日の朝、北海道は今朝より冷え込みそうです。
それ以外は1日を通して平年よりも暖かくなりそうで
鹿児島は明日も夏日の予想となっています。
お天気は西から下り坂です。
九州では早ければ夕方から雨が降り出すでしょう。
また、福島や仙台でもお帰りが遅い方は
傘があったほうがよさそうです。
明日夜の雨の予想なんですが
低気圧、前線の影響で西日本はザーザー降りの
報道ステーション
雨になりそうなんですね。
雨だけではなく風も強まります。
沿岸では強い風にお気をつけください。
雨の予想もう少し詳しく確認しますと
九州北部や高知、徳島県は
夜、強い雨が降りそうですね。
また、東北地方。
強い雨こそ降りませんが太平洋側で
弱い雨。また関東地方も場合によっては
にわか雨があるかもしれませんね。
この先のお天気なんですが
金曜日を見てみると全国的に雨となりそうですね。
札幌など北日本で荒れた天気
大荒れの天気になりそうです。
また、季節外れの暖かさは日曜日ぐらいまでになりそうで
来週は暖かさの反動で寒い日もありそうです。
暖かさに体が慣れていますから
来週は気温差気をつけたほうがよさそうです。
このあとはスポーツです。
スポーツは竹内さんです。
報道ステーション
よろしくお願いします。
まずは、プロ野球です。日本シリーズが終わり
ストーブリーグの季節になりました。
注目は各球団の争奪戦が予想される
こちらの2人です。広島の丸選手と西武の浅村選手。
今日、FA宣言しました。
広島史上初のリーグ3連覇に貢献した丸佳浩。
丸の守備は5年連続のゴールデングラブ。
報道ステーション
バットでは今シーズンホームラン、打点ともに
チームトップ。
まさに打って丸、守って丸の
マルチプレーヤー。争奪戦に名乗りを上げるのが
丸の地元千葉に本拠地を置くロッテ。
5年ぶりのリーグ優勝を目指す巨人とみられています。
そして今シーズン2度目の打点王を獲得。
西武、浅村栄斗もフリーエージェントを
宣言しました。
獲得交渉に乗り出すのはソフトバンク
オリックス、楽天の3球団とみられます。
一方、メジャーリーグへの挑戦を表明している菊池雄星。
報道ステーション
昨シーズン、最多勝に輝き
今シーズンも14勝を挙げチームのリーグ優勝に
貢献しました。
日本球界を代表する左腕のメジャーリーグへの移籍に
アメリカも注目。
すでに15球団が補強選手として菊池を
リストアップしているといわれていますが
メジャーリーグに詳しいスポーツライターの生島氏は…。
こちらはプロへの第一歩。
報道ステーション
広島のドラフト1位報徳学園の小園海斗が
指名の挨拶を受けました。
走攻守そろった逸材にドラフトでは
大阪桐蔭の根尾に並ぶ
4球団が競合。
やはり意識するのは…。
続いては野球の日本代表です。
4年ぶりの開催となる日米野球が
報道ステーション
あさって開幕します。
メジャーリーグのオールスターチームとの
対戦に向けて
今日、侍ジャパンが
台湾代表と対戦しました。
これが最後の最後まで目が離せない展開となりました。
侍ジャパンの力試しとなる台湾との一戦。
3回、守備が光ります。
どうか、ライン際!とってますか。
代表初選出、楽天田中和基のファインプレー。
5回、ツーアウト3塁1塁のピンチを背負った
3番手、岩貞。
センター前へはじき返され先制点を奪われます。
更に…。
スリーランホームランを打たれこの回5点を失います。
報道ステーション
9回からマスクをかぶるのは甲斐拓也。
甲斐の送球!タッチアウトだ!
