2018年11月18日 23:30 - 00:00

ゲンバビト【“ごみ屋敷"の片付け&“遺品整理"】

今回のテーマは、「“ごみ屋敷"の片付け&“遺品整理"」▼毎回テーマに関連するゲンバビトに密着。その仕事ぶりを見るとともに、仕事の裏側などを掘り下げる。 ▼最近、社会問題にもなっている「ごみ屋敷」 ▼ごみに埋もれた家を数時間で綺麗にする片付け業者に密着 ▼片付けるのはゴミだけではない!女性清掃員のこだわり ▼同じ過ちを繰り返してほしくない…家主への心配り ▼ゴミに埋もれた意外なお宝発見!?   ▼近年の“終活"ブームもあり依頼件数が増えているという「生前・遺品整理」 ▼48年住み続けた実家を大掃除 ▼掘り起こされた若き日の両親の姿に依頼者は… ▼書類も1枚1枚チェックするゲンバビト MC:ピエール瀧 ゲスト:渡部亜矢(実家片づけアドバイザー) ほか ピエール瀧 電気グルーヴ 仕事 現場 ツイッター インスタ フェイスブック 開発 人材派遣 パーソル 情報 ドキュメンタリー 竹原ピストル オーバー・ザ・オーバー 家族 ファミリー ごみ屋敷 ゴミ 社会問題 セルフネグレクト まごのて 賞状 アルバム ゲーム 引っ越し 生前整理 遺品整理 新婚旅行 写真 初詣 涙 世の中であまり知られていない職業や仕事に携わる“ゲンバビト(現場で働く人)"に密着! 彼らが働く現場は、旬なニュースや誰もが知る事象、場所、イベントなどの周辺。それぞれの持ち場で活躍する“ゲンバビト"の仕事のノウハウや技、データなどをVTRで紹介する。 番組MCは、ピエール瀧。また、ゲストには“ゲンバビト"に対して深い知識を持つ面々が登場。スタジオトークで“ゲンバビト"をさらに掘り下げる。 ◇番組HP http://hicbc.com/tv/genbabito/   番組内容や出演者、放送時間などは都合により変更となる場合があります。 ピエール瀧

うずたかく積み上がったごみの山
足の踏み場もない
今 社会問題にもなっているごみ屋敷
そんな家を徹底的に片付け
キレイに蘇らせるゲンバビトが…
さらに…
出てきたのは
ごめんなさい
すすり泣き
黙々と部屋の片付けを続けるこちらの女性
ああ そうなんです
依頼を受けた家に出向き清掃する会社で働く
黒田ありがとうございました
あっ すみません
どうもありがとうございました
楽しかった ハハハ
今回 黒田さんが片付けをしているごみ屋敷が
こちらのマンション
ごみ袋やダンボールが高く積み上げられています
ベランダに面したリビングも…
隣の洋室も…
人が住んでいた場所とは思えません
2009年で時が止まったカレンダー
干しっぱなしの洋服
キッチンには食器が放置されたまま
しかし この荒れ果てたごみ屋敷が…
わずか 6時間後
見違えるほどキレイになりました
6時間でここまで?すごい
黒田さんは
その6時間を見ていきましょう
黒田一緒にいいですか? こっち
こちらは今回 片付けを依頼してきた
40代の女性
依頼人は 夫と離婚し息子と2人暮らし
部屋が大量のごみに埋もれ生活できなくなったため
ごみを放置したまま新居へ引っ越し
今回 この家を引き払おうと
黒田さんの会社へ片付けを依頼しました
なぜ 家が ごみだらけに?
依頼人に事情を聴く黒田さん
黒田うん 旦那さんが手伝ってくれない…
黒田う~ん
そうです ええ
仕事と子育てに追われ気付けば ごみ屋敷に
溜まったごみはもう何年も放置している状態
縛ったごみ袋が結構あったじゃないですか
だから やらなきゃって思ったんだけど
出せなかった何か こう…
もう一歩背中を押すきっかけが
つかめなかったっていうことかなって
さすが渡部さんの視点から見ると
縛った時点で 捨てる気はあったんだっていうことが
かいま見える?
そうですね
気が遠くなるほどのごみの山
手前から根気よく片付けていきます
すると…
黒田ケチャップじゃないですよソースでもない マヨネーズ何年かたつとこうなっちゃうんです
見慣れてるんだな古いマヨネーズ
黒田さんは 3年前にこの仕事を始めて以来
およそ300軒のごみ屋敷を片付けてきました
初めの頃 ごみの下から出てきた 大量の虫などに
驚くこともありましたが
今は 何が出てきても平気
しかしごみ屋敷にある物すべてを
捨てるわけではありません
黒田さんごみの山の上に積まれた
ごみ袋を手にすると
その場に置きました
そして…
袋を開け 中を見ています
一体 どうして?
