2018年11月04日 23:00 - 23:30

情熱大陸【コブクロ/結成20周年!史上最大のストリートライブに挑む】

ミュージシャン/コブクロ▽大阪のストリートから駆け上がり、トップミュージシャンへ!原点であるストリートライブを国内外でサプライズ敢行。放送当日イベントの模様も 大阪ミナミの路上で別々に歌っていた小渕健太郎、黒田俊介の二人が意気投合して生まれた「コブクロ」。今年9月8日、結成20周年の記念日に原点である大阪・天王寺の路上で敢行したシークレットライブから取材をスタート!アルバム制作で訪れたイギリスの街中で海外初のガチンコストリートライブ、更に11月4日放送当日・大阪での「御堂筋ランウェイ」史上最大の路上ライブの模様もーープライベートな姿もたっぷりお届けします 【ミュージシャン/コブクロ】 共に1977年生まれ(小渕健太郎/宮崎県出身・黒田俊介/大阪府出身)の41歳。1998年コブクロを結成。2001年『YELL~エール/Bell』でメジャーデビュー。2005年『ここにしか咲かない花』『桜』が大ヒットし、年末のNHK紅白歌合戦に初出場。2006年初のベスト・アルバムはオリコン4週連続1位に。以降も第49回日本レコード大賞ほか多数受賞など大活躍を続けている 【製作著作】MBS(毎日放送)   【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu   【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku   【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/   ◇番組HP http://www.mbs.jp/jounetsu/   番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

♪~
20年という年月を2人で走り続けてきた
小渕と黒田だから「コブクロ」
籠もっていたロンドンのスタジオを出てふと思い立ったことがある
はい ど真ん中 行きましょど真ん中 行って…
観光客が集まるナショナルギャラリー前
まるで 昔に戻ったような気分だったに違いない
小渕健太郎ハローマイ ネーム イズ 「コブクロ」レッツ エンジョイ!
カモン カモン カモン!
♪「いつしか晴れるよどんな空でも」
♪「僕等はおんなじ 光を」
海外の街角で歌うのは初めてだ
ところが…
ストリートミュージシャンにも指定席がある
追いやられることすら楽しんでいた
結成から20年…
世の中は変わった
けれど 彼らの心根は変わらない
2人の物語は大阪の繁華街ミナミの戎橋から始まった
行きつけのハンバーガーショップを楽屋のように利用していたそうだ
訪ねるのは 17年ぶりだという
これは すごい
これは すげえなぁ
すごい これ
すげえ
当時 何か あの…「どういうとこで 一緒にごはん食べてたんですか」とかよく取材されるんですけど俺ら ここで ロッテリアしか食べてないんですよ 当時
ホントにロッテリアしか食べてないです
窓際の席から 人の流れを眺めにぎわいを待っては橋の上で歌った日々
いつの間にか「コブクロ」の2人に気付いた人々が店の外から見上げていた
勝手に 2人の中で 「いや 俺らはここはステージや」とかって言い合う… 言い張る…言い合うっていうか
僕ら 別にストリートミュージシャンってそこで歌ったらそこでごはん食べたりしてたんすよ
「それは 絶対あかんあれは 俺らのステージやからあそこで そんな 飲み食いしてるところ見られたらあかん」って…
何か もう 人に見せへんって猫の死に際みたいなこと言って
笑い声
今も ちょっとそんな気持ちあって
懐かしい場所に向かう2人は沸き上がる歓声にもう驚くことも照れることもない
ここに ギターケース置いて…
明日だけを信じて一心不乱だった あの頃…
♪~
♪「あの夏の太陽追いかけ裸足で走った」
♪「遠い街から来た君は 僕の太陽」
すごい
これは ちょっと 涙 出そうなこの景色は…
ものすごい いろんな音聞こえるでしょ 宣伝の歌とか
あれとの闘いなんですよねあと この風
生声でやってたんでマイクがないと…
今 こっち向いて吹いてるでしょだったら あっちから やりたい…
♪「消えそうに 咲きそうな」
1998年路上から出発した「コブクロ」は今や 日本の音楽シーンに欠かせない存在となった
これまでに CDの総売り上げは1500万枚を突破
去年のライブツアーでは25万人の観客を集めている
9月8日は「コブクロ」の結成記念日
20年という節目が取材を受け入れてくれた理由だった
この日は思い出深い街の片隅でシークレットライブ
人気が爆発する前毎週土曜の夜に歌っていた同じ一角だ
なぁ
なかったなぁ
ホンマ それしか…ホンマに それしか考えてなかった
昔同様 午後8時きっかりのスタートと決めていた
事前告知は一切なし
だがどこでうわさを聞きつけたのか現場には300人以上が ひしめいていた
こんちは~!
歓声
混乱すれば即刻中止となってしまう
そう!
いや これマジやねん!
ちょっと 静かにできれば 座ってほしい
絶対に 押さんといて
今の この状況やったらできるから
できる できる
はい! というわけで…
ありがとう!