日本シリーズで6度、盗塁を阻止した甲斐キャノンが
侍ジャパンでも炸裂します。
6点差を追う9回裏。
3番、山田哲人のタイムリーで1点を返すと
3点差としなおもツーアウト満塁で
外崎修汰。
2点を返し、1点差まで詰め寄ります。
しかし、反撃はここまで。
あと一歩届きませんでした。
台湾戦の次は日米野球。
侍ジャパンと対戦するMLBオールスターチームが
報道ステーション
今日、会見を開きました。
そこに現れたのはヤンキースのユニホームを身にまとった
松井秀喜さん。
松井秀喜さんに侍ジャパンの注目選手を
聞いてみると…。
今週金曜日から競泳のワールドカップが
報道ステーション
東京で行われます。
今日のイベントには池江璃花子が登場しました。
今回、世界記録保持者ショーストロムとの対決に
注目です。
先月、池江はトルコで行われた
ショーストロムの合宿に飛び入り参加し
武者修行を敢行しました。
日本では敵なしの池江も自由型の練習では
ショーストロムが常に前に。
世界一の強さをその肌で感じることになりました。
悔しさのあまり涙する場面も。
この2人、今大会3種目で対決する予定です。
報道ステーション
番組では今年も熱く盛り上がった
プロ野球のシーンを
たくさん取り上げてきました。
そこで、それぞれの球団のファン100人に
今シーズン最も熱く盛り上がったシーンを
選んでいただきました。
題して2018年熱盛グランプリ!
今日は、パリーグ編です。
まずは、日本ハム。
ファンを最も熱く盛り上げたのは
キャプテン中田のサヨナラタイムリーでした。
8月1日、舞台は帯広。
最大6点差をつけられた日本ハムでしたが
報道ステーション
終盤に追いつくと…。
サヨナラのチャンスで…。
4番、キャプテン中田翔。
今年、自身初のキャプテンに就任した中田。
がむしゃらな姿勢はチームメートにも
伝わっていました。
ソフトバンクファンが選んだのは…。
報道ステーション
劇的すぎる結末は同点の延長12回に待っていました。
ソフトバンクはワンアウト満塁のチャンスを作り
新外国人、グラシアル。
きっとみんなキューバ出身のグラシアルに
報道ステーション
こう叫んだんじゃないでしょうか。
グラシアス!
オリックスからは…。
中島宏之の劇的一打が選ばれました。
9月1日、7点差をつけられた状況から、ロメロ
T‐岡田。
8回を終え1点差に詰め寄ります。
9回、逆転のチャンスで中島。
プロ18年目にして初のサヨナラホームランでした。
報道ステーション
楽天は…。
プロ2年目、24歳の若手カー君こと田中和基が
ファンを最も熱く盛り上げました。
田中マー君の次は田中カー君。
覚えてください。
今年、新人王候補にも挙げられる田中カー君。
報道ステーション
守備ではこのスーパーキャッチ。
からの…ダブルプレー。
そしてファンの心を最もつかんだのが…。
人生初というサヨナラタイムリー。
そんなカー君に自らが選ぶ一番の熱盛を
聞いてみました。
8月1日、まずは右打席。
今度は左打席。
報道ステーション
見てくださいこのうれしそうな顔。
左右両打席ホームランは8年ぶりの快挙でした。
そして西武は…。
超強力バッター陣にファンの声が集まりました。
4月、猛打で8回に7点を奪うと
報道ステーション
決めたのは森友哉。
今シーズン初のサヨナラ勝利でした。
8月のサヨナラ劇は足から。
延長10回。
3番、浅村が気迫のヘッドスライディング。
更には…。
4番、山川が激走を見せます。
魂のヘッドスライディングでサヨナラ!
そして9月。最もファンを熱くしたのが
報道ステーション
この男のバットでした。
1点を追う8回。
秋山の勝利を手繰り寄せる逆転スリーラン。
打ちに打ちまくって10年ぶりの
リーグ優勝を果たしました。
そんな強力打線を持ってしても…。
最後はロッテ。
報道ステーション
ファンみんなが待っていた福浦和也の2000本安打。
達成を待ち望んでいたのはファンだけではありません。
報道ステーション
先ほどの打席もう一度見てみると、この人影。
対戦相手の西武、松井稼頭央。
福浦に打席が回るたびに花束を渡すための
報道ステーション
スタンバイをしていました。
同学年で25年間ともにプロの道を
歩んできた盟友へ。
チームの垣根を越えた友情に…。
アメリカの中間選挙から一夜が明けまして
報道ステーション
トランプ大統領が次々にツイッターを更新しています。
このすばらしい中間選挙で我々を正しく評価しない
評論家たちにこの言葉を送りたい
フェイクニュース!などと投稿しているということで
トランプ大統領、このあと日本時間の午前1時半から
会見する予定だということです。
報道ステーション

更新