黒田私達から見てこれは ごみだなと思う物があっても依頼者さんからすれば思い出の物だったり大事な物だったりするので
それを一つ一つ 仕分けていきます
ごみ袋の中に
依頼人の大切な物が紛れているかもしれない
そのためすべてのごみ袋を開けて
確認しているんです
すると ダンボールの中から出てきたのが…
黒田大切な物が出てきた場合はダンボールに入れて置いときます
何が大切なのか
それは 依頼人によって様々
あっ これは はい
お金になりそうな物は残してほしいという 依頼人
さらに…
あっ 分かりました
じゃあ そういうのは取っときますね
リビングの隣には
お子さんが作った ロボットやトロフィーなどが放置された
子ども部屋
この ごみの山のどこかに
子どもの大切な卒業アルバムが…
黒田さんの仕事は片付けだけではありません
黒田上手
上手ですよね 全部見てもうまい!
うんうん
ねえ ですよね何か 花丸とか 100点とかが多いな(女性)そうですね
黒田あっ そうなんですか?女性はい
黒田あっ そうなんだ そうなんだ
依頼人の身の上話をさりげなく聞きながら
作業を進めていきます
ごみ屋敷の片付けは立ったり 座ったりの連続
ごみの山に埋もれていたソファー 引っ張り出します
黒田取れるかな? せーのよし ああ ソファー
そうか ごみを掘っていくことって
時代をさかのぼるってことですもんね
奥の物ほど古いわけですから
そうですね
嘘 痛えんだよ
体力的にも きつい仕事
なぜ 黒田さんは
ごみ屋敷の現場で働こうと思ったのでしょう?
ありがとうって言われるようなことが今までなかったので人から感謝とかされるようなことがなかったのでだから人から感謝されるような「ありがとう」って言われるような仕事だし
良い仕事だなと思ったので
やってみたいと思いました
元々 ほかの業界で働いていた黒田さん
友人の部屋の片付けを手伝いとても感謝され
それなら片付けを仕事にできないかと
40歳を過ぎて転職したんです
あとは これから もうちょっと
ちゃんと生活できるように
ごみ屋敷を放置していた今回の依頼人にも…
もういっこのほうの
女性え~っと もう…
うん でも
黒田ペットボトルとか…
まあ でも こんなふうに…
お母さんも頑張って
息子さんのために
黒田さん達が片付けても
ごみ屋敷に戻っては意味がない
依頼人が 自分の力で片付けられるような
心のケアもしているんです
まずは リビングの片付けが終わりました
残すは 子ども部屋
この部屋のどこかにあるはずの
卒業アルバム
絶対 見つけたい
サッカーの…
これも写真かな? 写真
かわいい サッカーの
あっ
黒田ちっちゃい頃…
黒田思い出のアルバム
お子さんの大切な卒業アルバム
よかった
黒田さんが見つけた思い出の品々
依頼人は…
うん そうですよね
それで 何かね変わってくれたら
ありがたいですね
作業開始から 6時間
子ども部屋もキレイになりました
お客さんも
こんだけ全部やったので
もう大丈夫です
黒田さん すごいですね
うん すごいと思います
汚いとか そういう捨てたほうがいいとか
そういったことばも一切使わないで
ちゃんと お客様の
視点に立っているところがすばらしいと思います
ですよね
はい
ああいうふうにならないためには
何が必要ですか?