歓声
ここ天王寺は 僕らの思い出の場所
え~ 今日は 歌いに来ました
聴いてください! 「轍-わだち-」
歓声
♪「轍さえもない道をただ進め」
♪「抱えきれない夢が」
♪「不安に変わりそうな日が来たら」
♪「そんな時は僕のところへおいで」
♪「歌を唄ってあげよ」
♪「涙かれた その後にだけ見える光 明日を照らす」
ありがとう!
拍手と歓声
いや~…
いや~
ありがたい! やらせてもらってホント ありがたい
20周年にあたってさまざまなイベントが準備されていた
小渕のふるさと宮崎でも記念ライブが行われる
本番を間近に控えて都内で最後のリハーサルがあった
何か ドラムセット ガタガタ…
スタッフを和ませるのはムードメーカーの黒田
2人にとって最も大切な曲の一つ「桜」も歌われる
ふだんと違う「桜」にしたいと考えたのは 小渕だった
みたいな感じで…
♪「桜の花びら散るたびに」
「桜」は 黒田の頼みを聞き入れ生まれて初めて小渕が書いたオリジナル曲
最初から観客との大合唱というアイデアに 黒田は戸惑った
最後のサビだけとかなら分かるけど頭からケツまで5分間ずっとってあんまイメージできへんなと思うてて
何か どうなんやろ…
俺らは気にせず
要は 「コブクロ」のライブって歌っちゃダメなのかな…と思いながら いつも 歌っていいのかなみたいな感覚で結構 こう分かれるじゃないですか
でも 初めてこう みんな歌ってっていうのもおもろいかなと思ってこんな時しかできへんし
コールアンドレスポンスほどテンションも高くないし最後のサビの二回しのとこだけ小渕さんが促してとかやったらわ~って 何かこう分かるんやけど頭の♪「名もない花にも」というところからずっと 終始やってる…まぁ やってみて様になってるんかも分からへんけどあんまりイメージできへんなっていう
いつものツアーだと みんな…
…と思って
ハハハハ だからこそ20周年だからこそ そういう…
大半の楽曲を作っている小渕は…
実家が民謡の家元だったこともあり幼い頃から音感を鍛えられた
同い年の黒田は…
甲子園に憧れた少年は小学校を卒業する時既に 身長が170cmあったそうだ
2人は 初め大阪の路上で 別々に歌っていた
黒田が小渕に声をかけた時から運命の歯車が大きく回りだす
「コブクロ」として既に人生の半分を生きてきた
互いに家族を得た今は仕事を離れれば 別行動
スタッフと夕食に出た黒田に話を聞くことができた
ふだんから持ち歩いているドイツ製のカメラはやはり小渕に向けられることが多い
僕 ホンマに小渕以外に小渕みたいな人見たことないんですよねねっ? ですよね
スタッフ確かにね
ねっ ホンマに 裏表なくてどう言うたら ええんかな…
もう ホンマに小渕の視界ってこんだけしか 見えてないんですよあいつ… ねぇ
スタッフ逆にね
そうそう! 何も見えてなくて…
ここしか…そのかわり この見てることを24時間365日やってるんですよ
この年になるともう20年も やってるといろんなその仕事のしかたにしてもこれは もういらんでそこも これじゃなくてこれとこれ ガッチャンしたらええやんとかなってくるじゃないですかその 経験値でね
あいつは そういうの僕が言うと「いやあれはあれで ちゃんとやろだって やっても損せえへんやろ誰も」って
いや… しんどいやんと思って思いません?
そういうことをネガティブなことを言うのがすっげえ嫌なんですよ あいつ
一方の小渕
6年前 喉の不調で半年の間 活動を休止した時から本格的にマラソンを始めた
今や フルマラソンを5回も完走するほどのめり込んでいる
小渕が語る相棒黒田…
何もこう分かってないふうに見えて全部 分かってるんですよね
いっつも そうなんです もう…
僕が切り盛りして…る旦那みたいな状態になってきますよねだから黒田が楽しくないようなことは僕 やらないですよね
もう それ根本 変わらない
だって もともと 俺に「曲 作ってほしい」から始まって「あっ いいよ」っていうのをやった時から黒田が楽しくないものは出したくないので
つまり 出した瞬間に黒田が 「ああ 小渕 つまらんなつまらんもん作ってきたな」と思われたら こう…何のためにやってるか分かんないっていうか
宮崎のライブで観客との大合唱を目指す「桜」
「コブクロ」初のオリジナル曲はストリートミュージシャンの意地から生まれたらしい
ある時 あの「Mr.Children」さんのライブのチケットの予約で前日から チケットぴあの前にみんな 並んではったんですね
そこの前で 2人でな
うん
「ミスチル」さんのカバー歌いに行ったんですよ
「今日おるから 何か盛り上がるで」って行って何か すげえ切なくなったの
アハハハ
分かります? 人のふんどしで相撲取ってる感 半端なくて
ほんで 「あぁ やっぱ これはもうオリジナルで勝負せなあかんな」…ってなって出来たのが「桜」なんですよね
カセットテープに「桜」1曲だけを吹き込み歌詞と共に500円で手売りした
びっくりするほど売れたそうだ
♪「冬の寒さに打ちひしがれない様に…」
一番最初に 初めて2人で「桜」を歌った
その瞬間からもう 人 集まってたんで
そっから ちょっと 大変で「桜」で ものすごく集まってくださったあと何も歌う歌がないんですね
…で 無限に もう「桜」のみですよね ハハハハハハ!