まあ ふだんの生活からバッグとか お財布でもいいので
小さいところをまず やってみる
あっ お財布パンパンの人いますね はい
何か そういうところをまず やるんだったら
そんなに時間かかんないのでそういうとこをやったりとか
1カ所でもキレイになるとすごく気分が変わってきますので
おすすめです はい
ふ~ん なるほど
依頼人の小学生時代の健康カードを見ながら
笑顔で話す男性
彼が探すのは
両親との思い出の品です
終活ブームで依頼件数が増えているという
生前整理遺品整理
依頼人の大切な思い出を見つけだす 遺品整理人の
伊藤一輝さん
おはようございます(女性)あっ すいません
as oneの伊藤ですよろしくお願いいたします
すいません
この日は 半年前に
えっと もう ここができてからですから
48年あっ そうですか
はい48年 う~ん
ここは 依頼人の実家
両親だけで住んでいましたが
父親が 7年前
母親は半年前に他界したため
遺品整理を依頼することに
部屋には
ああ そうなんですね
あっ そうなんですか
そんな 思い出あふれる実家
娘さんは母の死を受け入れられず
半年の間 手をつけることができなかったといいます
なかなか 実際 やれなくて…
伊藤うん ホント そうですよね
本当は 手放したくない家
でも 前へ進むため
大切な思い出の品だけを残すことに
それを見つけだすのが伊藤さんの仕事
こちらが 今回の作業依頼書
通帳 印鑑 写真などは
事前に みずから見つけだしていた 依頼人
そのため今回 見つけてほしいのは
保管していた雑誌や絵だといいます
今日は遺品整理の作業になります
で 階段の3階になりますが
ちょっと 搬出 大変ですが頑張りましょう
押し入れの中などを
今日もよろしくお願いしますお願いします
打ち合わせから 2週間後
ちょっと やっぱベクトルが違いますね
ごみ屋敷と違って基本 全部いる物というか
周りから見るとごみなんだけれど
うん
引き出しの名刺やカードをチェック
封筒の中身も確認
大切なことが書かれているかもしれないので
紙も一枚一枚
読んで確かめます
伊藤どこに何があるのか分からないので小さな物でも見逃さないように細かく 気を付けて見ていきます
部屋の一番上の棚にあったケースには…
そして 隣に置かれていた大きな箱には…
よいしょ
伊藤あっ これ 絵が入ってますね何か子どもが描いた絵ですかね
もしかしたら
ちょっと確認してもらいましょう お客様に
依頼人には弟さんがいるといいます
子どもの頃 お父さんを描いたのでしょうか?
保管しておくのは
思い出の品だけではありません
これは相続に関する書類でした
価値のありそうな古い本も
これは 査定して
値段が付いたら作業費から割り引きます
さらに棚の奥を探していくと
見つけたのが…
写真…
スタッフ夫婦の写真?伊藤そうですかね
写真は はい 結局 何か
依頼書には 罰点付いてて
いらないってなってたんですけど
最終的に もういらないですってなっても
その手に取った時に思い出がね
こう 蘇ってくる物かもしれないんでね
写真は 処分する方針ですが
捨てるにせよ最後に一瞬でも
思い出が蘇るように見てもらうことに
伊藤ただ こう捨てていくのではなくてその人の人生を振り返ったりご家族にとっては唯一の宝物を見つける大事な場面になるのでただの片付けではないっていうところがありますね
伊藤さん思い出の品を探すだけでなく
部屋の片付けも並行して行います
作業終盤
依頼人が様子を見に来ました
女性お世話になってますありがとうございます
伊藤ベランダは目いっぱいでしたからね 結構
女性そうですよねもう すいません
押し入れも空っぽになってますので
女性ここが 私の部屋でこっちが弟の部屋だったんですよねで 奥に 2段ベッドを置いて…
伊藤じゃあ こっちはお二人ってことですよね?
女性そうです 学習机を…伊藤2つ ここに置いて
家族の距離が近いおうちだったんですね
そうですね 何か うん
部屋を確認してもらった後
今回 見つけた
子どもが描いた絵っていうのが
ちょっと これとあの… ちょっと これ
どうなんだろうと思ったんですけど
あっ 弟さんの名前?(女性)そうですねでも 一応今度 弟来るので取っときますかね(伊藤)そっか
あと この辺お写真なんですけど
はい 昔の写真がありましたか(伊藤)どうですか
あっ これ 私です私がいましたね「初詣」とか書いてありますね
伊藤家族写真ですか?女性そうですねどこだろう…93年だったら 明治神宮かな
伊藤もしかしたらご覧になってないかなと思って
そうですね 見てないですね(伊藤)よかったです…
ありがとうございます
続いて 見てもらったのがこの写真
あっ これ 両親ですね
あっ これ 若かりし頃の…そうですね
女性じゃあ取っときましょうか
思いがけず見つかった両親の写真
女性何か う~ん…
ごめんなさい
すすり泣き
あっ これ 若かりし頃の…そうですね
女性ああやって1枚の写真が出てくると私が 生まれる前の写真ですけど育ててもらってた月日とか自分も親になって
何か う~ん…
ごめんなさい
すすり泣き
ごめんなさい
母が あんまりにも急に亡くなったので
受け入れられない自分があって
それで やっぱり半年たっちゃった
っていうのがあるんですけど
やっぱり 両親の写真見ると
ちょっと やっぱり思うところがありますね
捨てちゃうと もう戻ってこない怖さもありますけど
やっぱり 発見できたりこう お渡しできたときのありがとうございますって言っていただけてホントに 何よりですね
単に お片付けをしてあげる
だけじゃなくて人生の再スタートの応援をしてあげられるような気がして
続けていきたい良い仕事だなと思います