「桜」 「桜」 「桜」 「桜」ですよもう 「桜」のみです
…で そのあと他の方のコピーを歌うともう 人っ子一人また いなくなっちゃうんですよ
「あぁもう 人の歌は ええわ」みたいな感じで
結成20周年記念ライブがその日を迎えた
全てを その ありがとうおめでとう 全部持ってステージで最高の演奏をしましょう!
いくぞ!
一同お~!
ありがとうございます!
発声練習
照りつける太陽の下で実に2万5000人の観客が待っている
歓声
いくぞ 宮崎~!
♪「あきれる程 真っ直ぐに」
♪「走り抜けた季節を」
♪「探してまだ 僕は生きてる」
♪「こんなに か細く折れそうな枝の先にも君の未来が」
♪「轍さえもない道をただ進め」
♪「抱えきれない夢が」
いよいよ「桜」
最後に 20周年記念して「桜」を歌うんですけどみんなに あの~ せっかくなんでお願いがあるんですけど
大合唱をしてくれませんか?
拍手
「桜」の大合唱を聞かしてくれませんか? みんな!
拍手と歓声
♪「実のならない花も」
♪「蕾のまま散る花も」
♪「あなたと」
沸き上がる歌声をもっと聴きたいと小渕が 少しだけ音を下げるように指示を出す
♪~
♪~
♪~
フ~!
拍手
ステージと一つになった「桜」のフィナーレに集まったファンは皆 胸を熱くしていた
もちろん 本人たちも…
もう ホントに…
ちょっと 下げよう下げようって
宮崎のライブを終えた「コブクロ」は ロンドンに飛んだ
20周年のベストアルバムをこの地でマスタリングする
2人が敬愛してやまないあの布袋寅泰の拠点メトロポリススタジオに音源を持ち込んだ
「ローリングストーンズ」や「クイーン」も御用達のまさに聖地といっていい
マスタリングは ヨーロッパで最も高名なエンジニアの一人ティムヤングに託される
お~!
ツアーで不在の布袋から思いがけず 2人へのメッセージが残されていた
「Dear KOBUKUROWelcome to London!!!そして20周年 おめでとう!ロックの聖地 ロンドンで」 え~…
「記念すべきベストアルバムが完成すると聞きとても楽しみですコブクロの音楽が また新たな輝きを得ることでしょう僕は 残念ながら6日間で4カ国をツアーで回るユーロツアーのため参加できませんが 完成の暁にはパブで 美味しいビールを乾杯しましょう美しい秋のロンドンを満喫できますようにこれからも応援しています!HOTEI」
うれしい
ティムさんに会わしてくれたの布袋さんなんで
うれしいです
ハハハハ!
いやいや
俺 このあと 何しゃべんの?
ハハハハ!
早いやろ
いや もう あかん こんな…
早い
まだ何もしてないのに
ハハハハ!
やばい
俺も いや うれしい
ハハハハ!
♪「君の声が届くなら」
全58曲に 音のマエストロが新たな命を吹き込んでゆく
その魔法は 2人を驚嘆させた
よみがえる 20年の道のり
「コブクロ」の熱いストリートライブが今 幕を開ける
今日11月4日大阪市内を貫く幹線道路御堂筋が封鎖され「コブクロ」のステージになった
原点回帰ともいえるストリートライブ
朝から集まってきた観衆はおよそ40万人にまで膨れ上がりその規模は まさに史上最大だ
午後3時20分
司会スタートです
魂のふるさと大阪の街に2人の歌声が響き渡った
♪「桜の花びら散るたびに」
ストリートから生まれた2人のストーリーはまだまだ終わらない
♪「今 君は 門出に立ってるんだ」
♪「遙かなる道をゆくんだ」
♪「誇り高き勇者のよう」
♪「風立ちぬ その道のどこかで」
♪「降り注ぐ時代の風を見つめて」
♪「流せない涙が作る微笑み」
拍手
イエーイ
すっげぇ気持ちよかった ハハハハ
もう 最高に気持ちよかった
気持ちよかったな
40万人ですって
2人40万人!
見てください この なんか大阪は俺のものみたいな感じ
ハハハハ
ハハハ 最高です
ストリートって言うてるけどストリートっぽくないんじゃないかってちょっと思ってたんすけどめっちゃ ストリートだったんですよやってることは
感動したもんね やってて
ハハハハ
こう見えて回し蹴りには自信がある
空手界のニューヒーローその名も…
スペインで 世界の頂点に挑む

更新